「Cセグメント”1”」新車、中古車購入の比較評価

試乗と評価・Cセグメント
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
自動車関連コンテンツ・比較評価の一覧リスト
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > アッパーコンパクトのレポート「1」

Cセグメントサイズ試乗記一覧「1」(ボディタイプ別)

ジャンル・ボディサイズ別の比較中車種一覧。アッパーコンパクト。世界的には最もベーシックなCセグメントと呼ばれるサイズの比較評価一覧。日本では馴染みは薄くても、世界スタンダードを目指す内容を重視したクルマが揃う。

ジャンル・ボディサイズ別一覧・「Cセグメント1ページ目」。

軽量なテキストでの一覧 - ジャンル別・Cセグメント

前へ
レンタルWEBサーバー比較ガイド
CMです
試乗記密度 中(普通の内容) レポート年 2017   ZA16
グレード ”ワン・クロスオーバー" 排気量 1600cc 新車価格 288万円
関連ページ 続き / 2ページ目 / 3ページ目 / 4ページ目

2代目BWMミニがベースのクロスオーバー。SUVタイプそして4ドアモデルになったミニがクロスオーバー。内外装も走行感覚も個性の強さは非日常的な魅力がいっぱい。

試乗記密度 低(暇つぶしに最適) レポート年 2016年 車両形式 ZVW51
グレード ”Aツーリングセレ" 排気量 1800ccハイブリッド 新車価格 293万円
関連ページ 続き / 2ページ目

2015年12月にデビューした4代目プリウス。ハイブリッドというだけで売れる時代は終わったという中で、クルマの走行的質感にも期待されるモデル。

試乗記密度 高(バッチリな情報量) レポート年 2015年 車両形式 GP2
グレード ”スポーツ1.6i" 排気量 1600cc 新車価格 160万円
関連ページ 続き / 2ページ目 3ページ目 4ページ目 

デビューから約3年半。全体的なキャラクターが変わったと思わせる2015年インプレッサ。価格はほとんどかわってないのが凄い。CVTの変速プログラムも新しいタイプに。スポーツはハッチバックタイプ。

試乗記密度 中(普通の内容) レポート年 2015年 車両形式 AUCJXF
グレード ”ゴルフR基本" 排気量 2000ccターボ 新車価格 540万円
関連ページ 続き / 2ページ目 3ページ目 

通称ゴルフ7・R。7型ゴルフのRは一気に大幅進化。雑さや演出過多な部分は調教され、洗練されました。ドライバビリティの大幅進化で馴染みやすい。質感十分、パフォーマンスもスゴイ。失ったのは楽しさか。

試乗記密度 中(普通の内容) レポート年 2015年 車両形式 16CPL
グレード ”ターボ" 排気量 2000ccターボ 新車価格 370万円
関連ページ 続き / 2ページ目 3ページ目 

追加された2000cc+ターボ+6速DSG仕様がこのビートルターボ。VWでは定番の組み合わせだけど、ビートルならではの乗り味が独特。ゴルフ7の魅力を「洗練」とすればこっちは「荒さ」。キャラクター違いが面白い。

試乗記密度 高(バッチリな情報量) レポート年 2014年 車両形式 UE16
グレード ”116i" 排気量 1600cc 新車価格 299万円
関連ページ 続き / 2ページ目 3ページ目 4ページ目

BMW初代1シリーズ。コンパクトな末っ子でも走行感覚はBMW。そして実用性や快適性を無視したBMWらしさも健在。ドライバビリティの良さとブランドイメージが流石。

試乗記密度 中(普通の内容) レポート年 2014年 車両形式 AUCJZ
グレード ”トレンドライン" 排気量 1200ccターボ 新車価格 249万円
関連ページ 続き / 2ページ目 3ページ目 4ページ目

7世代目のゴルフ、通称ゴルフ7。全長4200mmクラスのアッパーコンパクト。ハッチバックCセグメントの基本と言えば相変わらずゴルフ。同ハイラインとの比較や運転のしやすさなど。

試乗記密度 低(暇つぶしに最適) レポート年 2014年 車両形式 BM5FS
グレード ”15S" 排気量 1500cc 新車価格 184万円
関連ページ 続き / 2ページ目 3ページ目

アクセラとなって3代目、2013年デビューのモデル。一部では兄貴分を凌駕するほど立派になった。お値段171万円〜。第一印象重視の簡単試乗レポートです。

試乗記密度 中(普通の内容) レポート年 2013年 車両形式 ZVW30
グレード ”L" 排気量 1800ccハイブリッド 新車価格 217万円
関連ページ 続き / 2ページ目3ページ目があります。

3代目プリウス後期。とりまく周囲の状況は変わり求められる内容も変わった。その車両価格からすれば、ただ燃費が良いだけじゃない魅力が必要。前期プリウス試乗記とは違った視点から。

試乗記密度 低(暇つぶしに最適) レポート年 2013年 車両形式 AUCPT
グレード ”ハイライン" 排気量 1400ccターボ 新車価格 299万円
関連ページ 続き / 2ページ目 3ページ目

7世代目のゴルフ、通称ゴルフ7。デビュー直後に試乗すればちょっとした驚きを味合わせてくれた内容の持ち主。何が良いって性能のバランスがいい。オンダッシュ純正ナビは積極的に、待ち。

試乗記密度 中(普通の内容) レポート年 2012&2015年 車両形式 NZE181&185
グレード ”150X"&”120T” 排気量 1500&1200ccターボ 新車価格 180万円
関連ページ 続き / 2ページ目 3ページ目 / 4ページ目

全長4200mmクラスのアッパーコンパクト。いわゆる典型的なCセグメントカー。1500ccモデルに試乗すれば荒れた道を気にせず走れる柔らかいサス。発売後すぐの試乗とその後の試乗、そしてターボ車も。

試乗記密度 中(普通の内容) レポート年 2016年 車両形式 BKEP
グレード ”20S" 排気量 2000cc 新車価格 210万円
関連ページ 続き / 2ページ目 3ページ目

ファミリア後継となる初代アクセラ(スポーツ)。欧州車に通じるものがあるフィールと、マツダらしい長所短所、カローラのライバルとしては想像以上の個性が魅力。

試乗記密度 中(普通の内容) レポート年 2012年 車両形式 KEEFW
グレード ”20Si" 排気量 2000cc 新車価格 220万円
関連ページ 続きのページ 2ページ目 3ページ目

装備は充実、車としての基本内容も充実。外装デザインが気にならなければ一押し。CX-5はガソリン&ディーゼルの2本立て。基本ガソリン車の試乗評価、一部ディーゼルの試乗感想も含んでいます。

モデルの掲載順は、「レポート年」を基本にユーザー様の「閲覧数」、「情報量」を考慮して並べています。

一覧は全2ページです

[現在のページ] >>> [Cセグメント2]
乗り比べしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が言えない本音?
特別な都合のない私達は辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
試乗レポート・5段階評価付き
競合車との相対的評価を5段階比較で!

クルマの評価評論、間違いいっぱいの自動車選び。率直な5段階評価を続けています。同価格帯他車との相対的評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「総合快適性」「コストパフォーマンス」

自動車に関する記事を辛口で、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、アクセスされなくなるのが怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスして頂くために、長所も短所もハッキリを心がけています。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、知っててよかった試乗レポート。サイト開設16年。最新こそ最良です。