タイヤ試乗インプレ「ミシュラン」・使用感目次

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

タイヤ関連メーカー・ブランド「ミシュラン(michelin)」

コンフォート性能として乗り心地と騒音テストをメインに、タイヤによってはサーキット走行でのレビューも掲載。

「ミシュラン」タイヤの感想や騒音テスト

当コーナーでは低価格な輸入タイヤをメインに使用レポート、感想、一部テスト結果を掲載中です。
当ページはミシュランタイヤ見出しページ。ブランド紹介やタイヤの紹介や使用レポートの目次です。

輸入タイヤと、国産メーカーの輸出向けタイヤ。筆者が利用しているネットショップ。

現在、可能なタイヤからテスト、試乗評価を行っております。ページ中段のタイヤ銘柄一覧よりリンクのあるタイヤ銘柄で詳細を記しています。

ミシュランブランドのタイヤ銘柄

現在販売されている銘柄と、販売されていない銘柄を含みます。
リンクがあるタイヤは、実際に使用しレポートしています(簡易レポートや比較評価など混在)。


1・「パイロットスポーツ」。スポーティ/スポーツ系タイヤの銘柄。

  • Pilot Super Sport・・・ミシュラン・スポーツ系タイヤのトップランド。
  • Pilot Sport 3・・・快適性も重視された現代のスポーティタイヤ。
  • Pilot Sport PS2・・・欧州のスポーツカーなどで純正装着される銘柄。デビュー後ロングライフ。
  • Pilot Sport Cupシリーズ・・・サーキット向けタイヤ。レースや走行会に移動中は公道でも使用可能なスペック。

2・「パイロットプレセダ」。日本で生まれた世界のスポーツ系タイヤ。

  • Pilot Preceda PP2・・・試乗レポ!日本向けのミドルクラススポーティタイヤ。快適性が重視されたキャラクター。コンパクトセダン・ベルタにて使用した感想を掲載中。

3・「プライマシー」。ミシュランのコンフォートパフォーマンス系がプライマシー。

  • Primacy 3・・・性能が重視されたコンフォート系タイヤ。転がり抵抗係数「A」。
  • Primacy HP・・・ラグジュアリーセダン系に合ったパフォーマンス系タイヤ。ドライバーが感じる質感も重視。
  • Primacy LC・・・特に静粛性を重視したコンフォート系タイヤ。転がり抵抗係数「A」。

4・「エナジーセイバー」。低燃費タイヤ(エコタイヤ)の銘柄

  • ENERGY SAVER・・・転がり抵抗係数「A」。ウェットグリップ性能指数「c」。
  • ENERGY SAVER plus・・・エナジーシリーズ上位版。転がり抵抗係数「AA〜A」。ウェットグリップ性能指数「b」。

5・「ラティチュード」。SUV向けタイヤのブランド。

  • LATITUDE Sport・・・スポーティSUVで使用されるパフォーマンス系SUVタイヤ。
  • LATITUDE Tour HP・・・スタンダードなSUVタイヤ。
  • LATITUDE cross・・・軽い悪路も対応したオールラウンドタイヤ。

6・「エックスアイス」。ミシュランのウインタータイヤ。いわゆるスタッドレスタイヤ

  • X-ICEシリーズ・・・スタッドレスタイヤ。日本で開発されるモデルもあり。
  • X-ICE LATITUDE・・・SUV向けにラインナップされるスタッドレスタイヤ。 

タイヤは自動車に関するパーツの中で、特に評価基準、判断が難しく、テスターの体調次第で比較評価が変わってしまうほどの繊細な部分を持ちます。独断と偏見、さらには主観を多く含む記事となってしまう点をご了承下さい。

タイヤメーカー・ブランドの歴史やマメ知識

ミシュラン(michelin)はフランスのタイヤメーカー。ミシュランガイドで有名なあの「ミシュラン」と同じ会社です。いまでは常識といわれるほどのガイドブック「ミシュラン・レッドガイド」の発行会社がタイヤを作ってますというわけです。

とはいっても、タイヤの方だって世界クラス。日本の雄、ブリジストンと世界一を争う最大クラスのメーカーです。間違いなく乗用車用タイヤで歴史あり伝統あり、パイロットシリーズなど権威あるブランドも育っています。

タイヤメーカーとして最大級の規模ということで、自社ブランド以外のグループブランドも多数傘下に収まっています。

有名どころではBFグッドリッチ。日本では絶対に破裂しないタイヤで有名な旧オカモトゴム(リケンブランド)がミシュラングループに。
それ以外でも多数の傘下ブランドを地域ごとに投入する作戦をとっているみたい。

タイヤのラインナップとしては乗用車用〜トラック用まで一通り揃っています。いわゆるフルラインナップ。知名度高く一般的に人気があるのはスポーツ系の「パイロット」シリーズとコンフォート系「プライマシー」シリーズ。欧州セダンやスポーティカーの新車時装着タイヤでもよく見かける。
また経済性の高さも重視された「エナジー」シリーズは欧州コンパクトカーの新車時装着タイヤになっていることがある。オフロード系やオールシーズンタイヤも出してはいるけどややイメージが弱い。

これはお馴染みミシュランのマスコット。ただし非公式のそっくりさん。人気キャラクターだから様々なポーズやバリエーションが世に出回っている。

スコットの正式なネーミングは「ビバンダム」。公式にトレードマークとアナウンスされることもある。


タイヤに関する基本ページはこちらです
タイヤ総合見出し(輸入タイヤや取付、空気圧、使用レポ)に戻る

輸入タイヤ、国産メーカーの輸出向けタイヤの購入。筆者が利用しているネットショップ。

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。