自動車のタイヤについて・輸入タイヤなど

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

タイヤに関連する内容・特徴・銘柄

自動車のタイヤ

タイヤイメージ(ナンカンNS-20)タイヤの性能以上には走れないのが自動車。消耗品でありつつ、クルマの内容に大きな影響を与える。ここがポイントで、大事な部分でありつつ消耗品。これがイタイ。人間消耗品にはお金出したくないですから。
ということで、キャラクター、長持ちする方法、お金を掛けずに性能アップ、安く購入する方法などをご紹介。

輸入タイヤと、国産メーカーの輸出向けタイヤ。筆者が利用しているネットショップ。

国産タイヤと輸入タイヤ

現在タイヤといえば、パフォーマンスを重視した「国内メーカー」と「欧州メーカー」、価格の安い「アジア系輸入タイヤ」。
比較詳細レポートは順次掲載中。サーキット走行まで含めた長期試乗テストを行っています。

新品状態の試乗でわかることは、輸入タイヤは間違いなくコストパフォーマンスが高い!普通に走行する分にはなんら問題なくて価格は2分の1〜4分の1。違いは省燃費性能が大きな違いと予想できるが、エコタイヤの伸び分や感覚的な違いで2〜3%の違いだろうか。燃費20km/Lのクルマで0.5km/L程度の差かもしれない。
燃費はタイヤ空気圧で大きく変わるから、空気圧の管理でなんとかなるし、タイヤ価格を考えれば無視したって全然問題なし。高いエコタイヤ、きっと期待するほど大きな得はでなそうですよ、現時点ではね。

ということで輸入タイヤ、どこで買えるか?

下記ネットショップにてとても安く輸入タイヤが買える。2点みれば在庫の心配も軽減。
国産ブランドも海外製品版が安くラインナップされてます。


  1. オートウェイ  ・・・ 株式会社オートウェイ。輸入タイヤ販売では知名度高いネットショップで、在庫も豊富。タイヤサイズを選択すると、該当する様々なブランドと銘柄が表示。
  2. セレクションパーツ ・・・ 上記オートウェイで扱っていないブランドも取り扱いされている。ページ上部の「タイヤをブランドで探す」というボタンをクリックすれば、複数のブランドが表示。

タイヤメーカーとブランド

メーカーとブランド(低価格なアジア系の輸入タイヤ)

  • NEXEN(ネクセン・韓国) / N7000 ・ N9000 
  • NAKANG(ナンカン・台湾) / NS-2 ・ NS-20 
  • MINERVA(ミネルバ・ベルギー)コンチネンタルのブランド / emi_zero_hp 
  • RADAR(レーダー・シンガポール)OMNIのブランド / RPX900 
  • PRESA(プレサ・台湾)CSTのブランド / PRESA PS55 
  • CORSA(コルサ・インドネシア)MASAのブランド / CORSA60 
  • SAILUN(サイレン・中国) / ATREZZO ZS+ 
  • Achilles(アキレス・インドネシア)MASAのブランド
  • STRADA(ストラーダ・インドネシア)MASAのブランド
  • WANLI(ワンリ・中国)
  • FEDERAL(フェデラル・台湾)ナンカングループ
  • SONAR(ソナー・台湾)
  • KUMHO(クムホ・韓国)
  • ATR SPORT(ATRスポーツ・インドネシア)MASAのブランド
  • MAXXIS(マキシス・台湾)CSTのブランド 
  • HANKOOK(ハンコック・韓国)

メーカーとブランド(国内メーカー)

メーカーとブランド(欧米系メジャーなもの)

※リンクのあるタイヤは”使用レポート”を掲載中。ブランド名やメーカー名のリンクは特徴やマメ知識など。

キャラクターで大まかに分類(乗用車用)

どこかを重視すればどこかが犠牲になる。現状、すべてを満たしてくれるタイヤはないため、目的に合わせて選ぶ必要がある。
新車時装着タイヤが年々サイズアップしていることから、とにかく良いモノと選べばタイヤ4本10万円以上は当たり前となってしまった。そんな事からも優先順位を決めて比較した方が高い満足感が得られると思う。

スタンダード系

価格ランク「低」。ベーシックな性能と低価格が特徴。

コンフォート系

価格ランク「低中」。主に静粛性や乗り心地、ウェット走行性能、耐摩耗耐久性が重視される。メーカーにより位置づけが異なり、スタンダードに省燃費性を盛り込んだタイプやドレスアップ系とかぶるタイプ、またプレミアム系と位置づけられる場合もある。
そのほか各メーカー、背の高いミニバン用タイヤも用意される。

ドレスアップ系(バランスコンフォート)

価格ランク「中」。大口径ホイールでドレスアップする場合の主力。スポーティ性能も快適性能も価格もほどよく。そしてトレッドやショルダー部分のデザイン性が重視されフレッシュなブランドイメージも重要。性能的にも価格的にもほどほどで人気のクラス。

プレミアム系

価格ランク「高」。基本的に国内メーカーでラインナップされるクラス。静粛性と乗り心地で最高レベルが期待できる上、ドライ・ウェット路面のグリップ力も重視されている。ビッグセダンとの相性が良いとされる。

ノーマルスポーツ系

価格ランク「中」。一般クラスのスポーティタイヤ。スリップアングルが大きくなった時のコントロール性や剛性感が重視される。そしてハイグリップ系よりは耐摩耗性が重視されることが多い。単純なグリップ性能だけでなく、過途特性やフィール、インフォメーションのわかりやすさなども評価される。

ハイグリップスポーツ系

価格ランク「高」。どんな路面でも最低限普通に走れる内容をキープしながら、グリップ力が重視されるタイプ。ハイパワー車でもスムーズに速く、またハイスピード走行でも安心の走行性能。基本的にはドライ性能重視で、スポーティタイヤならではの感触をドライバーに伝える。単純なグリップ性能だけでなく、過途特性やフィール、インフォメーションのわかりやすさなども評価される。

エコノミー系低燃費タイヤ

価格ランク「中」。エコノミー&エコロジー。通称エコタイヤだが現在は規格に合わせて低燃費タイヤと呼ばれる。一定レベルのグリップレベルを確保しつつ、転がり抵抗を軽減させ、自動車の燃費性能を向上させる。一口に低燃費タイヤといっても性能は様々だが、2013年現在、メーカーの公表によると最大で4%の燃費改善に繋がるとされる。

どこで持込交換するか?

国産タイヤ、輸入タイヤ問わずインターネットでタイヤを購入した場合、どこかでタイヤの組み替えをお願いすることになる。
基本的には、ディーラーかタイヤ販売店、整備工場、ガソリンスタンドが目安。

持込タイヤ交換よろこんで!とアピールしている店も多いから、きっとお近くで手頃な場所が見つかると思う。
通販のオートウェイでは、交換提携工場の一覧をホームページに掲載している(価格は要問い合わせ)。
参考 : タイヤ持込み取り付け店を探す

筆者はこれまで、10セットかそれ以上のタイヤを通信販売で購入、あちこちで組み替えをしてもらった。記憶に残っている限りの具体的な場所は下記の通り。

  • カー用品販売店 「コクピット」系列店
    - 16インチまで1本1500円、17インチ以上1本3000円(バランス・廃タイヤ処分料込み)
  • カー用品販売店 「タイヤ館」系列店
    - 16インチまで1本1500円、17インチ以上1本3000円(バランス・廃タイヤ処分料込み)
  • カー用品販売店 「イエローハット」
    - 1本1500円(バランス・廃タイヤ処分料込み)
  • カー用品販売店「オートアールズ」
    - 16インチまで1本2050円 (廃タイヤ処分料込み・バランスは不明)
  • トヨタディーラー
    - 4本6000円(バランス・廃タイヤ処分料込み)
  • 地元の自動車整備工場(中規模)
    - 1本1000円(廃タイヤ処分料込み)
  • 地元のタイヤ専門店(小規模)
    - 1本3000円(バランス・廃タイヤ処分料込み)
  • サーキットの付加サービス
    - 1本1000円〜1500円(廃タイヤ処分料込み)

※カー用品量販店では一部、作業を行ってくれない店舗もあり。

※なんで大口径タイヤが高いか?大きいタイヤは固くて作業が大変な場合が多い。アルミホイールを傷つけてしまう可能性も高いんです。

基本だけど空気圧が重要

タイヤを生かすも殺すも空気圧の管理次第。といわれるほど重要な空気圧。この空気圧を変化させることでクルマを自分好みの特性に変化させることもできる。また少しの違いでも変化が大きく、どなたでもわかりやすい変化が起こる。
現在、セルフのガソリンスタンドなら好き勝手に空気入れを利用して調整できるから、気になったらいつでも試してみることをオススメ。

※特記無い場合、文中のタイヤ空気圧、圧力単位は 「kgf/cm2」。

基本は純正指定値。増減するとどう変わるか?

タイヤ空気圧の基準は、純正指定値。多くの国産車では運転席側のドアを開けたところにシールが貼ってある。軽自動車などは燃費を重視して極端に高い数値が指定されている場合も多いから、空気圧を増減することで好みの乗り味に近づけることが出来る。
下記表は、基準値より1割〜2割の変更をした際の 一般的な体感変化の傾向。タイヤ規格は日本のJATMAでの印象。

空気圧を「上げる」
  • 出だしが軽くなり低速域での加速がよくなる。
  • 燃費が向上する(一定値を越えると差は無し)。
  • 雨の日に走りやすくなる場合もある。
  • 乗り心地が悪化する(パンパン跳ねるなど)。
  • ロードノイズが大きくなる(ロードノイズは荒れた路面でする音)。
  • グリップレベルは低下する。ブレーキング時の制動力低下などが起こる場合もある。
  • 滑り出した後の挙動が変化、急になる場合がある。
  • 荷重指数は上がる。
空気圧を「下げる」
  • 乗り心地が良くなる(しっとりするなど)。
  • グリップレベルが上がる。
  • ロードノイズが小さくなる(ロードノイズは荒れた路面でする音)。
  • 特に出だしの加速が重くなりもっさりとする。
  • 燃費が悪化する。
  • 荷重指数は下がる。
  • タイヤの空気に起因するノイズは増えるような感じ。

空気圧に関する忘れがちな重要ポイント

  1. メーカー基準値は新車時装着のタイヤでのもの。同じようなタイヤ銘柄でも、内容はがらっと違うこともある。輸入タイヤで多い「エトルトXL規格」ではより高い空気圧が基準になるのでご注意をどうぞ。
  2. タイヤの温度によって、同じ空気量でも空気圧は変動。一定の温度で測りやすい「冷寒時を基準」にするのがオススメ。サーキットでは走行後の「温間時を基準」が一般的。
  3. 走行状態に応じて「タイヤの温度変化=空気圧は変動」。スポーティ走行するなら低めでスタート。
  4. 1000円程度で販売されている空気圧ゲージはまるで違う数値を示す事が多い。いつも同じ空気圧ゲージを使用するか、サーキット用レベルのゲージを使用すれば、ガソリンスタンドと同じような数値になりやすい。
  5. タイヤの空気圧は0.2キロの増減でもしっかりと変化が出るから、詰める時は0.1キロ単位で調整。サーキットなら0.05キロ単位で微調整する場合も。
  6. 新車時のタイヤは空気圧が適正でない場合や4本で均一化されていないことも多々ある。
  7. 一般道において、ホイール重量による変化はあまりなく、空気圧による変化の方がよほど大きい。
  8. 窒素ガス充填に過度な期待は無用。そもそも空気の大部分は窒素だから。物理が好きな人に言わせれば、窒素はブラシーボ。このお金は節約してタイヤ代に回した方が良い。

タイヤ空気圧調整の基本

タイヤの空気圧を変えると誰でもわかるほど大きな違いを体感出来るという点は上に記したとおり。例えば軽量ホイールに交換したとしても、空気圧が変わったことで乗り味に変化があったのか、燃費が変わったのか、判断が難しいほど。
そんな空気圧をチェックする上で大事なポイントが2点

タイヤの温度変化により空気圧も変化

タイヤの空気圧をチェック、変更する上で大事なのが、タイヤの温度変化による空気圧変化が起こるという点。タイヤの温度が上がれば空気は膨張し空気圧は上がる。つまり「いつ」チェックするかという条件が大事なわけだ。

一般的には冷間時や温間時に計測されることが多く。ネット上にある情報も大方この表記で掲載されていると思う。それ以外ではガソリンスタンドで空気圧チェックする場合。通常走行中の計測なんていうのもあり、何もしないのと比べればこれだって充分効果的。普通はこれでいいはず。

空気圧ゲージにより値が変化する場合もある

タイヤ空気圧をチェックするのに必要な道具は「空気圧ゲージ」だけ。ただしこの道具がくせもの。あまりに安価な空気圧ゲージはいろいろと問題があるし、それなりに高価なものでも使い方次第で精度が悪くなる。
今までに経験した空気圧ゲージの問題、例えば下記のよう。

  • 精度が微妙。安価なタイプは計測する度、常に違う値を示す。まったく見当違いな時もしばしば。モノによって示す値が大きく異なる場合も。
  • チャックの作りが悪く、接続する度に空気がたくさん漏れる。
  • 目盛りが荒かったり、針が短かったり、どこを指しているのかわかりにくい。
  • 衝撃を与えると精度が落ちる。

カー用品店で販売されている1000円以下のゲージは残念ながらオススメできず。結局、ゴミになります。足踏み式の空気入れとセットになっているタイプも一緒。

まとめれば、一定レベルの品質のモノ、それを常に基準にすることが大事
メーカーの指定する基準値だって、適当な空気圧ゲージでは合わすことができない可能性がある。メーカー指定の基準値は基本、冷間時の表記だと思うが、迷ったらガソリンスタンドでチェックを。どこのガソリンスタンドで空気圧をチェックしても、大方同じような値を示すことが期待できる。

筆者が今まで使った空気圧ゲージ

  • 1000円以下のカー量販店で販売されているモノ。数えきれず。
  • 2000円〜4000円、12Vの電動空気入れにくっついているモノ。数種類。
  • 2000円、足踏み式フットポンプにくっついているモノ。2種類。
  • 8000円、エアツール(コンプレッサー)で使用するタイプ。数種類。
  • 10000円強、ブリジストンのサーキット走行向けのタイプ。
  • 3000円、モンスター田嶋ブランドの空気圧ゲージ。

上のリストで上から三番目までのやつは全く使い物になりません。相当な見当違いの値を示すか、最初はこんなもんかくらいでも、だんだん信用出来なくなります。 特に、足踏み式フットポンプのやつはハチャメチャ。何もしなくてもガス圧変化で圧力が掛かっちゃうのかな。

もちろん、全体的にチャックが変なのはお約束。お値段考えても仕方ありません。

エアツールの空気入れ&空気圧ゲージは、良いんですが、どうしても荒く使っちゃう。コンクリートの上にボン!なんてついついやってしまいます。圧力計は衝撃で狂います。


筆者がオススメしたい空気圧ゲージはモンスター田嶋ブランドの「モンスタースポーツ・空気圧ゲージ」。何と言っても値段が高くない。アマゾンで3000円くらいで売っている。

定番といえばブリジストンブランドの空気圧ゲージだが、お値段は1万円オーバー。普段利用ならモンスターのこれで充分。目盛り良し、敏感さ良し、減圧しても指し直し必要なしの精度もある。さらに挿し直しても同じ値を示すからチャックの作りも悪くないハズ。
※個体差がある可能性もあります。

輸入タイヤ、国産メーカーの輸出向けタイヤの購入。筆者が利用しているネットショップ。

空気圧の単位

タイヤの内圧を示す空気圧、現在はいくつかの単位が平行して使われている。ちょうど馬力&トルクと同じような感じ。
よく聞く単位と、それぞれだいたいの値。

  • kgf/cm2 ・・・ キログラム・フォース/平方センチメートル。
  • PSI ・・・ ポンド・スクエア・インチ。
  • kpa ・・・ キロパスカル。
  • ber ・・・ バール

2.0kgf/cm2 = 28PSI = 200kpa = 2.0ber

3.0kgf/cm2 = 43PSI = 290kpa = 2.9ber

冷間、温間、空気圧調整の具体例

冷間とは走行前、温間とは走行後の空気圧。冷間といっても冷たいというニュアンスではなくて、気温と同程度のタイヤ温度になる。

タイヤの温度変化により内圧は変化する。ではどれくらい変化するのか目安が欲しいところ。
走行後、どれくらい変化するのか、筆者が確認している値を記します。
ただし温間時の空気圧は、タイヤ銘柄やサイズ、車重、なにより運転の仕方によりバラバラです。1例としてご覧下さい。

単位は「kgf/cm2」。通称「キロ」。
※例は日本のJATMA(ジャトマ)規格のタイヤ。目安にされる場合、規格にご注意下さい。
増えてきたETRTO XL規格では0.3キロ多めあたりを目安に。

ミニサーキット含むスポーティ走行時(FF車)

タイヤサイズ:205/50/16
冷間時 : F1.60キロ - R1.80キロ ・・・ 温間時 : F2.00キロ - R2.05キロ

フロントタイヤの仕事量が多いFF車だからか。一般走行時には1.60キロは低すぎなのでご注意。

ミニサーキット含むスポーティ走行時(FR車)

タイヤサイズ:215/40/17
冷間時 : F1.90キロ - R1.90キロ ・・・ 温間時 : F2.10キロ - R2.10キロ

アクセル全開時間は少なめ、ホイルスピンもなしでのデータ。

市街地メインの一般走行時(FF車)

タイヤサイズ:いろいろ
冷間時 : F2.20キロ - R2.20キロ ・・・ 温間時 : F2.40キロ - R2.25キロ

だいたい1人乗車でチェック。普通に走るだけならリアタイヤの空気圧ってあまり変わらないのかな。体感上、空気量の多いタイヤだと圧が上がりやすい傾向を感じる。

市街地メインの一般走行時(FR車)

タイヤサイズ:255/40/18
冷間時 : F1.80キロ - R1.90キロ ・・・ 温間時 : F1.85キロ - R2.00キロ

後輪駆動のビッグセダンとの組み合わせ。駆動輪であるリアが上がりやすかった。また車重からかブレーキの熱でホイールが暖まる。計測したのはホイールがなんとか手で触れる時。

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。