「RPX900」騒音計での実験や転がり抵抗、使用感

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

タイヤ使ってみました!アジアンタイヤとの比較など

OMNI「RADAR RPX900」の使用感など

シンガポールのタイヤメーカー「OMNI」から発売される、「RADAR RPX900」についての使用レポート。
RADARタイヤとして1ブランドになっています。

タイヤイメージ01

「RADAR RPX900」はコンフォート性能が重視されているタイヤで、実際に使用しても乗り心地よし、静粛性まずまず。凄いハンドリングが悪いわけでもない。超低価格帯の輸入タイヤとしてはバランスイイ。

そして良くも悪くもピンクリボンの寄付金付きというのが特徴のタイヤです。

 

※欠点はピンクラインだけ?
実験!RADAR RPX900のピンクリボンは落とせるのか?

コンフォート性能として乗り心地と騒音テストをメインに、タイヤによってはサーキット走行でのレビューも。
輸入タイヤや空気圧についてなどタイヤ基本ページはリンク先でどうぞ。

RADAR RPX900 の参考価格

  • 195/60R15 ・・・ 約2000円〜3000円
  • 205/55R16 ・・・ 約5000円

タイヤ通販サイトで価格チェック(RADARブランド) 通販ショップ1  / 取扱の有無は変動しています。


RADAR RPX900を17年式トヨタ・アルテッツァで使用しました。
タイヤサイズは「205/55/16」(インチダウン)
(試乗レポートはこちら!アルテッツァRS200試乗インプレッション

アルテッツァの履き替えということで、「ダンロップ・SP SPORT MAXX TT」 との一部比較も含みます。

タイヤを見て使ってみて思うこと

タイヤは自動車に関するパーツの中で、特に評価基準、判断が難しく、テスターの体調次第で比較評価が変わってしまうほどの繊細な部分を持ちます。独断と偏見、さらには主観を多く含む記事となってしまう点をご了承下さい。
※文中のタイヤ空気圧、圧力単位は 「kgf/cm2」。
※XL規格=ヨーロッパのETRTO(エトルト) XL規格。

タイヤのキャラクター

超低価格 + 快適性重視系 (ETRTOスタンダード規格)

RADAR RPX900 タイヤの概要

シンガポールのタイヤメーカー「OMNI」から、「RADAR」ブランドで発売されるのがこの、「RADAR RPX900」。大きな特徴として、ピンクリボンタイヤというのがあります。ピンクリボンこれは、BCRF(乳がん研究財団)への寄付金が付いていることを表し、自動的に4本で1ドルが寄付されます。
タイヤ以外の分野では以前から取り組まれているらしい。

このピンクリボンを表すためか、外側サイドウォールにピンクのラインが入ります。ドレスアップ?善し悪しの部分なので、落とせるかを編集部で実験しました(後述)。

画像01-06画像01-05

タイヤ本来の内容としては、コンフォート性能が重視された特性。2014年時点の比較では、他銘柄より快適性が優れているだけでなく、他の超低価格輸入タイヤよりバランスが優れている。

筆者の経験した限りでは、1本3000円〜のレベルのタイヤでは、頭一つ抜き出て、ドライバーもパッセンジャーも、走行中の不快感は少ないタイヤです。

「RADAR RPX900」で走行してみる

使用レポート1:快適性能

乗り心地や静粛性といった同乗者も気になる部分の快適性能について(ドライバーの快適性は別項目)。
このRADAR RPX900は、この快適性能がとてもいい。アルテッツァとの組み合わせでは、ほとんどの場面において国産(低価格)スタンダードタイヤと遜色ないレベル。

乗り心地について感じる事

乗り心地に関して言えば、空気圧を上げてもそんなに悪化しないし、一般的な空気圧で使用していればたわみを感じるほどアタリが柔らかい。小さなボコボコを拾い続けるようなタイヤとは全然違って、あえて固さを感じる部分といえば、よほどの悪路くらい。
「ETRTO-XL規格」というヨーロッパの固いタイヤが主力の輸入タイヤの中で、このタイヤは「ETRTOスタンダード規格」。どちらかといえば、なじみ深いタイヤに近い規格のタイヤ。やはりXL規格は固いタイヤになりがちなのかもしれない。

静粛性について感じる事

また、静粛性に関しては舗装が良い路面も悪い路面も普通。これならそれなりの自動車好きも許容範囲内だと思う。
乗り心地に静粛性、多くの超低価格輸入タイヤでダメな部分。RADAR RPX900をライバル比で評価すれば、ゴーゴーもパタパタも少ない。それどころか、コンフォート性能の向上もアピールされているアジアン系の上級スポーツタイヤと比較しても、優れたレベルをキープしていると思う。

画像01-02画像01-04

※静粛性は、タイヤの設置状態によって異なります。車種によってもサスペンション型式によってもアライメントによっても空気圧によっても変わってきます。評価は参考程度に認識下さい。

使用レポート2:走りやすさやパフォーマンス

ドライバーが感じる走りやすさという面の快適性、そして運動性能に関して。RADAR RPX900は至って普通。より優れたタイヤも多いけど、もっと酷いタイヤもいっぱいある。つまり、実用車で普通に利用する限り、普通という評価がピッタリ。

しかし普通というだけじゃ面白くない。最初、乗り心地から察するに、グニャグニャして反応が悪かったり、そんなタイヤだと思っていた。それが、いざハンドリングを気にして走行すれば、全然そんなことがないことに気付く。安いけどバランス良いんだねってビックリ
一流のスポーティタイヤと比較すれば、確かに切り込んだ先の手応えとかは劣る。フラフラ感が恐怖心として感じることもある。お乗りのクルマで高級タイヤを使ったことがある方だったら、不満を感じると思うし、いつもベーシックなタイヤを使用されている方なら問題ないと思う。

ライバル比較、例えば同価格帯の「MASAのCORSA 60」と比較すれば、こちらRADAR RPX900の方が若干ハンドリングの手応えが薄いけど、静かでコンフォート性能は高い。逆にハンドル切ってからヨーの立ち上がりが早く、キビキビ感を感じるのはCORSA 60。その分、固くてうるさい。

ピンクのリボンは本当に落ちるのか?

画像01-07サイドウォールに付いているピンクのリボン、落とせそうな落とせなそうな、微妙な説明がされている。
簡単に落とせれば問題ないし、落とせなければファッション、もしくはこのタイヤ唯一の弱点となってしまう。

落ちるか落ちないか、試してみました。
別ページ!RADAR RPX900のピンクリボンは落とせるのか?
内容はリンク先でどうぞ。

異なる空気圧を試してみる

※文中のタイヤ空気圧、圧力単位は「キロ」=「kgf/cm2」。

RADAR RPX900の規格は、ETRTOスタンダード規格。輸入タイヤでは多いXL規格より従来ながらの規格。日本のJATMA規格に近いといってもいいと思う。高い空気圧で走行することを前提にしているXL規格のタイヤは、乗り心地が固いタイヤが多いように感じる。「空気圧を高くしても乗り心地が悪化しない」のではなく、「低くても乗り心地が悪い」。そんな印象。

ETRTOスタンダード規格はどう?ロードインデックスと耐荷重を見れば、目安の空気圧範囲は1.5〜2.5キロ。MAX値は3.1キロとタイヤに表記されている。耐荷重だけ気を付ければ、普通の国産タイヤと同じ感覚でいけそうだ。

快適な走行の為にはどれくらいにセットすればいいのだろう?ということでちょこっと空気圧テスト。

走行前 2.30キロ ・・・ 走行後 2.40キロ
乗り心地は柔らかい。収まり悪いと感じるほど(収まり悪いのはタイヤのセイじゃない)
タイヤの接地感が上がったようにステアフィールに手応え。
時速60km、ロードノイズはこの3パターンの中で最も大きい。
走行前 2.50キロ ・・・ 走行後 2.60キロ
乗り心地は2.30キロ時と大差なし。十分柔らかい。段差の種類によってはまれにカタカタ音が増える。
転がり抵抗の減少は体感出来ず。
走行前 2.80キロ ・・・ 走行後 2.85キロ
乗り心地はほとんど悪化しない。比較しなければ低い空気圧と大きな差は感じない。
ステアフィールは手応え無くなる。設置面積が減少?
転がり抵抗の減少は体感出来ず。それでもおそらく、燃費は良好のはず。
 

他のタイヤと比較して、空気圧に対する変化はものすごく”鈍感”。敏感じゃなくて”どんかん”ね。
2.2〜2.8キロの範囲であんまり大きな差がない。普通は、0.2キロ変えたらフィーリングは大きく変わる。

一般道を制限速度厳守、時速60キロ厳守でテスト。冷間時に調整して、走行して温間時の空気圧をチェック。意外とトレッド面の温度が上がっていて、前後輪ともに0.1キロも上がった。単純に空気の量が多いからと思われる。
暖まるとタイヤの印象が目に見えて変わるタイヤもあるが、このRADAR RPX900なら、大きな違いは体感出来ず。MTだと最初の一回だけ、クラッチミートが神経質??その程度。そんなこと気にしないで出だしから普通に走行できます。

「RADAR RPX900」インプレ総合

画像01-03RADAR RPX900というタイヤは、価格を超えたレベルのコンフォート性能を持った輸入タイヤ。それでいて、文句を言いたくなるほど運動性能が悪い訳じゃないから、超低価格帯のタイヤではかなりオススメのタイヤ。いや乗り心地の柔らかさなんて驚きといってもいい。

マニアックなシンガポールメーカーということで、構造とか使用している技術とか、品質なんていうのはよくわからない。場合によってはバランスが取りきれない事もあるかもしれない。そもそもピンクリボンで話題を取るだけのタイヤかもしれない。
しかしそんなの気にならないほど、使用すればかなりイイ!コンフォート性能は確実に一クラス上だよね。

この乗り心地の良さと、悪くない静粛性。これにレベルの高い走りやすさを備えれば、それは韓国のプレミアムタイヤクラスになっちゃう。実際には価格帯が違う。

唯一気になる問題は、もちろんピンクリボン。好みだったら全然問題なし。嫌ならガマンするか、ファッションと割り切るか、対処方法を試すか。。。 
違うタイヤにする?筆者が持つ現在の知識でいえば、少し予算アップしないとこのコンフォート性能は得られないと思う。柔らかめが好きな方ならなおさらだよ。

こんなクルマ、こんなドライバーにぴったり

  • 出来る限り安価に、快適性能が重視されたタイヤをお望みの方。
  • ネクソンなど韓国タイヤより安い、超低価格クラスの価格帯がご予算の方。
  • 安かろう悪かろう、そんな運転感覚はイヤだという方。

輸入タイヤ、国産メーカーの輸出向けタイヤの購入。筆者が利用しているネットショップ。

タイヤメーカーや販売店がアピールしている点

  1. ピンクリボン付きタイヤ。タイヤを買うだけで寄付が出来る。ドレスアップにも。
  2. スタンダード〜コンフォートといったタイヤ特性。
  3. OMNIタイヤのホームページ http://omni-united.com/ です。

似たようなキャラクターを持つタイヤ銘柄

安いタイヤの場合は組み付け工賃がネック。だからアルミホールセットがとてもオトク。送料が無料になったりも含め、差額は最小限。このタイヤもセットで購入しています。
2014年5月現在、「RADAR RPX900」は、販売されるサイズラインナップが最小限。ご確認下さい。

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
同価格帯の他車と相対的評価・5段階評価付き
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。これからも率直でドライなレポートでお楽しみ下さい。