「emi_zero_hp」騒音計での実験や転がり抵抗、使用感

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

タイヤ使ってみました!アジアンタイヤとの比較など

コンフォート性能として乗り心地と騒音テストをメインに、タイヤによってはサーキット走行でのレビューも掲載中。

輸入タイヤや空気圧についてなどタイヤ基本ページはリンク先でどうぞ。

ミネルバ「emi_zero_hp」の使用感、比較

コンチネンタルの1ブランドというタイヤブランド「MINERVA(ミネルバ)」のタイヤ「emi_zero_hp」についての使用レポート。安くてスタンダード〜エコタイヤ的な乗り味が印象的。

ミネルバってメーカーや製造国はどんな感じだろう?調べてみればシンプルながらも日本語の公式ホームページが用意されています。見てみればコンチネンタルのタイヤブランドということらしい。そして生産は中国

このタイヤの購入にあたり、それ以上詳しいことはわからなかったんだけど、コンチネンタルというのがポイントとなり購入してみました。コンチネンタルと言えばVWなどが新車時装着するドイツやアメリカで人気のタイヤ。ミネルバは多分、安価に製造できる中国で生産されるセカンドブランドじゃないかなという予想です。

そんなミネルバを使ってみて、感じた印象など使用感をまとめます。

MINERVA emi_zero_hp の参考価格

  • 195/60R15 ・・・ 約3400円
  • 205/50R16 ・・・ 約4000円
  • 215/45R17 ・・・ 約4000円
  • 225/40R18 ・・・ 約4500円

タイヤ通販サイトで価格チェック ナンカンタイヤ一覧のページ  / 


emi_zero_hpをマツダ・デミオ(DE5)で使用しました。
タイヤサイズは「195/45/16」

試乗レポート・デミオスポルト試乗感想

タイヤを見て使ってみて思うこと

タイヤは自動車に関するパーツの中で、特に評価基準、判断が難しく、テスターの体調次第で比較評価が変わってしまうほどの繊細な部分を持ちます。独断と偏見、さらには主観を多く含む記事となってしまう点をご了承下さい。
※文中のタイヤ空気圧、圧力単位は 「kgf/cm2」。
※XL規格=ヨーロッパのETRTO(エトルト)XL規格。


タイヤのキャラクター

 スタンダードタイヤ + エコタイヤ的な乗り味

タイヤの概要

ミネルバってどんなタイヤ??調べてみればシンプルながらも日本語の公式ホームページが用意されている。見てみればコンチネンタルのタイヤブランドということらしい。生産は中国。

このタイヤの購入にあたり、それ以上詳しいことはわからず。コンチネンタルと言えばVWなどが新車時装着するドイツやアメリカで人気のタイヤ。ミネルバは多分、安価に製造できる中国で生産されるセカンドブランドじゃないかなという予想。

タイヤの特性や印象レポート

※試乗車のデミオはサスペンション結合部を締め直し、ゴムブッシュが動きやすい状態にセットし直しています。そのため、乗り心地も静粛性もよく感じやすいクルマとなっている点をご了承下さい。


タイヤ01-02タイヤ01-03

ミネルバemi_zero_hpというこのタイヤ、オートウェイの通販で購入して現在4000kmくらい使用。使用した印象を一言で例えれば「ちょっと前のエコタイヤ」みたいな感じ。1世代〜2世代前の国産エコタイヤみたいなタイヤが、安い輸入タイヤの中でも最も安いクラスの価格で購入出来るって素晴らしいと思う。

特徴としては乗り心地はちょっと悪い。でも静粛性は高い。このあたり含め、「エコタイヤらしさ」ってどんな感じ?など下記に続きます。

使用レポート:快適性能(静粛性)

タイヤ01-04ミネルバemi_zero_hpで真っ先に取り上げたいのは、静粛性の高さ。なんといっても、たまたま比較できた国産エコタイヤの雄、ブリジストン・エコピアPZ-XCと比較しても遜色ないほど。

それで比較して相対的に静かと言うだけじゃない。聞こえてくるノイズの音質は普通で、違和感を感じるタイプのノイズじゃない。
輸入タイヤと言えば、国産タイヤよりうるさいのは当たり前。そう思っていたけどミネルバemi_zero_hpはなかなかスゴイ。とにかく安くいタイヤで、静かなのが条件の方ならもう、これより下は読まなくてもOK!

このデミオには若干手を入れており、新車時のデミオとはちょっと違う。それで、ざらついた古い路面での快適性はなかなか。そうしたクルマの特徴があるんだけど、荒れた路面で盛り上がるノイズ音量もどちらかといえば小さめ。

このデミオとの組み合わせでは、静粛性に文句を付けたくなるような部分は一つも無し。寧ろこれで15インチ3000円という価格が信じられず。

使用レポート:快適性能(乗り心地)

タイヤ01-05静粛性は高いのに、乗り心地は今一つ。橋の上とか古い舗装だったり、荒れた路面を走行すれば一昔前のスポーティタイヤなみのドカドカ感。もう全然、デミオが国産車最低クラスの乗り心地に感じる。
また少し大きめな段差での衝撃はドカン!とスゴイ。

もともと静かでハンドリングもオトナなタイヤだから、こうした衝撃を受けた際はビックリしてしまう。細かなボコボコで滑らかなこのデミオだからして、助手席に乗っていても思わず「うぉ」と声が出てしまう。

タイヤサイズは「195/45/16」ということで、実際に見ればまあ薄いです。そして触ってみればまぁ固い。ちょっと前のエコタイヤが固くして変形を押さえるという感触に似ている。あとはXL規格の固いタイヤに、パンパンに空気を入れた時のような。
空気圧調整で変化はあるか、ちょっと試してます。

使用レポート:ハンドリングなど

タイヤ01-09ハンドリングというと、ガンガンにコーナーを曲がっている時をイメージするかもだけど、ここでいうハンドリングは駐車場でハンドルを回す時の印象から、交差点で普通にハンドルを切った時の印象など全て含めての感想。

で、ミネルバemi_zero_hpのハンドリング、前述の通りエコタイヤらしい感じ。エコタイヤらしいというのがどんな感じかと言えば、中立から指1本くらいの舵角まで、反応が鈍いを通り越して反応がものすごい希薄。エコタイヤは直進時のグリップを削っているらしいから、なんとなくでも納得できるというか仕方ない部分かな。

そこから切り込んでいくと、タイヤ自体は固めだから、手応えもハッキリし、普通に反応してくる。このあたり、乗り心地を重視したコンフォート系タイヤはマイルドな事が多いけど、emi_zero_hpはマイルド過ぎず機敏すぎず、普通といえる。

ペースよく走った際はどうか?ゆっくり切り始めたい中立付近が上記の様な反応のため、ちょっとタイミングが取りづらい。慣れれば一緒だろうけど、ちょっと気を抜くとほんの少し、切り遅れする場面もあるかもしれない。
フロント外側タイヤに荷重がかかり、負担が増える下り坂でのコーナー。ちょっとスキール音が出やすい傾向がある。鳴きやすいタイヤもあれば鳴きにくいタイヤもあって、必ずしもグリップ力とイコールじゃないから、どうってわけじゃないけど、大きくキーキー鳴く直前が最も反応がよく、気持ち良く走れることが多いと思う。

それからもう一つ、直進性が高いという特徴がある。直進性の高さって、クルマを比較する時ほど違いはないんだけど、タイヤによる違いもあるんじゃないかと。

試乗車デミオの特徴と合わさると?

試乗車デミオとの組み合わせでは、デミオはステアリング中立付近がやや重く、直進性が強めのタイプ。これにemi_zero_hpを合わせると、直進性はコンパクトカーとは思えないほど高いけど、微調整が必要になった時にやや不快。中立付近の反応がないタイヤだから、ハンドル重めの領域から軽くなっていく感覚を感じつつ、大きめにハンドル動かしての微調整をする感じになる。

もしかしたら、同世代のマツダ車全般で、同じような感じになるかも。この場合、もっと如何にもな輸入タイヤを選んだ方が走りやすいと思う。

内側、外側の指定あり

タイヤ01-08タイヤ01-07

このタイヤは内側・外側の指定があるタイプ。

ミネルバemi_zero_hpに限らず内側・外側の指定がある場合は、取付後に一応、チラッとだけでも確認するのをオススメ。万が一、間違えてホイールについていても、その場で指摘すればトラブルは最小限、ですからね。

「emi_zero_hp」インプレ総合

タイヤ01-06

一言で表せばちょっと前の国産エコタイヤみたい。ステアフィールも乗り心地も、ミネルバemi_zero_hpを使用して受ける印象はそんな感じ。

ミネルバには日本語ホームページも用意されるけど、国内で省燃費ラベリングは取得してないっぽい。もったいないよね。

だけどその分、輸入タイヤの中でも最もお安い金額で購入出来る。静粛性高く、直進性高く、出だしの軽い輸入タイヤ、乗り心地などにちょっと問題があるにしても、長所があるのは素晴らしい魅力。

逆に輸入タイヤにキビキビ感を求める場合は、他の選択肢をオススメ。国産タイヤではいわゆるエコタイヤが主流で、輸入タイヤというとハンドリングの反応とかクセのない運転しやすさが当然という考えがある。アジアンタイヤはコーナーが怖くないよ、なんてハナシも聞く。
そんな方がemi_zero_hpを選ぶと、輸入タイヤに求める内容とは異なってしまうと思う。

なので、国産エコタイヤから同じような感じで、安い輸入タイヤに乗り換えたい方などにオススメ。きっと燃費も、そんなに明らかに変化しないと思う。空気圧管理で相当カバーできると予想。

こんなクルマ、こんなドライバーにぴったり

  • 国産エコタイヤから同じような感じで、安い輸入タイヤに乗り換えたい方。
  • 安くて静粛性の高さに特徴があるタイヤをお望みの方。

輸入タイヤ、国産メーカーの輸出向けタイヤの購入。筆者が利用しているネットショップ。

タイヤメーカーや販売店がアピールしている点

  1. 静粛性、グリップ力などをしっかり押さえた基本に忠実な性能を持ったスタンダードなタイヤ。
  2. ミネルバのホームページ http://minerva-tyres.jp/ 日本語です。

似たようなキャラクターを持つタイヤ銘柄

輸入タイヤの中でも低価格な、スタンダードなタイヤ。

安いタイヤの場合は組み付け工賃がネック。だからアルミホールセットがとてもオトク。送料が無料になったりも含め、差額は最小限(例えば1万円以内とか)。

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
同価格帯の他車と相対的評価・5段階評価付き
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。これからも率直でドライなレポートでお楽しみ下さい。