「ミシュランタイヤ」騒音計での実験や転がり抵抗、使用感

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

タイヤ使ってみました!アジアンタイヤとの比較など

コンフォート性能として乗り心地と騒音テストをメインに、タイヤによってはサーキット走行でのレビューも掲載中。

ミシュラン「Pilot Preceda PP2」使用感など

ミシュランから発売されているドレスアップ系タイヤ「パイロットプレセダ」についての使用レポートです。

輸入タイヤと、国産メーカーの輸出向けタイヤ。筆者が利用しているネットショップ。

タイヤの位置づけや価格イメージ

ミシュランのパイロットプレセダといえば、エントリー〜ミドルクラスのスポーティタイヤ。ネーミングからパイロットシリーズが連想できるけど、実際はコンフォート性能が重視されているので、バランス系タイヤもしくはドレスアップ系タイヤに分類したいイメージ。

パイロットプレセダはインチアップなどドレスアップ時、つまりアルミホイールを交換装着する際によく選ばれるという。
ドレスアップ系といえば、運動性能や快適性能がほどよくバランスされ、パターンやショルダー部のスタイル(デザイン性)にも注力されるクラス。それでいて価格も安めでないといけないから、実際には快適性の部分が妥協されやすいがパイロットプレセダはどうだろう。

品番はPP2となり新しい世代。日本で人気のクラスだけあって、フランスのメーカー・ミシュランであってもこのタイヤは、日本の開発チームによって主導されたらしい。

Pilot Preceda PP2の新品参考価格

  • 165/55R14 ・・・ 約11000円〜13000円
  • 165/50R15 ・・・ 調査中
  • 205/55R16 ・・・ 調査中
  • 205/40R17 ・・・ 調査中

タイヤ通販サイトで価格チェック(ミシュランのページ)

現在準備中  / 

タイヤを使用した車

Pilot Preceda PP2をトヨタ・ベルタで使用してみました。
タイヤサイズは「185/55R15」

(ベルタ、試乗レポートの用意はございません。ごめんなさい)

タイヤを見て、使って、思うこと

タイヤは自動車に関するパーツの中で、特に評価基準、判断が難しく、テスターの体調次第で比較評価が変わってしまうほどの繊細な部分を持ちます。独断と偏見、さらには主観を多く含む記事となってしまう点をご了承下さい。
※記事中のタイヤ空気圧、圧力単位は 「kgf/cm2」。

タイヤのキャラクター

ほどほどのスポーティ性能 + ほどほどの快適性能 価格はやや高め。

「Pilot Preceda PP2」で走行してみる

使用レポート(乗り心地など)

比較対象は交換前のタイヤ(新車時装着タイヤ・銘柄はBS・B250)。パイロットプレセダを1000キロ使用、新車時タイヤに戻して数ヶ月使用、パイロットプレセダを1000キロ使用という感じで計2000キロ程度使用しました。

快適性能に関する使用感、タイヤを交換してすぐに感じるのはかすかなゴツゴツ感にゴロゴロとした低いロードノイズ。スタンダードな特性を持つB250と多少分が悪い。”かすかに”といった差だから人によっては気にならないかもしれないし、筆者も1ヶ月間が空けばこんなものだっけ?なんて違いがわからないかもしれない。

タイヤが吸収すべき小さなボコボコを越える段差のような場所では、ベルタのチープなサスペンションにより単純に不快なだけ。そのまま乗っているだけだと違いがわからず。

パイロットプレセダ1

そこでタイヤ空気圧を変化させてみれば、空気圧2.2キロだとポンポン弾まず乗り心地がよく感じられる。
リアタイヤは2.0キロでもいい。しかし小さいボコボコに関しては2.4キロあたりで高めの方が印象がいいという感触を受けた。重戦車が軽戦車になったような感じといえばわかりやすいかな。

単純に空気圧を下げれば必ずしも乗り心地がよくなる訳じゃないのが面白い。

このような印象だから、パイロットプレセダをミドル級スポーティタイヤと思えばかなりコンフォート指向と評価できる。タイヤサイズが185/55R15と小さいから違いが少ないというのもある。新車時装着タイヤとさして変わらない。

使用レポート(ステアリングレスポンスなど)

パイロットプレセダ3比較対象および方法は上記同様。ステアリングを握って受ける走行性能に関する印象はどうか?

新車時装着タイヤ(ブリジストンB250)からみれば、真がスッと通っていて心地よい。具体的にはドライバーに伝わるクルマ直進時のタイヤ接地感が上がった。一般道の国道レベルから高速道路を走る速度まで手応えがある。

ゴツいスポーツタイヤに近いというか、グリップしてます!安心して下さい!的なアピールが凄い

ちょうど、シェアを増してきたエコタイヤ系が苦手な部分。ここ中立付近から緩く切り込んだ辺りのグリップ力を落としているというが、運転すればそれがハッキリ。手応え無く微調整が難しくなり、曖昧さから動かしすぎればフラフラに。動作から反応してくれるまでの時間も長い。

日常的に使うこんな部分が明確だと例えベルタでも気分は欧州車。しかしその分、ハンドルが重くなった、というのはある。軽い操舵感がお好みの方にはもっとベーシックなタイヤの方があっていると思う。これに関して今回、ホイールオフセットはほぼ一緒だから、単純にタイヤ銘柄だけでの変化だろう。

コーナーでは全然普通のコンフォートタイヤみたい。接地感が上がったという評価はどこにいった?スポーティという感覚が人それぞれ違うといっても、よくいわれるスポーティな感触はわからない。もしくは、わかりにくい。シャキッとしているわけじゃないし、絶対的なグリップ性能が高い訳じゃない。また荷重を掛けていくとカッチリするなんて演出も感じられない。

「パイロットプレセダ」インプレ総合

タイヤメーカー各社、特に日本のメーカーではエントリー〜ミドルクラスのスポーティ系タイヤに一定の快適性を盛り込むという商品が人気な様子。ブリジストン、ダンロップ、ヨコハマ、基本は”スポーティ”。多少の固さは演出という味付けだ。
一方でこのパイロットプレセダ、スポーティ系としてはかなりコンフォート性能重視。ネーミングに「パイロット」とついても「プライマシー」に近いんじゃないの?
ここに関して、日本で開発っていうけど、プライマシーシリーズの方がミシュランらしさを味わえます。

そんな感じだから、メーカーでもドレスアップに最適とアピールしている。つまりバランス・ドレスアップ系タイヤとして考えた方が良いと思う。

オススメしたいドライバーのタイプはこんな感じ

  • 直線では元気よく加速、適度なハイペースで巡航することが多い、好き。
  • 安全性の為に最低限のグリップ力、特に縦方向(直進方向)は重視したい。
  • アルミホイールを変えた、タイヤもブランド性の高い銘柄を選びたい。

パイロットプレセダ2

この手のタイヤとしてお値段は高め。コストパフォーマンスを気にされる場合は他銘柄がいいし、中途半端はイヤだっていうのならアジアンタイヤがいい。

同じようなキャラクターのタイヤでは、ネクセンの「N」シリーズとか凄く良い!

ネクセン?由緒正しきミシュランと比較すれば、確かに韓国タイヤだけどね。最近少なくなった柔らかいタイヤで乗り心地が大幅アップする可能性。

ネクセンの試乗レビューはこちら!
ネクセンタイヤ・N7000ネクセンタイヤ・N9000

交換前のタイヤ(新車時装着タイヤ)について

パイロットプレセダの使用感をチェックするのにあたり、比較対象となったのは交換前の新車時装着タイヤ。銘柄はブリジストンB250。

B250B250

新車時から3年6ヶ月、走行距離25000キロ使用。車検時に1回、タイヤローテーションを実施。

B250

年数が経過してゴム表面は薄く割れが見受けられる。
実際の使用には問題ないが、不安に感じる方もいらっしゃる。

ゴムの残り山は2部山。多くのタイヤでゴムが薄くなると乗り心地や静粛性が悪化する。このブリジストンB250もそう。

ブリジストンはゴムの質が世界一といわれるだけあり、タイヤの構造よりゴムに任せる部分が多い可能性がある。ならばゴムが減った状態での性能低下は大きい可能性も考えられる。

騒音・ノイズなどのチェック

騒音計での計測

Pilot Preceda PP2、市販の騒音計を利用して、ノイズを計測してみました。単位はdB。(dBについてはネット検索して下さい)。
騒音計ということで音圧に対して補正が掛かっていますが、人間が感じる不快さとは違います。耳障りな音とか気になりにくい音とか、そういった感覚は含まれていません。

  • タイヤサイズと空気圧 ・・・ 185/55R15 / タイヤ空気圧 F2.5・R2.5(kgf/cm2)
  • タイヤの使用状況 ・・・ 購入後1ヶ月で1000キロ走行後、外してしばらく保管。その後、再度交換して1000キロ使用。合計走行距離は約2000キロ。
  • 車両 ・・・ 2009年式・トヨタ・ベルタ(CVT)
計測1:周囲の騒音
環境ノイズ / 50.2dB
アイドリング時の車内騒音
エンジン回転数・・・800rpm / Fシート・・・47.4dB Rシート・・・45.8dB
巡航時の車内騒音・綺麗な路面、比較的新しい舗装の道路
時速50km走行時 / Fシート・・・66.4dB Rシート・・・63.2dB
時速90km走行時 / Fシート・・・71.3dB Rシート・・・66.9dB
巡航時の車内騒音・荒れた路面、細かなデコボコが多い道路
時速50km走行時 / Fシート・・・73.4dB Rシート・・・72.8dB
計測2:周囲の騒音
環境ノイズ / 50.1dB
巡航時の車内騒音・荒れた路面、細かなデコボコが多い道路
時速50km走行時 / Fシート・・・75.8dB Rシート・・・72.2dB

パイロットプレセダ3

タイヤ空気圧が高いと、騒音(ノイズ)は大きめになる傾向があります。計測時はステアリングフィールを優先したF/Rともに2.5キロ。

指定空気圧、あれは新車時装着タイヤの参考値。タイヤが異なれば最適な空気圧も異なるはず。
特にXL規格のタイヤにはご注意下さい。

このパイロットプレセダはXL規格ではなさそう。走行の質感優先ならもう少し空気圧は下げたい。同乗者にはF2.0〜2.2キロ、R2.0キロあたりが優しいかな。

アクセルオフ時の転がり抵抗

アクセルオフ時に惰性で走る距離
時速80kmから50kmまでの減速タイム・・・22秒43 (3本の中間値)

他のタイヤ、他の車種でもテストを行い、データを集めています。

タイヤメーカーのアピールしている点

  1. 日本のドライバーをターゲットに日本で開発したタイヤ(多分生産も日本)
  2. スポーツ性能にプラスして快適さを求めるドライバーに最適化。
  3. コンフォート系タイヤより1.5倍の太さを持つキャップフライを採用。
  4. シリカベース新コンパウンドを採用。ウェットグリップも重視。
  5. 左右非対称のトレッドパターンで運動性能と快適性能を両立。

似たようなキャラクターを持つタイヤ銘柄

関連ページ

タイヤに関する基本ページはこちらです
輸入タイヤや空気圧についてなどタイヤ基本ページ

輸入タイヤ、国産メーカーの輸出向けタイヤの購入。筆者が利用しているネットショップ。

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。