「SP sport 230」騒音計での実験や転がり抵抗、使用感

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

タイヤ使ってみました!アジアンタイヤとの比較など

コンフォート性能として乗り心地と騒音テストをメインに、タイヤによってはサーキット走行でのレビューも掲載中。

「ダンロップ SP sport 230」の使用感など

ダンロップ「sp sport230」という銘柄のタイヤについて使用レポート、感想、参考データを掲載しています。

SP sport 230という銘柄はよく新車に付いてくる銘柄です。自動車メーカー問わず新車時装着タイヤとして使用されています。市販の「SP sport」と名前が付くタイヤとは走行感覚も別物です。

輸入タイヤと、国産メーカーの輸出向けタイヤ。筆者が利用しているネットショップ。

タイヤの位置づけや価格イメージ

SAI&ダンロップOEM-spsport-01このタイヤは新車時装着タイヤでよく見かけるタイヤです。当ページは後にタイヤを交換してから、「これはこういうことだったのかぁ」というまとめになります。

そしてアジア系の格安輸入タイヤとの比較に採取データなどをまとめています。

新車時装着タイヤ(OEMタイヤ)っていくらなんだろう??一般に公表されているわけじゃありませんが、OEMタイヤの価格を調べてみると、1本1000円とか1500円と噂されています。

想像よりよっぽど安い(笑)。それじゃあリプレイス用タイヤ(交換用タイヤ)との差はあるのかないのか?大きいのか小さいのか?気になります。

SP sport 230 の参考価格

  • 取り扱いのある新車ディーラーでご確認下さい。

タイヤ通販サイトで価格チェック(ダンロップのページ)

通販ショップ(ダンロップ)  / 近い銘柄名の欧州向けタイヤなどが低価格で販売されています。

タイヤを使用した車

SP sport 230はトヨタ・SAIの新車時装着。
タイヤサイズは「205/60/16」

(試乗レポートはこちら!トヨタ・SAI試乗インプレ

タイヤを見て、使って、思うこと

タイヤは自動車に関するパーツの中で、特に評価基準、判断が難しく、テスターの体調次第で比較評価が変わってしまうほどの繊細な部分を持ちます。独断と偏見、さらには主観を多く含む記事となってしまう点をご了承下さい。
※記事中のタイヤ空気圧、圧力単位は 「kgf/cm2」。
※XL規格=ヨーロッパのETRTO(エトルト) XL規格。

タイヤのキャラクター

新車時装着タイヤ(OEMタイヤ)

タイヤについて

SAI&ダンロップOEM-spsport-01

この「SP sport 230」という銘柄は、基本的に新車時専用となっているタイヤ。住友ゴムのHPにも”OEMタイヤ”として案内されている。
新車時装着タイヤといえば、銘柄には好評のブランドを持ってきつつ、実は中身は別物なんてことが普通にあるけど、これはOEM専用品となっているからとっても良心的。

トヨタ車ではミドル〜アッパーミドルクラスの車種でこの銘柄をよく見かけるし、実際に試乗している(マークXジオなどもこれ)。トヨタ以外でもホンダ・オデッセイやマツダ・プレマシーでも装着されていた。
いろいろ思い出すと共通するネガティブな部分があるから、それがタイヤの特性かもしれません。

参考試乗レポート:オデッセイ(4代目・M・標準グレード)
参考試乗レポート:プレマシー(3代目・20E・4WD)

上の写真、この状態でスリップサインまではあと1ミリ。無理をしなければまだまだ使えます。

タイヤから感じる事や履き替えのイメージなど

普通に使ってみての使用感

SAI&ダンロップOEM-spsport-01

後からタイヤを変えてわかったこと、同銘柄を履く複数車種で感じる同様な印象から、タイヤのキャラクターを考えてみる。

全体的なイメージとしては、市街地レベルではネガティブな部分も少なく、バランスよく、決定的に劣る部分はないなと思う。言い換えると全体的に最低レベル。

静粛性と乗り心地、SAIというクルマの特性も含めゴムが厚い間はそれほど悪くない。ただしゴムが減ると大きく悪化する印象がある。
ハンドリング、渋滞や信号の多い市街地を走るだけならなんてことはなく、不満を感じる場面はそうそうない。気になるのは郊外の幹線道路。直線が長く多車線道路だと、ステアリングの微調整が多く疲れる。これ、タイヤを替えることで改善される可能性があることがわかった。
そして高速道路を走る速度域、アクセルOFFの場面などタイヤの接地感が薄れてくる。下り坂コーナーでは過敏になることもある。一昔前のクルマので感じたこの印象。もしかしたらグリップレベルがこの速度域以下なのかもしれない。限界グリップ性能は試していないからハッキリと断言できず。

最近注目の低転がり抵抗について、こちらは流石。クルマに合わせて開発されたタイヤではなく、タイヤに合わせたシャシー改良なども行っているとは思いにくいが、結構いいんじゃない?控えめなエコタイヤに近いくらいの性能はありそう。走り始めから一定時間走行後まで、体感出来る印象の差がないのもいい。

格安な輸入タイヤと比較、交換すると

  1. ドライバー : 直進するのがラクになった。ステアリングレスポンスは好ましい方向に。中立付近のタイヤ接地感も上がり、微調整もラクに。
  2. 同乗者 : 助手席足下、フロアがバタバタするのが多少軽減された。跳ねやすい部分もあるから、明確に乗り心地が良くなったのではなくて、衝撃が減ったか、衝撃の角が丸くなったか。
  3. 静粛性(全シート総合) : うるさくなった。常時エンジンが掛かっているような音がする。耳障りじゃないのがせめてもの救い。いや全然気にならない人もいらっしゃるハズ。コレはコレであり。
  4. 低転がり性能 : 大きく悪化。走り出し、暖まるまで特に気になる。冬場で45分ほど走ると安定。1度にこの時間以上走行すれば気にならず。走行実燃費は現在テスト中だけど、5%くらい悪化というあたりで落ち着きそう。

「SP sport 230」インプレ総合

SAI&ダンロップOEM-spsport-01

タイヤが新しくゴムが厚い時期は、それなりに静かで乗り心地もなんとか。しかしゴムが薄くなってくると大きく性能が劣化するように感じられるのは、構造ではなくゴムが全てなのかな。まさに最初良ければ全て良し。第一印象は重要ですからね。

高速道路の追い越し車線で、時速100キロを越えるくらいの速度域で接地感が薄れてくるのはゴムが減っても変わらず。

決定的に劣る部分がない反面、どれも低め安定。ある程度予想できることだけど、アジアンタイヤの方が好ましい部分があるというのは意外だった。できれば認めたくない(笑)。
もしかすると、製造コストはSP sport 230よりアジアンタイヤの方が高いのか?そういや新車時装着タイヤって納入価格いくらなんだろう??テレビの内蔵スピーカーが1個20円とか?タイヤといえばもっと重要な部分。なんともったいない。

SAIに関して言及すれば、どうせならマトモなエコタイヤ銘柄、例えばプリウスのグッドイヤーGT3なんてインパクトあった。それからライバルのアコードハイブリッドではエナセーブ・プレミアムとなっていた。レベルの高い省燃費タイヤブランドだ。
それらと比較すると、SAIもなんかひとひねり欲しいなと。

騒音・ノイズなどのチェック

騒音計での計測

SP sport 230、市販の騒音計を利用して、ノイズを計測してみました。単位はdB。(dBについてはネット検索して下さい)。
騒音計ということで音圧に対して補正が掛かっていますが、人間が感じる不快さとは違います。耳障りな音とか気になりにくい音とか、そういった感覚は含まれていません。

  • タイヤサイズと空気圧 ・・・ 205/60/16 / タイヤ空気圧 F2.3・R2.1(kgf/cm2)
  • タイヤの使用状況 ・・・ 残り山は前後とも5ミリ。外減り気味。前後ローテーションは頻繁に実施。
  • 車両 ・・・ 2012年式・トヨタ・SAI
  • 注釈 ・・・ エンジン回転数は車両検診コネクターに接続するアフターパーツで計測。
計測1 : 周囲の騒音
環境ノイズ / 61.1dB(+-0.5)
停止時の車内騒音
エンジン回転数・・・900rpm / Fシート・・・49.0dB Rシート・・・46.3dB
エンジン停止時 / Fシート・・・36.1dB Rシート・・・37.3dB
巡航時の車内騒音・荒れた路面、細かなデコボコが多い道路
時速50キロ走行時 / Fシート・・・69.3dB Rシート・・・69.1dB
計測2 : 周囲の騒音
環境ノイズ / 63.1dB(+-0.5)
巡航時の車内騒音・綺麗な路面、比較的新しい舗装の道路
時速50km走行時 / Fシート・・・64.3dB Rシート・・・65.0dB
時速90km走行時 / Fシート・・・66.5dB Rシート・・・65.9dB
 

タイヤ空気圧が高いと、騒音(ノイズ)は大きめになる傾向があります。今回は新車時装着タイヤなので、車両記載の指定空気圧にセット。
このタイヤは走行50000キロ前後まで使用したが、ゴムが減るに従いノイズ増加と乗り心地悪化が目立つ。普通タイヤはそんなものだけど、これが新車時装着タイヤだからだとしたら、それはそれで興味深い。

すべてアマチュアレベルの計測なので、厳密な正確性については期待しないで下さい。

アクセルオフ時の転がり抵抗

アクセルオフ時に惰性で走る距離
時速80kmから50kmまでの減速タイム・・・33秒34 (3本計測した中間値)

タイヤメーカー・ブランドの歴史やマメ知識

住友ゴム工業の自動車用タイヤブランドがダンロップ。元はイギリス(アイルランド)のメーカーでしたが、その会社で法人・部門ごとに切り売りされ、アジア地区では住友ゴムがダンロップブランドを使用しているらしい。

住友ゴムおよびダンロップ、国内では第2位、住友ゴムとしては世界でも6位のシェアを持つビッグネーム(2012年公開のデータ)。イメージ的にヨコハマタイヤの方が上というハナシも聞くが、現在はダンロップの方が人気というデータとなっている。

乗用車用タイヤは基本的にフルラインナップ。一時期はプレミアムコンフォート系が無かった時期もあったが、現在はスタッドレスだって2グレードが用意される。

ユニークなのは銘柄のネーミングとブランディング。例えば、「ル・マン」とか「ビューロ」とか「ディレッツァ」とか、この濁った響きのネーミングはマイブーム。いや人気ネーミングの定石かな。
かたやエナセーブやウインターマックス。なんだか昔の日本で使われていた和製英語みたい。響きは最悪かな。でもわかりやすい。狙いはハッキリ。

似たようなキャラクターを持つタイヤ銘柄

  • トヨタ車だけでなく、ホンダ、マツダ、複数のメーカーが新車時装着タイヤとして採用しています。
  • 名前が違うだけで、他車でも似たようなキャラクターのタイヤが新車時に装着されています。
  • 住友ゴムのプレミアムブランドである「sp sport maxx」シリーズとは全くの別物です。

安いタイヤの場合は組み付け工賃がネック。だからアルミホールセットがとてもオトク。送料が無料になったりも含め、差額は最小限(例えば1万円とか)。

SAIで輸入タイヤをテスト&評価

他のタイヤ、他の車種でもテストを行い、データを集めています。

SAI&ダンロップOEM-spsport-01

比較参考:やっぱり良し悪しある!輸入タイヤを試してみました
アジア系の輸入タイヤ「コルサ60」使用レポート
タイヤに関する基本ページはこちらです
輸入タイヤや空気圧についてなどタイヤ基本ページ

輸入タイヤ、国産メーカーの輸出向けタイヤの購入。筆者が利用しているネットショップ。

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。