VWポロ試乗記P3・ドラポジやリアシート評価

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 ポロ-ハイライン
著:ヒラリー男爵)

VW ポロ(6R)・試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び、今回の試乗車は、VW(フォルクスワーゲン)のポロ(6R型)。グレードはTSIハイライン。6R型と呼ばれる5代目、試乗車の年式は2012年式。

当ページは3ページ目です。「ドラポジやリアシートやラゲッジ関係」などを掲載中。

ポロ-ハイライン内装5ポロ-ハイライン内装6夜間
VW
  • グレード:“ハイライン”
  • 型式:6RCBZ
  • 車両価格:242万円
  • デビュー年:2009年10月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ポロ試乗「1-1」・エンジン・ミッション・内装評価
  2. 分割page - ポロ試乗「1-2」・ハンドリングや足回り質感、静粛性
  3. このpage - ポロ試乗「1-3」・ドラポジやリアシート、ラゲッジ関係
  4. 分割page - ポロ試乗「1-4」・燃費や加速など参考データ、他車比較

ドライビングポジション

ペダルレイアウト

ドライバーズシートに収まれば、さすがゴルフ譲りの包まれ感と評価できる。なんといってもインパネの天地方向の高さは国産実用車とは思想が違う。開放感から気軽さ、包まれ感から高級感を感じるとすれば、ポロは高級感を重視される方にピッタリでしょう。
その分、ちょっとコンビニに行くとか、細い道に入っていくにはダルさを感じる。

ペダルレイアウトはかなり中央より。だけど不思議と左足ブレーキしか受け付けないというわけじゃない。思えばFIAT500は左足ブレーキが推奨されるレベルだった。参考:FIAT500試乗レポート

インパネが高いから左側の感覚がとりにくい??こんな場合は大きいクルマに慣れるか、シートリフターで座面を上げちゃえば大丈夫

センターアームレストまたシート位置は外側寄りにデザインされているから、2人乗車の時の快適性は高い。カップルディスタンスは広めでシート間距離は19センチくらい。

一方で右腕部分が狭くなっちゃうのはどうしても仕方がないところか。ドア内張に手を掛ける方は試乗時に要チェック!

悪天候時でも走りやすい

数日間の試乗時ちょうどよく?風速35メートルレベルの強風の日があった。左の写真はまさに強風の中、度立つ直前。悪天候時に無理して飛び立つ零戦パイロットの気分を充分に味わいつつ、ドライブなんてしなくて良い日に試乗スタート。

しかし雨は全然降らないから視界は良好。そしてポロを運転していると風でビックリしてしまうほどの挙動もなんだか少ない。零戦ではなく全天候型のF101に乗っているようだ。ははは。

走り出す前は軽自動車みたいな不安感があった。しかし走り出せば国産ミニバンより走行安定性は高い。突風が襲ってくれば急にハンドルを取られるモノの、一定レベルの強風が吹いている限りはアルファードより良いんじゃないの。静粛性の高さも合わせ風の強さを勘違いしてしまう

VWの直進性

平常時には、VWゴルフで感じるビックリするような直進性なんて感じられなかったポロ。全然普通なわけだったが、悪天候時には直進のしやすさを実感真っ直ぐ走るんじゃなくて、真っ直ぐ走りやすい。クルマがどっちに走りたいかがハッキリわかるし、あんまり遅れず微調整できる。如何にぶにゅぶにゅブッシュのクルマが走りにくいかも実感。

同じ日に、ステアリングインフォメーションの豊富な、よくできたミドルセダンも走らせてみたけど、ポロといい勝負でした。

リアシートとラゲッジスペース

リアシート1リアシート2

ポロのリアシートはさすがにミニマム。そして着座姿勢もよろしくない。座面先端が盛り上がっている上に座面下が大きく張り出している。かかとの逝き場所がありませんぜ。ついでにシートバックも小さいしヘッドレストも伸ばさないと邪魔で全然座れず。

乗り心地はというと、リアシートでも静粛性が高いのは特筆事項。逆に座面が悪く振動が伝わり続けるのも特筆事項。これも自動バイブレーターだと思えば悪くない!?

リアシート3

上の写真は身長172センチの男性がドライビングポジションを取った状態。

左の写真は身長182センチの男性がドライビングポジションを取った状態。国産コンパクトでいうとスイフトと大差なし。デミオならもっと座りやすいかな。

シートバック角度、シート座面下スペース、センタートンネルなど、ちょっと着座姿勢が苦しい場合は、座り方を考えればOK。そもそも欧州では、コンパクトカーをファミリーカーに使うという文化はないらしい。プライベートな自分専用車ということですね。なるほどそれならこの座面は荷物おきにはピッタリ。

しかしホンダのフィットって、やっぱり凄いのね。小さくて広いといえば一番はフィット。それから日産ノート。全長はポロとフィットが同じくらい。ノートは少し長い。

ラゲッジスペースについて

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースについては特別触れることはなし。国産車、2代目フィットや2代目ノートと比較すれば狭いけれど、リアシートも荷物おきかと思えばこんなモノでしょう。
参考:2代目フィット(GG7)試乗レポート
参考:2代目ノート(E12)試乗レポート

参考までに寸法はだいたいの計測で以下の通り。

  1. メイン部分・・・奥行き61センチ x 幅93センチ
  2. アンダートレイ・・・奥行き68センチ x 幅93センチ x 高さ14センチ
ポロ-ハイラインメーター1ポロ-ハイラインメーター夜間

試乗中こんなところも気になった

日本では自動車産業が基幹産業なだけあり、なじみ深く評価の基準になるのはやはり日本車。ということで日本車と違う細かなポイントについて。

エンジンフード裏側リアセンタートンネルドアワイパーレバー

  • (写真左上)・・・エンジンフード(ボンネット)裏側の遮音/吸音シート。日本車ではお約束程度についているけど。。。ポロのそれはめくってみたら意外と厚みがあった。効果のほどは不明。
  • (右上)・・・リアシートセンターの足下。懐かしのセンタートンネル。まるでFR車のように大きく盛り上がってる。下から覗けばマフラー配管が通っていた。
  • (左下)・・・注目はガラスの水切り部分、後端。硬質ゴムなんだけど尖っている。当たるとけっこうイタイ。筆者は1日数回のペースでぶつけまくり。
  • (右下)・・・コクピット左前。ヘッドライトの点灯は奥に見えるダイヤルを回す。ポジションランプもある。プルスイッチにもなっていて、このポロでは2段階引ける。1段引いてフロントフォグ点灯、2段引いてリアフォグ点灯。

VW ポロ

フォルクスワーゲン

POLO (ポロ)6R型

  • 試乗グレード:“ハイライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2012年
  • 型式:6RCBZ
  • 価格:242万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



シートバックと足下がきつい・・・。お好きな姿勢でどうぞ。




アンダートレイは文中にて。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。