VWポロ試乗記P2・運転感覚の質感と車内静粛性

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 ポロ-ハイライン
著:ヒラリー男爵)

VW ポロ(6R)・試乗インプレ「2」

間違いいっぱいの自動車選び、今回の試乗車は、VW(フォルクスワーゲン)のポロ(6R型)。グレードはTSIハイライン。6R型と呼ばれる5代目のポロ、試乗車の年式は2012年式。

当ページは2ページ目です。「ハンドリングや足回り質感、静粛性」などを掲載中。

ポロ-ハイライン内装5ポロ-ハイライン内装6夜間
VW
  • グレード:“ハイライン”
  • 型式:6RCBZ
  • 車両価格:242万円
  • デビュー年:2009年10月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ポロ試乗「1-1」・エンジン・ミッション・内装評価
  2. このpage - ポロ試乗「1-2」・ハンドリングや足回り質感、静粛性
  3. 分割page - ポロ試乗「1-3」・ドラポジやリアシート、ラゲッジ関係
  4. 分割page - ポロ試乗「1-4」・燃費や加速など参考データ、他車比較

試乗:ハンドリングなど運転感覚

市街地レベルでオタンコなエンジンとミッションを除けば、ポロの仕上がりは間違いなくクラス以上。BセグメントのカタチをしたCセグメントレベルの自動車といってもいい。

ポロに乗り始めてすぐはステアリング中立付近の重さと、切り込んだ後は軽く敏感になるステアフィールが気になる。クルマのハンドルって、切り込むほどに重くなり、速度を上げるほどに手応えがなくなっていくんじゃなかったっけ??
ディーラーでの試乗時は、都市部メインでの走行がほとんどだろうから、ポロがダメクルマの烙印を押されたって全く不思議じゃない

正直、渋滞した道路や都内では軽自動車の方が好ましいと感じたりする。しかし開けた道路やクネクネ道では存分に真価を発揮。やはり、初めての出会いでベッドの上の性癖まで見抜くのはとても難しいわけですね。
ベッドの上、もとい、首都高環状線のような道では「俺の適正はここにある」といわんばかりで、Bセグに対する考え方が日本とは違うのかもしれない。良いボディで楽しませてくれるんです。

信号少ないクネクネ舗装路では?

メーター先ほど挙げた首都高速環状線のような道や、もう少し低速で曲がるコーナーがある道、つまり地方の通勤路や紅葉が綺麗な道など、まとめてクネクネ舗装路と呼ばせて頂きます。

そんなクネクネ舗装路では、ほんとコンパクトカーを運転していることを忘れちゃう。ロール量は大きいけれどスムーズにロールを開始してスムーズに収縮してくれるから、ハンドルを切りやすい。
またタイヤに余裕があれば舵角小から舵角大までかなり正確な反応を示す。そして雑なハンドルさばきや多少のキリ遅れはクルマが許容してくれる。意図的に荒い運転を試そうにもアグレッシブさが不足しちゃうほど。

ポロで急なGを同乗者に与えるようなら、それはドライバーが問題。ポロはそれくらい走りやすいクルマ。ハンドル切り始めのポイントや切るスピードを再確認した方がいいかも。でないととてもミニバンなんて運転出来ません。

ポロはFFのコンパクトカーというディメンションだから、気持ち良く走れないという生まれながらの特性があるはず。それでもこれ、10年20年前ならCセグ通り越してスポーティDセグメントのレベルでしょう。ハンドルの回し心地だって質感を感じる。

あとは車両価格のダウンを望みます。

標準タイヤのグリップ力は低い

ボディサイド試乗車のタイヤは新車時装着タイヤということで、コンチネンタル「コンチプレミアムコンタクト2」。同社の銘柄「エココンタクト」などと比較すれば、縦横グリップ性能から安全性を重視しているタイヤかと”思って”いた”。

実際に走行すれば、フロントタイヤに意図せぬ強めの入力が掛かると、キキッ/ゴゴッという音と共にフロントに横滑り防止装置が作動。ペースを挙げたい方にはちょっと不満足だと思う。もっとも、シャシーがタイヤのグリップ力を生かすことを優先しているかは未知数。

次に緊急回避運動。こちらはたいしたことない段階でリアに横滑り防止装置が作動しちゃう。右に左に素早くハンドルを切ると、ボディはきっちりリアタイヤも使って進路を変えてくれる。フロントがロールした後すぐにリアもロールして曲がろうとしてくれるそれは、ボディ剛性感の高さを感じる。
またショックアブソーバーは伸び側が柔らかいにも関わらず、丁寧に揺れを止めてくれる。

このクラス、ハンドル切ればフロントだけフラフラするキャラクターを持つクルマが如何に多いかはご存じの通り。ポロは現在Bセグ実用車に望む最高クラスの感触を持っているだけに、ボディに負けちゃっているタイヤは実に惜しい

現在疑問なのは横滑り防止装置を切っての走行とタイヤが滑り出したあとの挙動。今回、試乗車になれてきたころに東京は台風がやってきて、このあたりは試せず。ポロはスポーティモデルではないけれど、ちょっと気になります。

ということでポロのタイヤ、何が合うんだろう??ドイツ車好きならコンチ・スポーツコンタクト3とか。ピレリやマランゴーニも面白そう。しかしコンチのスポコンだとビックリするほど減りが早いし。。。実はアジアンタイヤでガンガン走るのが楽しいかもね。

試乗:足回り(乗り心地)について

リアサス

乗り心地は如何にもVWらしい味。このエクステリアや地味なイメージから勝手に想像しちゃうと、もうほんとウソのよう。比較的平らな普通の舗装路では、足回りはかなりスルスルと動いてくれます。

ポロはこれでも価格重視の実用車だろうから、上級車とも違いもしっかりある。例えば下回りからのゴトゴト音は終始発しており、国産コンパクトや軽自動車とたいして変わらず(試乗車の走行距離は6000キロくらい)。

このあたりはVWからの、「次はゴルフにしてよ」ってメッセージかな。

具体的な乗り心地は、こんな感じ。

  1. ストローク5ミリ程度の目に見えないようなデコボコでは、乗員に伝わる振動はかなりシャットアウト。どちらかといえば足回りからのノイズでデコボコを感じる。ゴムの感触が少なめのハンドリングからすると、これは流石。ショックアブソーバーが動いている。
  2. 次にストローク15ミリくらいの普通にあるデコボコ、バネの固さを感じるのでパッセンジャーはけっこう不快だが、ドライバーならきっと許容範囲内。柔らかめなサスペンションのクルマからすると気軽さがないのはこのあたりも影響している気がする。
  3. 連続する目に見えるデコボコとか連続する小さな段差。クルマ自体はけっこうフラットを保とうとするから、ドタバタと振動は伝わってくる。足下からのノイズもすごく、ドタバタ&ゴトゴトで車内はスクランブル状態。ドライバーにはクルマの大ピンチを伝えます。

ということで、普通に舗装された路面なら乗り心地は良好。しかしポロは郊外でこそ真価を発揮するクルマなのに、連続する荒れた路面に弱いのはちと残念。
他車と比較すれば、路面のうねりの影響を受けにくい点が筆者の好み。

ブレーキの感触

ブレーキの感触はマイルド。手前から奥まで非常に穏やかな効き心地。停止直前の食いつきはやや強い感じがする。ペダルを踏めばタッチはやや固めで踏み力に対する剛性は高めだが、ペダルはかなり奥にストロークしていく。
またフロントのノーズダイブは量は大きくスピードはゆっくり。

強い制動力を立ち上げるためには、強く素早くブレーキを踏む必要がある。一度はパニックブレーキの練習をしておいた方がいいかも。
同時に試乗したわけでないので間違っているかもしれないけど、記憶を頼りに比較評価すれば、マツダ・デミオのブレーキが似た感じだったと思う。

ポロ-ハイラインメーター1ポロ-ハイラインメーター夜間

静粛性など快適性評価

6型ゴルフに近い静粛性の高さ、これぞポロ最大のポイント。どういう基準で評価してもBセグメントのレベルを超えている。やはり静か=高級というイメージがあるから、クルマの質感を大きく左右するのが静粛性。ついにボディサイズと質感は比例しない時代に入ったのか。
正確には足回りからの音とマフラーからの音はうるさいから、それ以外の静粛性ということになるんだけど、とにかく小さくて静かなクルマを求める方にはポロは外せない選択肢となりえる。

リアシート座面この静粛性の高さはフロントシートだけでなくてリアシートでも実現されている。きちんと座ることができないリアシートだけど、静粛性に関しては問題なし。

もちろん電気自動車のように滑らかに加速する訳じゃないし、高級車ほど静かなわけでもない。嫌なノイズはとことん消して、必要な音はドライバーに伝える。こういった路線でどんどん静かに進化していって下さい。

VW ポロ

フォルクスワーゲン

POLO (ポロ)6R型

  • 試乗グレード:“ハイライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2012年
  • 型式:6RCBZ
  • 価格:242万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


ポロのペダルレイアウト。写真で見ればやはり左よりかな。気になるようなら左足ブレーキという方法もある。



左右のウインカーレバー/ワイパーレバーは安っぽいが、VWシロッコだって一緒。ゴルフ7は立派。




跳ね上げ出来るセンターアームレストはハイラインの装備。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。