VWポロ試乗記・評価評論の基本ページ

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 ポロ-ハイライン
著:ヒラリー男爵)

VW
  • グレード:“ハイライン”
  • 型式:6RCBZ
  • 車両価格:242万円
  • デビュー年:2009年10月〜

VW ポロ(6R)・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び、試乗レポートはVW(フォルクスワーゲン)のポロ(6R型)。グレードはTSIハイライン。6R型と呼ばれる5代目のポロです。年式は2012年式。


  1. このpage - ポロ試乗「1-1」・エンジン・ミッション・内装評価
  2. 分割page - ポロ試乗「1-2」・ハンドリングや足回り質感、静粛性
  3. 分割page - ポロ試乗「1-3」・ドラポジやリアシート、ラゲッジ関係
  4. 分割page - ポロ試乗「1-4」・燃費や加速など参考データ、他車比較
ポロ-ハイライン内装1ポロ-ハイライン内装2夜間

試乗車概要

2012年式のVWポロ・ハイラインが今回の試乗車。モデル登場は2009年で、当時の車両価格は242万円。
筆者が現在日常的に利用しているシロッコ2000ccや5型ゴルフ、また以前試乗した6型ゴルフ2000ccなどと比較してみます。そして価格がグッと近くなった7型ゴルフとも比較。国産車ではデミオやスイフトを比較対象に向かえます。

どんなクルマ?

ポロ・フロントマスク今回の試乗レポートで取り上げさせて頂く5代目ポロは、簡単にいえば6型ゴルフの兄弟車みたいな内容。ゴルフを元にボディサイズはグッとコンパクトに変更され、全長は40センチ超も短くなっています。ポロのカテゴリーはいわゆるBセグメント。ゴルフはCセグメントね。

ボディスリーサイズは、3995×1685×1475mm

ボディデザインは6型ゴルフが柔らかなラウンド形状を基調にしているのに対し、ポロはキリッとしたフロントマスクから始まる直線基調。ボリューム感は少なくコンパクトらしさが強調される反面、パートごとの質感はなかなかのもの。このエクステリアデザインこそポロ最大の特徴といってもいいくらい。

TSIハイラインのパワーユニットは1200ccターボ。ミッションは7速DSG。お馴染みのユニットですがポロではより燃費指向が強いキャラクターに味付けされています。

実用車の中の実用車??

VWゴルフが実用車ならば、VWポロは実用車の中の実用車。基本的な定員は2名となり、ファミリーユースでの実用性は高くありませんが、取り回しやすいボディサイズは運転が不慣れな方にも実用的。車重だってVWとしては軽量な1100キロ。やはりパーソナルユースでの実用性はゴルフ以上。単に移動の手段と感じてしまう地味なボディデザインこそあれですが、落ち着いた上質感と言い換えれば問題なし

では、ちょっと高級に見えるエクステリアのみ特徴の実用車かと聞かれれば、それは全くNoNo。いや筆者も試乗するまでは無味無臭に近いキャラクターを想像していましたが、全然違います。ポロは良い点も悪い点も強く持つ運転感覚の持ち主。良い悪いは別にして味が濃いんです。
国産コンパクト(Bセグメント)と比較すれば趣味性が高いともいえ、クルマ好きが選んで乗れる実用車となっています。

VWゴルフの良い点を受け継ぎつつ、VWアップの悪い点を詰め込んだような...言葉で表すのは難しいです。ある程度走行して慣れないと、良さより違和感を感じてしまう。そんな運転感覚の持ち主です。

内装の印象

ポロ内装1

インパネ上部全体が軟質ソフトパッドで覆われるポロの内装。ソフトパッドだからと単純に質感が高いというつもりはないが、そういえばプジョー208などもこんな感じだった。世界的なBセグメントの常識なのだろう。衝突時の安全性とも関係があると思う。

またAピラー内張は立派に見えるシボがプリントされ、一目でなんだか高級なクルマを運転している気分にさせてくれる。それ以外を見渡しても室内全体で部品点数は決して少なくなく、メーター周りもそれなりに立派に作られている。

質感は低くない、しかしあまりにも機能主義が強い

ということで総じて質感は低くない。本当は”質感高い”といいたいところだが、あまりに落ち着きすぎているデザインからは”特別”という香りを感じる事ができず、外観に負けず劣らず地味な印象が強い。試乗車のグレードは上級グレードの「ハイライン」だから、筆者の好みでいわせて頂ければ、もう少し飾り付けや華やかさがあっても良いと思う。
この質感で作り込まれた造形をしていれば、立派と感じるだけの室内空間を感じる事ができそう。

クルマは走るためのモノ。エアコンは空調を整える為のモノ。こんな機能主義こそVWらしい??いやいや最近はドイツ車といえど、国産車のようなラグジュアリー感を感じさせてくれる時代。とにかく質実剛健なだけじゃダメだと思うが如何なモノでしょう。

フロントシートについて

ポロ・フロントシート

楽しいドライブや快適な通勤ときっても切り離せないパーツがシート。経験上、若い女性の方ほどシートの善し悪しを気にするかな。逆に戦後の国産車に乗っていた世代ではシートなんてなんだっていいとおっしゃいます。

ポロのフロントシートをいろいろチェックしてみると、意外や意外、あまり良くないと評価せざるをえません。クッション性、包まれ感、ホールド性、ラグジュアリー感、耐久時間、シートバック形状など、どこもいいところがなし。それでいて気軽に乗り込めるラフさだってなし。

例え車両価格250万円以下といえど、Bセグメントとしては高級なことは間違いない。それでここまでロクでもないシートを装備してくるのは残念なことこの上無し。ポロは短距離メインのクルマだと思うしかない。
特徴としては、しっとり感がない上に薄い座面は30分で底付きのように沈み込み、クッション性が悪くなる。サイドサポートは大きく固く、コーナーで下腹部を支えてくれるけど、上部のサポートがないから単に乗り降りしにくいだけになってしまっている。

大きさという点でもそんなにボリュームがあるわけじゃないけど、ここはクルマのキャラクターとターゲットを考えれば問題ないと思う。良い部分、男性でも座れるような座面形状、ここは国産コンパクトより二重丸。

ポロ・ハイラインのシートが気になるなら「ブルーGT」がオススメ。ちょっとお値段高いけど、シートの感触が全然違います。

リアシートについては次ページ以降にて後述。

試乗:エンジンやDSGについて

1200ccエンジンとターボ過給器

ポロ・TSIハイラインのエンジンは4気筒1200cc+ターボ。本当にちっちゃいターボが付いている。特徴としてはまず、エンジンサウンドは悪くない。実用車として評価すれば、4気筒としてはなかなかに秀逸だ。
国産車のがさつだったりユルユルだったりする感覚とは違うから、エンジン音に興味がある方でも大きな不満は出ないと思う。

次に空ぶかしをしてみれば、電子制御スロットルのそれでわずかなレスポンスの悪さは感じるし、一定回転以上はスロットルが閉じてしまう。空ぶかし制御だね。ここでわかるのは抵抗感の少なさ。ふかした後はゆっくりと回転が落ちてくる。

特性としては中回転重視。2000回転以下は使い物にならず、5000回転で伸びが止まる。その間は3000回転弱でアクセル開度に合わせたトルク感を感じ、4000回転付近で盛り上がりがある。
加速力という点ではブースト圧をオーバーシュートさせたようなピックアップ時のグッという感覚は鋭く、慣れないと違和感がある。ターボは余裕ではなく活発なフィーリング。これも演出なのだろう。しかしグッときたあとは伸びがない。一見速そうに感じるが、踏み続けても遅い。運転しづらくそして遅い。ある種の自己満足的なキャラクターとなっている。

低排気量ターボ=大排気量NAを味合わせてくれるのには、もう少し時間が掛かるのか、それともこうした路線を続けるのか。いずれにしても、もう少し日常でのドライバビリティを考えてくれるとウレシイ。

エンジンで気になる点は2つ

ポロのエンジン&ミッションのプログラムは極端な燃費重視仕様。だから低回転ではアクセル開度にトルクが全然ついてこない。いやスロットル早開きすぎの車種よりは全然いいんだけど。
それから 3000回転以下と5000回転以上で大きな振動を感じる。半端ないレベルの振動はまさに大震災レベル。コーナーリングのフィールと合わせれば、エンジンマウントが固いと想像できる。

例えばプジョー208なんて、3気筒エンジンだけどずいぶん振動はシャットアウトしている。また例えばFIAT500なんて2気筒エンジンだけどものすごい柔らかなエンジンマウントで振動を吸収している。とりあえずディーラーでの試乗時はこの振動をチェックしてみて下さい。

ミッション「DSG」について

シフトパネル

VWが誇る自動MTがDSG。デュアルクラッチによるシフトダウンの速さを特徴とした2ペダル自動MTだ。

実はこのDSG、まだまだ発展途上らしく、車種や年式ごとに全然フィーリングが違うあっち乗ってもこっち乗っても感触が異なるので評価に迷ってしまいます

今回の試乗車は2012年式ポロTSIの7速DSG。特徴は極端な燃費指向。フィーリングはやはりギクシャク。Dモード入れっぱなしで滑らかな運転というのはやはり無理がある。

1400ccエンジンのシロッコでは滑らかな半クラッチを感じられたが、ポロではガクガクブルブル。半クラッチ恐怖症です。それでもいったん速度が乗ってしまえば排気量が少ないこともあり、DSGのデメリットは感じにくい。逆にMTらしい”ほどほど”なダイレクト感が味わえて、有効回転数をキープしていれば微妙なアクセルワークに応えてくれる

郊外の道でスピードが乗ってしまえば、感覚としてはシロッコR2000ccの6速DSGより変速は速く、ショックも少ない。相変わらずなのは飛ばしシフトが出来ないため、巡航中から加速したい時には思いっきり待たされる
つまり、MTモードで先を見据えて1段ずつシフト制御すれば良いが、そうでなければアクセルペダルを6割以上踏んで、2秒まってからの再加速となる。

5型ゴルフの時代、DSGが出始めの時は新しいコンポーネンツとして魅力が大きかった。多少の荒さは楽しさに感じるほど。DSGに限らずその後は、ある程度一般的になった後はどうしても洗練された質感が気になってくる。

燃費重視やドライバビリティ重視か、極端なDSGのプログラム

上記で触れたのはシフトポジションが「Dモード」の時の動作。簡単にいうと、トルク感のない超低回転で巡航し、加速時はシフトダウンが必須。しかし7速もあることも影響し、なかなか加速してくれない。

ポロのエンジンは2000回転以下が全く使えないのにも関わらず、Dモードではアクセル開度60%くらいまでシフトダウンしてくれない。ボンピングロスの少ない領域を多く使わせるセッティングみたい。極論すればトルクのない領域でスロットル全開が一番燃費が良いわけですから。

しかしドライバビリティという面では、不感症状態で細かなアクセルワークを要求させられる上に、シフトダウンすればいきなり加速するレスポンスで、どうにもこうにもならなりません。

というわけで「Sモード」があるわけだけど、こっちはこっちで、イヤでも3000回転をキープしたがる仕様。巡航時は3速をキープしたがるといってもいい。車内は賑やかな排気音でスクランブル状態。室内灯は赤く点灯を繰り返します(これは冗談)。

結局のところ、ポロを滑らかに走らせようとすると、MTモードしかない。幸いMTモード時のシフトセレクターは非常に精密な感じで稼働してくれるから、ミスシフトもしにくい。丁寧な動作でこそ良さを発揮。たたき込むような動作は御法度です。

ポロ-ハイラインメーター1ポロ-ハイラインメーター夜間

エクステリアの質感について

地味だけど上質。大人の趣味趣向にピッタリなポロのエクステリアは同型のゴルフより優れていると評価出来るくらいで、ポロ最大の特徴はエクステリアデザインなんて思えてくる。
7型ゴルフに受け継がれたのだって、ポロの系統のような??

ポロ、エンジンフードのキャラクターライン7型ゴルフ、エンジンフードのキャラクターライン

左がポロ(6R型)のエンジンフード、右がゴルフ(7型)のエンジンフード。鋭いキャラクターラインがよく似ていると思います。

参考:7型ゴルフ(ハイライン)試乗レポート / 7型ゴルフ(トレンドライン)試乗レポート

VW ポロ

フォルクスワーゲン

POLO (ポロ)6R型

  • テストグレード:“ハイライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2012年
  • 型式:6RCBZ
  • 価格:242万円

エンジン概要

  • 排気量:1200cc+ターボ
  • エンジン:4気筒CBZ

その他概要

  • ボディサイズ:3995×1685×1475mm
  • 車重:1100kg
  • 発売開始時期:2009年10月〜
  • 新車時価格帯:203万円〜

車両型式

  • 6RCGG - 1400ccTSI
  • 6RCAV - 1400ccGTI
  • 6RCBZ - 1200ccTSI
  • 6RCTH - 1400ccGTI
  • 6RCPT - 1400ccブルーGT
  • 6RCBZW - 1200ccクロスポロ
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

目立つ振動と燃費重視で使えぬ特性。

駆動系質感 5段階評価

半クラッチのブルブル感には慣れるしかない。

足回りの質感 5段階評価

価格からは想像以下。車格からは想像以上。

内装の質感 5段階評価

VWといえば機能性最優先主義?

外装の質感 5段階評価

地味だけどこれぞ最大の特徴??

快適性 5段階評価

とにかく静か!静粛性高い。乗り心地と狭さで星1つマイナス。

居住性 5段階評価

実質的な2人乗り。それでも圧迫感あり。

お買い得度 5段階評価

旧型から大きく価格アップ。ゴルフの価格にグッっと近づいた。



ボディサイズは間違いなくBセグ。内装は本当にBセグ?ヴィッツなどとは同じ土俵で比較できません。外装同様ここも地味だけどね。




男性でも座れるサイズのシート。大きすぎず小さすぎずの適度な大きさが好印象。高さは足りないけど実用上は問題ないよね?


秘密の場所。オカモトゴムはこちらへどーぞ。あ、リモコン振動機も入るかな。


シフトセレクターの作動感は良好。



7型ゴルフと間違えそうだ。


いわゆる小排気量ターボ。DSGのプログラム含めかなり経済性を重視している印象で、割り切りは必要。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。