ゴルフトレンドラインP4・他車比較とメンテ費用、総評

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > ゴルフ7・トレンドラインP4
 

(2014年記事 ゴルフ-トレンドライン
著:ヒラリー男爵)

VW
  • グレード:“トレンドライン”
  • 型式:AUCJZ
  • 車両価格:249万円
  • デビュー年:2013年6月〜

ゴルフ7・トレンドライン・試乗インプレ「4」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページ試乗車は、VW(フォルクスワーゲン)のゴルフ(7型)。グレードはトレンドライン。通称「ゴルフ7」と呼ばれる7世代目のゴルフ。前ページからの続きになります。

当ページは4ページ目です。「他車比較とメンテナンス費用、総評」などを掲載中。


  1. 分割page - ゴルフ7・トレンドライン「1-1」・インテリアとエクステリア
  2. 分割page - ゴルフ7・トレンドライン「1-2」・エンジンやミッション
  3. 分割page - ゴルフ7・トレンドライン「1-3」・乗り心地や静粛性、ステアフィール
  4. このpage - ゴルフ7・トレンドライン「1-4」・他車比較とメンテナンス費用、総評
ゴルフ7内装1ゴルフ7内装2

オンダッシュナビ、場所悪すぎ!

運転席の視界

ゴルフ7の初期モデルは全て、純正ナビゲーションがオンダッシュタイプ。しかも、カー用品店で販売される後付ナビより強引な取付方法が取られている。

オンダッシュナビ1オンダッシュナビ2

「写真左」は運転席から左前を見た感じ。ディスプレイが想像以上に邪魔で、左側の車両感覚が取りにくい。
車体の大きさ以上に、狭い道で神経を使ってしまう。

「写真右」は運転席から前を見た時の、ディスプレイとバックミラーの隙間。普通に道を走っている時にはどおってことない。どおってことないんだけど一度気になると、バックミラーの大きさなど気になる。ミラー大きい。

小変更後はビルトインタイプに変更

ゴルフ7・GTI室内写真はゴルフ7・GTIの室内。純正ナビはこんな感じでビルトインタイプに変更されました。

オンダッシュナビで購入したユーザーは文句言っていいレベルかと思うけど、どうなんだろう。
あ、乗り換えちゃえばいっか〜。

VWの他モデルと比較してみる

VWといえば、同じような価格帯で同じようなモデルがラインナップ。他のモデルと比較してみます。

ゴルフの上位グレード(ハイライン)と比較。

ゴルフのベーシックグレードは「トレンドライン」と「ハイライン」。車両価格はおおざっぱにいってトレンドラインが約250万円。ハイラインが約300万円。この2グレード、価格差も大きいが中身も全然違う。

スペック的にはエンジン排気量が異なり、トレンドライン1200cc、ハイラインが1400cc。低回転〜中回転で余裕があり走りやすいのはハイライン。たかが200cc差とはいえ、キャラクターの違いもあるのだろう。

ゴルフ7・GTI室内ゴルフ7・GTI室内

次に内装や装備面。左の画像がトレンドラインで右がハイライン。センタークラスターのパネルが異なる。シルバー系やピアノ調ブラック系か。装備に関しては公式HPでご確認願います。

サスペンション。びっくりすることに同じFF同士で型式が違う。サスペンション型式なんて、実際に試乗して違いがなければなんでもいいと思います。しかし、現実はそうあまくなかった。ややハイラインの方が全然イイ!ハイスピードで走る時だけじゃなくて日常でも違いがある。タイヤ銘柄も違うしキャラクターも違うので、これら総合しての質感評価。
そして滑らかな運転のしやすさ。トレンドラインは神経を使い、ハイラインの方がラク。

試乗レポートはこちら!ゴルフ7(ハイライン)試乗評価

ゴルフより若干コンパクト、VWポロ

6型ゴルフに近い内容を持ち、ゴルフより1サイズコンパクトなのがVWポロ。いわゆるBセグメントのクルマで、車両価格は242万円。

比較するグレードはハイライン。ポロの中でも装備が充実するグレード。以前このクルマに試乗した時には、あまり良い印象は受けなかった。価格の割にちょっとねぇ、って感じで。
しかし7型ゴルフと比較すれば、以外と有りなんじゃないかと思えてきた。ゴルフ7・トレンドラインより、欧州車らしさを感じる乗り味。地味だけどなかなか立派に見える見えるエクステリアのデザイン。ゴルフ7よりいいんじゃない?
そして車両価格300万円前後で購入できるポロGTI。これもなかなかGOOD!

試乗レポートはこちら!ポロ・ハイライン試乗評価

地味なエクステリアに嫌気を感じたら、VWシロッコ

ゴルフのエクステリアは地味!と思ったらこちらシロッコは如何?ショート&ワイドなプロポーションは輸入車らしさ満点。
せっかく割高な輸入車を買うわけだから、本質的な部分以外にも魅力が欲しい。実際に当HPスタッフはゴルフGTIと比較してシロッコRを購入しています。

7型ゴルフと比較すると、衝突軽減ブレーキなど安全装備の部分がイタイ。

試乗レポートはこちら!シロッコ・R試乗評価

FRらしさで選ぶならBMW1シリーズ

CセグメントサイズのハッチバックなのにFR(後輪駆動)。それがこのBMW1シリーズ。車両価格は約300万円〜。

写真のモデルは2004年デビューの初代1シリーズ。快適性に難があり、VWの方が立派な乗り味。反面、特にこの初代1シリーズは2代目よりハンドリング重視のキャラクターでBMWらしさがしっかり。

VWとそう変わらぬ価格でBMW。維持費も同じようなもの。それでBMWが所有できる。プレミアムなイメージを持つ自動車メーカーならそのブランドだけでも価値があるかもしれません。

試乗レポートはこちら!BMW1シリーズ(E87)試乗評価

購入後のメンテナンス費用など

現在筆者の近くには、仕事で使用するシロッコと、兄弟が所有するゴルフ5(5型ゴルフ)がある。どちらもディーラーでのメンテナンスを基本にしているんだけど、国産車と比較すればやはり費用は高い。販売台数やシステム的に仕方ないとは思うんだけどね。メンテに関しては専門的なプロショップを利用した方が金額的に安かったりする。しかしディーラーの気軽さはとてもありがたい。出来ればお値段高くてもディーラーを利用したいのが本音。

例えばタイヤ、ドイツのコンチネンタルだとゴルフ5で4本12万円とか、シロッコで4本18万円とか。プレミアム・コンタクトはとっても良いけどスポーツコンタクトは良さがわかりにくくてこの価格。
またオイル交換、1年1回の交換指定で約15000円。実際は交換直後にエンジンフィールが変わったのが実感出来るから、安いオイルを頻繁に交換したい気にもなってくる。
12ヶ月点検や24ヶ月点検、同時作業でオイル交換が安くなるということで利用の価値があるが、手洗い洗車無料などの特典が付いた時でないと、お得感は最小限。ご予算は2万円〜3万円あたりを考えなければならない。

そういえば、DSGのミッションオイル交換もけっこうなお値段が掛かりました。5万円くらい。何か変わった?体感上は変化をかんじられなかった。

軽自動車って、新車価格は割高でも維持費が安いという事で人気。輸入車は逆。新車価格はかなりオトクになった。ただしそれなりの維持費を許容できる方でないとスマートに所有できないという事実。
一つの案として、新車購入後3年で手放すのを前提に使用する使い方がいいかもしれません。メンテナンス費用は最小限で済みます。

オーリス「120T」について

トヨタのゴルフにバッティングする競合車がオーリス。そんなオーリス、2015年のマイナーチェンジで、ターボ付き1200ccエンジン搭載グレードが登場。まさに”トヨタのゴルフ”と表現したくなるw

こちら試乗してみれば、コンフォート性能と運転しやすさを徹底重視した印象。アクもなければ刺激もない。だけどとっても乗りやすい。CVTやスロットル特性のセッティングもジェントル。そんな走行感覚。新しいエンジンでこれは凄いじゃないですか。

簡単に言えば、ゴルフの痛いところを突いてきたって感じ。さすがトヨタ様。中途半端なことをしませんw ゴルフのエンジンノイズやDSGその他に不満を感じたら、オーリスを試してみると良いかもです。

エンジン印象を始めとする試乗感はこちら!
トヨタ・オーリス(120T)ターボエンジン搭載グレード

新企画!ドアの締まり音、比較してみる

準備中

ゴルフ7メーター1ゴルフ7メーター2

ゴルフ7(トレンドライン)総評

エクステリア・リアずいぶんと日本車らしくなったなぁ。それが今回のゴルフ7。同世代のアクセラの方がよほどドイツ車らしいくらいだ。シャシーもシートも操作系もソフト。そして静粛性なんかも同様に重視されている。そんな感じでソフトでありつつ、直進安定性の高さとコーナー侵入時の好フィールをハイレベルでバランスさせているのが素晴らしい。
「安定=つまらない」と”ならない”のがVW流で、こうした走行性能のバランスこそゴルフの美点

またDSGのプログラムが超燃費重視のセッティングなところなのも、高燃費が最重要な日本車のようだ。しかし大きくドライバビリティが劣るのは覚悟して下さい。筆者は現在、日常的にVWシロッコに乗ってはいるけど、コンフォートなATかスポーティなMTか、どちらかにミッションが変更されるまで、もうVWは買わないかも(笑)

この欠点は、気難しいクルマを滑らかに乗りこなしたいという楽しみでもある。前後方向ピョコピョコと不快な挙動が大きい7型ゴルフ・トレンドライン、クセを覚えて滑らかに運転するという至高使命がおまけ付き。特に市街地ね。

その他、ハイラインとは”別物”というのが第一印象であり、結論としてもここがポイント。車両価格の差の分だけ、ちゃんと差がある。装備が違うだけと思ったら大間違いでした。ディーラーの試乗車はハイラインがメインになるだろうから、そのままハイラインを選択した方が幸せだと思います。
筆者ヒラリー、いつもはベースグレードこそオススメだけど、ゴルフ7は意見が異なります。

VW ゴルフ7 (Trendline)

フォルクスワーゲン

Golf (ゴルフ7型)

  • テストグレード:“トレンドライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2013年
  • 価格:249万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






いつの間にか気になってしまったボンネットのチリ。狭いけど、左右で全然違う。この狭さが現在の工作では行き過ぎなのかな?


知人を乗せて指摘されて気付いた!シートの裁縫がよくない。リアシートに乗って大笑いしていた。
どうでもいい人もいれば気になる人もいるらしい。



写真はハイライン。室内。


ゴルフ7・GTI室内。ナビはビルトインタイプ。


本国仕様で発表されている、インパネ埋め込み型ナビ。



ジャックナイフタイプと呼ばれるエンジンキー。スマートキーじゃなくリモコンキーね。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。