ゴルフトレンドラインP3・乗り心地や静粛性、ステアフィール

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > ゴルフ7・トレンドラインP3
 

(2014年記事 ゴルフ-トレンドライン
著:ヒラリー男爵)

VW
  • グレード:“トレンドライン”
  • 型式:AUCJZ
  • 車両価格:249万円
  • デビュー年:2013年6月〜

ゴルフ7・トレンドライン・試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページ試乗車は、VW(フォルクスワーゲン)のゴルフ(7型)。グレードはトレンドライン。通称「ゴルフ7」と呼ばれる7世代目のゴルフ。前ページからの続きになります。

当ページは3ページ目です。「乗り心地や静粛性、ステアリングフィール」などを掲載中。


  1. 分割page - ゴルフ7・トレンドライン「1-1」・インテリアとエクステリア
  2. 分割page - ゴルフ7・トレンドライン「1-2」・エンジンやミッション
  3. このpage - ゴルフ7・トレンドライン「1-3」・乗り心地や静粛性、ステアリングフィール
  4. 分割page - ゴルフ7・トレンドライン「1-4」・他車比較とメンテナンス費用、総評
ゴルフ7内装1ゴルフ7内装2

試乗:ステアリングフィールなど

運転席

走行して感じる印象=ドライビングフィール。その中の一つがステアフィールやコーナーリングフィール。ハンドルを回す感触やコーナーを曲がる感触はクルマの質感評価でとても重要な部分。

ご存じの通り、タイヤ銘柄ひとつで印象が異なるステアフィール。今回のゴルフ7・トレンドラインはエコタイヤという不利な状況ながら、様々な場面でバランスの良さを感じさせてくれた。
サス柔らかいけど、直進しやすく、それでいてスムーズに曲がり始めてくれる。7型になり、このハイレベルなバランスこそVWといえるだけの魅力を持つようになった。

リアサス柔らかい、でも優れた直進性の高さ

リアサス国産車で直進性が高いモデルといえば、リアサスが固いモデルか、ホイールベースの長い大型車。例えば評価の高い3代目アクセラもそんな感じ。

でもね、ゴルフは違います。超が付くほど柔らかいリアサスを持ちつつ、真っ直ぐ走ってくれる。しかもボディサイズはCセグメント。こんなクルマ他にある?ちょっと思いつかない。

直進性高い、でも曲がりやすいハンドリング

室内1直進性安定性が高いクルマって、コーナーでもリアタイヤがとにかく真っ直ぐ進もうとしている感じ。フロントキャスター角が寝ているアメリカンバイクのよう。

スムーズなコーナーインこそ面白いクルマだとすれば、こんなクルマは面白くも何ともない。例えばアクセラとか昔のメルセデスとか。
でもね、ゴルフは違います。直進安定性が高いにも関わらず、コーナーインがスムーズ。こんなクルマ他にある?BMWとかわかりやすいけど安くはないよね。

筆者ヒラリー、相反する要素がハイレベルでこそ良いクルマだと思う。ゴルフはこれらがハイレベルだからハンドル切るのが楽しい。

ハイラインでは、ちょっとペースを上げてコーナーに入った時に、リアの安定感がある。トレンドラインが笑顔で曲がれるとすると、ハイラインは超笑顔。新車時装着のタイヤ銘柄も異なる。

試乗:快適性(静粛性や乗り心地)

とってもソフトで昔ながらの日本車と同じ方向でコンフォート性能が考えられている。目をつぶって同乗すれば、日本車と間違えてしまっても不思議じゃない。どれくらいソフトかといえば、インプレッサ1500ccに4人乗車と同じような感覚。そんなインプレッサのレベルアップ版といえば想像できる?

乗り心地について

バネが柔らかければダンパーも柔らかい。シートも柔らかい。そしてただ柔らかいだけじゃなく、スムーズな印象のダンパーで段差はとっても得意。組み合わせのマッチングもとても好感度高い。
ただし問題もある。あまりに柔らかいから挙動変化による揺すられが非常に目立つ。DSGのギクシャクを始め、アクセル・ブレーキでの加減速変化による揺れ、全体的にギクシャクしやすい特性のゴルフだから、ドライバーが相当にクセを掴まないと、同乗者は終始揺すられることになる。

このような印象から、ストップ&ゴーの多い場所は苦手、一定速度での巡航は得意。そしてドライバーの運転技術により乗り心地の評価は大きく変化する。

静粛性について

ゴルフは5型から6型への変更で、かなり静粛性が向上したが、今回もその価格を納得できるだけの静粛性の高さがある。

ドアを締めた瞬間の静粛性、気密性、ゴルフが属するCセグメント、国産200万円クラスと比較すれば、かなり良い線をいっている。
細かく見れば、要所を押さえているといった表現が正しいか。例えば車外からの人の声はビックリするほど室内に伝える。低温域を抑えれば中高音も抑えられるというわけじゃない?検証すればするほど不思議に思う。

国産同クラスで静粛性が高いのはオーリス。ウィッシュやヴォクシーなどより静かだ。そんなオーリスと比較すれば、ゴルフ・トレンドラインは自車から発する音が大きい。シャシーあたりのコトコト音だったり、マフラー音だったり、エンジンノイズだったり。
このあたり、ハイラインだと幾分、気にならなかったりする。

ゴルフ7・ハイラインと比較すると車重カタログ値は80kg差がある。もしかしたら吸音材や防音材といったあたりで差が付けられているのかもしれない。

車内スペース(リアシート、ラゲッジ)について

プライベート利用なら、やや体の大きな男性でも大丈夫。シートバックは前後とも大きく、身長182センチの男性にもそれなりに対応。またフロントシートの座面長さなんて、身長170cm以下の方だと長すぎるんじゃないかと思うほど。実際に女性の場合、太もも下部に圧迫感を感じるという(ゆるく座ってね)。

ファミリー利用の場合、スペース狭く圧迫感高い。ポロが実質2人乗りだから、ゴルフにしようなんて安直に選べば、一杯のかけそばのような気分を感じるかもしれない。
シートが大きければ当然車内は狭い。寸法以上に圧迫感が大きくなる。

リアシートのスペース、快適性は標準的

国産車では一番といっていいほど重要視される車内スペースの広さ。そりゃ小さいクルマほど広さは重要です。
VW、そしてゴルフではちょっと違う。広さはあるけど座りにくい。姿勢とか足位置とか。ただし歴代ゴルフからすると、リアシート座面はダイブ柔らかく日本車のように変わった。

リアシート1リアシート2

  • リアシート、シートバックは大き目。サイドサポートは固くみたいな演出もある。
  • 座面、柔らかくなって好感触。お尻下がってヒザ持ち上がる姿勢。
  • きちんと座れば走行中、姿勢は崩れにくい。
  • きちんと座ればシート下にかかとを置きたい。だけどシート下が張り出して邪魔。
  • だらっと座ればフロントシート下に足を伸ばしたい。だけど送風口など邪魔。

ラゲッジ奥行きはフィットと同程度

ラゲッジ1ラゲッジスペースとは荷室のこと。リアハッチを開けるとでてくるその空間、奥行きを計測すれば概ね72センチ。これはフィットと同数値。フィットに見慣れていれば居れば広くもなんともない。
横幅は普通に余裕ある。そういえばゴルフ5ではゴルフバック横積みがかなり厳しかったけど、今回はどうだろう?

フィットでは広大なラゲッジアンダースペース、ゴルフでは気持ち程度しかない。スペアタイヤの上と左右に少し余裕を作っているだけ。このあたりの気配りは国産車の方が優れているのは相変わらずといったところか。
便利さにプライクオリティを置く方が多いから、誰にでも勧めやすいのは国産車。外国車はユーザーの用途に合わせてだね。実用より走行感覚重視だと嗜好品といわれるのも納得。

参考までにフィットシャトルやカローラフィールダーでは、ラゲッジ奥行きはどちらも概ね100cm。ここは単純にフィットが凄く、ゴルフは普通に普通。

ゴルフ7メーター1ゴルフ7メーター2

地味、だから中身で勝負、それがVW

ゴルフ7・エクステリア(リア)

どんなモノでも重要なのがブランド力。ブランドとは知名度だけでなく、歴史や伝統、信頼、どれだけ忠実にコンセプトを貫いているかという総合的なチカラ。
VWがいくら人気車といっても、ドイツ車の中でブランドイメージは低い。単純に同じモノが同じ値段なら、ベンツやBMW、アウディに惹かれてしまうことでしょう。とってもわかりやすいプレミアム感て、数年でできるものじゃないからやっぱり。

逆に考えれば、ブランドイメージが低く、かつ真面目な実用車で定評があるVW、他メーカーと比較すれば同じ値段でより良い製品が期待できる。いや期待してしまいます。地味で目立たない輸入車ってのが長所?それじゃまさにカローラだ(笑)

メルセデスベンツのAクラス、BMWの1シリーズ、一部ゴルフと価格がバッティング。だからこそ、中身が良くなければ意味はなし!メーカーも並々ならぬ覚悟で企画したと思います。

VW ゴルフ7 (Trendline)

フォルクスワーゲン

Golf (ゴルフ7型)

  • テストグレード:“トレンドライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2013年
  • 価格:249万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





リアシートのアクセス及び着座姿勢は要確認。個人的には気配り足りずと評価したい。


リア側のルームライトはリアシートから手を伸ばした位置に。

室内1



フロントカップホルダー。開閉式の蓋が付く。蓋がない車種だと、腕が触れた時にイヤな感触。それも含めありがたい装備。



ハッチゲートの裏側。ガッチリと手を掛ける部分がある。何も意識せずハッチをおろしやすいから閉めやすい。
今後は片手で閉まる仕組みに期待。


ラゲッジのフロアボードはこんな感じでフローティングされている。この隙間がアンダートレイみたいな感じに。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。