ゴルフ7トレンドライン試乗記と評価評論・基本ページ

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > ゴルフ7・トレンドライン
 

(2014年記事 ゴルフ-トレンドライン
著:ヒラリー男爵)

VW ゴルフ(7型トレンドライン)・試乗インプレ「1」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページ試乗車は、VW(フォルクスワーゲン)のゴルフ(7型)。グレードはトレンドライン。通称「ゴルフ7」と呼ばれる7世代目のゴルフです。
比較と評価は、筆者が現在日常的に利用しているVWシロッコ、また5型、6型ゴルフあたりを踏まえて。他メーカーではマツダ・アクセラがデビューしたので国産Cセグメント車や同価格帯のモデルとも比較してみます。


  1. このpage - ゴルフ7・トレンドライン「1-1」・インテリアとエクステリア
  2. 分割page - ゴルフ7・トレンドライン「1-2」・エンジンやミッション
  3. 分割page - ゴルフ7・トレンドライン「1-3」・乗り心地や静粛性、ステアフィール
  4. 分割page - ゴルフ7・トレンドライン「1-4」・他車比較とメンテナンス費用、総評

ハイラインに続いてのトレンドラインです。ハイラインは別ページにて(ゴルフ7-ハイライン簡単試乗レポート

ゴルフ7内装1ゴルフ7内装2
VW
  • グレード:“トレンドライン”
  • 型式:AUCJZ
  • 車両価格:249万円
  • デビュー年:2013年6月〜

試乗車概要

ボディデザイン

今回の試乗車はゴルフ7・トレンドライン。純正ナビゲーションがオンダッシュタイプとなる初期のモデルで、オドメーターの総走行距離は2000km弱。
前回ゴルフ7・ハイラインに試乗し、Dセグメントに迫る内容を持つCセグメントと、けっこうな驚きを味わせてくれました。ただしお値段は約300万円。

そしてトレンドライン。こちらの車両価格は約250万円。ハイラインの良さを持ったまま、エンジンサイズの縮小と機能装備が簡略化されたグレードだと勝手に思い込んでおり、この質感が250万円なら良いね!ということで期待していた。

エクステリア・フロントしかし、試乗してみれば完全に別物。ハイラインとトレンドラインは全然別物です。トレンドラインの走行感覚はほとんど誰にもオススメできないほどの厳しいモノ。もちろんVWらしい良さは十分感じられる。しかしそれ以上に欠点が大きすぎ。残念な意味でう〜ん;;とうなっちゃう。
もしかしたら試乗車の個体差で差が大きい可能性も。そこまで考えちゃってます。

メカニズム的に大きな差異は、エンジンの排気量が200cc小さくなり、リアサスの形状が異なり、ダンパーの減衰力調整機能が省かれたり、タイヤ銘柄が異なる。また車重はカタログ値で80kgほど異なる。実際は、走って良ければ型式なんて何でも良いはず。安いパネル使った液晶テレビでも、良く写ってる事があるのと一緒ね。その逆もしかり。

ハイラインより劣る部分を簡単にいえば、乗り心地の質感が悪化し、滑らかに走行するにはより神経を使うようになった。つまりドライバーの快適性もパッセンジャーの快適性も劣るわけで、以下そのあたりをじっくり。

デビューから時間が過ぎれば評価も変わる

多くのモデルでデビュー時は高く評価されます。いきなり厳しい評価をされる車種はほとんどないどころか、極端なほどヨイショされるわけです。メーカーだって年々進化しトレンドに合わせた改良を行ってデビューさせるわけだからそれはある意味当然。ユーザーからしたって興味あるモデルはよく評価されているレポートほど、隅から隅まで読みたくものだと思います。

問題はデビュー後しばらく時間が経った時の評価。なぜか急にハードルが高くなってる!もしくは内緒にしていた事項が書かれるようになる!
ここ、文句言っても仕方ありません。試乗レポートではとりあえず、執筆年月を確認して下さい。当サイトではページ上部に記載しています。

で、ゴルフ7。現在、デビュー後10ヶ月目。この間にマツダから3代目となるアクセラがデビュー。ゴルフとはライバル関係だから、必然的に相対評価は変わってきます。

試乗:内装

室内いんぱね1ここから本編。内装の形状や質感、受ける印象はハイラインと一緒。普遍的なデザインを基本に要所要所は質感を感じさせてくれる造形を組み合わせ、なかなか立派に見せてくれる。質感ある造形、例えばドア内張の形状を単体で見れば十分スタイリッシュといえるものだし、メーターパネルは上下方向に傾斜角度が付き、これが大きく質感の高さを感じる。

インパネ全体はもちろんVWらしい地味さ満点と言える形状。落ち着いたデザインで安定感抜群。操作系だってあるべき箇所にあるべきモノがある。

手で触れる部分、こちらは好みじゃなくて素直にいいです。ステアリングの革は触り心地と機能性のバランス良い。200万円台の国産車では、”本革なんて名前だけ”そんなクルマに騙されちゃうこともあったりするわけど、ゴルフは信用して良し。またシフトセレクターの操作感、軽く滑らかな上で節度感ある。これなら積極的に動かしたくなるし間違いも減る。

気になる部分もそれなりにある

エアコンスイッチ1良い点ばかりでなく悪い点もある”味の濃さ”こそ、外国車の魅力。いくら総合バランスの高いゴルフといえど、やはりまがいなりにもドイツ車。日本車に慣れた日本人から見れば笑っちゃうような箇所がある。

内装で気になる部分はどこ?デビュー直後のモデルは純正ナビがオンダッシュタイプしかなく、わざわざ内装パネルに切り込みを入れて取り付けさせている。ナビがビルトインタイプ(埋め込み型)になるのはデビューから概ね半年後。焦ってデビューするのってホントかっこ悪いと思います。

その他、感触のいいスイッチがあると思えば相変わらずの回し心地を持つロータリースイッチだったり。また余裕のシートかと思えばレベルの低い裁縫だったり。そんな感じでチカラの入れ具合・抜き具合が面白い。
詳しくはネタとして??別項目にて。

同価格他車と比較すると?

ゴルフ・トレンドラインに近い国産250万円クラスだと、2013年デビューの日産エクストレイルや本田オデッセイ、落ち着いた内装デザインを採用しつつ、質感を上げてきた。またよくよく考えればアクセラ、インプレッサ、オーリスだって最近は立派になった。さらに良く考えれば250万円のマークXなんて前々からそれなりに立派に見える内装を持っている。

自動車の価格はコストダウンを続けているとはいえ、何かと装備が増え、結局価格は上がり続けている。それを考えても質感上がるのは当然。どちらかといえば先進性を感じさせてくれるスタイルとか、好き嫌いが極端に分かれるようなスタイルとか、そういった内装デザインの方が魅力が長持ちするのではないかと。常に代換する人じゃなければね。

試乗:シートやドライビングポジション

フロントシートは期待通りのサイズを持ち、柔らかくクッション性もかなり良くなった。クルマの挙動がわかりにくいと思えば固いシートに交換すればいいし、この方が好ましいと感じる人が多いと思う。筆者もその一人。
シート座面はやや長め。足を伸ばしたドラポジを好まれる方だと、ヒザ後に圧迫感を感じるかもしれない。そうした場合はゆるめに座る必要がある。ここもクッションが柔らかくなった影響などで、従来ほどは気にならなくなった。

ペダルレイアウト1ドライビングポジションについて、ペダルレイアウトってこれ、日本のコンパクトカーよりいいんじゃない?ブレーキペダルが右足で踏みやすい位置にある。全体的には内寄りかもしれないがサイズなどで工夫されていると思う。
上半身、こちらは着座姿勢によって評価が分かれそうだ。高めにドラポジを取る場合はなんてことない。低めにドラポジを取る場合、どうも違和感がある。他のVW車もそうなんだけど、シートを下げるとハンドルの位置や角度が合わなかったり、メーター上部が隠れてしまったり、考えればハンドルの付け根位置が高いかも。

ドラポジの自由度は高いから、いろいろ調整し、それでも好みのポジションがとれなければ、妥協して運転しやすいポジションを取る。きっとそれが運転に適したドラポジなのかもしれません。

コクピットの操作部図解

これだけ覚えればもう安心!初めての外車試乗でも困る事はありません。

準備中

ゴルフ7メーター1ゴルフ7メーター2

エクステリアの質感について

ボディデザイン、全体的なイメージでいえば見てすぐゴルフとわかる形状ながら、よく見れば大きく変わっているじゃないですか!6型ゴルフがボリューム感を重視したラウンド形状だとすると、7型ゴルフはカチッとした精密感を重視した感じに。

エンジンフードのキャラクターライン自動車というのは高価なモノだから、所有満足度だって大きなポイント。商用バンのように機能性一辺倒では人気車にはなりえません。
6型ゴルフは一段と地味さが強調されたけど、特にフロント部分の質感はアップ。写真のように、エンジンフードのプレスラインには目が釘付けになってしまう。照明下でのコントラストの強さはものすごい。これ、濃紺色じゃないんですよ。

反面、サイドのキャラクターラインはリアドアで切れている。そういえば6型はCピラー下部まで続いていた。だから7型ゴルフのCピラーはカクカクした形状も含め、ものすごい貧相に見える。Cピラーにリアドアパネル、リアハッチ、完全に実用車らしさを表現しているから、走行感覚とのギャップがものすごい。

6型の時代、VWポロと比較すれば、デザイン的なまとまり感はポロの方が上だったと思う。7型世代のポロがデビューした時に、ゴルフのデザインについて見え方が変わるかな。

VW ゴルフ7 (Trendline)

フォルクスワーゲン

Golf (ゴルフ7型)

  • 試乗グレード:“トレンドライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2013年
  • 価格:249万円

概要

  • エンジン排気量:1200cc+ターボ
  • エンジン型式:4気筒CJZ
  • ボディサイズ:4265×1800×1460mm
  • 車重:1240kg
  • 型式:AUCJZ
  • 発売開始時期:2013年6月〜
  • 新車時価格帯:249万円〜

車両型式

  • AUCJZ - 1200cc
  • AUCPT - 1400cc
当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

ノイズ&振動は少ない良いエンジン。ただし低レベルな演出とフィールに苦言を残す。

駆動系質感 5段階評価

滑らかな運転には慣れが必要。

足回りの質感 5段階評価

ホントにゴルフ?柔らかくそれでいて直進性高い。

内装の質感 5段階評価

バックミラーを見なければまるでセダンのよう。奇をてらわず落ち着いている。

外装の質感 5段階評価

塊感あってフロントは高級感ある。でも全体的にはクエスチョンマーク。

快適性 5段階評価

今回の試乗車ではハイラインに劣る印象。挙動が大きくドライバー次第で相当異なる。

扱いやすさ 5段階評価

エンジン&ミッションの扱いにくさは閉口。サスが柔らかいからより挙動が伝わる。

お買い得度 5段階評価

安全装備充実。しかし予算が許せばハイラインがベストバリューか。


これでも純正ナビ。笑うしかありません。ナビゲーション本体はグローブボックス内に設置。


ハイラインより落ち着いたセンターパネル。



多くのロータリースイッチ(回すスイッチ)の触り心地は相変わらずよろしくない。ミラーのスイッチは特に酷いのが相変わらず。
そろそろ改善を望みます。。


ペダルレイアウト。ステアリング中央がずれていてごめんなさい。
アクセルペダルは内寄りながら、ブレーキペダルは右足で踏める位置にある。アクセルペダルはつり下げ式に変更になった。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。