ゴルフ試乗記P3・装備やコストパフォーマンス比較

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 ゴルフ-ハイライン
著:ヒラリー男爵)

VW ゴルフ(ハイライン)試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び、今回の試乗車は、VW(フォルクスワーゲン)のゴルフ(7型)。グレードはハイライン。7型と呼ばれる7世代目のゴルフ。内容は前ページからの続きになります。

当ページは3ページ目です。「装備やコストパフォーマンス比較、ゴルフ総評」などを掲載中。

ゴルフ7内装1ゴルフ7ドアトリム
VW
  • グレード:“ハイライン”
  • 型式:AUCPT
  • 車両価格:299万円
  • デビュー年:2013年6月〜
  1. 分割page - ゴルフ7・ハイライン「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - ゴルフ7・ハイライン「1-2」・エンジンと手が触れる部分あれこれ
  3. このpage - ゴルフ7・ハイライン「1-2」・ コストパフォーマンス比較や総評

関連ページ - ゴルフ・トレンドライン試乗レポート こちらの方が内容充実しています。

このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

国産車、輸入車含めてのライバルは?

ゴルフ7、ハイラインの価格は299万円。車両価格、ボディサイズなどあらゆる部分でライバルはあまりに豊富。250万円〜300万円のクルマと言えば、素晴らしい特徴を持ったモデルが多数揃います。

実用車最大のライバルといえば・・・

キャラクターは大きく違えど、プリウスもゴルフもCセグメントを代表する特別なクルマ。故にどちらもボディサイズからすれば安くはない。
スペース的にファミリーのファーストカーとしてはちょっとモノ足りず、セカンドカーとしては高価という微妙なポジションの争いでもある。

価格で比較するライバルといえば・・・

このあたりがバッティング。セダンならアコードを除き6気筒エンジンが狙える。乗り心地ならマークXかフーガ。走りの質感ならスカイラインかアコード。多少上乗せして見栄ならクラウン。輸入車が持つ趣味性の高さはないが、それぞれゴルフより優れた点がありどれも魅力。

ボディサイズで比較すれば・・・

こちらは価格250万円のトレンドラインと競合。価格的にはゴルフが50万円〜100万円高い。割高に思うかもしれないが、走りの質感という面ではゴルフの勝ち。
トヨタの2代目オーリス、車両価格は概ね200万円程度。VWゴルフがドイツ車らしい上質感ならトヨタ・オーリスは日本車らしい高級感。エンジンは超ガサツながら、どんな場面でも走りやすいのは魅力。

ちなみに従来までの傾向だと、ゴルフは中古だと値落ち率が大きくてお得です。

ゴルフ内グレードを比較するなら

価格面で魅力的な、ゴルフトレンドライン。車両価格はハイラインより50万円も安いから、国産Cセグメントクラスよりちょっとがんばれば手が届く。

カタログでわかる装備面の差は価格の差、では試乗するとどう?別ページにレポートをアップしています。

オーリス「120T」について

トヨタのゴルフにバッティングする競合車がオーリス。そんなオーリス、2015年のマイナーチェンジで、ターボ付き1200ccエンジン搭載グレードが登場。まさに”トヨタのゴルフ”と表現したくなるw

こちら試乗してみれば、コンフォート性能と運転しやすさを徹底重視した印象。アクもなければ刺激もない。だけどとっても乗りやすい。CVTやスロットル特性のセッティングもジェントル。そんな走行感覚。新しいエンジンでこれは凄いじゃないですか。

簡単に言えば、ゴルフの痛いところを突いてきたって感じ。さすがトヨタ様。中途半端なことをしませんw ゴルフのエンジンノイズやDSGその他に不満を感じたら、オーリスを試してみると良いかもです。

エンジン印象を始めとする試乗感はこちら!
トヨタ・オーリス(120T)ターボエンジン搭載グレード

ゴルフ総評1

エンジンフードのキャラクターライン7型ゴルフの乗り心地や静粛性の高さと言えば、メルセデスベンツやBMWのミドルクラスに近いほどで、静粛性限定なら国産だとクラウンあたりに近いほど。アコードハイブリッドだとエンジン停止という静かさを含めゴルフと同程度か。

これはもう、車格感無視といってもいいくらい。ゴルフの車両価格を考えれば素晴らしいと評価出来る。このあたり、初代フィットがデビューした時と同じようなインパクトを感じる。

フィットはデビュー後しばらくして、居住空間の広さで2代目ノートに追いつかれた。ノートでなくても同クラス全体のレベルが上がるという結果に。

乗り心地や静粛性に関しては乗員の感覚、つまり相対的という面が大きいから、近いレベルのクルマが揃えば簡単に評価は覆ってしまう。
自動車全体のレベルが上がり、当たり前のレベルが変わっていってくれることが非常に楽しみ。

また技術的な部分は物量作戦と違い、陳腐化しすれば価格は下がるというのが常。これは値下げじゃないしデフレでもない。例えばテレビが安くなったのだってデフレとは違う。物量部分に関しては値下げ又はデフレだけど、安全装備や気筒休止システムに関しては他車も値上げせずに充実させていってくれたら嬉しいなと。

動力性能に関してはやはり低排気量らしさが目立つ。ゴルフがどんなにがんばったと言っても、せわしなさは間違いなく小排気量車。どうあがいても余裕はないから、ラグジュアリー感は全くなし。
確かにカタログ上のスペックは十分だし、適切なギヤでパワーバンド内をキープしていれば普通に走れる。しかしDSGは最適なギヤを選択してくれるとは限らないし、扱いにくさは天下一品。常時手動でシフトチェンジすればいいけど、それなら最初から3ペダルMTに乗った方が快適。現状では妥協点に過ぎずといった評価になってしまう。

エンジンは一昔前の軽自動車のターボ車のようなパワーの出方。パワーバンド以下ではうんともすんともいわず、パワーバンド内ではレスポンスが過激、それ以上では頭打ちに。エンジンとDSGの特性だけは、燃費のためだと思って我慢しましょう。


ゴルフ7メーターゴルフ7内装2

ゴルフ総評2

ステアリングとメーター以前のゴルフと比較すれば、かなり気楽に運転出来るようになりました。シートは柔らかく、ブレーキも気楽なフィーリングになり、燃費だって悪くない。でもまだ日本車やフランス車のように、日常的なお供にっていう感覚じゃない。

ボディが小さければ気軽なわけではなく、やはり何かしらのポンコツさ(ダルさ)加減が混じってないと、少しだけ動かすのは面倒だという感覚が残る。
相変わらずゴルフらしさはそのままだし、エンジン&DSGの扱いにくさは依然として強く残っています。
さらに 信頼性のイメージといった面。特に最近は不安な要素が多数ある。

以上ふまえると、従来からのゴルフユーザー、VWユーザーからすれば、正統進化した文句なしのクルマでしょう。代換えなら価格以上の満足感を得られると思います。アクセルペダルが通常のつり下げタイプに変わったなんて欠点はごく小さい欠点に思えるはず。いや室内空間が広がったと思えば寧ろメリットかな。

ボディデザインで選択すれば、ビートルかシロッコが断然魅力的。でも現時点で内容を比較して選べばゴルフ7になるのは必然。DCCなんて所詮子供のオモチャという事を痛感させられます。

逆に日本車ユーザーからすると、扱いにくさやギクシャク感、意図的な直進性の強さやダイレクト感など、違和感を感じる部分も多そう。これ、短時間のディーラー試乗では気付きにくい部分にある。ゴルフの走行性能には価格以上の高級感がある。でも、普段の運転で滑らかに運転するには慣れやコツが必要ということだけは覚えておいて下さい。

気になったらディーラー試乗をぜひ!単純に楽しいと思います。
でも、欲しくなっちゃうかもしれませんよ〜。

VW ゴルフ7 (Highline)

フォルクスワーゲン

Golf (ゴルフ7型)

  • 試乗グレード:“ハイライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2013年
  • 価格:299万円

当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


本国仕様で発表されている、インパネ埋め込み型ナビ。


写真はゴルフ7・GTI。日本仕様もビルトインナビに変わった。



写真はトレンドライン。純正オンダッシュナビだと視界はこんな感じ。前方は問題ない。左側の感覚取るのが問題。



写真2点はトレンドラインの室内。


VWのザ・ビートル。地味なクルマが苦手ならこちらが面白い。どうやら2000ccエンジン搭載車が発売される模様。


エンジンフードのプレスラインは強烈な個性を出している。照明の下ではコントラストが強く出る。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。