7型ゴルフ試乗記・評価評論・試乗した感想など基本ページ

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 ゴルフ-ハイライン
著:ヒラリー男爵)

VW ゴルフ・ハイライン試乗インプレッション「1」

当ページで取り上げているのはゴルフ。試乗車は、VW(フォルクスワーゲン)のゴルフ(7型)。グレードはハイライン。7型と呼ばれる7世代目のゴルフ。
筆者が現在日常的に利用しているシロッコ2000ccや5型ゴルフ、また以前試乗した6型ゴルフなどと比較してみます。こちらシロッコは5型ゴルフ+一部6型ゴルフといった内容の、兄弟車みたいな感じです。

こちらは通常の試乗レポート - ゴルフ7・トレンドライン / ゴルフ7・R

ゴルフ7内装1ゴルフ7ドアトリム
VW
  • グレード:“ハイライン”
  • 型式:AUCPT
  • 車両価格:299万円
  • デビュー年:2013年6月〜
  1. このpage - ゴルフ7・ハイライン「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - ゴルフ7・ハイライン「1-2」・エンジンと手が触れる部分あれこれ
  3. 分割page - ゴルフ7・ハイライン「1-2」・ コストパフォーマンス比較や総評
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

試乗車概要

フォルクスワーゲン

今回はディーラーでお借りした試乗車なので、各部のナラシも済んでいないような状態です。また試乗内容は限定的。現時点ではしばらく利用しての使用感等はお伝えできない旨、ご了承下さい。簡単な速報版です。

どんなクルマ?

VW(フォルクスワーゲン)ゴルフといえばCセグメントの代表的存在。Cセグメントとはいわゆるアッパーコンパクトだから、例えばホンダ・フィットやトヨタ・ヴィッツなどの兄貴分のようなポジション。全長で概ね30cmほど大きいクラスになります。

そんなゴルフはちょっと大きなコンパクトハッチバック。クルマ全体の中では小さい方に分類されるわけですが、それでいて中身は上級指向。安いクルマを着飾った高級感ではなく、クルマ本来の根本から目指す高級感。だから質実剛健。高級路線といってもラグジュアリー感は一切無し。

何をもって高級とするかは千差万別。ゴルフはそう、”正当派高額車”の質感を小さいサイズで実現しようとしているクルマ(高級車ではなく高額車ね)。正当派サルーンのベースグレードを目指しモデルチェンジごとに近づく。
とにかく走ることに重点が置かれたクルマだと認識しています。ライバルより運転しやすく、質感ある乗り味を演出できればそれぞゴルフ。ブランド性やテカテカパネルに頼らない高級感を感じられれば買いですね。

当ページの試乗車はゴルフ・ハイライン。コンフォート系グレードでは最も高価で、お値段は299万円。ベーシックなトレンドラインより50万円ほどお高いグレードで、エンジンが1400ccになり、快適装備が多少プラスされます。
あとからトレンドラインにも試乗してわかったのですが、単純な装備内容でだけでなく、走行感覚は全然別物。運転しやすさも快適性能もハイラインの方が断然上です。

地味、だから中身で勝負、それがVW

どんなモノでも重要なのがブランド力。ブランドとは知名度だけでなく、歴史や伝統、信頼、どれだけ忠実にコンセプトを貫いているかという総合的なチカラ。
VWがいくら人気車といっても、ドイツ車の中でブランドイメージは低い。単純に同じモノが同じ値段なら、ベンツやBMW、アウディに惹かれてしまうことでしょう。

逆に考えれば、ブランドイメージが低く、かつ真面目な実用車で定評があるVW、他メーカーと比較すれば同じ値段でより良い製品が期待できる。いや期待してしまいます。

同じVWでもビートルなどは積極的にコンパクトさを生かしたクルマ。小さくなくては成立しないクルマです。だから中身なんか関係なし。走りも良ければもうけもの程度の感覚。
小さいけど上級指向のゴルフは違います。ビートルと比較しなくても地味x3の実用車。憧れるクルマじゃありません。だからこそ、中身が良くなければ意味はなし!メーカーも並々ならぬ覚悟で企画したと思います。

試乗:内装

ステアリングとメーター前置きはここまで。実際に車内を見てみると、なかなか立派というのが第一印象。ドアを開けてまず気付くのはドアトリム(ドア内張)のデザイン性の高さ。ボディ全体はやぼったいただの実用車なのに、ここはシャープ&スタイリッシュ。ドアトリム限定なら、見事に期待を裏切ってくれるだけの高級感がある。

着座前にコクピットをのぞき込めば、基本はすぐにVWとわかるスタイル。インパネの絶壁が相変わらず古さを感じさせるけど、何もVWに限ったハナシじゃない。絶壁は欧州コンパクトカー的には全然当たり前。特別な魅力はなくても特別な嫌みもないのが長所かな。

良い部分、メインメーターパネルは角度を付けてデザインされ、今までのゴルフとは違った余裕がある。ダッシュボードは柔らかな軟質ウレタンパネルで覆われ、触ってみれば厚みも十分。これは視覚的にも相応の品質感を感じさせてくれる。
さらにはステアリングスイッチのボタン個数が多いのもここ数年のトレンドに沿ってる。ここは下位グレードではオプションを追加しないと簡略化。

全体的に見てこれはCセグメント・ハッチバックの新基準という感じか。ドアトリムからはデザイン的な高級感を感じ、メーターパネル周辺からはサルーン的な余裕を感じ、インパネ中央は日本車らしいテカテカパネル。経済性より質感をウリにするCセグメント以下の車種では、これから徐々にゴルフが持つこのレベルの内装に近づいてくれると思う。

良いも悪いも細かな部分

旧型から進化した部分、アイデア賞的に良い部分、変わらずダメな部分、退化した部分、いろいろあります。詳しくは別コーナーにまとめます。

試乗:足回りについて

足回り総合のキャラクターとしては、適度に締まった固めの印象。「あまり柔らかいのは高級じゃない」という感覚が一般的になってきて、「固めで姿勢変化少ないけど揺れや衝撃が小さい」といったあたりが、現在は高級と評価されるようだ。

ゴルフはといえば、まさにその系統。路面のボコボコや段差で感じるサスペンションの動き方、また聞こえてくるノイズについて、さすがドイツ車という系統で質感の高さを感じる。
大きなボコボコでは、5型ゴルフやシロッコのようにドタバタせず、ドカドカもあまりいわず。同クラス他車ならガッチン!なんてノイズを感じる段差でも、特別な事はなし。6型ゴルフでは強烈に縦揺れすることもあったが、この変は幾分マイルドに感じられる。
小さなボコボコや小さなうねりは、なかなか良く拾う。普通レベルの高級車が真っ平らに感じるような路面でも、細かなポコポコを伝えてくる。ただし、衝撃が伝わってくる訳じゃなく、クルマが縦方向に揺れる感覚。ゴムブッシュ+ショックアブソーバーが動いているから、スルスルと動く良質な車高調なんかに近い感触だ。

走行性能に関する面では、ショックは適度に減衰力が高められ、丁寧な動作をしている限り伸び側もしっかり。(試乗中、バックでグゥと踏めばピョコッとしたが、それは普通の運転じゃない)。巡航中のレーンチェンジではシャープなステアフィールにサスペンションのバランスが取れている。ボディのかっちり感もあって、ことアクセルペダルを緩めている途中のステアでは、気持ち良くハンドルが回せ、気持ち良くノーズの向きが変わり始める。

ゴルフ7の乗り心地、限定された条件かつ発売時点では、お値段以上の価値を持っているといえる。乗り心地全般的に高質。目をつぶってブラインドテストをしたら、最新のアウディなんかと間違えちゃうかもしれない!?

ゴルフらしさを感じる強烈な直進性

ゴルフといえばよく言われる強烈な直進性の高さ。「素晴らしい」ではなく「強烈」な直進性。ステアリング中立付近が重く、筆者的には人工的に感じるが、これは善し悪しというよりも好みの部分だと思う。

7型ゴルフではこれが一段と強められた。例えばT字路で幹線道路に出る時や、お店の駐車場から出る時、ハンドルを戻しながら加速していくわけだけど、ビシッとまっすぐに、余計な修正は何もなく直進体制に移ってくれる。勝手にクルマが車線に合わせてくれる感じ
加速中はそのまま矢のように加速してくれるから、ハンドル入らないんじゃないかと思うほど。そしてその後、巡航に移れば、中立付近が重いフィールになる。

力一杯ハンドルを握らなければ、クルマがどう動きたいかが感じられる。ゴルフに試乗される時はぜひこの感触を味わって下さい。
普段シロッコなどを運転している筆者でも、この感触を体が覚えてしまい、脳内で美化されてきている最中です。

そうそう、ダメなクルマ+ダメなドライバーが揃うと、助手席に座っている時に強烈な不安感を感じる。特に高速道路では落ち着かないから、助手席に座るならVWの直進性は凄く良い

静粛性など快適性について

7型ゴルフで一番進化したのはこの静粛性の高さと快適性の高さ、でしょう。日本の道で、街中で、運転しても助手席に乗っても快適になった。言い換えればラクな日本車に近づいたということも出来るかもしれない。
ファミリーユースで重要なチャイルドシートなどお子様に関する部分については未確認。

ブレーキがラクになった

ペダルレイアウトドライバー視点では、ブレーキは軽くなり、フィーリングも扱いやすいモノに。今まで輸入車といえば初期の食いつきが強く、ブレーキを踏む時もリリースする時も神経を使うタイプが多かった。

今回、そのあたりが改善され、日本車のような扱いやすさを手に入れた。やっと日本車に追いついたと言うことですな。
素早く踏み込めばガキンというほどの制動力も感じるが、助手席でも耐えられるくらいのレスポンスになっている。ブレーキノイズについては試乗時はなかった。

シートが柔らかくなった

今まで、シートクッションをここまで固くするのに何の意味があるのだろう?と思っていたシートクッション。だいぶ柔らかくなりました。
5型6型ゴルフでファブリックシートのタイプ、疑問を感じていた方は多かったと思います。なんだかんだいっても、レカロだってブリッドだって表面は柔らかい。

リアシート今回、ようやく固めの日本車くらいの感覚に。運転席に座ってもリアシートに座っても落ち着き感アップ。特にリアシートは座りやすさがアップが好印象

今までのゴルフでは走行中、何度も座り直す必要があった。でもリアシートに関しては完璧じゃない。後はボディサイズアップして形状変更と広さ拡大を望みます。
そういえば日本車のシートは固くなりつつあり欧州車のシートは年々柔らかくなる。わかります。みな無い物ねだりなんですね。

静粛性の高さについて

だまって乗ったらこれはサルーンか!7型ゴルフのフロントシートでは、そこまで思えるだけの静粛性の高さがある。何が静かかって、具体的には、ドアを閉めた時に「シーン」とする高級さらしさはない。しかし、走行中に聞こえてくるノイズが全般的に静かになった

タイヤからのロードノイズやパターンノイズは不快でないレベルまでカットされ、一般的な高速道路くらいの速度では風切り音も十分カットされている。だから、前席と後席で会話が楽しめるレベルを確保。
そしてエンジンノイズ。2500回転くらいまでは低い音がカットされ、心地良い中音域の音が聞こえてくる。この領域で走っていれば安っぽい感じはなく、とても1400ccのクルマに乗っているとは感じにくい。それ以上に回転を上げれば4気筒らしい粘りけのある音質に変わり、ボリュームも大きくなる。

5型が6型に変わった時、防音フィルムを挟んだフロントガラスを採用するなど、このときも静粛性の向上に驚いたモノだが、今回もしっかり進化。マフラーからのボヘボヘ音を感じさせないようにしたのも大きな変化。


ゴルフ7メーターゴルフ7内装2

エクステリアの質感について

ボディデザイン、全体的なイメージでいえば見てすぐゴルフとわかる形状ながら、よく見れば大きく変わっているじゃないですか!6型ゴルフがボリューム感を重視したラウンド形状だとすると、7型ゴルフはカチッとした精密感を重視した感じに。

エンジンフードのキャラクターライン自動車というのは高価なモノだから、所有満足度だって大きなポイント。商用バンのように機能性一辺倒では人気車にはなりえません。
7型ゴルフは一段と地味さが強調されたけど、特にフロント部分の質感はアップ。写真のように、エンジンフードのプレスラインには目が釘付けになってしまう。照明下でのコントラストの強さはものすごい。これ、濃紺色じゃないんですよ。

反面、サイドのキャラクターラインはリアドアで切れている。そういえば6型はCピラー下部まで続いていた。だから7型ゴルフのCピラーはカクカクした形状も含め、ものすごい貧相に見える。Cピラーにリアドアパネル、リアハッチ、完全に実用車らしさを表現しているから、走行感覚とのギャップがものすごい。

6型の時代、同じVWのポロと比較すれば、デザイン的なまとまり感はポロの方が上だったと思う。7型世代のポロがデビューした時に、ゴルフのデザインについて見え方が変わるかな。

VW ゴルフ7 (Highline)

フォルクスワーゲン

Golf (ゴルフ7型)

  • 試乗グレード:“ハイライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2013年
  • 価格:299万円

概要

  • エンジン 排気量:1400cc+ターボ
  • エンジン型式:4気筒CPT
  • ボディサイズ:4265×1800×1460mm
  • 車重:1320kg
  • 型式:AUCPT
  • 発売開始時期:2013年6月〜
  • 新車時価格帯:249万円〜

車両型式

  • AUCJZ - 1200cc
  • AUCPT - 1400cc
当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

ノイズ&振動は少ない良いエンジン。小排気量もありドライバビリティは悪い。

駆動系質感 5段階評価

滑らかな運転には慣れが必要。

足回りの質感 5段階評価

しまっていて揺すられることもあるけど、質感自体は高い。下位グレードは別。

内装の質感 5段階評価

バックミラーを見なければまるでセダンのよう。

外装の質感 5段階評価

塊感あってフロントは高級感ある。でも全体的にはクエスチョンマーク。

快適性 5段階評価

クラス最高レベルの静粛性。シートも柔らかくなって好印象。

扱いやすさ 5段階評価

エンジン&ミッションの扱いにくさは閉口。購入後に気がつくかもしれない。

お買い得度 5段階評価

250万円のグレードなら日本車とも勝負ができる。安全装備が魅力。


ペダルレイアウトはこんな感じ。ブレーキペダルは国産車より良い位置か。ただサイズは右足専用タイプの大きさで、アクセルペダルは内側に寄っている。



指が触る部分はツルツルの材質が組み合わされている。


シフトパネル左右のスイッチは押し心地良し。ワンタッチでアイドリングストップがオフに出来る。


エンジンフードのプレスラインは強烈な個性を出している。照明の下ではコントラストが強く出る。


リアシート。座面はかなりやわらかくなり好印象。ただスカスカな柔らかさ。シートが大きめな分、スペース的には標準的〜やや狭い。


写真はトレンドライン。リアシートアクセスはあまりよくない。


多くのロータリースイッチ(回すスイッチ)の触り心地は相変わらずよろしくない。ミラーのスイッチは特に酷いのが相変わらず。
そろそろ改善を望みます。。。


写真はトレンドライン。室内。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。