ゴルフGTI試乗記・DSG評価

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 ゴルフGTI
著:ヒラリー男爵)

VW ゴルフ(6型GTI)・試乗インプレッション「1」

今回の辛口比較・評価評論の試乗ターゲット車は、VW(フォルクスワーゲン)のゴルフ6。グレードはGTI。6型とか5K型と呼ばれる6世代目のゴルフです。


  1. 分割page - 6型ゴルフ試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. このpage - 6型ゴルフ試乗「1-2」・車両価格の近い国産車との比較など

※7型ゴルフはこちら!ゴルフ(7型・ハイライン) / ゴルフ(7型・トレンドライン)

VW
  • グレード:“GTI”
  • 型式:1KCCZ
  • 車両価格:368万円
  • デビュー年:2009年4月〜

グローバルなベーシックカー

VWゴルフといえば、世界中で人気のグローバルベーシックカー。今回のモデルは6世代目ということで、「6型」とか「ゴルフ6」(ゴルフシックス)と呼ばれます。
日本での価格は、6型も相変わらず割高なため、プレミアムなハッチバック車のようなイメージがありますが、ゴルフは本来、実用性重視の使い勝手が重視されたクルマ。プレミアムを望むならベースが同じ「アウディA3」「VWシロッコ」が用意されています。

VWと世界販売台数1位を競っているのは、我らが日本のトヨタ。クルマが良いとか悪いとかは別にして、世界ではこのゴルフとカローラが販売台数のライバル。車種別の販売台数では、現在までのところ、大差でカローラが1位。2位にゴルフとなっています。

豊田自動車

カローラは、世界中でいろいろなモデルが販売されているため、日本のカローラがグローバルベーシックのスタンダードというわけではありません。(例えば欧州ではオーリスがカローラ)。

ご存じの通りのドイツからの輸入車となるゴルフですが、街中には非常に多くのゴルフが走っています。日本車とは何が違うのか?試乗して感じる違いはあるのか?輸入車だってもちろん辛口。価格が高いわけはどの辺りかを具体的に表現。記事を読むだけでクルマのキャラクターがわかるレポートを目標に、試乗レポートをお届けさせて頂きます。

ボディサイズやポジション

ゴルフ6のボディサイズは、全長4210ミリ×全幅1790ミリ×全高1460ミリ。ホイールベースは2575ミリ。日本でいうところのオーリスやブレイド、インプレッサスポーツ、アクセラなどと近いサイズで、カローラよりはちょっと全幅が大きいですが、ミラートゥミラーの幅だと、横幅はそんなに変わらない可能性があります。

従来からゴルフといえばコンパクトカーでしたが、現在は全長4000mm前後のコンパクトカーより大きめ。大きくジャンル別けすればコンパクト、細かくジャンル別けすればミディアムコンパクトなどと呼ばれ、一クラス上に位置づけられています。
欧州風に「セグメント」という表し方をすると、Cセグメントになります。軽自動車クラスがAセグメント、コンパクトカークラスがBセグメント。ミディアムコンパクトがCセグメントというワケです。

コンパクトカーより強力なエンジンとしっかりとした車体。ファミリーカーより小回りのきくサイズで、入り組んだ道や狭い道をキビキビ走るのに適しているといわれます。

内装の印象など

では試乗レポートに入ります。内装(インテリア)はいかにもドイツ車、見るからにVW的なデザイン。色合いも落ち着いたブラックがメインで、一見すると地味。国産車のようなわかりやすい豪華さはなく、質実剛健とはまさにドイツ車のためにあるような言葉とさえ思う。

追記:TSIハイラインではベージュ系レザーシートが選択可能。

質感という面では、インパネを始め多くの場所がソフトパッドで満足感は感じるが、日本車でも1990年代のバブル期のころは厚めのソフトパッドを多用したミドルクラスが多かったから、ゴルフの値段を考えれば並み。
各部のチリあわせはトヨタ並みの緻密さがあり、インパネをバカンと叩いてみれば立て付けも頑丈そう。
(ドアパネルの一部ではパカパカな部分もある。)
エアコン操作部のプッシュボタンについてはそれなりの押し心地だが、ロータリースイッチの質感は低い。

同クラスの日本車とは価格帯が違うために評価が難しいが、雑誌などでよくいわれるほど特別良くはなく、それなりの価格の日本車を買えば質感でも豪華さでも日本車有利。日本車の内装デザインはセンスが悪い、オヤジっぽいと思うのなら、ドイツ車らしいインテリアデザインをもつゴルフは魅力高いだろう。

フロントシートについて

ゴルフのフロントシートはとにかく大きいし、しっくりくる。まさに体を包み込んでくれるシートといえる。さらに、GTIのフロントシートはレカロのセミバケが顔負けするほど、サポートが張り出している。ドライバーが気持ちよく走るために最適化されたシートだ。全体的に硬めだがドライバーは違和感ない。
サポートが強いといってもSサイズやMサイズのフルバケットシートのようなきつさはないので、立派ながたいをお持ちの方でも心配入りません。

このシートの大きさや包まれ感という点では、GTIではなくて標準のTSIの方が良さがわかる。こちらのシートは、サポート性能はほどほどな分、よりシートの良さが伝わりやすい。

シート表面の柄については、GTIは伝統のチェック柄。個人的には好きではないので、選択肢はあるのか確認したら、オプションのレザーシートパッケージを付けるしかなく、おまけでパワーシートも付いてくるとのこと。価格はすいません、失念しました。
レザーシートはシートバックなどが合成革になるので、試乗時にはチェックをぜひ。

リアシートについて

リアシートにも試乗したが、広さは問題なし。国産のトヨタ・オーリスあたりと比較してもゴルフの方が広いんじゃないかと思えるほど。
非常に困る点、それはシート座面が固い。カチカチに固いんです。見れば座面の厚みは十分以上に確保してある。でもね、イケアのカチカチクッションより固い。
30分以上リアシートに座ったが、体が沈み込む気配は無し。全くフィットしてくれません。だから頻繁に座り直す。

6型ゴルフのリアシートは、駅にあるベンチシートだと思って下さい。

3歳の子供でもシートはわかる!

実は筆者の妹がゴルフに乗っているのだが、3歳の子供(男の子)がシートが固いとわかる!ビックリしました。
ちょうど三菱コルト・ラリーアートRが手元にあり、そのリアシートに座らせれば、なんとシートが柔らかいっていうではありませんか!そして「ドライブ行きたい」って
それならばと、筆者は背中に背負うタイプのアメリカ式?チャイルドシートもどきを持っているので、それを付けて柔らかいシートでドライブしてきました。参考:コルトラリーアート試乗記

(ちなみにこの子、2歳の時にセルシオに乗せてリアタイヤキュルキュルしたらセルシオのリアシートが好きって言ってくれました。また編集部・桃花の子供(女の子)2歳の時、20セルシオのリアシートに乗るといつも降りないっていってました。)

ちなみにどちらの子も、トヨタ・ウィッシュのリアシートやホンダ・CR-Zの助手席はいまいちみたいです。
そのほか、オデッセイ(23年式)ではシートについての記事を長めにご紹介しています。

試乗:エンジン&加速力

GTIのエンジンは4気筒2000ccのターボ付き。エンジンのカタログスペックは211馬力&28.6キロとなっている。ミッションはVWご自慢のDSG。

ホットハッチとかスポーティハッチというからには、全開時のパワーが重要。ゴルフのパワー感は、グッと来るだけのパワーはあるが、国産のパワフルなクルマと比較すれば、まあまあの域をでない。パワフルというにはギリギリというか、満足できなくはないというべきか。
地方の幹線道路とか、空いている時間の通勤とか、周りのペースがいい中では、流れをリードするにはもう少しパワーが欲しい。
逆にワインディングでは4000回転〜5000回転あたりの加速力が強いので、パワーバンドの狭いクルマより走りやすい。ブラインドコーナーのコーナーの多いワインディングなら、ブレーキングを楽しめるだけの加速が余裕で期待できる。

エンジンのフィーリングについて

フィーリングとしては、音は4気筒らしいコモリ音とか粘り気を感じさせる音が強め。緻密なメカニカル音という感じは無し。エンジンの音以外にも排気音も室内に入ってくるのだが、こちらはポンポンと軽めの低音。ボーボーいうだけの国産車と違って快音と言えるだろう。

エンジンの出す振動は、実用エンジンと比較すれば少ない。リアシートに座っていればどんなにエンジンを回されたって振動を感じることはない。

4気筒としては総じて平均点以上のエンジンだが、ターボということもあり、エンジン回転数によってレスポンスに差が出る。高回転のレスポンスが良いというべきか低回転でのレスポンスが悪いというべきか。なめらかに一定の加速がしたければエンジンとミッションの特性を理解してアクセルワークをしなさいよと。
昔の小排気量ターボ車と比較すれば、凄い良くなっている。気にしなければ気にならないレベルだが、ことアクセルとエンジンの関係に絞っていえば、大排気量NAの方が好ましい。

トランスミッション、DSGについて

DSGとは自動クラッチ&自動変速のMT。中身はマニュアルミッションなのでダイレクト感バッチリ、伝達効率も最高クラス。それでいて2つのクラッチを使って素早い変速を可能にしている。

2ペダルMTとはいっても基本的にはオートマチックと同じに走ることができる。ドライバーはシフトセレクターをDレンジにいれておけば、通常のATやCVTの様に走れるが、ダイレクトだから丁寧なペダルワークが望ましい。

DSGの長所といえば構造的に伝達効率が良く燃費にも関係し、2ペダルでマニュアル車のようなドライブも可能。欠点としてはギクシャクした一面がときたま顔を出す渋滞、混雑した道、狭い道など、低速で加減速の多い道は苦手。非常に評判の良いDSGだが、100点満点かと思って試乗すると期待を裏切られるので、それなりだと思っている方が良い。

ゴルフGTIのDSGは6速タイプ。パドルシフト付き変速レスポンス自体のフィーリングはまさに電光石火の素早さですばらしい事この上なし。これでシフトダウン時には自動空ぶかしで回転数を合わせるのだが、ショックもなくビックリしてしまう。けっこう正確に回転を合わせてくれる(たまにずれる)。
5型ゴルフ(ゴルフ5)との比較では、空ぶかしのパンパンいう音が気にならなくなった。

発進時には多少違和感を感じるときもあり、ATのようにスムーズではなく、また本来のMTのようにシフトチェンジ時の快感も薄い。ギクシャク感もコントロールしにくい。だけど低価格車においては、またスポーティなキャラクターのクルマでは、現時点では最高の自動変速ミッションだと筆者は思う。
滑らかに加速できる多段ATが味わえる小型車は現状BMWの1シリーズくらい。こちらはコンパクト最強の8AT。質感あるのはDSGより8ATで、市街地で扱いやすさやスムーズさなど日本の道では大きなアドバンテージとなるはず。

試乗:足回りについて

足回りはさすが欧州車、高いだけの事はあるといえる。シャシーとサスペンションこそゴルフの最大の長所であり特徴。GTIということでサスはけっこう硬め。想像する限りバネはけっこうの硬さを持っていそうだ。

しかしただ硬いだけでなく、サスペンションが大きくストロークする。ちょっとした段差でもショックが上下する上、フワフワはしない。これはショックアブソーバーの質感の高さを感じる。そしてボディの剛性感も高そうで、片輪だけバンプした場合でもサスペンションの路面追従性は高い
けっこうなボコボコを通過しても、ボディはフラットだし、ストロークはあるし、嫌な音もでないし、急にロードノイズが高まることもない。たとえ時速100キロでも、安心して段差を通過出来る。

試乗時にはリアシートにも座ったが、リアサスが硬いためリアシートの方がきつい。ドタバタと跳ねないで上下にストロークする足回り。振動は伝わってこないが、人間はけっこう上下に揺すられる。胃をシェイクされているようだ。ストロークが長いということは、振動はない代わりに揺すられるといってもいいかもしれない

語弊を恐れずにいえば、「V36スカイライン」が似たようなストロークをする。

静粛性

6型ゴルフの静粛性はかなり高い。Cセグメントの実用車にここまでの静粛性はいるのか?過剰といわれればそんな気もするほど。国産250万円クラスといい勝負ができる静粛性を持っている。
具体的には遮音機能を持つフロントウインドーや、ドアウインドーの厚みを増して遮音しているらしいが、やはり風切り音など耳障りな中高音はシャットアウトされていて快適。

リアシートに座れば、ロードノイズはそれなりに残っており、日本で同価格のマークXやクラウンクラスからすれば、ゴルフは下からの音が気になるといわれるらしい。マフラーからの音も同乗者にとってはすごく不快

試乗:ステアリング&アクセル&ブレーキ

ゴルフのステアリング、アクセル、ブレーキ、全てが重く、剛性感ある作り。このあたりは乗ればすぐ、いいもの感を感じられる。
ステアリングフィールは重めかつ、支持部がかっちりしている印象だから、フィーリングは悪くない。路面の様子もステアリングを通して感じられる。どっちかっていえばスポーティクーペのようで、ダルな印象もなし。ステアリングも握りやすい形状と本革が好ましい。アイドリング時に多少振動があるのは唯一の減点評価。

アクセルペダルはサイズ大きく、オルガン式。アクセル開度が大きくなる場面ではオルガン式はやはり操作しやすく、これでないと全開走行はできないとさえ感じる。
ペダルには多くの滑り止めが付いている。アクセルペダルに限っていえば、滑ってくれた方が操作しやすいのだが、オルガン式ならたいした問題にならなそうだ。

ブレーキはペダルは奥にストロークしていくが剛性感高く、踏み力もやや重め。フィーリングとしては、ヨーロッパ車らしく初期でカクンと強めにブレーキが効く。リリース時も最後はガキンと食いつく。
それでも運転していれば慣れちゃう範囲かな。ゴルフに乗り始めはペダルが重いのもあり微調整しにくいと感じるが、ハイブリッド車のような0か1かではないので、ちょっと慣れればスムーズに減速できる。

ブレーキ初期の効きに関しては好みの問題。では強めにブレーキを踏んだときは?踏み込んだ先でのコントロール性は良い。ある程度強くブレーキを踏む場面や、時速80キロくらい以上からのブレーキング時には、チカラの入れ加減で細かい調整が可能。
具体的には、ブレーキをもう少し強く(弱く)効かせたいと思ったときに、この少しの調整がやりやすい。個人的には初期の感触は嫌いだが、それ以外は良いブレーキだと思う。

ドライビングポジション

左ハンドルがベースの欧州車の場合、ドライビングポジションが気になるところ。ゴルフでは、シートはボディのかなり内側に配置されている。そして多分真正面にステアリングがある。細かなずれはわからない。

アクセルペダルはホイールハウスの内側に設置されるため、国産車よりは内側になる。ゴルフの場合は右足の真正面くらいの位置に来る。


参考:FIATのペダル位置はこんな感じ。

写真下のシルバーのペダルがアクセルペダル。ハンドルの中心部にかなり近い。国産車と乗り換えた際はペダルの踏み間違いにご注意を。

FIAT「500」試乗レポート

ユーロ安でお得なキャンペーン

円高ユーロ安、外車を買うならまたとない機会。こんな状況でも外車は標準価格は変わらず高いので、値引きや下取り価格の上乗せ、お得キャンペーンでユーザーは安く買うカタチになります。

VWだけでなく、BMWも値引きの大きさは有名で、状況によってはメルセデスベンツだって良い条件を引き出せるらしいですが、なんといっても馬鹿正直に買い物に行っては、美味しい条件はでません。国産車を買うように、条件が良ければ買うという姿勢や何かしらのテクニックを活用しなければ、自分だけが損をしてしまいます。

ちなみに正規ディーラーで頂いた初回見積もりでは、値引きは15万円。
「厳しいね」と伝えればここからスタートです、と。
また下取り車は買い取り業者に出す予定と伝えれば、同額でいける可能性がけっこう高いというハナシ。

それから重要なのがキャンペーン。ゴルフの場合には、購入サポート10万円とか、純正ナビゲーションをプレゼントとかやっています。これだけで30万円〜40万円分のお得になります。

VW ゴルフ6

フォルクスワーゲン

Golf-6 (ゴルフ6型)

  • 試乗グレード:“GTI”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2012年
  • 価格:368万円

エンジン概要

  • 排気量:2000cc+ターボ
  • エンジン : 4気筒CCZ

その他概要

  • ボディサイズ:4210/1790/1460mm
  • 車重:
  • 型式:1KCCZ
  • 発売開始時期:2009年4月〜
  • 新車時価格帯:249〜505万円
当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
パッケージング 5段階評価
お買い得度 5段階評価


シフトパネル・シフトセレクターの操作感はチープ。スムーズとは言えない。高級マウスとか高級キーボードのような触って感じる良質な質感が欲しい。


エアコン操作部と表示部の間にオーディオ関連のスイッチが付く。
ロータリースイッチの回し心地は非常にチープ。VWのそれは自動車業界ぶっちぎりの低品質感。100円均一のラジオを想像して下さい。
ワンプッシュでoffに出来るのは親切設計。


大きなサイズのオルガン式アクセルペダル。踏み心地もスムーズ。着座位置低めでも高めでも踏みやすいが、ここまでの滑り止めは入らない。
アクセルペダルは滑り止めが効いてこれが運転しにくい。ゴルフだからっていいとこばかりじゃないのは残念。


伝統のチェック柄。伝統があっても、なんちゃってバーバリー風に見えてしまう。イヤなら本革シートをチョイス。


自動防眩ミラーが標準装備。欧州車では自動防眩ミラーは必須の装備となりつつある。


GTIにはパドルシフトが付く。操作感は特別良いモノではない。


瞬間燃費、平均燃費、外気温度などを表示することができる。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。