ザ・ビートル・ターボ/P2・エンジンやミッション、ブレーキ

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2015年記事 ザ・ビートル・ターボ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

VW ビートル・試乗インプレ「2」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページ試乗車は、VW(フォルクスワーゲン)のビートル(16CPL)。グレードは「ターボ」。通称「ザ・ビートル」と呼ばれるビートルに追加された2000ccエンジン搭載車。
比較と評価は、筆者が現在日常的に利用しているVWシロッコRや5型、6型ゴルフを始め、7型ゴルフRやポロGTIあたりを対象に。前ページからの続きになります。

当ページは2ページ目です。「エンジンやミッション、ブレーキ」などを掲載中。


  1. 分割page - ビートル・ターボ「1-1」・概要と快適性(乗り心地等)
  2. このpage - ビートル・ターボ「1-2」・エンジンやミッション
  3. 分割page - ビートル・ターボ「1-3」・走行感覚と室内質感等
ザ・ビートル内装1ザ・ビートル内装2
VW
  • グレード:“ターボ”
  • 型式:16cpL
  • 車両価格:370万円
  • デビュー年:2013年10月(追加)

試乗:エンジンやミッション

室内・リア側から

ザ・ビートル、今回のターボというグレードには2000ccターボに6速DSGが組み合わせられる。ゴルフGTIを始め、VW車の上級グレードでよくあるお馴染みの組み合わせ。このグレードの目玉はやっぱりこのエンジンとミッション。

エンジンの特性や加速力

エンジン型式は「 CPL 」という型式でカタログスペックは211馬力&28.6キロ。記憶が正しければ同世代のゴルフやシロッコなどより前の世代のスペックだと思う。

エンジン試乗してみれば、たかが210馬力と想像するより、力強い加速をしてくれる。VWがウリにするフラットトルクは適切なエンジン回転数を保ってさえいれば、なるほど納得。

加速力を文章で説明するのは難しいが例えてみると、クセになるほどの速さはない。適切なギヤと適切なエンジン回転数、つまり2速か3速で2500回転が保たれていれば、3000ccクラスになれた方でも「加速力」に不満はでないと思う。
シフトチェンジは早めだしアクセルのツキを重視した感覚だから、大排気量車のようなゆったり感はないよ。最大加速力が近いというだけ。

特性としてはやはりフラットトルク感が強い。極低回転を除き、回転数によるアクセルレスポンスの変化は小さい。加速力自体はやはり高回転の方が優れており、踏んでいくと高回転に差し掛かったアタリでトルクステアも伝わってくる。

トルクステアを感じてしまうと、どうしても安物らしい印象を受けてしまう。しかし国産のFFターボ車だと、全開ならいつでもトルクステアなんて車種もあったからね、これは適度な味付けと思うしかない。210馬力で235幅のタイヤを履いて、電子制御デフが付いて、それで気になるほどのトルクステアがでるなんて、ワザと味付けしたと思いたい。
気になるなら他車を選択した方が賢明。ビートルターボの予算ならいろいろ選べる。

エンジンの質感、比較と評価

質感についての評価はほどほど。国産4気筒と比較すれば問題なしだけど、同時期に発売されてるVWの兄弟車と比較すれば分が悪い。

VW内で似たようなエンジンを積むゴルフ等と比較すればこんな感じ。
7型ゴルフR >>>>>>> シロッコR >>>>> 6型ゴルフGTI > ザ・ビートルターボ
後は忘れました。

プッシュスタートスイッチやっぱりね、「R」ってついた方が煮詰めとか調整とか情熱がプラスされ、ドライバビリティとか含め良くなるみたい。質感を気にするなら「R」を選ばなきゃダメかも。ビートルRなんて出ちゃうのか??

ザ・ビートルターボはエンジンマウントが固く、ピリピリした領域でも揺れはあんまり感じない。でも振動は結構伝わってくる。7型ゴルフRだったらもっとコントローラブルだし、揺れも振動も伝わってこないし、エンジンかエンジンマウントに差を感じる。

なお、「N」レンジで空ぶかしを試みれば、ものすごくもっさりしたフィールになるので、なんらかの制御が入る模様。このフケをアクセルレスポンスと勘違いしちゃダメ。また同じようなコンポーネンツを持つシロッコRでは全開アクセレーションを数回味わうと、「D」レンジに入らなくなる制御まで装備されてる。ご注意下さい。

スロットル特性についてやドライバビリティについては後述。

ミッション、DSGについて

DSGシフトセレクター

6速DSGは相変わらずシャープ。変速やつながりを重視した印象。早開きなスロットル特性とか含め、きっちり5型6型世代の6速DSG。滑らかに運転するには神経を使うので、コンフォート性能にはちと乏しい。

しかし、出たての頃のDSGと比較すれば、かなりマイルドになった。変速タイミングも納得できる方向に変わってきた。平坦な道での発進時はそれほど気を遣うことはないし、加速途中のシフトアップだってなんら不快じゃない。ココに関しては3ペダルMTじゃ逆立ちしてもマネ出来ず。

気になるのは2段3段飛ばしでシフトダウンし、加速をしたいシチュエーション。それなりに踏み込まないとキックダウンの制御に入らないため、その踏み込み量で加速を始めた際の変化がものすごく気になる。加えて、クラッチが切れてるような状態がけっこう長い!ハラハラしながら待つ。
こんな時、CVTだったら加速を始めながら変速もこなすよ。

巡航中からの再加速時とか、交差点からの立ち上がり、信号変わりそうなのでフル加速なんて時に不快なショックや唐突なアクセルレスポンスの変化などが気になる。多少マイルドになったとはいえ、ここは相変わらずダメダメ

エンジン質感同様、近いコンポーネンツの他車と比較してみる

DSGの扱いやすさや「D」レンジでの滑らかな走りやすさ。

7型ゴルフR >>>>>>>>>>>>>>>> ザ・ビートルターボ >>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> ゴルフやポロの1200cc >> シロッコR

シロッコRに女性をお招きすると、金縛りで足をつる夜も本当にある!だから完全な2ペダルMTで運転しなきゃいけない。

なお、シフトセレクターを操作するフィーリングは、圧倒的にシロッコRが1番。だから満点が選べないのがカナシイ。

DSGの乗り味についてはVWの各車でいろいろ述べてます
ザ・ビートル内装3ザ・ビートル(ターボ)のメーター

ブレーキの特性や操作性はまずまず

ペダル

ブレーキ、ブレーキはこの手の輸入車、特にドイツ車としてはなかなか扱いやすい

例えばゴルフRやゴルフGTI、少し古いBMW、初期の制動力が強すぎる。慣れの問題といってもやっぱり無意識に神経を使って疲労がたまる。そういえば7型ゴルフGTIなんて、相変わらず食いつき重視のブレーキ特性だったりする。

過敏や唐突なのには断固反対!アバルトの煮詰めを見習って下さい!

ということでビートルターボのブレーキ。国産車から乗り換えてもそんなに違和感がない。ジワッとした丁寧な操作にも応えてくれる。ブレーキをリリースする時はちょっと気になる部分もあるけれど、ショックアブソーバーの伸び側減衰力がサポートしてくれる。頼りがいがあるほど減衰力を感じられるのは気持ち良い。
市街地でも郊外でも、単なる移動時もデート時も、ドコを走るにしたって思い通りに操れるブレーキは一番に評価したいポイントだと考えます。

VW ザ・ビートル

フォルクスワーゲン

beetle (ザ・ビートル)

  • 試乗グレード:“ターボ”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2014年
  • 価格:370万円

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届けさせて頂きます。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






ペダルレイアウトは5型6型と同じよう。オルガン式ペダルもそう。


長押しが必要なプッシュスタートボタン。


センターのカップホルダーはフタがないタイプ。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。