ウィッシュ(20系)「P1」自動車比較・エンジン&CVT、内装

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2011年記事 トヨタ ウィッシュ
著:ヒラリー男爵)

トヨタ
  • グレード:“1.8X HID-SE”
  • 型式:ZNE20G
  • 車両価格:190万円
  • デビュー年:-

WISH 試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは、2代目と進化したトヨタ・ウィッシュ(ZNE20系)の試乗レポート。グレードは「1.8X HIDセレクション」
5ナンバーサイズの7人乗りコンパクトミニバンがウィッシュ。2代目に進化といっても車体ベースは初代と一緒。運転した感覚の安っぽさもほとんど一緒。しかしそれでいながら装備は充実、燃費も良くなり、外観は価格以上に高級感を感じさせるデザインへと進化。お得感は一段アップ。そんな2代目ウィッシュの試乗評価です。


  1. このpage - ウィッシュ試乗「1-1」・内装、エンジン&CVT
  2. 分割page - ウィッシュ試乗「1-2」・静粛性や乗り心地、ハンドリング
  3. 分割page - ウィッシュ試乗「1-3」・燃費や購入してわかった点
  4. 分割page - ウィッシュ試乗「1-4」・プレマシーやプリウスなどライバル比較

2011年式・中期モデルのこのウィッシュは筆者ヒラリー男爵が購入して2年で約7000kmを走行。
現在、無事に目的を完了し、売却が完了しました。

ウィッシュの内装1ウィッシュの内装2

コストパフォーマンスに優れたウィッシュ

ウィッシュのヘッドライト2代目となるウィッシュはベースや足回りは初代とほぼ一緒。その分、装備に対するコストパフォーマンスは群を抜くお得さを誇ります。
1800ccの特別仕様車となる「X・HIDセレクション」は車両価格188万円で横滑り防止装置、サイド&カーテンエアバッグ、ディスチャージヘッドライトが標準。もちろん本皮巻きハンドルにオートエアコン。1クラス下のコンパクトカーと比較しても、単純にお得感で比較すればかなり優位に立つ装備内容を持ちます。

クルマの基本的な内容と質感は先代ウィッシュと同様で、非常に低レベル。決してほめられるモノではありません。しかし外観デザインはグッと高級感を増し、大人でも満足できるデザインに。シンプルでシャープ、その中に都会的なイメージのディテールが組み合わされ、100万円台後半〜という安価な車両価格を感じさせない点が嬉しい。
年齢的なイメージでは、先代ウィッシュが20歳代限定だとすれば、このウィッシュは30代でも乗れ、おまけに若々しいイメージまで付いてくるかもしれません。

トヨタの中でウィッシュのポジションといえば、コンパクトでワゴンのように使えるローハイト(ロールーフ)ミニバン。コンパクトミニバンとも呼ばれます。ライバルはストリーム、プレマシー、ラフェスタと、コンパクトカーの全長を長くしたようなクルマが揃います。従来のステーションワゴンの代わりとしてラインナップされているジャンルでもあります。

出費は最小限、より高級に見えるエクステリア

燃費よく、タイヤも安価なサイズ、自動車税も比較的安い。ウィッシュの総合的な維持費は安く、装備やボディサイズの割に車両価格が安い。そんなコストパフォーマンスが重視された車種でありつつ、エクステリアのデザインは質感重視。価格より高級に見えるのが素晴らしい。トヨタの商品企画って流石ね。

試乗:インテリア(内装)

ウィッシュのメーター(オレンジ)インパネ

このクラスのコンパクトミニバンに内装の質感どうこうという話は論外。そこを求めたら楽しい買い物はできません

それでも気になるのは小さめのシートと、傷が目立ちやすい固いインストゥメンタルパネル。さらにはメーターパネル。
なかでもメーターに関してはご覧の通り。これはもう、軽自動車レベルかそれ以下でしょう!このオレンジのバックライトは最廉価グレード特有のタイプですが、割高になってしまうスポーティグレードでもブルー系バックライトに変わるだけ。車格にあったメーターを求めれば、2000ccモデルを選択するしかありません。こちらは自発光式メーターとかオプティトロンメーターと呼ばれるタイプになります。

内装の見せ方がうまいといわれるトヨタ車ですが、ウィッシュに関しては車室内に入った瞬間の満足感はありません。

2列目3列目、リアシートに関して

ウィッシュの2列目シート

2列目シート、前後方向はそれなりに十分な広さが確保されています。1列目より1段高くなっており、フロントシートのシートバックも目障りではありません。

シート座面の高さは、チャイルドシートを付けて子供を乗せるのにちょうど良い高さ。低すぎるのも高すぎるのも面倒くささを感じちゃうでしょう?スライドドアじゃないですがパパさんママさんラクチンです。
そしてステップ部分の高さだってちょうど良いアスレチックジム。3歳にもなれば喜んで一人で入っていって、勝手に座ります。

ハイト系ミニバンなどと比較してもしなくても、この座らせやすさは便利です。しかしあちらにはスライドドアという強力な武器が。一長一短なのでお好みで選べる部分ですね。

ウィッシュにゴルフバッグ積載

ウィッシュの3列目シートは噂の通りタイトですが、ストリームやアイシスなどライバルも同様。プレマシーなんかはもっと狭い。3列目はオマケということで、けっして大人が座れると考えてはいけません。3列目を日常的に利用したければどうしてもアルファードかエルグランドクラスになってしまいます。

ウィッシュは5人乗りワゴン、これが正解。まずまず広いラゲッジルームが確保できます。ラゲッジには、ゴルフバッグの横積みも可能!

2代目ウィッシュに試乗:エンジンとCVT

筆者はこのウィッシュ、購入前に「1.8S」と「1.8X」に合わせて100kmほど試乗。自分のよく走るコースを試乗しました。(その後、1.8Xは5000キロほど走行)。
まずはエンジン、新しくなったパワーユニットはバルブマチックという仕様で、エンジン型式は「2ZR」。電子制御の領域が今まで以上に増えています。これによりパワーも燃費も10%アップということで、踏めばしっかりパワフル。普通のトヨタのエンジンと比較すれば、多少は高回転も回ります。

弱点もある。それは電子制御スロットルによる補正やレスポンス。フライバイワイヤとなるアクセルペダルは、踏んだ量とスロットル開度が一致しないような違和感あり。速いと錯覚する場面があったり、アクセルを戻してもすぐに減速してくれないなどレスポンスは今ひとつ。微調整もやりにくい。空ぶかしなんて、アクセル開度一定でも回転数が大きく変動しちゃう。
しかしこの電子制御スロットルの違和感、ウィッシュより早くデビューした初代オーリスと比較すれば全然良くなっている。もっともっと進化に期待。

3000回転以上は厳しいエンジン

エンジンルーム通常走行をしている分には、非常に低回転を保ってくれるウィッシュのCVTミッション。そしてゆっくり加速するときにもだいたい2500回転以下で走れる。排気量は小さいのに意外にもジェントルな味付けで好印象。
エンジンが低回転で回っている時は4気筒エンジンとして大きな不満はなし。それどころかアイドリング時のエンジン音など、室内にいれば競合他車より十分静か

このエンジン不快だと感じるのは、その上の回転数。上り坂や中間加速出使用する領域。3000回転付近から急に振動と騒音が高まる。

  • 3000回転〜4000回転をキープして走ると、シートからもフットレストからも壮大が振動が伝わってくる。
  • 助手席の人からも、お尻がしびれそう、なんてクレームが。
  • さらにノイジーでノイジーで頭痛くなりそうなチープでガサツなエンジン音。

古い実用エンジンと比較すれば、確かに上まで回るようにはなった。しかし同じトヨタの旧型エンジン3S-Gと比較しても、振動の量はかなり多いと言わざるを得ません!
これ、エンジンだけ比較すればホンダやマツダのエンジンの方が断然快適。

ただしそこはトヨタ車、実用性というか実用的な加速性能はだいたいライバル以上。質感だけみればダメダメなウィッシュのエンジンも、加速力という面では速い速い。1800ccでこれなら文句なし!1800ccの割には結構速いから速度はでる。バルブマチックの効果か?)

CVTの感触やキャラクター

シフトセレクターウィッシュのCVT、回転だけ先に上がって、回転数キープで速度が上がるタイプではなく、新しいタイプの制御。スピードと回転数をほどよくバランスを取ってくれる。時速140キロくらいまでなら、同じ回転数をキープし続けるような場合には、今のところ出会ってない。

とはいっても、急加速をしようとすれば、やはり回転だけ先に上がる傾向は強い。タイヤがホイールスピンしているような感じ。筆者はクセで思わずアクセル緩めちゃう。この時がCVTで一番ストレスがたまる。
(この点に関しては、できが良いCVTといえばトヨタが圧倒だが、ホンダのCVTの方がもう少し自然。オマケで言うと電動パワステではホンダの方がかなり自然。ここはウィッシュとストリームを比較するなら重要な部分。)

CVTは全グレード標準で「疑似7速モード」付き。固定できる使えるCVTギヤ比?は結構高速型だから、時速100キロ以下で遊ぶという使い方ではどうも今ひとつしっくりこない。変速してくれない事もしばしば。もっと良いペースで走ってよってことなの?所詮1800ccなので低速で遊ばせて欲しいモノ。これからの煮詰めに期待します。

CVTは走りにくい??

CVTはタイヤの回転数とエンジンの回転数に違和感を感じる。この違和感が大きいほど、不快な制御のCVT。
筆者はこのウィッシュを5000キロ以上運転したが、一発のアクセル開度で、希望の加速力で希望の速度に持っていけないことが多々ある。発進の度にアクセルペダル微調整、みたいな。

それでもトータルで比較すれば、トヨタ・日産・スバルの小排気量車で、ウィッシュのCVT制御は意外と良い方です。ecoモードにしているとさらによし!

試乗:ステアフィーリング

ステアリングウィッシュのステアリング感覚はなかなか貴重な感覚。フィーリングは軽い重いでいえば重めで、条件によってはFF車らしい戻り反力も強い。
ステアリングの口径は正確に測ったわけではないが純正品としてはかなり小さめ。そして下がカットされたDシェイプ。

ステアリングが小さめで重めのクルマならけっこうある。でもウィッシュは回すときのフィーリングが特徴的。よく言えばとてもスムーズで路面からの影響を受けない。滑らかに回って振動も感じないステアリング
ガタガタ道でも振動を感じない。ハンドルが揺すられることもない。重いけれど引っかかりもざらつきもなく変な手応えを感じることもないウルトラスムーズなフィーリング。
(高級車の感覚とはちょっと違います)。

しかしこのフィーリング、悪く言えば人工的。人によっては違和感を感じるかもしれないし、クルマの運転で楽しさを感じる方は不満を抱くかも。多分コレは、路面からのインフォメーションの不足。それによってクルマ全体が思い通りに走ってくれない感覚とかまっすぐ走ってくれない感覚を感じる。(ステアリングインフォメーションについては後述)。

試乗してこの感覚を気に入れば文句なし。ただディーラーでは通常、短時間の試乗になるので、ここを意識してしていないと買ってから後悔する可能性もあります。

キーワードはコレです!ウィッシュを試乗するならハンドルのフィールを意識してチェック!

トヨタ ウィッシュ (2代目)

トヨタ

WISH (ウィッシュ)

  • テストグレード:“1.8X HIDセレクション”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2011y
  • 型式:ZNE20G
  • 新車時価格:190万円

エンジン概要

  • 排気量:1800cc
  • エンジン型式:2ZR-FAE

その他概要

  • ボディサイズ:4590/1695/1590mm
  • 車重:1340kg
  • 新車時価格帯:184万円〜

車両型式

  • ZGE20G - 1800cc
  • ZGE20W - 1800cc 3ナンバー
  • ZGE25G - 1800cc 4WD
  • ZGE21G - 2000cc
  • ZGE22W - 2000cc 3ナンバー
当記事は「ヒラリー」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ウィッシュのバッテリー適合詳細


ウィッシュ (前期)

ZGE20G - 2ZR 1800cc 2009年〜
46B24L

ウィッシュ (後期)

ZGE20G - 3ZR 1800cc 2012年〜
55D23L

寒冷地仕様は55D23L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

ガサツ&振動大きすぎ。ただしパワーはあるから星1個おまけ。

駆動系質感 5段階評価

加速感は十分。出だしを覗けばCVTの中ではマシな部類。

足回りの質感 5段階評価

慣れれば誰でも走りやすいと思うんだけど。

内装の質感 5段階評価

軽自動車レベル。文句なしの全会一致。

外装の質感 5段階評価

実際の車両価格より高そうじゃない?

快適性 5段階評価

アイドリング時はライバルより静かだけど、走ると実はバン風。

お買い得度 5段階評価

安全装備やHIDまで問題なしの装備、そしてこのボディサイズが190万円弱で買える。



インパネ助手席前はフタを付けることが出来る。このフタは純正オプションで価格1万円以上する。中に入るモノといえば、タバコにライター、ポケットティッシュ・・・。
凹んでいる部分に両面テープで固定している。


ドリンクホルダー以外使い道がないセンターコンソール。外すのはボルト2本。DIYのやる気を起こしてくれる。
下の画像はオーディオ機能を備えたセンターコンソール?

ウィッシュの2列目シート


シフトセレクターはゲート式。操作フィーリングはこのクラスとしては良好。節度感あるけど渋すぎない。動作音もまずまず。


エンジン部分にはカバー付き。立派に見える方だけど、できれば全面にカバーが欲しい。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。