ヴィッツ自動車比較P2/フィットと比較、総評

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2006年記事 トヨタ ヴィッツ2代目
著:ヒラリー)

トヨタ
  • グレード:“1.3F”
  • 型式:SCP90
  • 車両価格:115万円
  • デビュー年:2005年2月

トヨタ・ヴィッツ・試乗インプレ「2」

今回の辛口比較・評価評論の試乗レポートは、2代目ヴィッツ(90系)グレード「1.3F」。一部RS(5MT)を含みます。

当ページは2ページ目です。 「ライバル、フィットと比較、総評」などを掲載中。


  1. 分割page - 2代目ヴィッツ試乗「1-1」・概要とエンジン、走行感覚
  2. このpage - 2代目ヴィッツ試乗「1-2」・フィットと比較、総評

※次のモデル、3代目ヴィッツはこちら。130系ヴィッツ試乗レポート

フィットの乗り心地と比較すると・・・

豊田2代目フィットの走行感覚を思い出してみる。フィットの方が速度が上がった時の安心感やしっかり感は上。これはボディサイズも含めて。
反面、フィットの足回りは固い。耐えられないほどではないですが、コンパクトカーらしい柔らかめな乗り心地をイメージするとやっぱり固い。ホンダらしいね。

ヴィッツの方は、街乗りから低速で走ることが多い方に最適。足回り柔らかめで当たりも柔らか。そして軽快感もある。気軽に使えるコンパクトカーとしてヴィッツ優勢。ショックアブソーバーの関係でピョコピョコする感じも残りますが、ゆったり乗るならフィットより快適だと思われます。

こんな感じなので近距離のお買い物とかメインの使用ならヴィッツ。逆にペースが速い時もある通勤とか、長距離ドライブに利用するとか、リアシートを使うこともあるならフィット。あちこち固めが良い方向に効いてくる。

長距離使うならフィットの勝ち。ゆっくりドライブするならヴィッツの勝ち
ただし、どちらも納得できない乗り味です。これなら軽自動車で充分。
軽自動車よりレベルが高いことこそコンパクトカーの存在意義。それならデミオかスイフトをおすすめ。

参考:初代フィットの試乗レポート

参考:2代目フィットの試乗レポート

ちなみに、乗り込んだときの質感はフィットがリード。シートが違います。フロントシートの座面とシートバックの大きさもフィットの勝ち。男性が通勤で利用されるならフィットがいいというのは、この点も大きい。

ヴィッツの場合は乗った瞬間からいかにもコンパクトカー。そもそも運転の前に荷物を入れようとして、狭すぎるラゲッジやリアシートスペースを見たときに、寂しい気持ちになってしまうかもしれません。

いくらヴィッツの乗り心地が気に入っても、シートの沈み具合によって乗り心地は変わります。乗車している時間によってお尻が沈み込み、リアルタイムに乗り味は変化。ヴィッツに限ったことではありません。
こういった点が気になるなら、乗り心地も嫌に思えてくるものだから不思議です。

こんな考え方も・・・

クルマの評価と矛盾してしまいますが、確かにフィットは内容はいいです。安いし広いし欠点もない。でもエクステリアのデザインはちょっと気に入らない。
フィットのようなこういうクルマって、結局、上級のクルマが買えないから、安くてオトクだからの魅力。もっと広いクルマはいくらでもあるけど、高いから買わない。
でも、無理して広いよりも余裕があって広い方がいいんです。無理して走りのレベルを追求しても、上のクラスのクルマにはかなわないんです。

それならば、割り切って買えるヴィッツの方が幸せ。狭くたっていいんです。コンパクトカーなんですから。外観デザインが気に入ったからヴィッツを選択する。とても優雅な考え方だと思います。そもそも、近所のお買い物など用途を絞っているから使いやすい。コンパクトカーらしさって凄く重要。

そして、多少なりともフィットより安く買えて浮いたお金で、旅行でも行くとさらに幸せです。
こんな考え方も全然ありだと思います。

こうしたトヨタ・コンパクトカーの特徴が一段高いレベルでさらにレベルアップした今の時代のコンパクトカー。それが2代目ヴィッツ。トヨタのイメージ、ブランド感はこの車でまた上がったと思います。

初代ヴィッツより大幅にレベルアップしたこの車、3年乗って売却するなら文句なしにおすすめ。

初代トヨタヴィッツ試乗感はこちらです。

ヴィッツRS、試乗するならここをチェック

ディーラーでの試乗、時間短いわ渋滞中のコースだわと、特別仲の良い店長さんでも知っていないとなかなか自由に試乗できませんよね。ほんと、怠慢に運転するだけだと、あっという間に試乗終了で購入の参考にならないなと思ったりしませんか??

ということで、どうぜヴィッツRSらしく走れない試乗コースだろうから、最低限チェックしてみてもらいたいポイントを書き上げてみます。

  • タコメーターが遠い。瞬間的に感覚的にエンジン回転数という情報を確保できるか。
  • 助手席下にパンタグラフジャッキが格納される。リアシートに乗られる方が足が気にならないかチェック。リアに人を乗せないなら問題なし。
  • ペラペラなシートとなんちゃってレベルのホールド感。コーナーでは左足で強く踏ん張る必要がある。このあたりのチェック。
  • 足下クラッチペダル周辺が狭め(FR車よりは広い)。ヴィッツRSの担当だった当サイト「元自動車整備士」の足は28センチ以上のサイズ。このレベルの方は要チェック。

乗って良いと感じた点は、パワーウインドのスイッチ配置、ドライビングに集中していても操作できる。またマニュアルトランスミッションは回転数関係なくグニャグニャ入る実用車系MT。エンジン回転数なんか気にしなくたってとりあえずギヤチェンジできる。

大きな欠点、それはどんな道でも全くストロークしないサスペンション。これだけで購入する気持ちは失せてしまいます。軽いボディに動かない足。大昔のスポーティ感と評価させていただきます。洗練度というより「かたきゃいいだろ」的な昔ながらのわかりやすいキャラクターです。

部品点数の少なさからコストダウンは感じられるが、デザインは凝っている。コンパクトカーとしては質感もまずまず。

ヴィッツ試乗、評価総合

2代目ヴィッツ、3気筒1000ccのエンジンが厳しいのはわかった。快適性は高いのはわかった。ではトータルだと?

トータルで評価すれば、うーん惜しい。嫌な意味ではなくて、いい意味で惜しい。乗り心地、例えばもう少しショックアブソーバーのフリクションがなければ、コンパクトカーベストバランスで、ついに乗り心地の面でもひとクラス上のクルマに近づきそうなのに。

そうはいっても、小さな車体で車両価格も安い、そしてメインはご近所のお買い物車。コンパクトカーの立ち位置を忘れず背伸びしていないのが好印象
サスペンションを安易に固くせず、柔らかめの足の方向で質をアップしたのは、大きく評価。そのバランスも、個人的にいいセッティングだと感じます。
(渋いショックアブソーバーだけなんとかして)

トヨタ ヴィッツ (2代目)

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • テストグレード:“1.3F”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2005y
  • 新車時価格:115万円

エンジン概要

  • 排気量:1300cc
  • エンジン型式:2SZ-FE

その他概要

  • 型式:SCP90
  • ボディサイズ:3750/1695/1520mm
  • 車重:980kg
  • 発売時期:2005年2月〜2010年10月
  • 新車時価格帯:105〜163万円

車両型式

  • KSP90 - 1000cc
  • SCP90 - 1300cc
  • NCP91 - 1500cc
  • NCP95 - 4WD
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。