ヴィッツ自動車比較P1・辛口評価と評論・記事

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2006年記事 トヨタ ヴィッツ2代目
著:ヒラリー)

トヨタ
  • グレード:“1.3F”
  • 型式:SCP90
  • 車両価格:115万円
  • デビュー年:2005年2月

ヴィッツ・試乗インプレッション「1」

今回の辛口比較・評価評論の試乗レポートは、2代目ヴィッツ(90系)グレード「1.3F」。一部RS(5MT)を含みます。
好評だった初代ヴィッツを超えるためにトヨタが巨額をつぎ込んで開発したらしいこの車、内外デザインはしっかりレベルアップ。特に内装は質感アップして落ち着き感も備えてきました。だから大人でも乗れるデザイン。快適性やライバル比較など試乗感をお伝えします。

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴です。評論家が口に出来ないような点を強調して記載しています。


  1. このpage - 2代目ヴィッツ試乗「1-1」・概要とエンジン、走行感覚
  2. 分割page - 2代目ヴィッツ試乗「1-2」・フィットと比較、総評

※次のモデル、3代目ヴィッツはこちら。130系ヴィッツ試乗レポート

サイズアップした2代目ヴィッツ

ヴィッツ、世界で発売されるみたいですが、日本で最大のライバルといえばもちろんフィット。

ヨーロッパでもフィットとライバル関係ということで、今回のヴィッツはかなりサイズアップしました。先代比較で全長が10cm以上も伸びています。
(ただしヴィッツにしてはという前提付きでのサイズアップなのは内緒)。

ライバルのフィットと比較すると、まだフィットとは大きな差があります。横幅が5ナンバーいっぱいになった現在のコンパクトカー。全長が短いのはトヨタならではの上下関係?車格の問題??ですか。
トヨタにはカローラという越えられない壁があるからか軽自動車のポジションも兼ねるからなのか。フィットと比較すると全長は13cmほど短い

ということで2代目になってもヴィッツには、狭いリアシートに狭いラゲッジスペースに大きなハンデがあります。ラゲッジ、どれくらい狭いかといえば、奥行きはフィットの半分くらい・・・。

1000ccエンジンは3気筒に

今回のヴィッツ、1000ccのエンジンは3気筒になりました。3気筒でももちろんできが良ければいいんですけれども、コレはちょっと・・・。ちょっとの意味、試乗すれば誰でもわかると思います。
購入される方はぜひとも1300ccの4気筒モデルをお薦めします。新車時の価格差は10万円程度ですし、下取りで元が取れるかもしれません。

ヴィッツの3気筒1000cc、このエンジンは厳しい。試乗すれば誰でもそう感じると思います。質感なんて完全無視。「燃費と安さと極端なガマン」がキーワード。まるで1世紀前にタイムスリップしたような感覚を覚えます。

大きな欠点といえる3気筒エンジン、少し安いからといって買ってしまうと、多分後悔することになりそう。だって、うるさいし振動も多い。この3気筒エンジンに乗って、個人的にヒジョーにショックでした。街中の試乗でもあきらかにちょっと・・・。
全くジョークのようなこのエンジン、売れ行きが見物です。

ちなみに4気筒エンジン搭載モデルとの価格差は5万円〜10万円。維持費の面では排気量の関係で自動車税が5000円/年の差があり、多少なりとも燃費の差があるかもしれない。総合すると、1000ccモデルなら1回グアム旅行に行けるくらいは安く買える
3気筒エンジンで良ければ軽自動車だって有力な選択肢です。車両価格はほぼ一緒。街中なら動力性能や静粛性の差もあまりありません。

ヴィッツの魅力

ヴィッツを実際に購入してマイカーにした場合の満足度を想像すると、新車から2,3年くらいはそれなりに満足できそうです。低価格だからヴィッツがいい。そんな価格面を考えなくても、ヴィッツのデザインが好きなら積極的に選べる、今の時代のコンパクトカーと評価できますから。

外装デザインをみても、旧型の面影を残したまま正常進化したスタイルは大人の男性だって全然恥ずかしくない。間抜けなフィットのデザインと違って自信を持って乗れます。ディテールまでちり合わせがよく、また内装をみても一部のプアなとこを除けばトータルでは質感あります。細かいとこは自分でなんとかすればホント文句ない。フロントシートのできも従来からすればレベルアップしてます。

クルマとして比較すれば、多くの部分でフィットには及びません。フィットはコンパクトカーとして反則です。カローラクラスで勝負してくれていいくらい。
ということで、売れているのはフィット。室内広々なのもフィット。
しかしヴィッツも魅力十分。マーチやスイフト、パッソ/ブーンとの比較なら十分優勢。フィットと比較しなければ、数年間の生活のお供に問題なし

でも決めるなら、一応フィットも見てからがいいと思います。また、マーチと比較すればヴィッツもぜんぜん悪くない、でも3代目マーチのデザインは放ってはおけない。そうすると、ヴィッツの順番は何番目??

ヴィッツを試乗してみると・・・

今回の試乗車は1300ccのモデル。走ってみてどうか。まずは静粛性が高い。今までのヴィッツからは2ランクアップ。これは、巡航中のエンジン回転数が低いから。速度計を見ないと速度を勘違いしちゃうかも。

乗り心地も良くなりました

足回りは少しフリクションを感じるものの、全体的にはかなりすばらしい。ダンパーがいったん動き始めれば、でこぼこを越えてもハーシュはほとんど伝わってこないで、ちょっと我慢してればいいだけ。最初のゴツンは渋いけど、柔らかいサスペンションはいなしが得意。そんなイメージ。

2代目ヴィッツになって、コンパクトカーという枠内でみればボディの剛性感も高く、嫌な音も少なくなりました。段差を越えた時やガタガタ道でのノイズも減っています。

足回りのキャラクターでいえば、ブッシュ類のチューニングを含め柔らかめ。軽くボディが上下に揺すられるため、なんだかんだいっても足元だけがスルスル動いている様な”感じ”を受けます。
フリクションを感じるのにスルスル?これもおかしな話ですが、サスペンションが柔らかいから粗が目立たない。またフリクションによって動きが落ち着いている感もある。

まとめれば、コンパクトカーとしては十分な乗り心地ということ。コンパクトカーに適した柔らかい乗り味。比較しなければこれで十分。ただしたまに上級なクルマに乗ってからヴィッツにもどると、渋さを感じると思います。

追記:3代目スイフトの標準グレードには全く歯が立ちません。

入力が強いとストローク大きめ

ちょっと速度を上げて走り、入力を強めにすると、大きくピッチングしたりヨーイングが立ち上がります。サスペンションが柔らかく想像以上にストロークするのはトヨタ車(ダイハツ車?)らしいところ。初期はショックアブソーバーの渋さから動きが悪く、一定以上の加重がかかると急に動き出す。入力が小さい時と大きい時でこれだけ違いがあると、同乗者は緊張してしまうかもしれません。
全体的に固めのサスペンションが増えてきている中、ヴィッツはまだ柔らかめ。全長短いからピッチング(前後方向の動き)はとても大きい。街乗りに最適化されているので、でこぼこを気にしなくていいからラクなんですが、飛ばしたいという気は全く起きません。そもそもパワーがないというのもあります。

静粛性について

ヴィッツの静粛性は国産コンパクトカーでトップ。風切り音もロードノイズも少なめで、他のコンパクトカーのようにノイズで拷問という事はありません。
CVTはギヤ比がワイドなので、巡航時のエンジン音も静か。これに関してはどのコンパクトカーも一緒ですが、全体的な静粛性の高さで速度感を感じさせないのはヴィッツがトップ
CVTは通常のATと比較して、運転のしやすさでは一歩劣りますが、時速80キロ以上の静粛性にはとっても貢献。ギヤ比がワイドなんです。ただし3気筒となる1000ccモデルでは全域でノイズと振動が気になります。

部品点数の少なさからコストダウンは感じられるが、デザインは凝っている。コンパクトカーとしては質感もまずまず。

演出感ある、凝った内装

ヴィッツの車室内、内装、演出感という点が同クラスではとても優れています。雰囲気がある。もちろん、価格なりの安っぽさはやっぱりあります。しかしたとえ100万円のクルマでも貧しさは感じさせない。とりあえずデザインで選んでも不満がでない内装は、まるで輸入車のコンパクトカーを選ぶよう。

内装の全体的なイメージとしては、先代ヴィッツと同じイメージ。あらゆるものがセンターに集約、左右対称の今風デザイン。曲面が多く優雅なイメージ。こういった部分は色濃く残り、内装を見ただけで、「あ、ヴィッツだ」とわかります。そんな中で先代よりはグッと立派に見せています。

このヴィッツのおじいちゃんにあたるトヨタ・スターレット。そのスターレットから先代ヴィッツに進化したとき、コンパクトカーの魅力は一気に上がりました。内装のデザインもしかり。今回、その時の感動とは全く違いますが、これだけ凝ったデザインを継続採用するあたり、実はものすごく力のこもった意欲作なのかもしれません。

トヨタ ヴィッツ (2代目)

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • テストグレード:“1.3F”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2005y
  • 新車時価格:115万円

エンジン概要

  • 排気量:1300cc
  • エンジン型式:2SZ-FE

その他概要

  • 型式:SCP90
  • ボディサイズ:3750/1695/1520mm
  • 車重:980kg
  • 発売時期:2005年2月〜2010年10月
  • 新車時価格帯:105〜163万円

車両型式

  • KSP90 - 1000cc
  • SCP90 - 1300cc
  • NCP91 - 1500cc
  • NCP95 - 4WD
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ヴィッツのバッテリー適合詳細


ヴィッツ

SCP90 - 2SZ-FE 1300cc 2005年〜
60B24L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
ミッション質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


スポーティグレードRSにはタコメーターが付く。(他のグレードでもタコメーター付きも有り)


インパネとドアトリムの接点は凝った造形。


スポーティグレードRSのリア。バンパーにリフレクターが付く。クルマとしての内容自体にはそんなに違いはない。ただ乗り心地が悪い。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。