ヴィッツ(3代目マイナー後)P3/フロント周辺の内装

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(トヨタ) > ヴィッツ(3代目マイナー後)P3
 

(2017年記事 トヨタ ヴィッツ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

ヴィッツ(ビッグマイナー後)試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは3代目ヴィッツ(130系)。2014年のビッグマイナーチェンジ後のモデルで、グレード「1.3U」。見た目の変化以上に、エンジンの魅力が大幅向上!

当ページは3ページ目です。「ドラポジなど含む内装」などを掲載中。

ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2
トヨタ
  • グレード:“1.3U”
  • 型式:NSP130
  • 車両価格:170万円
  • デビュー年:2010年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-1」・概要とエンジン、ミッション
  2. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-2」・静粛性や乗り心地など快適性
  3. このpage - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-3」・内装
  4. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-4」・リアシートとラゲッジスペース
  5. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-5」・燃費とコスパ、評価総合

単純明快な比較!2016〜17コンパクト比較 / 別ページにてG'sも掲載中!ヴィッツRS-G's試乗レポ
ページ内の一部画像はクリックで拡大します(ページ右の横長画像など)。

内装(インパネ周辺)

ヴィッツ(ビッグマイナー後)内装

ヴィッツ最大の弱点といえば、この内装じゃないかと思う。のっぺりした形状、素朴なスイッチレイアウト、安っぽい素材感etc。残念な言葉はいくらでも出てくる。
競合コンパクトカーのみならず、軽自動車の上位クラスだって内装は立派になってきているのだから。

年々、車両価格が上昇していく中で、常に目を向ける内装は最も価格上昇分の価値を納得できる部分だと思うんだけどね。

メインメーター

ヴィッツも上位グレードになればメインメーターは立派になる。しかしこれはどうなのだろう?あまりにありきたりの手法過ぎってのもあるし、他の部分が余計貧相に見えてしまう。

ヴィッツの上級グレードを選択するのなら、メーターがシンプルでも内装全体の雰囲気が良い、1クラス上の車種を選ぶ方が幸せになれるかもしれない。値引きによってはオーリスとか狙えるし、他にも選択肢はいっぱい。そして内装以外のいろいろな部分がレベルアップするしね。

パネルの質感なんかは実車で確認するのが一番だろうから、細部で気になる部分を上げてみる。

まずは中央のナビゲーション周辺のデザイン

カーナビゲーション

なんでここにハザードスイッチ?みたいなレイアウト。

ナビゲーションディスプレイをワイドに見せるような形状なんだろうけど、エアコン操作部が中央基調だから、意味なくオフセットしているだけに見えてしまう。

無理やり個性を狙うくらいなら、普通の形状のほうがターゲットは広くなるんじゃない?筆者は非常に違和感を感じてます。

ナビゲーション(初期モデル)初期モデルのヴィッツだと、ナビゲーション周辺はこんな感じ。ハザードスイッチのデザインはこっちの方が立派というか、全体的にバランス良く馴染んでいるように思う。

次にドアトリム(ドアの内張り)のデザイン

ドアトリム1ドアトリム2

(写真左)ドアトリム全体を見れば、けっこう立派に見える。特にこの写真ではっ実際より良く見えてる。
(写真右)でもこのシルバーに塗装されたアームレスト部分、なんか無骨すぎじゃありません?これじゃまるでスバルの内装w トヨタに期待するのは、ホントはこうした部分まで行き届いた気配りだったりする。操作性が悪くないのは救い。

そして中央のカップホルダー

フロントのカップホルダー

ペットボトルはドアポケットのカップホルダーが使えるから問題ない。写真のように、小さめのカップコーヒーなどを置く時に使いたいのが、フロント中央下部のカップホルダー。

写真はセブンイレブンのホットコーヒー。
ドライバー1人しか使用していないのに、助手席側に置いている

なんでかって?位置的に使いにくいから。位置が奥まった位置にあるのはシフト操作を優先すれば納得。それでもヴィッツのココは、ドラポジからすればあまり良い位置じゃない。
体型によって変わるだろうと前置きした上で、奥すぎもしくは低すぎて、位置が掴みにくい。また穴のサイズもタイトというか、形状的な問題というか、ピッタリとした位置に合わせないとすっぽり入ってくれない。

実際に運転中は、前かがみになるような感じで、左膝の隣に置くような感じ。夜間など置けなくてモタモタしてると危ない可能性も。筆者は結局ココ、信号待ち中しか使用しなくなりました。

他車を見てみると?

同クラスのライバル車で、特に内装が魅力的なのはスイフトとフィット

スイフト内装フィット内装(RS)

(写真左)スズキ・スイフトはいわゆるノーブル。オーソドックスだけど端正で美しい。最もベーシックなグレードから立派に見えるのは、ディテールで誤魔化した質感よりぜんぜん魅力。逆にスイスポ運転したときのほうが、内装がシンプルに感じられた。ミニカーみたいなエクステリアとの対比も凄いなって思う。

(写真右)ホンダ・フィット。光沢の強いテカテカパネルを大面積に使用しているという部分は置いておいて、フィットはヴォリューム感から立派さが素晴らしい。少し大きなクルマに乗っているような、そんな立派さは所有満足感に繋がるだろう。
写真は1.5RSだが、こちらもベーシックグレードからヴォリューム感は変わらない。

助手席の居住性はまずまず

助手席シート助手席足元

実用性という面では、助手席の居住性は悪くない。主に足元から膝周辺のスペースに関して、他のコンパクトカーと同程度だが、デミオには負け、フィットにはやや勝る。リアシートより助手席のスペースを重視したいなら、フィットよりおすすめできそうなくらい。

助手席シートを最も後ろまでスライドさせた状態でフィットと比較すると、上半身はヴィッツのほうがドライバーとの距離が近く、場合によっては右腕が窮屈。足元は逆にヴィッツの方が余裕があって、足を投げ出して座る時に座りやすい

筆者の体型(慎重172cm)の場合、ヴィッツもラクに座ってラクに足を伸ばせるってほどじゃないけど、しっかり奥まで腰掛ければ足元に問題はない。
またシート高も高すぎず、落ち着く高さと感じる。実際に助手席に座れば、”小さいクルマ”という感覚は強いものの、座りにくさは感じないんじゃないかな。

内装、ココは便利

ご存知かもしれないし、ご存じないかもしれない。そんなヴィッツの内装で便利なポイントを2点ほどピックアップ。

このコンビニフックは便利

コンビニフック1コンビニフック2

ヴィッツに最も求められるのは、こうした利便性の高さだろう。助手席シートの座面先端から、ニョキッと出てくる大型のコンビニフック。これは便利です。

車内で飲食するならゴミ袋、広げた状態で袋を固定できます。それから飲食店でのテイクアウトが多いなら、牛丼テイクアウトなんかも持ち帰りやすいかもしれない(試してません)。

出す時は中央を掴んで引っ張り上げる。しまう時は押し込んで下に下げる。ご注意いただきたいのは仕舞う時、下まで下げきらないと、助手席に座った時に太ももの裏がゴツゴツしたりします(経験あり)。

グローブボックスはアッパーボックス付き

グローブボックス・閉じた状態グローブボックス(開いた状態)

グローブボックスは上下分割の2段タイプ。アッパーボックス付きとも言われるタイプになっている。

パッと見だと、アッパーボックスがついているのはわからないかもしれない。あんまりフタっぽいデザインをしていないからね。筆者も最初は気づかなかった。

開かなそうで開くというのは、どうしても惹かれちゃうポイント。少なくても穴が開いてるだけよりは美しいし、それなりに実用性あるサイズというのが嬉しい。奥さんに内緒でタバコを隠しておいたりできるかなw
大きいクルマだと、ここに車検証とかCDが入ったり、ナビのDVDスロットやETC車載器があったりもします。

運転席の視界とドラポジ

Aピラー・助手席側Aピラー・運転席側

ヴィッツの視界は良くない。フロントガラスが寝ているからフロントピラーの面積が大きく、しかも内張りまで含めて太さがある。ピラーの付け根が遠いから車両感覚も掴みにくい。それからコーナーでも曲がっている角度によっては先が見えにくい。

ライバル車との比較では、ドアミラー脇のサブフレームが最小限の作りというのは、ヴィッツの良いポイント。フィットやノートだとこの辺りの死角が相当に気になる。特にフィットの視界は悪い。

このような感じだから、狭い場所が不安な方にヴィッツは進めにくい。ヴィッツを進めにくいポイントとして、車両感覚の掴みにくさが上げられても全然驚かない。
ただコンパクトカーではこうした車種は多く、ヴィッツに限ったことじゃない。小さいしかも運転しやすいなんて、実は一部車種だけだ。「小さいほうが小回りが効く」こんなメリットが気楽に活かせる車種はとっても少ない

軽自動車もしくは、車両感覚がつかみやすく、かつ前輪キレ角の大きい中型車あたりの方が、見切りや取り回しがラクな車種が多い。

フロントの視界フロントの視界2

運的席の前面の写真。
(写真左)筆者がドラポジを撮った状態での、顔の位置からの写真。バンパー先を見ようとしているイメージ。
(写真右)上半身を可能な限り起こして、バンパー先を見たい時のイメージ。

完全に想像の通りです。前はなんにも見えません。フロントを目視で寄せるのは難しいから、寄せては降りて確認して、繰り返して感覚を掴むしかないかな。
ボディデザインが立派になればなるほど、ドライバーの負担は増えるものなのかもね。

参考:3代目デミオは狭い場所がとてもラクでした。デミオ(DE5)試乗レポ

ヴィッツメーター1(昼)ヴィッツメーター2(夜間)

車載ジャッキ、秘密の場所に収納されてる

ヴィッツのジャッキ

ヴィッツの車載ジャッキはこんなとこに!

ココはドコ??助手席の下です。出し入れ難解なことこの上ない。さらにセクシーな体制を取らなきゃアクセスできない。リアシートに寝そべるようなスタイルまたは外にお尻を突き出して〜。
つまり、女性専用って事ですかw おじさんが人前でお尻突き出すのは・・・ちょっとねw

この車載ジャッキ、初期型ヴィッツの時に聞いた話では、ヴィッツを所有されている方でも知らなかったりしたみたい。

真面目なハナシ、パンク修理キットが搭載されるなら、車載のパンタジャッキに出番はほぼなし。敢えていえば、タイヤローテーションを行うならということかな?といっても、ご自身で整備される方なら、市販の油圧ジャッキを利用するだろうしね。文句言わなければとても安価に販売されてます。

トヨタ ヴィッツ

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1.3U”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成27年式
  • 型式:NSP130
  • 新車時価格:170万円

「元自動車整備士」監修、「ヒラリー男爵」執筆でお届けさせて頂きます。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



ドアトリム(内張り)のイメージ。立派な用でシルバーパーツ部分が無骨だ。



中央からオフセットしているであろうナビゲーション。下のエアコンスイッチが中央貴重だから目立つ。


カップホルダーはできれば、ペットボトルでドアポケットのものを使用したい。ここは使いにくい。



パッと見ではわかりにくいが、グローブボックスはアッパーボックス付き。上手く隠されているのが好印象。



使いやすい大型のコンビニフック。ヴィッツに最も求められるのは、こうした利便性の高さかもしれない。


ヴィッツのジャッキ




斜め前の視界は、同様の車種の中では悪くない。



フロント前面の感覚は当然のように取りにくい。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。