ヴィッツ(3代目マイナー後)P2/静粛性や乗り心地、快適性

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(トヨタ) > ヴィッツ(3代目マイナー後)P2
 

(2017年記事 トヨタ ヴィッツ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

ヴィッツ(ビッグマイナー後)試乗インプレ「2」

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは3代目ヴィッツ(130系)。2014年のビッグマイナーチェンジ後のモデルで、グレード「1.3U」。見た目の変化以上に、エンジンの魅力が大幅向上!

当ページは2ページ目です。 「静粛性や乗り心地など快適性」その他を掲載中。

ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2
トヨタ
  • グレード:“1.3U”
  • 型式:NSP130
  • 車両価格:170万円
  • デビュー年:2010年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-1」・概要とエンジン、ミッション
  2. このpage - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-2」・静粛性や乗り心地など快適性
  3. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-3」・内装
  4. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-4」・リアシートとラゲッジスペース
  5. 分割page - ヴィッツ試乗(マイナー後)「1-5」・燃費とコスパ、評価総合

単純明快な比較!2016〜17コンパクト比較 / 別ページにてG'sも掲載中!ヴィッツRS-G's試乗レポ
ページ内の一部画像はクリックで拡大します(ページ右の横長画像など)。

試乗:快適性

ドライバーズシートだけでなく、助手席やリアシートの静粛性や乗り心地、また乗員周辺のスペースなど快適性に関する部分の特徴について。

フロントシートの乗り心地

フロントシート

ビッグマイチェン前のヴィッツと比較すれば、フロントシートでの乗り心地に関しては「質が上がった」のがわかりやすい。小さな凹凸ではガチャガチャやブルブルが減って、乗り心地がスッキリした。なので、特に細かなボコボコは以前より気持ちよく越えていってくれる。

ただしスプリングとタイヤが固めなように感じられ、「快適」というわけじゃない。今風の乗り心地と表現したらいいのかな。クッションは柔らかいほうが良い方にとっては慣れが必要だろう。

相変わらず不快なのは、デコボコが連続する場面や大きな段差に差し掛かった時。まるでゴツンゴツンがズデデデデでつながってしまうよう。乗員に伝わっているブルブル音やフロアからのガチャガチャ音も大きく高まる。

フロントシートでの単純な乗り心地をライバルと比較した場合、中間レベルにあるといえる。ヴィッツはショックアブソーバーの初期減衰力が弱めな印象で、ストロークしているのが感じられる。だから3代目フィットや4代目デミオと比較すればゴツゴツ感は小さいのが魅力

逆に日産ノートやスズキ・スイフトと比較すると、ゆったり感がなく、ぴょこぴょこしている印象。またソリオなども絶対的に柔らかいサスペンションと重量の差もあるだろうか、ヴィッツより優しい乗り心地。

同クラスのライバルと比較して、トヨタ車の乗り心地が中間というのは全然悪くない事だと思う。トヨタというブランドの魅力そして、乗り心地以外の長所を考えれば納得のレベルと言えるんじゃないかな。

参考:フィット試乗レポ / デミオ(ガソリン)試乗レポ / ノート試乗レポ / スイフト試乗レポ

リアシートの乗り心地

リアシート

リアシートの乗り心地は、フロントシートで受けるそれとは逆の印象。クルマ的な質は感じないけど、舗装がきれいな道なら不快というほどでもない。乗り心地はシート座面のクッションによって”それなり”が保たれている。

なので座面から体に伝わる衝撃などは小さいんだけど、足元のフロアとシート背もたれにはブルブル感が相当に伝わってくる。これによって「質」なんて言葉はどこからも出てこないのが残念。

故に、フロントシートを「快適な乗り心地ではないけど質は悪くない」と評価させて頂くと、リアシートは「質は悪いが日常での乗り心地はそれなり」。

単純な座り心地に関しては、スペース的な問題とシート背もたれのデザイン辺りが厳しい。スペース的な部分では、頭の周辺近くがややタイト。そしてそこには突起物というか硬そうなものがレイアウトされているので、精神的な圧迫感もある。また足元は運転席の後ろ側は、運転的シートを低めにセットしていると、つま先がシートしたに入れにくく、体の大きな乗員にはキツイだろう。

シート背もたれに関してはクッション性の不足は前述の通り。ただこれに関しては、他車(ミドルクラス以下全般)でもよくあること。ヴィッツの場合は体をあんまり支えてくれないという部分も目立つ。
ココで言う”支えてくれる”の意味は、上半身を押し付けて揺すられる量を少なくという意味。無意識にというのがポイント。

筆者としては足や手を利用して上半身をシートバックに押し付けることで、上半身が左右に揺れないように座りたい。サーキット走行みたいにハッキリとではなく、無意識なレベルで、上半身をシートバックに斜めに押し付ける。

そんな感じで皆それぞれ、快適に座れるように無意識に何かしていると思うんだけど、筆者にとってヴィッツのリアシートは難しかった。ドライバーには揺すられにくい運転を望みます。

静粛性に関して

このマイナーチェンジのヴィッツ、フロントシートの静粛性は高く、Bセグメントのコンパクトハッチとしてはライバルから抜きん出ている。
エンジンルームから室内に侵入してくるノイズでは、エンジンノイズ。アクセル開度の小さいゆっくりした走行時には、他車と同レベルかそれ以上に耳障りではない音質になり、それでいて他車より静か。時速60km以上の巡航時も気になりにくいというのが素晴らしい。

また風切音もこのクラスにしては不快ではない。ただもしかすると試乗車の「U」というグレードは、ベーシックな「F」とは異なるフロントガラスが採用されている可能性はある。コンパクトカーでは上位グレードだけ遮音性の高いガラスを採用したり、遮音・吸音材の使用部位や量が異なるという事があったりする。

ということでこの「1.3U」というグレードのフロントシート、静粛性はヴィッツと言えどやっぱりトヨタ車!といえるもので、ライバルがモデルチェンジしても優位性はそうそう変わらないだろうと思えるもの。

リアシートの静粛性に関しては並かな。コンパクトカー他車もそうなんだけど、やっぱりウルサイ。エンジンルームからのノイズはより静かなハズなんだけど、タイヤハウスやハッチからの透過音はかなりのレベル
実際は、フロントシートからの乗り換え直後はそのギャップから、非常にうるさく感じます。

1000ccエンジン搭載グレードは柔らかい

リアシャシーちょうどビッグマイナーの直前に、筆者の親戚がマイチェン前の1000ccモデルを買った。なんでマイチェン前かといえば、決めては価格だったんだけど、それのサスペンションは柔らかい。

その親戚が普段走行する速度は時速40〜50km程度で、どこでもゆっくり走る。そんな感じならば固いサスペンションなんて必要ないだろうし、質どうこうよりも絶対的に柔らかい方が好ましいんじゃないかと思う。

実際に筆者が運転してオーナーである親戚を乗せることもあって、その時は同じようにドライブする。すると、こうした乗り方なら柔らかい方がいいよね、ってなる。もちろんパワーが必要になる場面は限定されるし、ヴィッツのダルなハンドリングにもあっているしw
日本の一般的なおばちゃんと、一般的な交通状況に合わせた、昔からの日本車らしいセッティングって意外と悪くない。でも最近こういうの減っちゃったよね。

普段運転する場所の交通状況や、運転の仕方に合わせてグレードを選べるのはヴィッツの大きな魅力。1000ccでも1500ccでもヴィッツはヴィッツ、だよ。
ビッグマイナー後の1000ccモデルがどういう味付けかわかないけど、試乗時は乗り比べしてみるのを推奨します。

試乗:ドライビング感覚

ビッグマイナーを経ても相変わらずヴィッツの弱点なのは、内装の質感と並んでステアフィールや直進安定性といった走行感覚。走行感覚に関しては制限速度以下でゆっくり走るだけなら気にならないんだけどね。

今回の試乗車はヴィッツ「U」というグレードで、最もベーシックな「F」より一回り大きなタイヤを履く。サイズは「175/65R15」と15インチサイズ。これによりステアフィールにも多少の違いがあると予想。
(「F」グレードは「165/70R14」)

ハンドリングとかステアフィールの印象

ステアリングビッグマイチェンで大きく変わったヴィッツも、走りやすさという面では大きく変わってはいない。多少は良くなったのだろうが、今度は走りやすくなったという感想はなく、コンパクトカーの中でも走りにくい部類といえる。

ヴィッツはクルマ全体に決定的なクセがないという部分では乗りやすいけど、ことハンドル操作をピックアップすると乗りにくい

どこが走りにくいかといえば、ハンドル操作に対する反応に関して。日常の市街地から思い通りに走りにくい。ハンドル切り始めや切ってからの修正、そして中立に戻す時。

これは慣れれば平気という部分じゃなくて、一定の集中力がない時はダメという部分。慣れても気を抜いた時や、一瞬でも操作が遅れた時は、不快感を感じつつ曲がらなきゃならない。体調もあるし、話に夢中になることもあるだろうし、彼女とのムフフを考えている時もあるだろうしw

この走りにくさの大部分は、他のトヨタ車などと同じような部分だから、意図的な味付けかもしれない。筆者や他スタッフからすれば、最も走り慣れているトヨタ車だからこそ、予想をして運転するわけなんだけど、やっぱり走りにくかった。
逆に言えば、上手くハンドルが切れて思い通りに走れた時には気持ちよささえ味わえる。ほんと普通に走ってるだけでもそれくらい、思い通りに走るのが難しかったりする。

クネクネが多い道だと?

メインメーターコーナーが多めの道でも前述の通り、ハンドル中立付近の反応の悪さから走りにくさがある。早めの位置からハンドルを切り初めないと、コーナー途中で滑らかに曲がれない部分がでてくる。
時間にすればほんの一瞬だけど、この一瞬だけ早く切り始めなければ、実際にクルマが内側を向こうとする位置は奥の方に。

早めの位置から切り始めたいとすれば、切り込むスピードは当然ゆっくりでなければならず。早くから内側に寄り過ぎちゃうからね。
そしてボォーとしてて明らかに切り始めるのが遅れると、かなりクルマが内側に寄のはかなり奥。”奥”って聞けば気持ちよさそうな連想をしちゃうけど、同乗者に気づかれるほど不快な曲がり方になっちゃう。

そんなこんなで日常的な普通の走行でも、反応が良いクルマよりは神経を使って疲れちゃう

少しペースを上げてみる

走行ペースを少し上げてみると、ドライバーの集中力も高まり、ハンドルの切り遅れに使う神経は減ってくる。車幅が狭いコンパクトカーの特徴を活かし、車線をワイドに使用した走りが楽しめる。よく知っている道ならね。

あまり知らない道ではやはり前述の反応遅れから、思い通りに走りにくいため、素直にペースを落としたほうが良いだろう。だって楽しくないし、神経使うだけだし。

タイトコーナーでハンドルを切り込むと、途中からハンドルが重くなる。途中でスイッチを通過したように急に操舵感が変わる。最近の電動パワステでよくある感触だ。
ただヴィッツは重くなる変化が比較的小さいので、それほど違和感を受けず。絶対的に小さなタイヤを履いている事もあるだろうか、コンパクトカー全体でそこまで大きな問題じゃない。

コンパクトカー全体といえば、コーナー途中でアクセルを踏み始めた際の、ステアフィールの変化。これも小さい。本当は加速に合わせてハンドルが重くなったり、ハンドル一定でも何か体感的な変化を伝えてくれたら嬉しいんだけどね。これもヴィッツに限ったことじゃないから欠点というわけじゃない。ライバルもだいたい一緒ということ。
気になったら少し古いクルマとか、インプレッサの一部グレードなど、油圧パワステのクルマを運転してみるか、タイヤもパワーも大きな大排気量車なんかだとわかりやすい事が多いと思います。

直進安定性はやはり悪い

タイヤコンパクトカーを多く運転するスタッフも、ヴィッツは少しコワイという。筆者としては直進する感覚に起因する部分だと思っているんだけど、これも比較的多くのトヨタ車で感じる部分。最新の4代目プリウスなんかは全然良いから、全部じゃないよ。

ヴィッツはここで試乗している車体だけでなく他の車体でも、実際に真っ直ぐ走っている感覚が薄い。加速中でもビシッ〜と加速しているというよりは微妙にフラツイている感覚。

なんでだろう??クルマが真っ直ぐ走ってるのかフラツイてるのか、ハンドルなどからドライバーに伝わってこないのが一つ。また視界的に車両感覚が取りにくく、自車位置がわかりにくいのもある。そして前述の、ハンドルに対する反応の悪さ

視界的な問題は、ドライビングポジションが悪いのかと思ったが、グッと起こし気味にしても大きくは変わらなかった。

制限速度より遅い速度で、良くできたクルマと比較しなければ気にならないかもしれないが、そうでなければ狭い道や片側3車線などの中央車線では神経を使う。

そういえばライバルの4代目デミオ、あのクルマは時速80kmを超えると、ハンドル中立付近がググッと重くなり、直進安定性の悪さを何とかしようとしてくれる。デミオを運転していると、高速道路の方がビシッと走ってくれる大きな変化に違和感を感じるが、ヴィッツと比較すればあれも悪くはないのだと思ったりする。

息抜き:静粛性に関して余談

ふとんで静粛性向上ドア内張りを剥がす

写真左:ヴィッツのリアシートに布団を詰め込んで、静粛性をアップ!?
写真右:助手席ドアの内張りを剥がして、様子をチェック。

ヴィッツ買ったら想像よりうるさかった??よくあることです。周囲が賑やかなディーラーでは静かに感じ、静かな住宅街に戻ったらうるさく感じる、なんて感じかな。買ったクルマが思ったよりうるさかったら、それは空いているリアシートに布団詰め込み作戦の出番w

布団でもなんでも詰め込めば静粛性アップの効果は体感できる。一応の目安として、重量の軽いものでは高い音域、重いもので低い音域のノイズを減らせると考えておけばわかりやすい。人間の体や服も音を吸収するから(体感的に中低音域)、常に同乗者がいる場合は同じような効果を得られているともいえる。

ドア内張りの内部には、ラバーシートのような部材がデザインされていた。これは吸音というよりは”透過音の低減”もしくは”摩擦音の低減”効果があるんじゃないだろうか。これはゴムが対応できる部分を超えるとガサつくなんてのも予想できる。
未確認なんだけど、これがグレード別装備だったとしたら、同じ部材を購入してアップデートも可能。もしベーシックなグレードでこれがなければ、営業マンに問い合わせて購入もありかと。メーカーが使用している防音材ならば、場所もコスパも的確と思われる。

ヴィッツメーター1(昼)ヴィッツメーター2(夜間)

ブレーキは相変わらずスポンジー

ペダルレイアウトブレーキペダルを踏んだ時の感触は、軽く、チカラに自信がないユーザーでもラクに奥まで踏み込めるだろう。ペダルが重くて足がダルいなんて心配も起きないと思うし、緊急時も力いっぱい踏み込む事が容易だと思う。

軽いほうがラクなのは間違いないわけだけど、快適な走行のために微妙なコントロールをしたいとなると話は変わってくる。また強いブレーキングが繰り返される時も同様。微妙なコントロールがし難いのもあるし、ペダルが奥まで動きすぎると逆に疲れる。

”スポンジー”というのは”軽い”とは必ずしも一致しない。踏み込むに従ってペダル踏力剛性が高く、ペダルが重くなってくれればスポンジーという表現は使われないだろう。
しかしヴィッツのブレーキはスポンジーなタイプといいたい。スカスカと音が聞こえてきそうなフィールだし、場合によってブレーキの効き方が違うんじゃないかと思う時もある。

もちろんヴィッツに限ったことじゃなくて、小さいタイヤ=小さなブレーキシステムでペダルが軽いクルマなんかでは、スポンジーに感じることが多かったりする。

トヨタ ヴィッツ

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1.3U”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成27年式
  • 型式:NSP130
  • 新車時価格:170万円

「元自動車整備士」監修、「ヒラリー男爵」執筆でお届けさせて頂きます。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


キビキビ感というか走るコンパクトカーを想像させるフロントバンパー。ボディカラーがブラックだと特にその印象が強い。


内側のアームレストが思ったより使いやすい。


リアシートの座面はなかなか良くできていて、衝撃やブルブルした振動を消してくれる。



ベーシックな「1.3F」より一回り大きなタイヤサイズ。



ヴィッツに限らず最近のコンパクトカーは、タイヤが外側に張り出している。また合わせて、フェンダー内のツメはいわゆる”折った”ように加工されている。


乗り心地は固く、段差が続けばブルブルと残念なものだが、コンパクトカー全体の乗り心地を考えれば平均点レベルは確保。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。