ヴィッツ辛口評価P2・リアシートと快適性、ラゲッジ

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 トヨタ ヴィッツ
著:ヒラリー男爵)

ヴィッツ・試乗インプレ「2」

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは3代目ヴィッツ(130系)グレード「1.3F」。前ページからの続きになります。
当ページは2ページ目です。 「リアシートと快適性、ラゲッジ」などを掲載中。

ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2
トヨタ
  • グレード:“1.3F”
  • 型式:NSP130
  • 車両価格:130万円
  • デビュー年:2010年12月〜
  1. 分割page - ヴィッツ試乗「1-1」・概要とエンジン、ミッション
  2. このpage - ヴィッツ試乗「1-2」・乗り心地やリアシート実用性
  3. 分割page - ヴィッツ試乗「1-3」・トヨタらしい魅力と購入、総合評価

ビッグマイナー後のヴィッツ1.3Uに試乗しました!ヴィッツ(マイナー後1300cc)試乗レポート
ヴィッツG'sの試乗記もご用意できました!ヴィッツRS-G's試乗レポート
単純明快な比較!2016〜17コンパクトカー比較(ベーシックグレード編) /  2015コンパクトカー比較

試乗:足回りの乗り味について

劇的なまでフニャフニャだった初代ヴィッツ、柔らかくピョコピョコしていた2代目ヴィッツ、そして3代目は多少しまった足回りのセッティングに。
今回試乗したヴィッツは走行距離「15000キロ」オーバー。そして「こんなに早くガチャガチャになっちゃうの」と思うほど各部からガチャガチャ音がしていた。不満を感じればすでに乗り換え時かもしれないそんなクルマ。タイヤは新車時装着のエコピアとかそうしたエコタイヤのブランド。

試乗しての印象は?ボディのしっかり感(剛性感というのか)は多少なりともアップ。プラスして細かなポコポコは拾いにくくなった。総じてトヨタ車らしさは相変わらずだが、しっかり感と走りやすさはアップしたと評価させて頂きます。

ということで、乗り心地は悪いです。トヨタ車って、引き締まった方向だとギスギスとガチャガチャ、逆に緩い方向だとブワンブワン。もし、ブワンブワンの方が良ければ、1000ccモデルのサスペンションがそっち系です。

柔らかい足回りを求める人も多いのに

ここ数年、決まって相談される内容がこれ。
「なんでトヨタのサスって固いの?」「もっとクッションの良いクルマないの?」「買ったら固いんだけどなんとかならない?」
みなトヨタ車のユーザーだ。

クルマ好きの方や評論家の方々はしっかりした足がお好みみただし、筆者だって質という言葉が大好き。でも実際のトコロ、質どうこうより柔らかければいいってユーザー様がどれだけ多いか。善し悪しがわかるわからないじゃなくって、好みの乗り味が最良なのは間違いありません

「長距離考えてシートを固く」、「燃費を考えてタイヤ空気圧を高く」。どこもかしこも固い方向に。でも常々思うんです。コンパクトカーや軽自動車って短距離でのお買い物ユースが非常に多いということを。

ヴィッツも例に漏れず固めになってしまった。う〜ん。メーカーの提案に惹かれるのか、ユーザーの求める味付けをするのか。トヨタは意外にもフットワーク軽いのでこれからに大いに期待。

この価格帯で乗り心地良いのは?

車両価格122万円のスイフト150万円のインプレッサ(1600cc)の前期モデルと、日産のノート。それから、170万円台のプレマシー、ソリオ。もし乗り心地の優しさを重視してクルマを決めるなら、この辺りおすすめ。でもできればご自身で、じっくり試乗して下さいね。

購入時の条件良く、国産車より高いメンテナンス費用を許容できるのなら、VWポロもいいです。ヴィッツからみれば別格。

タイヤは年々固く、新車時の基準空気圧は高くなる傾向。だからこそ優しい方向性のサスペンションとか、固くても衝撃を伝えにくいサスペンションが望まれる。傾向としてコンパクトカーから車格が上がれば、操縦性と乗り心地のバランスは上がる

リアシートの実用性

ヴィッツで褒められる点はリアシートの静粛性が高いこと。ライバルにはマトモに座れないクルマが多いこともあり、また同時に比較したわけではないので感覚的な評価となってしまうが、リアシートの静粛性は静かな部類といっていい。また加えて、スペース的には特別広くはないけれど、座面の高さが最適で、身長160〜170センチまでの方なら普通に座れると思う。乗り心地だってデミオのリアシートほどチープではない。

つまりヴィッツのリアシートは、普通に使える。競合他車より快適な部類だ。

注:ノートとフィットは除くw スペース的には日産ノート(2代目)、ホンダフィット(2代目)が広いけど、コンパクトカーといってもこいつらは別ジャンル。背も高いしこの世界のミニバン系のような感じ。

フロントシートバックが残念

シートバック1

写真でご確認頂きたいのは、フロントシートのヘッドレストがシートバックと一体化されている点。

これ、リアシートに座ると、なぜか邪魔に感じてしまう。普通のヘッドレストと大差ないような気もするんだけど。視界も狭く感じ、なにより圧迫感がある。ちなみにシートのショルダー部分、女性向けサイズとなっている。男性が座ると、シートは肩胛骨の辺りで無くなるような感じ。

シートバック2ヘッドレスト

左の写真がヴィッツ、右の写真がフィット。
ヘッドレスト一体化がコストダウンの為だとすれば、結局のところトヨタも、コンパクトカーのリアシートはオマケ程度と考えているのか。普通のヘッドレストの支え部分は、お子様のオモチャをつるしておくのにもちょうど良い。これで運転中、お子様ニコニコですから。残念、非常に惜しい。
※コンパクトカー全般でシートは小さく、薄くできてます。ミドルクラスからみれば車両価格は半分とかだし、ある程度はしょうがない。

右の画像はフィットRS-G's。リアシートに座った視点から。ヘッドレストが別体式になっても、圧迫感ある。

ヴィッツG'sのリアシート

フロントシート助手席を快適な位置まで下げるとこんな感じに。
(写真はヴィッツG's)

ラゲッジスペース(荷室)について

ラゲッジスペースラゲッジスペース アンダートレイ

リアハッチを開けると顔を出す場所。その名もラゲッジスペース。セダンみたいに居住空間と区切られてる車種ではトランクなんて呼び方がしっくり来ますが、ハッチバックではラゲッジとか荷室とか。
意味が伝われば呼び方は何でも良いですw。

ヴィッツのラゲッジスペース、広さ的にはBセグメント・コンパクトカーとして平均的な広さがある。先代となる2代目ヴィッツより拡大されたのは見ただけでわかる。奥行きでおよそ10センチくらいかな、けっこう大幅に広くなってます。

リアシートのシードバックは簡単に倒せる反面、大きな段差が残る。ヴィッツの同じよう可倒式リアシートを採用するデミオ、マーチ、ノートとは互角。似たような感じ。
それ以外では、倒した際の使い勝手を他車と比較すれば、ダブルフォールディングで倒すの面倒くさい分、フラットな荷室のできる三菱コルトとは一長一短

最も優れているのはフィット。フィットは簡単に倒せてフラット感が高いから、この中で最も秀逸。

ヴィッツではどうやら、この段差を小さくするオプションが用意されているらしい。これを使うほど荷物を載せるなら、カローラフィールダーとかウイングロードとかフィットシャトルとか便利な自動車はいろいろある。

上の写真右は、アンダートレイ。これ自体は当たり前なんだけど、上蓋の裏側には静粛性向上のための対策がされている。様々な場面での静粛性を総合すれば、ヴィッツは同クラスで上の方。こんなちっぽけな吸音材で意味あるかは疑問だけど、こういった積み重ねとメーカーの意識が嬉しい。
しかもトヨタが、ここがポイントだよって教えてくれているから、低周波は反射吸収するような対策グッズをアンダートレイに詰めちゃえばイイ!

グレード別オプション装着のトランクボード

トランクボード1トランクボード2

写真は別の車両(平成27年式の1.3U)。
写真左:ベースグレードと共通の段差がある状態。大きな段差がある。
写真右:トランクボードを利用している状態。フラットに近づいている。

筆者達の間ではトランクボードと呼んでいるこれがあると、段差はフラットに近づく。そして、それ以外にもメリットはあって、ラゲッジスペースの深さが浅くなることで、重い物の積載時に楽になる他、この段差分だけアンダースペースができる。

トランクボード3

トランクボードは脱着式で、容積や深さがギリギリまで必要な時は取り外せる。

実用性が重要なクラスだからこそ、標準装備を望みたい装備だね。

参考:ヴィッツ(ビッグマイチェン後)1300cc試乗レポ

ヴィッツメーター1ヴィッツ内装3

RSは積極的に選ぶ魅力なし!G'sがオススメ!

ヴィッツのスポーティグレードとしてラインナップされるのが「RS」。ヴィッツだけでなくフィットやスイフトにもある、ちょっとサスを固めて大幅に価格アップ系。メーカーウハウハのクセになるグレードだ。

トヨタじゃないけど、メーカー本社の方に聞いても「エアロカスタム系グレードを選んでくれるお客様はとてもありがたい」という。ユーザーからしてみれば極悪のような価格設定に、どうしても欲しい人はコストパフォーマンスの悪さを納得して買うしかない。

ヴィッツRSの価格はMTで173万円、CVTで180万円。エンジンは1500cc。エントリークラスかつ国産最低クラスのクルマで180万円なんていうと、これはもう笑うしかありません。
いや内容が良ければ納得します。でもこれ、サスペンションは「ただの棒」という表現がピッタリ。荒れた路面でアクセルを入れていけばアンダーステアならぬ4輪が外に膨らむ感覚。

RS買うならG'sをオススメ。価格差は約10万円。こちらは乗り心地さえ上々です。

G'sオンリーの試乗レポートも用意しています

ヴィッツG'sの試乗記もご用意致しました!
ヴィッツRS-G's試乗レポート

トヨタ ヴィッツ (3代目)

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1.3F”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成24年式
  • 型式:NSP130
  • 新車時価格:130万円

当レポは「ヒラリー男爵」がお届けします。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


左右のAピラー。視認性を考えればもう少し立てるか細くして欲しいところだ。



ラゲッジルームの段差はものすごい。荷物を置きやすいのか置きにくいのか?
オプションでフラットに出来るボードがあるそう。


ラゲッジ周辺には吸音材や制振材がキレイに貼られている。ここは他のコンパクトカーでは省かれる事が多い部分。

シートバック1
シートバック2
ヘッドレストはシートバック一体型。


写真はリアシートステップ部分。段差はやや高いが開口部足下の広さはそれなりにある。お子様でも特別乗り降りしにくいことは無いと思う。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。