初代ヴィッツ自動車比較・試乗記事

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2003年記事 トヨタ ヴィッツ初代 )

トヨタ
  • グレード:“F”
  • 型式:SCP10
  • 車両価格:111万円
  • デビュー年:1999年1月〜

トヨタ・ヴィッツ・試乗インプレッション

今回の辛口比較・評価評論のターゲット車は、初代ヴィッツ、1000ccモデル。今までのコンパクトカーとは全く違う価値観でデビューした革命児的存在。引け目を長所に変える。コンパクトカーだからこその魅力をアピールする革命児的存在。積極的に選んで乗れるコンパクトカー。

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴です。評論家が口に出来ないような点を強調して 記載しています。

コンパクトカー人気の先駆者

このトヨタ・ヴィッツは友人が乗っていて、よく意味もなく走ったりしました。筆者もまだ学生の頃だったので、燃費の良いコンパクトカーはとっても嬉しい。自分のクルマは置いておいて、ヴィッツでお出かけ。デートの時だけ自分のクルマで出発。金はないけど見栄っ張り、金はないけど時間はある。学生の頃ってみんなそんな感じで・・・。

ハナシはヴィッツの内容に飛びます。今回のヴィッツ、若干ポジションは違いますが、スターレットやターセルなどの後継車?としてデビュー。デビュー当時は内装、外装、すべてに、コンパクトカーとは信じられないくらいの質感を感じました。コンパクトカーのレベルをグッと引き上げた自動車だと思います。

この初代ヴィッツは、コンパクトカー人気の元祖革命児的存在でした。

当時、衝撃的なデビューを果たしたコンパクトカー

軽自動車に毛が生えた程度、ほとんど同じような価格帯の車がここまで立派になると、軽自動車の税制面のメリット以上に魅力的。コストパフォーマンスはこちらの方が高いもので、何が無くとも横幅の広さがとにかく嬉しい。

このヴィッツ、コンパクトカー人気の火付け役といってもよく、デビュー後には数々の派生モデルも生まれました。bB、イスト、ファンカーゴなどなど、トヨタということもあって、どれも一定の人気を確保。

マーチと向かい合っての勝負

ヴィッツがデビューする前のトヨタ・コンパクトカーといえば、スターレットやターセル、コルサなど。
これらのクルマはエンジン1300ccが基本だったので、ヴィッツとは微妙にポジションが異なります。

1000ccも主力となるヴィッツは、1000ccも主力で販売しているマーチと同格。実はマーチ、スターレットより10万円以上安かったんですが、ヴィッツとならばちょうどいい勝負。どちらも「4気筒1000cc」という同じようなユニットで向かい合います。
1300ccより自動車税安いのが嬉しい。実用車なら当然欲しいよね、1000ccのラインナップ。

日産デザイナーの方の本を読むと、マーチは可愛らしさが受けたとのこと。目があって4つの足がある。ヴィッツもその系統かもしれません。こんな部分でもしっかりライバル。
ちなみにヴィッツは、可愛らしさ+エレガンス、ちょっと高級なペットのようなイメージで、その車両価格より立派に見えると勝手に思っています。

立派になった内外装

今までのコンパクトカーを全て否定するような、ちょっと立派なエクステリアデザインで仕上げてきたヴィッツ。これは内装のデザインも一緒。「普遍的+チープ」という路線から、造形美で品質感を感じさせるように。
インパネは曲線が多用され、立体感もある。

スターレット時代より車両価格が大幅に高くなった訳じゃないから、単純に魅力大!

今までは「しょうがなくコンパクトカー」、これからは「これが欲しいと思えるコンパクトカー」。全く違う価値観で乗れるコンパクトカーです。
つまり、低価格という価値を除いて選べるコンパクトカーなんです。

逆に言うと、高価なクラスのクルマが売れなくなってしまうかもしれません。初代ヴィッツのデデビューは1999年。当時はそれくらいの衝撃で、デビュー当時は本当に話題になり、ただのコンパクトカーなのにクルマ好きの方からも興味を持たれ、雑誌でもしっかり特集と、まるで華やかなクーペでもデビューしたような感じでした。

ヴィッツの操縦安定性について

見た目や内装の立派な感覚は、さすがトヨタと思えるもの。反面、運転すると多少なりとも旧来のコンパクトカーの弱点を引っ張っています。

この初代ヴィッツの弱点は、「ガッチリ&シャキッと」なんて言葉とは無縁の、昔ながらのハンドリンク感覚
あまりにもフニャフニャな足回り。さらにそれに合わせたような、感覚の全くないステアリングが特徴。車が小さいためにヨーの立ち上がりはそんなに遅くなく、けっこうフラフラ。町中を走っていても神経を使います。この辺は従来の小型車と近いものがあります。

不安感のいっぱいのハンドリングですが、高速になっても急激に不安定になることはないので、そこは安心です。低回転でフラフラ、そもそも高速といえる領域が常用できるほどパワーがありません。
また、荒れた路面を飛ばしてばかりいると、すぐにガタガタになるのも、今まで通りのコンパクトカーらしい部分です。リア窓なんてすぐにガタがきます。ホイールベアリングからの異音もし出します。ブッシュ類もコトコト音を出し始めます。

マイナーチェンジで少し変わった可能性も

マイナーチェンジ後のヴィッツにも、500qくらい乗ったのですが、それなりに改善されていました。少しサスが固められ、ダンピングがきいて、乗り心地もよくなり、なにより走りやすい。絶対に初期モデルのヴィッツがいい!って人以外にはマイナーチェンジ後のモデルをお薦めします。

マイチェン前後ともにいえるのが、ある程度の距離(30000キロくらい)を走るとどこからともなく聞こえてくるカタカタ、ゴトゴト音。窓もブルブルします。ブッシュの容量が不足気味なのかもしれません。この辺は値段なりですね。乗っていらっしゃる方はどうぞ大事にお使い頂くか、値段が付くうちに次のクルマへ買い換えが吉となっております。

中古車で買うとなると・・・

中古車を買うことを前提に、値段と比べてみると、デザインはいいと思いますし、内装も左右対称で古さはそんなに感じないと思います。この左右対称というのが現代風のポイント。

価格的に、ただ同然の価格なら、運転しても不満無しでしょう。可愛い顔して大人が乗れる居住性がある。しっかりと足代わりに応えてくれそうです。

ヴィッツを軽自動車と比べるとランニングコストはそこまで大差なく、年間数万円くらい。車検時の金額やタイヤ代の差額を入れて年間3〜4万円程度の差でしょうか。

これならば、文句なしでヴィッツがオススメ。逆に無理すればあと少し予算を出せる人なんかは、1300ccや1500ccがデビューした後のマイナーチェンジ後のヴィッツか、もう少し後にデビューしたライバル、フィットなどを狙った方がいいです。
また、激安でコンパクトカーが欲しい人なんかは、かなり値段の安い車を選んでも、満足度は高いんではないでしょうか。2代目マーチやロゴを買うよりは断然お得な買い物になると思います。

2代目トヨタ・ヴィッツはこちらです。

追記:1000ccも4気筒

この初代ヴィッツのエンジンは1000ccも4気筒。1000ccにこだわるなら大事にして下さい。
というのも、2代目ヴィッツでは1000ccエンジンは3気筒へ変更。明らかに質感低くなります。ガラガラ〜と盛大な音がします。エンジンはどっちもダイハツ製。

そしてマーチなどライバル車でも3気筒が増えてきます。つまりコンパクトカーは3気筒がメインに移っていくというわけですね。技術の進歩で価格低減に燃費向上。ってあれ、車両価格は上がっているような。。。

燃費なら基本的に、4気筒エンジンより3気筒エンジンの方がいいかもしれませんが、フィットなんて4気筒でも燃費はいい。価格も安い。
コストダウンもいいけれど、少しは細部を気にするユーザーの事も考えて!そんな気持ちになってきます。

もし、3気筒エンジンで問題なければ、軽自動車でも問題ないはず。走行性能という面では普通車の方がお得ですが、少しでも安くクルマを維持したいというのなら、軽自動車だって選択肢として比較するだけの価値があります。

トヨタ ヴィッツ (初代)

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • テストグレード:“F”
  • ミッション:4AT
  • 新車時価格:111万円

エンジン概要

  • 排気量:1000cc
  • エンジン型式:1SZ-FE(4気筒)

その他概要

  • 型式:SCP10
  • ボディサイズ:3660/1660/1500mm
  • 車重:850kg
  • 発売時期:1999年1月〜2005年2月
  • 新車時価格帯:81〜167万円

車両型式

  • SCP10 - 1000cc
  • SCP13 - 1300cc
  • NCP13 - 1500cc
  • NCP15 - 4WD

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ヴィッツのバッテリー適合詳細


ヴィッツ

SCP10 - 1SZ-FE 1000cc 1999年〜
40B19R

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
ミッション質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


後期になるとヘッドライトの形状が変わる。


スポーティグレードRSにはタコメーターが付く。文字盤の質感はそんなに低くない。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。