ヴィッツG's辛口評価と評論P2・ミッション質感評価など

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 トヨタ ヴィッツG's
著:元自動車整備士)

トヨタ・ヴィッツRS-G's・試乗インプレ「2」

辛口比較・評価評論の試乗レポート、3代目ヴィッツ(130系)グレード「RS・G's」MTモデル。前ページからの続きになります。

当ページは2ページ目です。「ミッション質感評価やG's特徴を主観で解説」を掲載中。

ヴィッツG'sの内装1ヴィッツG'sの内装2
トヨタ
  • グレード:“RS G's”
  • 型式:NCP131
  • 車両価格:190万円
  • デビュー年:2010年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ヴィッツG’s「1-1」・サスペンションと内装質感
  2. このpage - ヴィッツG’s「1-2」・ミッション質感評価とG's特徴を主観で解説
  3. 分割page - ヴィッツG’s「1-3」・歴代ヴィッツやスイフトスポーツとの比較、総評

MTはどうか?

MT先代から変わらずなフィーリングを持つ(いや多少はよくなったかも)、昔ながらの5速マニュアルトランスミッション(通称5MT)。ストロークが長くシフトチェンジの際にテクニックを駆使しなくても、適当に扱っても変わらず気を遣わなくても楽しめるといった感じ。
ギアチェンジ時のシフトの入れ心地がふにゃふにゃでラクラクシフトチェンジ。とにかく実用的MT。

マニアックなMTは快感が高い反面、とてもマニュアル人口が増える味付けとは思えません。いろいろと話を聞いてまとめれば、どなた様でも気軽に扱えるMT、これぞ最良のマニュアルトランスミッション

エンジンは所詮1500cc、絶対的に遅いエンジン1NZ、クラッチキック&半クラ当てでエンジン回転の高い部分をフル活用、そういった運転をしてみても、対してショックも伝わってこない実用的MT。苦手な人でも笑いながら運転出来るのは間違いなし。操作が荒いといわれる方もいますぐヴィッツG'sにお乗り換えの検討をぜひ!

そうそう、クラッチペダルの感触は昔のアフターパーツのような粘りけがあり、おまけにアクセルペダルを踏み込んでも最初の5%は反応がない!んです。クラッチペダルの扱いには、ちょっと慣れが必要かもしれません。

ペダル配置は流石トヨタ様

以前からトヨタ車といえば、いい加減なペダル配置が定評でした。それが今では他メーカーと立場逆転。だれでも乗りやすいペダル配置を実感出来ます。

というのも、まず元が左ハンドルの輸入車、ペダル配置はありえません。いくら車体が良くてもこのペダル配置じゃすべて台無し、そんな輸入車さえあります。人間工学って何ですか?なんて。
最近では日本車も左ハンドル仕様を重視しているかのようなペダル配置が見受けられます。試乗してなれちゃうレベルなら良いんです。しかしこれじゃいくらチルト&テレスコピック&シートリフターが標準装備になっても・・・。

ペダルレイアウト写真はヴィッツG'sのペダルレイアウト。自然ですぐに馴染める良さは視覚からも伝わってきます。
さらになぜかブレーキペダルとクラッチペダル、傾いて付いてる!

ヒール&トゥもやりやすく、左手のエンジンとミッションの回転数同期に集中でき、ブレーキも一定を保ちやすいと思います。

追記:アクセレーションが鈍いため、素早いシフトダウンには向かなそうです。回転数を上げたい分を予想してアクセル踏んで、エンジンが反応してくれるまでそのまま待つタイプ。”煽る”んじゃなくて、”踏んでキープ”に近い。細かな操作に反応してくれるエンジンがいとおしい。。。

コンパクトカーの中で比較して優れた点

ライバル比較で素のヴィッツから共通するヴィッツG'sの優れた点、静粛性の高さについて。

  • 3代目ヴィッツは静粛性、リアシートに乗っていただくと、私のような鈍感な人間でもわかるぐらい他コンパクトカーと比べて静かです。
  • フロントシート静粛性は同世代の他コンパクトカーと比較して大差なし。

ヴィッツG'zに乗る前に、1300ccベースグレードを試乗しましたが、コンパクトカーの中ではリアシートの静粛性が高いんです。ヴィッツG'sは1500ccRSということもあり、一段とよいのかもしれません。
ただ素のヴィッツよりサスペンション硬めのセッティングのせいか、リアシートに乗って凹凸のある路面走行中、ハッチと開閉部の接地面が不安なぐらい動いているのがわかります。場合によってはカタカタ音も。

アルミホイールとタイヤG'sのタイヤサイズ205/45/17インチ。ブリヂストンのポテンザ050Aというスポーティ系タイヤ。を装着しているにもかかわらず、タイヤノイズがほとんど室内に入ってこない。流石純正系タイヤというのもあるけど;;

以前ポロのベースグレードを試乗した時に感じた静粛性、ロードノイズ静粛性(後部座席)とまではいかないものの、静粛性の評価は体調だったり気温だったり路面状況だったり、日によって変わってしまうもの。これは評価すべきと思ってしまうほどです。
その他、この自動車を評論される方々は、乗り心地が悪いとのご意見もありますが、これが悪ければドイツ車だって全滅じゃない?ゴルフGTIなんてガチガチだよ??のような味付けで、ここでの評価、価格を除けば良いクルマだと思います(エンジン、ミッション、室内、前後バンパー、シートを除く。えっ?)。

ヴィッツRS G'sで思うとこ

まずはエンジン

エンジンルームエンジンは、RSに積まれている1500cc、年季の入った1NZ。いつのまにか可変バルタイが付いたり改良されたらしい。

カローラもそうだったけど振動だって多少なりとも減っている。といっても4気筒ワーストレベルは変わりなしというのが残念。

RSからの変更点

ヴィッツRSとの大きな違い(外見は後回し)は、大きく分けて2つ。一つは、ボディー補強。「クルマ底面のロッカー部溶接スポット増し」と「フロント左右ロアアームの付け根をつなぐロアアームバー装着。正確にはフロントパフォーマンスロッド」。これによりボディー剛性感が増しています。

歴代最悪インテリア周りについて

内装インテリアの質感は先代よりダウンし、初代ヴィッツと勝負するレベルになっちゃいました。車両価格があがってチープになるこの感触、代替え需要はオーリスに行きなさいって言っているようです。

このG'sはエアコン吹き出し口周囲にはつやなしカーボン調のソフトパッド表皮になっており、前席のドアまで続いている。
また運転席以外は全席、アシストグリップが装備されています。これ、当たり前の装備と思いきや素のヴィッツでは省かれているので(そういやCR-Zは助手席さえなかった)、筆順ということを実感させられます。
シートも細かく意匠変更。RSのシートをベースにスエード調のレッドステッチを施し、座面の側面にG'zの刺繍入り専用シート(ベースグレードFは1.0L、1.3Lともにヘッドレストとシート一体式です)

エクステリアについて思うこと

エクステリア(リヤ)エクステリアはとりあえず個性的、フロントは賛否両論、リアはなんちゃってディフューザー形状でこっぱずかしい。総じて普通のRSのほうがカッコの良いデザインではないかと思います。
ただしディテールが凝っているのはG'sで、それからトヨタマークの省かれたボンネット。プリウスG'sでもお馴染み。デイライトのようなLEDビーム。ブラックカラード調とカーボン調でLEDビームとフォグランプのまわりを囲んでいます。結構こだわっています。

そうそう、ハニカムメッシュダクトのように見えて実はダミー。ここは自分で穴を開けろということなの?フロントグリル下の左右のヘッドライトの間にあるダクト以外は、イミテーションです。

ただ後ろは、写真で見るよりかなり良い印象。ブラックカラード調のデフューザーぽいバンパーでセンターには、F1カーのような(結構はやりかも)リアセンターフォグランプがついています。
安全対策のリフレクターはテールランプの中にあり一体化されています。

マフラーカッターは子供だまし、だから静か

マフラーに関しては、G'z専用マフラーとされていますが、マフラーエンドのみG'z専用の少し大きめの円型のものが装着され、マフラー本体はRSと同様のものです。つまり、マフラーカッター。ちなみにRSは若干、楕円形のマフラーエンド。(モデリスタ仕様では中央2本だしに)普通の排気音なので大人の方に最適です。

最近はこの、ファッション的マフラーが主流。音量重視一辺倒から多様化しています。
気分の盛り上げを重視するのか、快適性を重視するのか、運転の練習をするなら静かな方が気兼ねなく高回転まで使えますね。

スペアタイヤまたRS、G'zにはスペアタイヤが標準装備されています。きっと重量バランスも考えられてると思いたい。スペアタイヤはもちろん、タイヤローテーションするのにも便利ですね。
ヴィッツ、それ以外のグレードにはパンク修理キッドが標準装備です。スペアがついていないグレードはメーカーオプションとなり、10,500円かかります。

ヴィッツG'sのメーターヴィッツG'sのMT

G'sを買えばこんなメリットも

エクステリア(フロント)地域ごとに用意される大型ネッツ店。トヨタ好きでなくても思わず覗いてしまいたくなるクルマの広場。この大型ネッツ店に併設されている場合が「カスタマイズ工房」や「ネッツスポーツ」や「TRDファクトリー」。名称はいろいろあるらしい。

ヴィッツを買ってこういったファクトリーのスタッフと仲良くさせて頂ければ、思わぬメリットも。実はわたくし、TRDファクトリーにアフターパーツ取り付けを何度か任せたことがあります。
そんなこんなでレクサスLF-Aのモデルカーが展示された時、コクピットに座らせて頂き、アクセル空ぶかしもさせて頂き、初のレクサスV10サウンドを聴くことができました。

メーカー系モデルだから安心感高い!保証もクレーム?も問題なし

メーカー系の看板を出しているお店なので、いい子ちゃん仕様を求める方限定ですが、メーカー系の看板を出しているからこそ、店員さんの対応はとても丁寧が鉄板!自閉症気味の方でもわがままで怒りっぽい方でも気軽に行けるお店なのは私が証明しております。

他のクルマのG's仕様

当記事担当の元自動車整備士およびスタッフヒラリー男爵が「マークX350G G's」にも試乗しています。大きさもクラスも全然違いますが、とりあえずちょっとだけ、マークXの記事中で触れています。
参考:マークX350G G's(ページ下部にて)

トヨタ ヴィッツG's (3代目)

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“RS G's”
  • ミッション:5MT
  • 年式:2012y
  • 型式:NCP131
  • 新車時価格:190万円

「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




ヴィッツのエクステリアデザイン3方向。LEDのデイライドが埋め込まれている。こういったパーツは純正装着されると終演を迎えるというが、フォグランプは長い間定番として定着しているからデイライトはどうだろう。


よく目立つアルミホイール。質の低いアルミに派手目な色合いはちょっと子供っぽさが気になるような。



水平位置からシフトノブを見ると、結構長いのがわかる。これが扱いやすさを生んでいるのだろう。


シートベルト上部の高さ調整はできない。トヨタ以外なら装備されるのが一般的だから残念。


Aピラーは常識的な範囲内でじゃま。オデッセイのように細くする努力はしてるかな。


ドアパネルは立体感薄い。G'sは助手席前のパネルなど一部が黒系のものに変更になる。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。