ヴェルファイア試乗P3・他車比較と3500ccモデルについて

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年記事 トヨタ ヴェルファイア
著:ヒラリー男爵)

トヨタ・ヴェルファイア・試乗インプレ「3」

辛口比較・評価評論の試乗レポート、トヨタ・ヴェルファイア(ANH20W)/グレード「2.4Z」2013年モデル。前ページからの続きになります。

当ページは3ページ目です。 「他車比較と3500ccモデル、オプション品の話題」を掲載中。


  1. 分割page - 試乗「1-1」・エンジン・ミッション特徴と走行感覚
  2. 分割page - 試乗「1-2」・リアシート含む乗り心地や静粛性の評価
  3. このpage - 試乗「1-3」・他車比較と3500ccモデル、オプション品の話題

ベルファイアの内装1ベルファイアの内装2
トヨタ
  • グレード:“2.4Z”
  • 型式:ANH20W
  • 車両価格:330万円
  • デビュー年:2008年〜

ライバル車との比較

一番のライバルといえばもちろん日産エルグランド。筆者は現在のところ、E52系エルグランドは3500ccモデルのみに試乗。

似ているようで違いは大きく、まず乗り心地が全然違う。エルグランドの方が良質です。
それから室内。両車比較して室内寸法に大きな差はないと思うけど、感じる広さ感が違う。エルグランドの方がシートが立派。その分狭く感じる。ヴェルファイアは中間グレードまでだとシートがチープで、その分広く感じる。

そして最も大きな違いは自動車としての内容じゃないwww。ブランドイメージの違いというか知名度の違いというか。その違いでクルマの売却価格が全然違う。アルファードは下取り価格が高いことを一番の長所に挙げている場合もある。
エルグランドの売却価格は厳しい予想。新車だったら何年所有するか予定を立てて比較して下さい。中古車だったら断然エルグランドがオススメです。

立派感より乗用車的感覚、ならこんな選択肢もあり、マークXジオ

じゃじゃ〜ん、ということで登場しました。筆者の隠れたオススメ自動車。その名もマークXジオ。ジオちゃんで〜す。

ジオの車両価格は2400ccモデルでおよそ270万円。アルファード/ヴェルファイアより少し安い。エンジンなどコンポーネンツは一緒だから、価格の差はボディサイズの差でしょう。

実はジオも乗り心地悪く、どこもかしこもそんなに良い部分がある訳じゃないんですが、致命的な欠点もない。CVTの制御を除けば運転感覚は普通に乗用車的でバンらしさが少ない。
そしてジオ最大の特徴と言えばエクステリアのデザイン。販売台数が少ないこともあり、まるで欧州車のよう。大きさで立派に見せるアル/ヴェルと比較し、無駄があって優雅なデザイン。

室内は狭いですから3列目を使わない方限定。アルファードと同じトヨペット店で販売されています。

参考:マークXジオ(2400ccエアリアル)試乗レポート

3500ccモデルに一言

2400ccが4気筒なのに対し、3500ccは6気筒。またミッションはCVTに対し6ATに変わる。エンジンは4気筒の方が軽量だし燃費効率に優れるのも頭ではわかっていても、どちらが質感高いかといわれれば迷うことなく6気筒。世の中からいくら多気筒エンジンが減っても、6気筒はちょうど良い妥協点として、電気自動車の時代まで残りそうな気がする。
(V6は意外なほど荒々しい印象。電気自動車リーフは8気筒みたいなフィーリング)

エンジン形式は「2GR-FE」型。加速感的には旧クラウンや旧マークXの3000ccくらいかな。3速以上の低回転時などの余裕感はこれらより少し不足する。それでも市街地での加減速なら、アクセル開度に加速がついてくるし、やみくもに早開きになっていないから、ラクにほどよくマイルドに加速してくれる。

その他の乗り味としては、確かに大きく重いエンジンが揺れる感触はあるんだけど、ガシィとハンドル切っちゃえば意外と気にならない(いけないことだけどね)。相応の質感あればポジティブ思考になれるという例ですね。

価格はこんな感じ

価格的には意外なほどオトクなのがヴェルファイアの3500cc。基本的に装備内容は2400ccの同グレードと一緒になるので、差額は最小限。うれしいグレード展開になっています。

  • 前期 2.4X・・・300万円  3.5X・・・338万円

差額は38万円。この差額でエンジンは6気筒になりミッションは6ATに。巡航中の余裕も市街地での走りやすさも全然違います。やはり高級感の演出はエンジン質感が大きく影響するらしい。

しかし「3.5X」というグレードはマイナーチェンジで消滅。

  • 後期 2.4Z・・・335万円 3.5Z・・・373万円

後期の場合はこのグレードで比較することに。やはり差額は38万円。3年ローンだとすると、月々の負担増は1万円。

注意点がひとつ。2013年の時点で、3500ccのFFモデルは減税対象にならず。4WDモデルなら減税対象とのこと。どうやら重量の問題らしい。リアルタイム4WD(場合によって後輪が駆動)だから、あってもなくてもどっちでもいいタイプ。見積もり頂く際はご確認下さい。

代表的なオプションとか

デビュー当時、ヴェルファイアはオプションが高い!ナビゲーションで50万超とかw。購入する際にはかなり高額になると評価されていました。
しかしその後、よく見れば低価格な「ディーラー装着ナビ」もラインナップされているじゃないですか!

ディーラー装着ナビ、2014年時のおおよその参考価格
  • 7インチタイプ ・・・ 9.5万円〜21万円。
  • 8インチタイプ ・・・ 20万円〜25万円。
  • 9インチタイプ ・・・ 24万円〜28万円。

※メーカーオプションのナビと違いバックカメラやリアモニターは別途。
9インチナビはアルパインやイクリプスから市販品も登場しています。

その他の気になるオプション、2014年時のおおよその参考価格
  • ウッド調コンビステアリング ・・・ 3.5万円。
  • シートカバー(フェイクレザー) ・・・ 13万円。
  • 保温冷蔵庫付きコンソールボックス ・・・ 11万円。
  • プラズマクラスター空気清浄機 ・・・ 4.1万円。
ベルファイアのドライビングポジションベルファイアのメーターパネル

ヴェルファイア総評

意外かもしれないが、ヴェルファイアのコストパフォーマンスの高さは特筆もの。これがすべて。絶対的には安くないけど、300万円で得られる高級車と、それを所有する喜び。車庫に駐車しておけば、誰もが豊かな生活と社会的に相応なオーナーを想像してくれることでしょう。

中身はミドルクラスセダン級だから、止めておくことが最も進化を発揮。エクステリアはサイドビューがバンらしいから、フロントマスクのみ見えるように駐車しておくのがポイント。
しかしいざという時は、最も実用的なミニバンとして広い車室内でゲストをおもてなし。全く不思議な魅力を持っているクルマです。

もう一度いいます。ヴェルファイアのブランド感プラス、このボディサイズに3列シート、1900kgという重量で300万円なんですから。車体が大きければ鉄もプラスティックも吸音材も多く必要ですし、強度だって強くしなければなりません。シートだって安くはないでしょうし、タイヤだって大きめサイズで高額なタイヤが必要です。
さらには、組み立てるマンパワーだって屈強な戦士を揃える必要があるはず。

高級感を高めたければわずか38万円高で6気筒エンジンも選択できます。豊富なオプションもあります。クルマとしての本質どうこうではありません。考えれば考えれるほど人気の理由はわかります。売却残価率も半端なく良い。
エルグランドは下取りでとっても不利。現状とってもいい選択肢がヴェルファイアなんです。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ

vellfire (ヴェルファイア)

  • 試乗グレード:“2.4Z”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2013y
  • 新車時価格:330万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


リモコンキーは安っぽい。スイッチ多いけど普通はバッグに入れっぱなしかな。


ハイブリッドモデルのメーター。


バッテリーは55の23サイズ。お財布に優しい設定。電装品いっぱい?世界のトヨタが指定しているのだから、このサイズでも不安感ありません。


エンジンルームって走行5000キロでこんなに汚れちゃうの?


昼間&走行中に点灯できる間接照明。メーカーサイトで紹介されている画像。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。