プリウス後期モデル「2-3」ライバル車比較

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 トヨタ プリウス
著:ヒラリー男爵)

3代目プリウス(後期)・試乗インプレ「2-3」

トヨタ・プリウス(3代目)の試乗レポート、インプレッション。2011年12月のマイナーチェンジ後モデル。グレードは最も低価格な「L」。ディーラーでの試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中。

このページは3ページ目です。前ページからの続きになります。当ページでは「細部考察、プリウスのライバルに関して」などをお届けします。


  1. 分割page - プリウス・後期モデル「2-1」・時代が進めば評価も変わる
  2. 分割page - プリウス・後期モデル「2-2」・質感評価とドライビングフィール、燃費
  3. このpage - プリウス・後期モデル「2-3」・ライバル車考察と総評
プリウス(後期)内装1プリウス(後期)内装2
トヨタ
  • グレード:“L”
  • 型式:ZVW30
  • 車両価格:217万円
  • デビュー年:2009年5月〜

こんなところもプリウス

試乗の際にチェックしたい、知っておきたいポイント。

液晶部分の切り替えスイッチ

ステアリングのスイッチプリウスのステアリングには複数のスイッチが付いており、ここでエアコンの動作や液晶表示部の画面切り替えができる。

左の写真は、ステアリングスイッチ右側。

上の赤丸のスイッチで、全体的な画面切り替えを行う。ボタン長押しにも対応。切り替えは他のトヨタ車もそうだが順送りのみ。
ハイブリッド動力の状態、総合的な燃費情報などを知ることができる。

下の赤丸のスイッチは、トリップメーターの切り替え。この2つに関してはステアリング部分でのみ操作することになるから、プリウスを試乗する際にはぜひ参考にして下さい。

グレード「L」はシートリフターがない!

前期後期どちらも、プリウスの最廉価グレード「L」(217万円 )には運転席シートリフターがない!
(シートリフターとはシート上下可能な機構)
数名が運転席でチェック、結果、身長172センチを越えると運転し難いと思う。何しろ、サンバイザーが大きく視界に入ってくる上にサンバイザーが近い!目の上のたんこぶじゃないけど、常にストレスを与えられている状態。

この1点だけで、プリウスのグレード「L」は地雷認定。

たぶん、ディーラーの試乗車が「L」って事は少ないと思うから、できれば現車確認か地雷はさけて(笑)。予算の関係上どうしても「L」一択だとすれば、営業マンや整備士の所有車でも、系列の中古車点でもいいから必ず見て下さい。中古といえば、通信販売の場合もチェックを強く推奨。

背もたれを寝かせれば、サンバイザーは遠くなるじゃない?ごもっともです。しかし強い横Gがかかると体が外側に動くわけで、その状態でもハンドルを回せないと不安が残ります。せめて大事な方が乗車する時だけでも。

購入後、シートリフターがない、どうしよう??

プリウスのシート、シートリフターにご注意買ってから気付いた。こんな事、あると思います。そういや筆者の友人がディーラーでプリウス「L」の見積もりを貰った時にも、シートリフターについては聞かされなかったそう(試乗車のグレードはGかS)。

この場合、パッと思い浮かぶ施策は2つ。

  1. 運転席を上級グレードのものに交換する(未確認)。
  2. シート座面のワタを抜く(アンコ抜きというやつ)。
  3. アフターパーツのシートに交換(上がるか下がるかいろいろだから一定レベルの知識が必要)。

市販のシートに交換する方法、例えばレカロ純正のスーパーローポジションシートレールなんて全然下がらないことも多い。場合によっては上がっちゃいます。探すなら、サードパーティ製のローポジションシートレール。

プリウスのライバルって?

単純にイニシャル+ランニングの総コストで選べば燃費重視の軽自動車が一番安い。しかしプリウスに興味があるということは、クルマって安ければいい訳じゃないはず。

プリウスの魅力はランニングコスト(ガソリン代)の安さ。一方でイニシャルコスト(車両代)は決して安くない。 そこに焦点を当てて考えると、お金がないわけじゃないけど質感より燃費が重視されているクルマ、そのあたりがライバル車として考える事が出来ると思う。

ホンダが好きならインサイト/CR-Z。通勤スペシャルなら最適。トヨタのハイブリッドと比較すれば、簡易ハイブリッドなんていわれちゃうけど、ただのガソリン車より燃費良いのは間違いなし。
参考:ホンダCR-Z試乗評価


スバルが好きならXVハイブリッドかインプレッサ。XVはハイブリッドといっても燃費に過度の期待は無理そうだけど、アイサイトとの協調制御なんてギミックがある。車両価格はやや高め。インプレッサは車両代安い。価格の割に上質感がある。
参考:スバル・インプレッサスポーツ試乗


セダンボディが好みならマツダ・アクセラハイブリッド。なんと!プリウスのハイブリッドシステムを搭載したマツダ車!こちら現在未試乗で詳細わからず。
アクセラ1500ccには試乗。マツダ車が値引きほぼゼロでたくさん売れてる!コレが全てを物語る。

プリウスにプラス100万円前後が上乗せできるなら、アコードハイブリッド、SAI/カムリ/HS、アウトランダーPHV、アテンザディーゼル。このクラスになればどれもが優れた特徴を持つのが魅力。ナビゲーション標準など標準装備の差で総支払額は近くなる可能性もある。

グローバルスタンダードと点からはVWゴルフ。プリウス側からは全く相手にしていないだろうけど、ゴルフ側からはライバル視しているはず。

最強のライバルは身内トヨタのアクア?

自然なハンドリングはプリウスにはない魅力。装備とオプションを考えると実際の総支払額は近くなりそうだが、うまく住み分けされている気がする。

最大のライバルはやはりアクア。一般的なグレードで装備内容を近づけて比較すれば車両価格はそんなに大きく離れていないので、バリューフォーマネーではプリウスの方に割安感を感じる。やはりスマートキーくらい欲しいよね。

燃費以外の内容で比較すると、大きな違いでは「より先進性を感じるのはプリウス」、「全体的な上質感でもプリウス」。「車内スペースの広さでもプリウス」。逆に「自然なハンドリングという点ではアクア」。
自然に曲がれハンドル切るのがラクという点ではアクアの方が優れているので、この辺りの差によってうまく住み分けが出来ているのかなと。積極的にアクアを選ぶ理由も大いにある。プリウスはハンドル切って不自然な感触で不快感高し。普通に交差点でも嫌な感じがする。

好みや条件に合わせて選べる豊富なラインナップ、流石トヨタ様ですね。
参考:アクア試乗レポート

プリウスαの販売も好調らしい

プリウスαの内装1プリウスαの内装2

プリウスの兄弟車にハイトワゴンルックな「プリウスα」がある。聞けばこちらも販売好調の人気車で、なんとプリウスの販売台数の半数近くがこの、プリウスαというではないですか!雑誌などのデータは、データによりプリウスの販売台数にまとめられています。

ということで、プリウスαも全く無視できない派生車種。違いはといえば、エクステリアはご存じの通り。プリウスほど洗練度がないけれど、ここはお好みで許せる範囲内。しかしインテリアはというと、素のプリウスとは全く異なります。洗練された印象の強いプリウスに対して、プリウスαはものすごく野暮ったい。
上の画像はプリウスαの内装。

お値段は5人乗り仕様でおよそ250万円(ZVW40)7人乗り仕様でおよそ280万円(ZVW41)

素のプリウスと比較してもしなくても、7人乗りの方はけっこう高価なわけですが、こちらはバッテリーにリチウム系のバッテリーを積んでいるそう。リチウムイオンと公表されています。

このバッテリーこそ、他のトヨタハイブリッドと異なる優位点。一般的なニッケル系と比較すれば扱いにくい反面、エネルギー密度が優れていると言われます。扱いにくさに関してユーザーが気にすることはなさそうですが、「リチウム系は過放電にものすごく弱い」というのが、バッテリーの基礎知識。もしかしたら、あまり運転されない方には向かないかもしれません。

プリウス(後期)内装3プリウス(後期)内装4

後期プリウス、総合評価

プリウスインテリア2軽自動車の実用燃費が上がり、ハイブリッドならより安価なアクアだってある。後には同システムのアクセラハイブリッドもデビュー予定。故に経済性の高さだけでは語れなくなったプリウス。実はマイナーチェンジで価格が上がっているし、最廉価グレードの「L」では実用上の問題があるわけで、けっこう車両価格は高いわけです。この車両価格をどう考えるかにより相対的な評価は変わってきます。

単純に230万円のクルマとして考えれば、クルマ自体の魅力は薄く、ハンドルを握った時の質感は高くありません。「ダウンサイジングだ!」と意気込んでプリウスに乗り換えれば、どんな時でも我慢を強いられます。またコンパクトカーからのランクアップでも、ちょっと慣れれば「こんなものか」という感じに。

一方で、素晴らしいハイブリッドシステムに主眼を置けば、コストパフォーマンスは高い。ハイテクを積んだクルマがこの価格で買えたという満足感にプラスし、ここに興味があれば毎日の運転が楽しくなるのは間違いありません。燃費を伸ばすというゲームをしてる内に、あっというまに目的地に着いちゃうことでしょう。

プリウスは経済性の高さだけでは語れなくなり、安いクルマにプラスした魅力を感じられるかどうかが評価のポイントかと。320万円超の本皮シートが付いたグレードなんて、ただ燃費が良いからと選べる選択肢ではありません。かといって217万円のグレードを選べばシートリフターさえ付かない。プリウスはトクをするクルマというイメージが強いですが、実際には割り切られている部分も多く、「リッチ」な一面も持っています。プリウスのハイブリッドシステムに惹かれれば魅力あり。とまとめさせて頂きます。

プリウス (30系後期-2)

トヨタ

prius (プリウス)

  • 試乗グレード:“L”
  • 年式:2012年
  • 型式:ZVW30
  • 新車時価格:217万円

プリウスのモデル別の違いや比較
その他の概要はリンク先で掲載中。

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

プリウスインテリア2

プリウスAピラー1
プリウスAピラー2
ドライバーの目の位置から左右を見てみた。評価、特に右側、良くはないけど極悪じゃない。

リア視界1
リア視界2
リア視界3
リアの様子。上からバックミラー、バックモニター、直接うしろを見た様子。
薄暗い時間帯からはリアの視界は悪い。下部ガラスのスモークが濃い。

フロントマスク(ウインカー消灯)
フロントマスク(ウインカー点灯)
後期になりバンパーが大きく口を開いた。フォグランプが付くグレードでは口の中に配置。スモールランプ、ウインカーの点灯イメージ。

ステアリングのスイッチ

プリウスのシート、シートリフターにご注意

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。