MR-S辛口評価と試乗

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2005年記事 トヨタ MR−S
著:ヒラリー)

トヨタMR−S・試乗インプレッション

今回の試乗レポートはトヨタのNAミッドシップスポーツ、MR-S。ミッションはクラッチペダルレスの2ペダル式・自動マニュアル。シーケンシャルタイプのシフト操作でギヤポジションを変えられます。

MR-Sはエクステリアデザインが好きだったので試乗車をお借りして約30qくらい試乗しました。
一緒の営業は知人。どこでも好きなところを好きなだけ走れます。新車の試乗車としては恵まれた試乗環境です。

MR-S(マニュアルトランスミッション)内装
トヨタ
  • グレード:“V-edition”
  • 型式:ZZW30
  • 車両価格:-
  • デビュー年:-

どんなクルマ?

MR2の後継としてトヨタからまたまた発売されました。MR2は10%の夢と90%の妥協をカタチにしたクルマMR-Sは5%の夢と95%の妥協をカタチにしたクルマになって登場です。

リヤミッドシップにエンジンをレイアウト。後輪駆動のMR-S。それでいて実用的でない実用車、もしくはカローラのオープンカー。これがMR-Sです。

非常にがんばって軽量化されながら、特別でない雰囲気を持つ、ちょっとかわいそうなクルマ。スペシャルでないし実用車でもない。トヨタだから?実用エンジンだから?なんでかはわかりません。
スポーツカーのようなオーラはまるで無し。ただし、わかる人にはわかるというわかりにくい良さと特徴を持つ。初代ロードスターの持つ気軽さが同程度あって、この気軽さとミッドシップらしい?ハンドリングを味わえるのがMR-Sのメリット。

外観はやっぱり背が低くて良し

外から見て、やっぱりオープンカーは全高が低くていいですね。これで外車のオープンカーのように優雅さや余裕を感じさせてくれたらなお良いんですが。
MR-Sは基本的に遊び車。当然のように趣味のクルマ。なんですが、どちらかといえば頭でっかちなクルマ好きが乗るというイメージ。余裕がない人が乗るとオタクに見られる様な雰囲気があふれてます。やっぱりこの辺がトヨタブランドなのか?
もちろんクルマなんて好きなら何でもいいとも思いますが、誰かとハナシをすれば必ずオタクっぽいといわれてしまう。硬派なイメージがなければ男らしくもない。アクティブな印象もない。見栄も張れないし特別速いわけでもない。安くておばちゃんでも乗れるクルマを目指すと結局こうなる?
普通の実用車だって、 どんなクルマでも気持ち良く走れば十分楽しい。初心に帰ればこれです。

低価格で優雅なクルマというは基本的に存在できないため、普段バリバリでない人が乗るとオタクイメージ丸出し。(あぁー恥ずかしい)。流行のクルマなら誰が乗っても格好いい。乗り手を選ぶのがトレンド逆行クルマの宿命です。

とにかく軽量、それが特徴

このMR-Sはとにかく軽量でそれを売りにしてるために、質感どうこうはおかしいのですが、特殊な車に乗っているという演出感が足りません。目をつぶって直線を加速するだけなら結構普通のクルマです。

軽さを感じるのは、加減速を繰り返す走行の時。走り慣れたコーナーの多い道に行き、全開にしてみます。すると実用エンジンの割りに思ったより加速感いいです。自分が乗ったのは自動クラッチのセミマニュアルのタイプでしたが、軽いショックと共に80qくらいまではストレスなく加速します。ホント軽いってすばらしい。感覚的に2000ccのトヨタ・アベンシスと同等以上の加速感です。
(加速感についてはギヤ比の影響も大きいので、感覚的、というのを強調しておきます)

MR-S前期型の車両重量はなんと1000キロを切ります。最軽量グレードで970キロ。これは1800ccエンジンを搭載している国産車としては断然軽量。ヴィッツでいえば1000ccクラス。軽自動車でも800キロくらいあるのが現状です。

その分、質感という面では非常にチープ。これぞおもちゃ!と評価するのが最適。またエンジン音は室内にかなり響いてきますが、これは演出でしょうか。ライバルと比較すると、エンジンはロードスターよりよさげ。

試乗レポート(ハンドリング)

MR-Sのハンドリングノーズがロールしないし、ヨーの立ち上がりも早い。ブレーキの安定感も高い。低速域では比較的安定しているけど、これがなかなか面白い。高速域ではスッとリアがでたりもしたが、いつでもスッ、って向きを変える様な、FFだといつでもタックインしてる様なそんな曲がり方。100q以上では回頭性はすごくいいけど、サーキットで走るならもう少し安心感がないと自分には怖いかも。スッと行ってクルッと行きそうなイメージ。

これらまとめると、低速でも軽量ミッドシップというクルマの特徴を十分味わえる、非常に貴重なクルマ。廉価版ロータスエリーゼとして、入門用にちょうどいいかもしれません。

サーキットレベルの話ではないですが、当然ながらFFみたいに滑りながらでもフロントで引っ張っていく様な粘りはないです。結局、慣れの問題や、いいとか悪いじゃなくて、スキルレベル含めて「好み」でしょう。

運転が上手い人ならまた違った評価が

MR−Sは、自分は運転が下手だけど、運転うまい人だったらかなり楽しめそうな印象。でもそういう人は多くの場合においてホンダS2000買うでしょう。こちらはしっかり志を持って開発されたハズ。内容もスポーティ車として恥ずかしくないもの。値段が割高なのが玉に瑕ですが。

逆に大人が乗れば恥ずかしい思いをするオープンカー、それがMR−S。なんといっても生い立ちがケーハクです。さすがトヨタのフェラーリと呼ばれたSW20・MR2の後継車。スペックも最低限。最初は面白くても飽きるのも早そう。

乗り心地と質感

MR−Sに試乗していると、乗り心地は常にフロアがカクカクブルブル。剛性感足りなすぎ。 サスも固く、車重も軽いために足回りもバタバタ。まるで一世代前のホンダ車に乗っている様です。
何を隠そう、MR−Sのベースはヴィッツファミリーのシャシーということ。大幅に改良してあるはずですが、これならガタガタブルブルも仕方ありません。MR-Sの価格を考えても納得せざるを得ません。

ボディデザイン

ボディデザインは写真で見るとポルシェのように見える場合もあります。なんだかワクワクしてしまうデザインです。しかし実際はそうではありません。もうちょっと細部の質感が欲しくもあります。

デザイン・スタイルは好みが合えば非常にスタイリッシュで魅力的という評価ができる。実際に筆者はMR−Sのデザインは好きです。
客観的に評価すれば、大人の趣味用クルマとしてはちょっと子供っぽいと感じてしまう。この手のクルマとして中途半端なデザインかと思います。

2代目ロードスターと比較して

クルマのキャラクター的に近い、マツダの2代目ロードスター。こちらは若干大きめ、サスペンションもしっかり。そしてFRとよく見れば違いは大きいですが、MR−Sを購入する際のライバルとなるのが現状。
これを比較すれば、(個人的に)デザインと軽量感でMR−S有利。対してコーナーリングのマイルドさとブランドイメージはロードスター有利。

サーキット走行だと、ゆったりとカウンターを当てて、ほんの少しリアを滑らせて走れるのがロードスター。対してピーキーで、そおっとリアを出すなんてのが難しいMR−S。私など初心者レベルならロードスターの方が事故の心配なく走れます。
(ロードスターはサーキット走行会で外から見ていても、コーナー立ち上がりゼロカウンターで走っている方がけっこう多い気がする)。

そして、MR−Sのリアサスペンションは、ストラット型式。そりゃ出来上がったものがよければサスペンション型式なんてなんでもいいでしょう。でもね、MR−Sの場合はちょっと微妙。「足回りの剛性が足りないのかなぁ?」とか、「動的なアライメント変化が大きいのかなぁ?」なんて考えてしまいます。

セカンドカーにぜひ欲しいMR-S

もしMR-Sを購入するならセカンドカーとして買うか、思いっきりスポコンチックにいじって乗るか、またまた自分に自身がある人なら、それならば、とってもかっこいいと思います。常日頃からご自身を磨いていらっしゃる方なら、自分のスタイルで周りを気にせずに乗るのがかっこいい。

トランクがない?

MR2の時には、狭いながらもトランクがありました。一台しかクルマを持てない状況では、なんだかんだいってトランクは非常に重要。いつもいつもスポーツ走行だけに使うわけにはいきませんからね。
パッとみ、トランクといえる場所がなくなり、シート裏側の便利スペースも無くなっていますが、シートの裏側にはちょっとしたトランクスペースがあります。

Sエディションでシートカラーを選択可能。Vエディションなら皮シート。モケットは滑りにくいという特徴がある

セミオートマは現時点では微妙

それから最後にもう一つだけ。このシーケンシャルミッションはシフトアップの時は少し待ち、ダウンの時はブリッピングしてくれるけれども、どうも回転があわないから、合わせようとしたらタイミングを見て自分でアクセルふかしてください。

ブリッピング機能は回転数が合わない。「ボゥボーン」てな感じでシフトダウンするのでレスポンスだって悪く感じてしまいます。(実際に悪いわけではない)。
シビアでストイックに走るのが好きで、微妙な感覚のずれが気になるなら最初からマニュアルトランスミッション、MTがいいです。
もし中古車でMR-Sを狙うなら、MR-Sのセミオートマは、ちょっと微妙な味という意見も忘れずによく悩んでください。

トヨタ MR-S

トヨタ

MR-S (エムアール-エス)

  • 試乗グレード:“V-edition”
  • 型式:ZZW30

概要

  • 排気量:1800cc
  • 車重:970kg
  • エンジン型式:1ZZ-FE
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


陽気なイメージがよく似合う?


ホロを付けるとこんな感じ。


独立3眼メーター。アリストのようだ?


インパネ質感は最小限


ペラペラドアだが取っ手が付いている。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。