マークXジオ自動車比較・辛口評価と評論

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2011年記事 トヨタ マークXジオ
著:元自動車整備士)

トヨタ・マークXジオ・試乗インプレッション 「1」

ここでご紹介させて頂くクルマはトヨタのマークXジオ、グレードは「エアリアル」で2400cc。辛口で言いたい放題な試乗記です。

実は筆者「元自動車整備士」は、このマークXジオ・エアリアル(21年式)を所有しています。テキトーに作られたケーハク車であることは百も承知。で、購入しました。 エクステリアのデザインが好きなんです。やはりクルマはデザイン良ければ全て良し・・・。愛着こそ重要です!

ジオの内装5 ジオの内装6
トヨタ自動車
  • グレード:“エアリアル”
  • 型式:ANA10
  • 車両価格:278万円
  • デビュー年:2007年9月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. このpage - マークXジオ試乗「1-1」・概要とドライビングフィール
  2. 分割page - マークXジオ試乗「1-2」・魅力、長所
  3. 分割page - マークXジオ試乗「1-3」・エンジンパワーと参考データ
  4. 分割page - マークXジオ試乗「1-4」・アフターパーツと乗り心地

マークXジオってどんなクルマ?

ボディデザイン

このマークXジオ(以下ジオ)、筆者の認識ではハリアーのバリエーションモデルと認識。ボディ形状違いの仲間と思っています。
トヨタ的にはこのジオ、初代マークXの(見かけ上)バリエーションモデルとしてデビューしていて、カタログなどでもそうした位置づけとなっています。

しかし、マークXセダンはFR+6気筒+6ATといったコンポーネンツを採用しているのに対し、マークXジオはFF+4気筒+CVT。といったコンポーネンツ。動力もパワートレーンも別物なのは誰の目にも明らか。

もちろんシャシーという足回りだって全然別物。ハイトワゴンだから燃費や内外装の質感を重視??詳しくはわかりませんが似ているのは価格とボディサイズのみと言っても、過言ではありません

テールライトこのジオはこんなにも違う内容なのに「マークXと呼んで良いのか??」大人の事情でマークXのファーストネームが付けられ、マークXの名前で販売されています。現在のところ、ジオの販売台数はマークXに含むらしい(一部わけている集計も発見)。
ジオは十分に魅力的なクルマなのに、この「マークX」というネーミングが残念。ほんのこれだけで、微妙な存在感と評価したくなってしまいます。

グレードやエンジン

ボディデザイン横搭載されるエンジンは2種類。「4気筒2400cc」と「6気筒3500cc」。トヨタお得意のラインナップですね。ミッションにはそれぞれ「CVT」と「6AT」が組み合わせられます。

違いは余裕と高級感。やはり自動車においてエンジンは中心的存在。クルマから受ける印象、全体的な質感が大きく変わってきます。余裕と高級感を自動車税と多少の燃費悪化で秤に掛けての選択です。

このエンジンラインナップを中心に、最も安価なグレードなら5人乗り仕様(ファイブスタイル)だったり、エクステリアデザインが立派に加飾されたグレード(エアリアル&エアロツアラー)だったりが揃います。
新車時の価格帯は247万円〜380万円(2011年)

筆者は、エクステリアのデザインに惹かれ、2400ccのエアリアルを選択して購入しています。

自動車といえば!中身はなに?

ということで、ご存じの通りジオは前輪駆動でメインは4気筒エンジン。後輪駆動のマークXセダンとはフロアやシャシーとは別というわけです。このジオはトヨタのビッグサイズFFプラットフォーム(別名を拡張版オーリスベースとも)を使用しているといわれます。

このプラットフォーム、代表的なのがアルファードやエスティマ。その他トヨタのSAI、レクサスHSなども”ほぼ”同じシャーシらしいく、実はこれらのモデルではインテリアも系統が似ています。
(いわゆる新MCプラットフォーム。ハリヤーなどのKプラットフォームも近いといわれている)

※FFはフロントエンジン・フロントドライブ、FRはフロントエンジン・リアドライブ。

ジオはこの新MCプラットフォームで最小となるオーリスやブレイドとほぼ同じイメージのインパネを採用(ただし素材感はレベルアップ)。プリウス、サイ、HSも型なんかはけっこう流用部品で善太粋なデザインイメージも一緒。インパネ裏側のステーの位置、ボルトの位置も多分近いモノでしょう。

そんなマークXジオ、インパネ全体のイメージやドライビングポジションなどはCセグメントのような感じですが、内装の質感に関しては200万円台の常用ミニバンとして充分な質感。トヨタのFF車に限定せずとも立派。もちろんノア/ヴォクシー、ウィッシュなどとは全然違います。

どのクルマにも似ていないエクステリア、そして質感あるインテリア。ジオらしいエクステリアにジオらしいインテリア、これが最大の特徴です。

ご注意、マークX(セダン)とは関係ありません

このクルマは前輪駆動(FF)で4気筒エンジンがメイン。運転時の高級感も、助手席の快適性も、セダンのマークXとはまったく別物です。
参考:マークX (GRX130・2代目)

マークXジオには生半可に6気筒クラスとなるマークXのネーミングが与えられた関係上、インターネット上のコミュニティサイトではマークXとは別物と不満を抱くオーナーさんの記事が目に付きます。マークXと名前を付けるならば、ブレイドロング、オーリスワゴン、オーリスジオなど、他にマトモなネーミングがあるだろうと、かなりのいじられようw

しかしこのジオ、デザインとコンセプトに関しては昔ながらのセダンより現代的。

コンセプトだけは進んでいて、決してマークXとクラウンの正兄弟に劣るクルマではありません(悪く言えば実験的な自動車)

新しい価値観で運転できる(いや移動できる)のがマークXジオ。ボディデザインは高級感溢れ、ヨーロッパ車の様な優雅さを持つ。室内ではリアシートがキャプテンシートだからベーシックなミニバンとは一味違った座り心地。そして4気筒エンジンとCVTの組み合わせだから、少しだけ燃費もいい。

試乗:ハンドリングや操縦性

ジオ、ダッシュボード試乗ということでジオの運転席に座ると、予想よりも着座位置高め。そして足下は狭め。
トヨタはセダンとか乗用という部分を大きく強調していますが、ドライバーズシートに座った印象はセダンという感じよりもミニバンに近い感覚。

他のクルマと比較すれば、ノアやヴォクシーからの乗り換えなら十分満足いく感覚で、200万円クラスのセダンからの乗り換えなら不満足だろうという評価。

コーナーでの印象やステアリングフィール

レグノ

ミニバンらしい視界を持つ着座位置から予想できるとおり、コーナーを曲がればワゴン車らしいもっさり感あり。サスペンションは決して柔らかくないのに、ワンテンポ遅れて反応するような感覚を感じてしまう。
これは 穏やかで走りやすいとイコールではない。高級感を感じるクルマは反応よくジワリとハンドル操作に対する反応を示してくれる。

またスポーティに走りたい場面では、どうしても加速しながらハンドルを操作したい場面も出てくる。そんなアクセルを踏み込んだままハンドル操作が必要なコーナーでは、ものすごくレスポンスが悪い割に、ステアリングにはその手のインフォメーションを伝えてくれない。

「高級感」とか「良いクルマ」とか「楽しい」と感じる部分を「官能性能」と表され評価されたりするが、その官能性能に関しては残念に感じる。

筆者はサスペンションを変えたり純正に戻したり、またショートパーツを取り付けたりした。そうこうしているウチに、ジオの得意の場面を発見。
どこかといえば下り坂。下り坂ではバランス良く、なかなか侮れない機敏さを見せる。新車時から18インチタイヤということでグリップ感もバッチリ。一昔前のクルマと比べればリアの安定性が高く、ハンドリングが急に過敏に変化するといったシチュエーションは味わっていない

だからもちろんフラフラな不安定感は極小。少々雑なハンドルさばきだって普通にコーナーをクリアできる。許容範囲の広さは疲れている時にもありがたいし、いざという時に役立つ横滑り防止装置も標準装備。このあたりに関して言えば、コンパクトなスポーティモデルより圧倒的に素晴らしい

ステアリングを回す感触

ステアリングを回す際に受ける印象、ここはクラウンクラスの高級セダンから乗り換えても満足できそう。基本的に回すフィーリングは軽い。ほんの少しざらつきというか引っかかりを感じる時もあるが、人口的な滑らかさと自然な回し心地がうまくミックスされていると思う。

具体的には、中立付近が軽く、切り込むと重さを増すステアフィール。わざとらしい演出の可能性も高いが、このフィールはFRの持つ良さにも近い。ただSAT(ステアリングを中立に戻そうとするチカラ)はやや強め。同世代トヨタFFの感触。

また荒れた路面でステアリングに伝わる振動はよくカットされている。人工的に感じる反面、より大きいクルマを運転しているような落ち着きとか心地よさを与えてくれる。
一方でステアフィールにおいて残念なのはリニアリティの不足。しかしこれ、サスペンションブッシュの動きを制限する「リジットカラー」というパーツを付けると、乗り心地とトレードオフするカタチで、大分良くなる。

ジオの基本性能、その他の特徴

その他、優れているのは街中でのアクセルペダル操作性の良さとパワーの出方。軽くスムーズに踏め、小さいクルマのように早開きでない。デビュー時のCVT他車と比較してみると、アクセル開度が20%を越えない街中では、CVTでも自然に加速しやすい

ペダル開度30%、ちょっと強く踏み込むとラバーバンドを伴う”如何にもなCVT”になっちゃうけどね。

またブレーキ、いわゆる”かっくんブレーキ”でないのが市街地で扱いやすい。ペダル自体は剛性感なく奥までグニャッと入ってしまうタイプながら、普通にブレーキを使用する範囲内では、軽いチカラで唐突感無く踏め、リリースする時の抜け加減も自然に思う。

ダメな部分、ちょっといいペースで走る際のアクセル特性の不自然さとCVTのもっさり感

エンジンの質感はどうか?

エンジンルーム2エンジン型式はお馴染みとなった「2AZ-FE」型。この2400ccエンジン、一言で表せばかなりガサツ。2AZ-FEのエンジンのひどさは、例えばエンジンノイズのチープな酷さでは、このクラスの4気筒エンジンの中でもワーストを争うほど。振動出るし音もガサツ。ちょっと回転を上げればガラガラガラガラまるでディーゼル車のような感じ。間違っても精密感を感じたりだとか、気持ちよさを感じることはない。

とてもクルマ好きが乗れるエンジンではありませぬ

ただし全く質感がないかといえばそうではなく、乗用域の静粛性は褒められるだけの評価ができる。4気筒エンジン搭載車として、特にアイドリング時の静粛性は高く、このあたりはさすがトヨタ。エンジン自体は質感低いですが、トヨタ自慢のポイントはしっかり押さえています。外で聞こえる音に関しても、周りのことまで考える気配りの良さはさすが日本車。

それから高回転側のトップエンド500回転。実はココが美味しいポイント!クルマが新しかった時、たしかフラットトルクに感じた覚えがある。しかしいつの間にか、この最後の500回転で加速力が強まるようになった。プログラムの書き換えを行った変化かもしれないし、当たりが付いたのかもしれない。
特別にエンジン音が変化することはないから、官能性能的には今一つ。だけどついタコメーターに目が入ってしまうだけの伸びがある。アクセルを少し緩めてシフトアップ。

また巡航時は、CVTがとにかく低回転を利用しようとするので、エンジンの存在自体が遠い存在。時速60km巡航ペースかつ、ゆっくり加速の流れに沿って走っていると、交差点曲がっての再加速時も1500回転くらいまでしか使いません。

問題はキビキビ走りたい時や上り坂が多い道、そんな時には嫌な面が顔を出します。例えば出だしや中間加速時、アクセルペダル開度20%程度から30%程度で、コンパクトクラスのように高めの回転数を使いたがる特性。こういった場面では非常に違和感を感じるし、各種ノイズが非常にうるさく感じる

エンジンルーム1ということでこのマークXジオの2400ccエアリアル、車両価格280万円のクルマとしては若干クエスチョンマークもつきますが、所詮トヨタの中級クラス、まあ妥当といえば妥当でしょう。多くのクルマで実売価格が上昇しているわけだから、ある程度はガマンしなくちゃならない。

4気筒2400ccのエンジンはチープ!そしてエアリアルを選ぶなら同じ価格でオデッセイ・アブソルートが買える!このこと知った上で購入を考えて方がいいと思います。

ジオとレカロシートレカロシートはずいぶんと安く手に入るようになった。長距離移動はとてもラクになる。

ジオの6人乗りについて

ジオ、3列目テレビCMでは、トヨタから新しいカテゴリーを想像しますということでお目見えしたマークXジオ。
その言葉通り、ミニバンでもなければワゴンでもないカテゴリーとして、後部座席も肘掛け付きのフロント同様のシートが特長です。シートバリエーションは3つより選択できます。

  • おまけの3列目シートが付いた6人乗り。
  • 2列目シートがベンチシート(セダンのよう)となった7人乗り。
  • 3列目シートがない5人乗り仕様が追加で販売開始。

通常は車両売却、下取りも考えると6人乗りがオススメですが、通勤などで使うなら5人乗りがOK。車両価格が割安でベストバイとなります。

ジオのシートバリエーションと車両価格

執筆時点および、2011〜2012年のおおよその車両価格。

  • キャプテンシートの6人乗り 278万円〜
  • ベンチシートの7人乗り 258万円〜
  • 2列シートの5人乗り 249万円

トヨタ マークXジオ

トヨタ

markXzio (ジオ)

  • 試乗グレード:“エアリアル”
  • 年式:2010年式
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:278万円

概要

  • 排気量:2400cc
  • エンジン型式:2AZ-FE 4気筒

その他概要

  • 型式:ANA10
  • ボディサイズ:4705/1785/1550mm
  • 車重:1570kg
  • 発売開始時期:2007年9月〜
  • 新車時価格帯:247万円〜382万円
「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

マークXジオ

ANA10 2AZ-FE 2400cc 2008年〜
55D23L

マークXジオ

ANA15 2AZ-FE 2400cc 2008年〜
55D23L

マークXジオ

GGA10 2GR-FE 3500cc 2008年〜
55D23L


マーク2、マークXのバッテリー詳細

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

コンパクトクラスよりはましだけど・・・。そして静粛性は高いんだけど・・・。さらにCVTは滑らかなんだけど・・・。

駆動系質感 5段階評価

CVTならやっぱりトヨタ。ただしアクセル制御が今ひとつなので星3つ。

足回りの質感 5段階評価

ありえません。

内装の質感 5段階評価

さすがに割高なだけのことはあります

外装の質感 5段階評価

好みはあれど質感は十分。標準でも優雅なライン。フロントフェイスはエアリアルなら一般的な印象。

快適性 5段階評価

綺麗な路面での静粛性はセカンドシートまで流石。荒れた路面では軽レベル。

希少性 5段階評価

これって外車ですか?

お買い得度 5段階評価

優雅なデザインに惹かれれば文句なし。初代エスティマのデビュー時を思い出す。

winter maxx

ジオのメーター(消灯)
ジオのメーター(点灯)
メーターパネルは半ブラックアウトといった感じの字発光式。液晶表示部は上下2カ所。切り替えて情報を表示できる。

カップホルダー
収納できるカップホルダー。フロントは計3個(ドアポケット入れると計5個)あるので、灰皿を置いても問題ない。
オデッセイには灰皿が標準、レクサスにも灰皿標準、フィアット500も標準、これを考えると、ジオは若者向けなのかお年寄り向きなのか?

テールライト
似合うのか似合わないのか?ブラックアウトされたテールライト。車高調はRS-Rの単筒式。せっかくの車高調が真子に残念ながら、写真のようにあんまり車高下げずに減衰力調整弱めという使い方もあり。

ヘッドライト
ブラックパールリミテッドのヘッドライト。

レグノ


この角度から見る室内はなかなか立派。

ラゲッジスペース
ゴルフバックはひとつなら、余裕を持って横積みできる。長尺タイプOK。

エンジンルーム1
エンジンルーム2

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。