トヨタ・アイシス辛口評価の試乗レポート

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 トヨタ アイシス
著:ヒラリー男爵)

トヨタ・アイシス・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートはトヨタ・アイシス(ZGM11G)/グレード「G」2011年モデル。2004年デビューのコンパクトミニバン。特徴は片側Bピラーレス&スライドドア。
モデルサイクルは長いですがビッグマイナーチェンジも実施しているため、発売後8年が経過しても商品価値をキープしています。

アイシスの内装1アイシスの内装2
トヨタ
  • グレード:“G”
  • 型式:ZGM11G
  • 車両価格:229万円
  • デビュー年:2004年09月〜
  1. このpage - アイシス試乗「1-1」・概要と内装、エンジンとミッション
  2. 分割page - アイシス試乗「1-2」・走行性能、乗り心地や静粛性、ピラーレスの利便性

※アイシスが属するローハイト系コンパクトミニバンの比較をまとめました。
2013〜2014ローハイト系コンパクトミニバン比較

試乗車概要

※写真は都合上、試乗車とは別のクルマ2台の写真を利用させて頂きました。

助手席側ドア

アイシスは1800cc&2000ccのコンパクトミニバン。通常は4人よりでワゴンとして使い、非常時のみ3列シートを利用することが想定されたモデル。
競合車には同じトヨタのウィッシュのほか、マツダ・プレマシー、日産ラフェスタ、ホンダ・ストリームあたりが揃います。

その中でアイシスは、「助手席側スライドドア+Bピラーレス」という他車にはない特徴を持っています。

助手席側のドアを開ければ、それはそれは広大な開口部。まるで、”玄関はでかい方が偉い!”といわんばかりの風景が目の前に広がります。
何か意味あるかが問題じゃありません。凄いと思えるかどうかが重要なんです。

アイシスは走れば全くロクなものじゃない。お値段だって高い。しかし、どうしてもアイシスじゃないとダメな理由がある。凄いと思ったらアイシスで決まりですね!

※筆者はこのアイシスと兄弟車ウィッシュを比較検討。結果的に2代目ウィッシュを購入し、7000キロ走行。試乗テストなども終え、現在は売却しました。

基本部分はウィッシュと共通

豊田自動車豊田自動車

アイシスの基本部分は同じトヨタのウィッシュと共通している部分が多いみたい。ウィッシュはヒンジ付きスイングドアだから、スイングドアかスライドドアで選べるラインナップといっていいでしょう。
さすがトヨタ、ユーザーが楽しく選べる豊富なラインナップを揃えてくれます。

カウルトップとストラットタワー

写真部分はストラットタワー。こんな部分もウィッシュとそっくり。

お値段はアイシスの方が10万円程度高く、しかもウィッシュの方が安全装備が充実しているので、20万円以上ウィッシュの方がお得な計算です。

どのウィッシュと近いのか??

アイシスは2004年デビューということでこの記事を書いている時点ですでに8年落ち。非常にモデルライフが長くなっています。
もちろんその間にビッグマイナーチェンジを実施し、パワーユニットやパワートレーン、つまりエンジンやミッションが変更されています。 2009年の9月以降のモデルではトヨタご自慢の「バルブマチック付きエンジン+CVT」が採用され。燃費のカタログ値も向上しています。

この間、ウィッシュは初代〜2代目とデビューしているから、アイシスが近いのはどちらだろう?と気になります。答えは、「2009年9月以前は初代ウィッシュ、それ以降は2代目ウィッシュに近い」といえます。
2代目ウィッシュの基本はほとんど初代と一緒。違いといえばエクステリアが変わって、エンジン&ミッションが変更になり、安全装備が充実しました。

インテリア(内装)

助手席側からのインパネ

内装の全体的なデザインは至って普通さを重視していると思われます。各種スイッチも当たり前にデザインされ、ヘタに若い世代に合わせた形状より、安っぽさを感じさせません。

普通ぽく感じるのは何でか?トヨタ車が売れているから普通に見えるのか、大昔からの王道なのか、日本人の奥底に流れるDNAなのか。。。

無駄話はおいておいて、質感についての評価でも。昔からトヨタの内装って、素材感は悪くても見せ方がうまいなんてよくいわれます。具体的にどんな意味なのはさておき、アイシスの内装は、カタログで見ると立派に見え、実際見るとそうでもないタイプ

つまり平均的といえる評価ですね。ウィッシュよりは全然いいです。

シフトゲートや各種スイッチ

エアコンパネル

運転中、常に手で触れることになるのがシフトセレクターやエアコンスイッチ。アイシスでは写真のようなカタチをしています。

絵コアコンのスイッチは、完全に規則正しく並んでいるわけではないが、どうしても手元を見ないと押したいスイッチは押せず。窪みを付けるとか、分離させるとか、手探りで判断できるデザインだったら、運転中も操作しやすいだけに残念。

また各スイッチのサイズは大きいけれども、少々押し心地が渋く、スイッチ中央を押さなければ引っかかりを感じてしまう。安いPC用キーボードのスペースキーのよう。

それからシフトゲートについては、アルファードのようなメッキ縁取りが付き、見た目は十分豪華。またスムーズな操作性を期待させてくれる。
実際には 、節度感は強いが使いにくいほどではなく、まずまず好印象。このクラスでは良い方の部類に入るんじゃないかと。コンパクトカーのように固すぎてガゴッとチカラが必要なわけではなく、また音や手に伝わってくる振動もそれなりにはカットされている。取り付け部の剛性も考えられているのだろう。

見た目から感じるシフトフィールは??実際にアルファード/ベルファイアあたりと比較してみて下さい。

試乗:エンジンとCVT

エンジンルーム

試乗車のパワーユニット&パワートレーンは2000cc+CVT。ビッグマイナーチェンジ後のバルブマチック付きエンジンとCVTの組み合わせ。

発進加速力や巡航中の余裕という面では、やはり1800ccとは全然違う。主力グレードは1800ccの方でしょうが、4人以上の乗車機会があるようなら、2000ccをチョイスした方がいい。

具体的には、2000ccも1800ccも実際の加速力には違いは感じられない。CVTのプログラムが異なり、アクセル開度が増えてもできるだけ低回転をキープしてくれるのが2000ccの方。エンジン回転数低いまま加速していってくれる感じはATの発進加速に近く、感覚的にイヤじゃない。
一方で1800ccモデルは、エンジン回転数1000回転くらい上の領域を使わされる。少しだけ効率の良い領域を使おうとするのが1800ccの方

エンジンの質感については、どちらもダメダメ以上のダメダメさ加減。こりゃ”自動車用エンジンの音”ではなくて”耕耘機のエンジン音”。振動だってAVで良く使われているマッサージ器のようにものすごい。
特に1800ccエンジンでは、音にコモリ音が強く、2500回転〜4000回転あたりは振動も凄い。つまり、どちらかといえば2000ccエンジンの方が質感が高いと評価出来る

CVTについて

ミッションがCVTだと、CVTのフィーリング次第でエンジンの印象も大きく変わる。動力に関する評価するならCVTのハナシも忘れてはいけません

2000cc+CVTは発進加速時にかなり低回転を保ってくれる。これはアイシスを評価していい。

例えばマークXジオなんて2400ccあるのに、出だしから2000回転以上をどんどんと使う。自然に発進したいので「そうっ」とアクセルを踏み我慢するしかない。ちょっと強めの発進なんてあり得ません。

また1800ccとは違った余裕をキャラクターとしても演出されている。低回転で加速でき、低回転で巡航でき、少しはダイレクト感もある。特殊な運転をしなければこれで十分かな。

他車比較でも、アイシスの2000CC+CVTは他車CVTより良いモノだと思う。そりゃ静かな夜間などはCVTのうなり音が気になるし、速度と関係なくエンジン回転数が上下するこの感触は、間違いなくCVTのそれ。しかし市街地レベルの速度域で効率が高いシステムとなれば、選択の中心でしょう。
もし、アイシスのCVTでもフィーリングが気に入らなければ、プレマシーのスカイアクティブを選択するのが吉!こちらのミッションは新しい世代の6AT。これを試乗してみて下さい。あっ、4ATと5ATのグレードはダメですよ〜。オタンコですから。

バルブマチックについて

トヨタ車で使われる名称&仕組みで、エンジンの効率をアップさせる技術。どうやらアイシン精機の技術らしい。機械的なスロットルバルブがなくなり、電子式にアクセルペダルから信号を送り、エンジンの負荷をコントロール。

アイシスではモデル途中からバルブマチックが採用されている。バルブマチックの効果で、ポンピングロスが減ったかどうかなんてわからないが、エンジンブレーキが弱くなったりはしているのかもしれない。
違いといえば、なんだか高回転までエンジンが回るようになったんじゃないかと。以前は苦しそうな音をだしたり極端に加速感が鈍ったり。それよりは高回転が回り、トップエンドに向けてほんの気持ちだけ、加速の盛り上がりがある。

質感は悪いエンジンだけど、実用性という面では効率の方が重要ですね!

ドライビングポジションについて

ドライビングポジションについて一言。アクセル全開を使う可能性のない方は飛ばして下さい。
アイシスでドライビングポジションをとると、右足&アクセルペダルの関係に違和感がある。右足のかかとを付けたままペダルコントロールをしたいのだけど、アクセル開度が大きい部分でペダルリンケージにつま先が当たってしまう。結果、足の位置がずれる

また、日常でのドライブに合わせ、アクセル開度30%あたりまでがスムーズに操作できるポジションで座ると、足の裏の角度とペダルの角度が一致しない。ブレーキペダルの位置がしっくりこない。

ステアリングと体の中心

写真はウィッシュの写真。そういえばあちらはこんな感じで、ステアリング中央と体の中央にずれを感じた(笑)
運転する上で問題を感じたことはないけれど、アイシスはどうなんだろ?確認するのを忘れました。

アイシスのドライビングポジションアイシスのドアを開けた写真

右側視界は最悪レベル

ミニバンやコンパクトカーでは、運転席から右斜め前が見にくいクルマが多くなっている。いやアルファードやエルグランド、オデッセイ辺りを除けばほとんどの車種といってもいいかもしれない。

アイシスではここ、最悪レベルに視界が悪い。ピラーは立っているから視界は良いんじゃないかと想像していたけど、全然そんなことはなかった。右コーナーで先が見づらいというだけならたいした問題じゃない。しかし右前に人がいても、完璧に確認出来る訳じゃない。

う〜ん、設計上の煮詰め不足かピラーが太いのか何なのかはよくわかりません。そういやオデッセイなんかは極細の内装でAピラーが覆われていた。もちろんライバルとなるウィッシュやプレマシーだってAピラーによる死角が気になるほうだけれど、感覚的にアイシスの方が気になる。

試乗の際は奥様や営業の方に立って頂いて、ぜひ確認してみて下さい

トヨタ アイシス

トヨタ

isis (アイシス)

  • 試乗グレード:“G”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2011y
  • 型式:ZGM11G
  • 新車時価格:229万円

エンジン概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:3ZR-FAE

その他概要

  • ボディサイズ:4640×1710×1640mm
  • 車重:1470kg
  • 発売時期:2004年09月〜
  • 新車時価格帯:199万円〜
当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

アイシス

ZGM11G - 3ZR-FAE 2000cc 2004年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

2000ccはまだマシ。

駆動系質感 5段階評価

CVTのフィーリングはなかなか良い。

足回りの質感 5段階評価

柔らかめ&渋めのサスペンション。質感悪いけど乗り心地は悪くない。

内装の質感 5段階評価

上品に見える、でも同価格他車と比較してしまえば良くはない。

外装の質感 5段階評価

スクエア系のボディはどうしても安っぽく感じてしまう。

お買い得度 5段階評価

Bピラーレスに惹かれればプライスレス。そうでなければ非常に割高。



助手席側ドアを開けるとこんな感じ。



運転席側のリアドアだってスライドドア。


エアコン操作部の触り心地は今一歩。特に温度調節の回転スイッチの質感はシブチン。
逆にシフトセレクターの操作性は悪くない。積極的に触りたくなるかも。


3列目シートの写真。成人男性が座れるかどうかは期待しないで下さい。


写真は1800ccモデルのエンジンルーム。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。