クラウン(18系)試乗比較P2・静粛性や小回りの良さ

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2010年記事 トヨタ クラウン
著:ヒラリー男爵)

トヨタ
  • グレード:“3.0アスリート”
  • 型式:GRS182
  • 車両価格:420万円
  • デビュー年:2003年12月

トヨタ クラウン(18系)試乗インプレ「2」

常に十分な販売台数をキープしている人気セダン、クラウンの試乗レポートと比較評価です。モデルは18系となるGRS182クラウン。グレードはアスリートの3000cc(前期モデル)。18系クラウンはいわゆる「ゼロクラウン」と呼ばれるモデルです。発売は2003年の12月。前ページからの続きになります。

当ページは2ページ目です。「静粛性や小回りの良さ」などを掲載しています。


  1. 分割page - クラウン試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. このpage - クラウン試乗「1-2」・静粛性や小回りの良さ

試乗:静粛性

ドアを閉めた時、アイドリング中の車室内は非常に静か。ここはもう、世界広しといえど日本車が圧倒的に優れている点。エンジンの音、振動も8気筒と比較すればちょっとした不満も感じるが、4気筒エンジンのクルマと比較すれば異次元なほど高級感を感じる。

走り出すと、フロントからの風切り音もタイヤからのロードノイズも角が取れていて高級感ある音質の騒音といえる。パッセンジャーと話していればノイズは気にならないだろう。ドライバー1人乗車の場合は、疲れていれば頭痛の元になりそうな騒音を感じるので、もっと静かな室内を望みたくなるのも事実。
ただし量販車においては、クラウンより静かなクルマはそんなに多くは無いので、現時点ではガマンするしかなさそうだ。

エンジンの音について、ちょっと周りに音がある場所を走行していれば、低回転時のエンジン音はほぼ気にならない。逆に、もうすこし音を聞かせてくれても良いんじゃない?なんて思うほど。
高回転を使う、キープする、そんな時は刺々しいV6エンジンの音がする。迫力いっぱい、加速力もいっぱい。だけど上品な音質ではない。この点では従来までの直6の方がスムーズで質感高い音質。個人的にはこっちの方が心地良い音だと感じる。

このV6エンジン、高回転時ではクラウンに似合わないエンジン音。現時点ではまだまだ直6の方がクラウンらしいし、8気筒の全域ジェントルさに惹かれてマジェスタを選択するのも最もらしい理由となりそう。しかしこれ、4気筒と比較すれば質感には天と地ほどの差がある。

このエンジン音、次の20系クラウンでは幾分マイルドな音質になり、ビックリするような音は多少なりとも影を潜めています。こんなところからも、ゼロクラウンは過渡期のクラウンであると思ってしまいます。

小回りはよくきく

クラウンのボディサイズをよくよく見れば、ある程度の全長があるからこそ、デザインが伸びやかに感じるというのに気付きます。全長短いセダンのエクステリアは例外ほとんど無くずんぐりむっくりなのを改めて思い出します。ただしクラウンもラージセダンと考えれば、全長が長いわけではない。

ボディサイズ全長と全幅は4820ミリ x 1765ミリ。多少細い道路が多い地域でも、そこまで困ることなく乗れるちょうど良いサイズ。

ハンドル(前輪)の切れ角が大きい

クラウンの駆動方式はFRだから、フロントタイヤの切れ角が大きく、十分すぎるほど小回り性能は良い
最小回転半径は記憶曖昧ですが5.2mとかそれくらい。
気を付ける点、ホイールベース長くてハンドル切れ角大きいから、内側の内輪差、これだけ注意。慣れるまではコーナー内側のドアミラーをチェックした方がいいかもしれません。

クラウンは伝統的に横幅狭め

横幅、ボディサイズについてですがミドルコンパクトクラスのクルマでも横幅が「1800mm」近くなってきており、ミドルサイズのセダンでは「1800mm」を越えることも普通です。
そんな中、クラウンの横幅は「1765ミリ」。特別大きく無いどころか、スリムにさえ感じるサイズ。ただし、ベースが小さいクルマの横幅とは若干違います。

クルマの全幅、カタログ数値にはドアミラーは含みません。これにより実際に試乗、走行した時の感覚が異なります。コンパクトなベースを大きく仕上げることがミドルクラス以下ではよくありますが、この場合はドアミラーが内側に引っ込んでいる事が多いわけです。
わかりやすい例でいえば、VWゴルフ。5型〜6型になった時、全幅が「30mm」増えましたが、これはドアノブの取っ手が膨らんだだけ。ミラー間の距離はあまり変わっていません。また7型ゴルフ、全幅1800ミリということですがそんなに大きさを感じません。
参考:6型ゴルフGTI / 7型ゴルフハイライン

つまり、実際に走行するときには、左右ミラー間の幅が結構重要なわけですが、クラウンはベースがクラウンという大きさなので、ミラーが内側に付いているわけではなく、実際の寸法より大きく感じる

マイナーチェンジで3500cc追加

18系クラウンのエンジンバリエーションは3種類。2500cc、3000cc、3500ccから選択できます。

このうち、3500ccは2005年のマイナーチェンジで登場。アスリートの3000ccと変わる形で3500ccになりました。
前期はロイヤル、アスリート共に2500ccまたは3000cc。後期になるとロイヤルは2500ccと3000cc、アスリートは2500ccと3500ccになります。

新車価格はだいたい以下のような感じです。

  • ロイヤル2500cc - 340万円
  • アスリート2500cc - 350万円
  • ロイヤル3000cc - 400万円
  • アスリート3000cc - 420万円
  • アスリート3500cc - 460万円

トヨタのV6エンジンラインナップ

クラウンのキャラクターを考えれば直6の方がジェントルで好感持てる質感だったが、トヨタは全てV6に移行。しかし比較的安価な6気筒をラインナップして下さるだけでありがたい。贅沢を言ってはいけません。世の中の流れでいえば経済性に優れる4気筒の方が好まれる時代です。

ということで、現在ラインナップされているトヨタのV6をまとめてみました。

  • 1GR・・・4000cc ボア×ストローク 94.0×95.0
  • 2GR・・・3500cc ボア×ストローク 94.0×83.0
  • 3GR・・・3000cc ボア×ストローク 87.5×83.0
  • 4GR・・・2500cc ボア×ストローク 83.0×77.0
  • 5GR・・・詳細不明

これらを基本にバリエーションがあります。現在販売されるどのV6と比較しても、全体的にトヨタのV6はスムーズなフィーリング。ただし同じ6気筒といっても、細かな型式違いによって内容は変わってくるので、6気筒ならどれも良いと鵜呑みにしないように。

クラウンは高級車か?

最初に感じるのはクラウンの価格。車両価格300万円台なかごろ〜というクラウンの価格は、決して高級車といえる価格帯ではありません。ちょっと無理をすれば誰でも手が届く価格帯という表現の方が近いと思います。実際にお値段350万円程度の自動車は街中に溢れかえっています。
セダンならスカイラインだって300万円〜という価格だし、レガシィだってターボ付きは300万円。SAIだって300万円オーバー。アコードだって高く大きくなりました。しかしそれどころか中級ミニバンと変わらぬ価格帯なワケです。

およそいくつか前のクラウンから、この価格帯は大きくは変わっていない。そんな中で安全装備の充実や、クルマの進化によりコストがアップしていることを考えれば、細かな部分はチープになっていても不思議はない。

つまり、クラウンを高級車として考えるとチープだし、購入後も期待はずれで満足感低く、”所詮クラウン”となってしまう。しかし、ミニバンやSUVと同じ価格で買えるお得なセダンと考えれば、魅力はものすごく高い

よくも悪くも過渡期のクルマ

クラウンらしくないクラウンと大変身した18系クラウン。だからこそゼロクラウンという愛称が付けられているわけですが、20系クラウンがデビューしてから考えてみれば、過渡期のクルマということがわかります。

新しいシャシーに新しいエンジン、モデル途中では新しい6ATミッションも登場し、従来までのキャラクターとは全く違ったクラウン。デビュー当時はお得感感じるクルマでした。
しかしよくよく見てみれば極悪の乗り心地など粗が目立ち、こういったネガティブな点は次の20系で改善されます。20系は全体的なイメージ変更や新しいパーツといったトピックスはなく、熟成メインのブラッシュアップモデル。

ニュース満載だった18系と、ニュースはハイブリッドだけだった20系。乗り比べて比較すれば20系の方が大きく質感が高まっています。
もし中古車でゼロクラウンをお探しなら、直6エンジンの17系や、質感アップした20系も候補に入れてチェックされることをオススメします。

トヨタ クラウン

トヨタ

CROWN (クラウン)18系

  • テストグレード:“3.0アスリート”
  • ミッション:5AT
  • 新車時価格:420万円

概要

  • 車両 型式:180系 GRS182
  • 排気量:3000cc
  • エンジン型式:3GR-FSE
  • ボディサイズ:4840/1780/1470mm
  • 車重:1600kg
  • 発売時期:2003年12月

クラウンの型式

  • GRS180 - 2500cc
  • GRS181 - 2500cc4WD
  • GRS182 - 3000cc
  • GRS183 - 3000cc4WD
  • GRS184 - 3500cc
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


後期アスリートのインテリア。


18系クラウン「アスリート」の後期型は3000ccモデルは3500ccに変更になる。ロイヤルの3000ccモデルはそのまま継続。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。