カローラフィールダー「2-3」/乗り心地と静粛性

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(トヨタ) > カローラフィールダー(記事2)P3
 

(2015年記事 トヨタ プリウス
著:ヒラリー男爵)

トヨタ
  • グレード:“1.5X”
  • 型式:NZE161
  • 車両価格:160万円
  • デビュー年:2012年〜

カローラフィールダー・試乗インプレ「2-3」(更新)

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは、地味でも知名度抜群な、トヨタ・カローラフィールダー(E160系)2014年式。グレードは「1.5X」CVTモデル。前ページからの続きになります。

当ページは3ページ目です。「乗り心地と静粛性」などを掲載中。


  1. 分割page - フィールダー「2-1」・概要とエンジン、CVT
  2. 分割page - フィールダー「2-2」・内装
  3. このpage - フィールダー「2-3」・快適性(乗り心地と静粛性)
  4. 分割page - フィールダー「2-4」・走行感覚とユーザビリティ
カローラフィールダー内装1カローラフィールダー内装2

試乗:快適性(乗り心地と静粛性)

カローラに最も期待したいことをいえば、プチ高級車的な快適性。安くてトヨタ的高級感を味わえるかってこと。2つ前のカローラも3つ前のカローラも、また筆者が知らない世代のカローラだって、この点が魅力だったという。

助手席シート筆者はこの160系カローラのデビュー直後に一度試乗しているんだけど、今回の試乗にあたり、やはりヴィッツ系プラットフォームに変わったという点が気になった。

目新しいクルマと見慣れたクルマとでは、どうしても期待感や緊張感などが変わってくるため、それがクルマの感じ方に変化をもたらしてしまう。

「期待して試乗する」のと「期待しないで試乗する」のでは、感じ方は全然違う事は常々感じている。なので第一印象があったとしてもやっぱり気になる。

乗り心地について

タイヤ

そんなこんなで頭を空っぽにして試乗に挑むも、発進時にブルブルした振動がある。早速ヴィッツクラスと考えてしまう。如何にも安いクルマの安っぽい振動だからね。ディーゼルよりも気になる振動ともいえる。CVTが上質な発進に感じやすいフィールなだけに、ただただ残念。

走り出すとサスペンションが引き締まっているのに気付く。ワゴンだからリアが固いのは仕方ないが、フロントも同様に固い。同乗者の快適性を考えたらギリギリの固さというところだろうか。
従来のカローラといえばボディが前後左右にユラユラで、上下動は安っぽいフワフワがすごかった。それとは全然違ってどちらかといえばベルタの乗り心地の方が近い。ベルタは簡単に言うとヴィッツセダン。

足回りはカローラとして許せる範囲ギリギリまで固め。ものすごく綺麗な舗装路な舗装を除き、コツコツが伝わってくる

またショックアブソーバーは渋くて動きにくい上に、いざ動けばピョコっとした安っぽい乗り味が顔を出す。動きにくくて動きすぎる。動き方は縮み側以上に伸び側減衰力が不足しているよう。
また、路面のザラツキによりノイズや振動が高まる、やや古い舗装路では、耳をふさいでも路面のザラツキがわかるほどに、クルマがブルブル。エンジンの大きな振動があるなかで、さらに振動を感じるんだから流石に凄い。

今回のカローラフィールダー、後述する静粛性の高さによって、舗装が新しい路面だと乗り心地に問題なし。逆に普通〜悪い舗装路だと、ザラザラ+コツコツ。自車の出す振動含め総合すれば、ドライバーは不快、同乗者は何も感じないレベルの乗り心地と評価させて頂きます。

静粛性、こちらは素晴らしい

ハッチの内張

乗り心地には多少なりともガマンが必要ということで、乗り心地にはヴィッツというかベルタというか、そうした「らしさ」が伝わってくる。
しかし逆に走行中の静粛性はビックリするほど高く、単純に静かで絶対的な静粛性が高い。それプラス、ノイズは高級車的な音質といった聞こえ方をする。

これは素晴らしい。今回のカローラ最大の魅力はこの静粛性の高さでしょう。それから、こう仕上げるための熱意さえ感じずにはいられない。ベースは変われどカローラのプチ高級車というイメージをなんとか確保したい、そんな思いを勝手に感じてしまう。

日本車的高級車で非常に重視される部分が静粛性の高さ。「静かだったらなんでもいい」という意見もよく聞くし、「乗り心地なんてすぐ慣れる」というのもよく聞きます。
こんなにユーザーと向かい合った小型車は他にあるのかというほど、カローラの静粛性はピンポイント。カローラは お客様の望みを大きく考えてデザインしたんだろうと予想してしまう

静粛性の高さについて具体的には、相当にガサツなエンジンノイズが今までとは変わった聞こえ方になった。コモリが強い中低音域が減って、中〜高音域のカシャカシャした部分は残る。アイドリング〜全域でエンジンノイズは聞こえるんだけど、音質にちょっと違いがある。この分の低音域は、これまたボフボフという音質に変わった排気音として聞こえる。

マフラーからの排気音は、もしかしたら「聞かせる」かもしれない。これはリアシートに座るとよくわかる。排気音が低い音質で、走行中、常に小さな音でなっている。これは定位感のない低音だから、遠くの方で鳴っているような感じで素晴らしい。160万円ほどのクルマで、遠くで鳴ってる感触が味わえるとは。

ルーフやハッチドアの対策

雨の中を走行してみると、あれ、なんだか静かだぞ??って感じで、雨がルーフを叩く音がマイルドな事に気付いた。今までの感覚でいうと、このクラスではカンカン響くほどなのが普通。しかしカローラフィールダーはちょっと違う。ワゴンだからルーフが広く不利だろうなんて、もちろん気にならず。

試しにルーフの内張を触ってみれば、吸音性が高く作られているような感じを受ける。もしかしたら、2000ccクラス並みかそれ以上か。

それからハッチドア、セダンとワゴンを併売する車種では、往々にしてワゴンの方が高価。ワゴンはラゲッジ周辺の剛性や静粛性の部分で不利で、その穴埋め対策が必要だからだと認識している。

カローラフィールダーのハッチドア(内側)

カローラフィールダーのリアシートに座れば、フロントシートとそう変わらない静粛性に驚く。なので試しに、ハッチドアを外から叩いてみたり、室内でその音を確認したり、さらには内張を剥がしてみたりとチェックしてみた。

ハッチドア1ハッチドア2

この画像はハッチドアの室内側。ペカペカの内張を剥がしたら鉄板〜なんて感じじゃない。金属に振動吸収性のある塗料が拭いてあるか、樹脂で出来た構造部材がカッチリとくっついている。どれくらいカッチリかは左の画像の通り。なぜか星形ボルトが使用され、ボルト本数も多い。これを外さないとアウターパネル側にはほとんど触れない。

また組み立て時に使用されるような、小さなサービスホールには、シール剤(テープ)が張られている。
こんな作り、他車でも見たけどこのクルマはカローラフィールダー。念入りな作りに驚く

ハッチ3

リアシートに座っても高い静粛性、遠くで鳴っているよう排気音、きちんとがんばったからこそというわけです。セダンと比較した場合のワゴンの短所、他にも見えない部分ががんばってることと想像できる。
個人レベルでハッチを制振とか、これなら全く必要ありません。

ハッチの開閉が滑らか

カローラフィールダーを試乗したら、ぜひハッチドアも開閉してみて欲しい。ここがね、すっごい滑らか。軽く開いて軽く閉まる。軽いだけでなくその間の感触だって滑らか。さらに、開ける瞬間とか閉じる瞬間に引っかかりがあったりもしない。つまりとってもラク。そして上質感も十分

ハッチのダンパーハッチを開けたり閉めたり。日常で利用することも多い場所だから、軽く開いて軽く閉まるは悲願。なんで悲願かって?実はそんな実用車はあんまりない
例えば筆者ヒラリー男爵、以前20系ウィッシュを所有した事があるが、面倒くさくてハッチを開けたくなかった。たまに開けると、ゴムがくっついてて、「バリィ」と音を出す。イヤな感触だよ。

筆者はずっと思ってた。女性の方に勧められるハッチバックのクルマなんてない
欧州車含め、満足に開け閉めできる車種を知らなかったからだ。これから、このカローラフィールダーのレベルのハッチが当たり前になっていくことでしょう。そうすればきっと、力の弱い方でも背の小さな方でもハッチに対する抵抗が減ると思う。経年変化等の心配はとりあえず置いておいて、まずは新車時だけでもこんな感じが当たり前になって欲しい。

カローラフィールダー・メーター1カローラフィールダー・メーター2

実質的旧モデル、ベルタと比較してみれば

ベルタ

今回の160系カローラはヴィッツセダンという一面もあるヴィッツファミリー。ファミリーといっても、もちろん車格に違いはあるから内容は異なっている。
ヴィッツのセダンバージョンといえば、古くはプラッツ、次にベルタというモデル。そして今回のカローラという流れ。だからカローラはベルタの後継車でもある。ベルタとはどんな違いがあるのか考えてみる。

  1. まずベルタは、明らかにヴィッツセダン。ボディデザインは優雅で女性的だが、運転すればそれはそれは厳しい内容。感じ方は、コストダウンが気になりすぎるコンパクトカー。
  2. 対してカローラ。プラットフォームはヴィッツ系でも、ヴィッツセダンじゃない。似てる部分もあるけれど、異なる部分がたくさんある。感じ方は、コストが掛かったベーシックカー。実際ベルタより価格は高い。

何が言いたいのかといえば、カローラはヴィッツセダンやヴィッツワゴンじゃない。似てるけど、ものすごく別物に味付けされている。ベルタがパッツンパッツンの乗り味で、しかもヴィッツと変わらない静粛性、さらに車重だってわずか10kg差だった事を考えれば、やっぱり別物。カローラは走行的な部分から内装質感、さらに手に触れる部分の質感まで、ヴィッツを気にしないで済むように仕立てられてる。

プラットフォームを調べれば目安にはなるけれど、必要以上に気にしなくても良いんじゃない??あ、アクセラと比較??そいつは困ったw

カローラフィールダー

トヨタ

E160系corolla (カローラ)

  • テストグレード:“1.5X”
  • 型式:NZE161
  • 年式:2014年式
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:160万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー







カローラフィールダーで感動する点の一つがハッチの開閉。ぜひ試してみて。


タイヤサイズは175/65R15。経済的。


シートは固め、下腹部のサイドサポートも盛り上がっている。サイズ的には緩いからご安心を。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。