カローラフィールダー「2-2」/内装

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(トヨタ) > カローラフィールダー(記事2)P2
 

(2015年記事 トヨタ プリウス
著:ヒラリー男爵)

カローラフィールダー・試乗インプレ「2-2」(更新)

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは、地味でも知名度抜群な、トヨタ・カローラフィールダー(E160系)2014年式。グレードは「1.5X」CVTモデル。前ページからの続きになります。

当ページは2ページ目です。「内装やラゲッジスペース」などを掲載中。


  1. 分割page - フィールダー「2-1」・概要とエンジン、CVT
  2. このpage - フィールダー「2-2」・内装
  3. 分割page - フィールダー「2-3」・快適性(乗り心地と静粛性)
  4. 分割page - フィールダー「2-4」・走行感覚とユーザビリティ
カローラフィールダー内装1カローラフィールダー内装2
トヨタ
  • グレード:“1.5X”
  • 型式:NZE161
  • 車両価格:160万円
  • デビュー年:2012年〜

試乗:内装(フロントセクション)

内装1内装2

カローラフィールダーの内装、主にインパネ周辺などフロントシートの部分。毎回カローラのインパネを見ると、その時代のトヨタ上級車と統一されてると感じる。意図するところは一緒だよ、みたいなね。

これにより、なんとなく上級なイメージを感じちゃう。写真や画像だと特にそう。

これが国内の他メーカーだとちょっと違う場合もある。ホンダなんかはフィット系はフィットらしく、シビック系はシビックらしく、アコード系はアコードらしくなど、クラスによって明確に分かれる。インテリアにこだわったモデルもある日産だって統一された感は薄い。
CS-5から続く最近のマツダは内外装の統一感をウリにしてるけど、そもそも上級車であるアテンザがアレだから、こんなものかって感じで。逆にアクセラあたりの方ががんばってると印象を受けるチグハグさ。

で、カローラフィールダーの内装を見て何を思うか。さりげなく派手ですなと。ドアを開けて内装をのぞき込むと、ちょっと座ってみたくなる。落ち着きとかノーブルではなく、興味を引くだけの色気がある。カローラに色気ですよ!今コレを書いてて信じられません。でも初めて感じた印象はそんな感じだった。

内装3近くでみれば当然そんなもの。やっぱりね、そうだよね。シートの肌触りも各部の触り心地もそんなものです。人によっては騙されたと感じるかも。

ただしこのカローラフィールダー、2015年2月現在で約160万円。同時期のヴィッツ「U・1500c」が170万円オーバーの現実を考えれば、十分素晴らしいじゃないですか!

参考:3代目ヴィッツ試乗レポート

細部としては昼間見ると安っぽくてどうしようもないカーボン調パネル。このパネル表面が夜間、光が当たると鈍く反射する。狙いか偶然かわからないけど、ここがオレンジ系に光ると雰囲気がでる。場所は助手席前とドアトリム上部。上の上の左画像が助手席に乗り込む瞬間のイメージです。

内装をのぞき込んで乗ってみたくなる演出、女性を乗せるためにはとっても重要です。気分はランボルギーニのノリですな。

試乗:内装(リヤシート)

リアシート1

リアシートが使えるかどうか、1番の関心事はリアシートのスペース。スペース的にはヴィッツ系と思っていれば、思ったより広いと評価出来ると思う。また何も考えずに乗り込めば、まあこんなものと、可も不可も驚きは何もない。広さ的にはそんなもの。

リアシート2

もし、運転席に一人、リアシートに一人という乗り方をする場合は、助手席シートがかなり前にまでスライドするという特徴が生かせる。こうして助手席を最も前にスライドさせて座れば、レッグスペースはミニバン並みとなる。
直立する荷物を積む場合だけでなく、、病人を乗せて病院を目指す場合とか、乗降にちょっとした助けがいる方を載せる場合など、知っていれば活躍出来る場面は必ずあるだろう。彼女といちゃつく??もちろんOK!

ということでスペース的には広いとかそんなものはないわけだけど、良い部分もある。それは乗降性の良さ。ラクに乗り降りできる。予想すれば背の小さなおばあちゃんでも乗り降りしやすいだろうと思う。
よくミニバンのスライドドアが乗り込みやすいというが、このカローラフィールダーの方がいいんじゃない?そこまで思う。

筆者の身長は172cm。頭をぶつける心配もないし、ストンとお尻を降ろす感じでもない。またつま先やかかとだって意識することなく、乗り降りできる。さらにドアの開閉も軽い。開口部の広さより、フロアやサイドステップの高さとか、シート座面の位置や高さ、そうした部分が大事なんだと思った次第。あと望むとすれば、乗り降りに使えるアシストグリップくらいかな。

リアシートの快適性とか

リアシート3

広くはないけど乗降性は優れていると評価させて頂いたカローラフィールダーのリアシート、大事な快適性の部分はどうか。座ってまず思うのは、シートクッションは固め。昔のフカフカシートがお好みな場合はガマンするしかありません。
次に思うのは着座姿勢。セダンとしてはアップライト。まるでコンパクトカーに座っているみたいだ。乗り込む前に、シートバックが立ってるなぁと思ったけど、そういうことだったのね。

リアシート4

アップライトに座らせればレッグスペースは小さく済む。ただし、シートの座面直下に足を置く部分が絶対必要。国産車でも輸入車でも、足を置きたい場所に置けないリアシートを持つクルマが非常に多い。足を前に出せればいいよ。でもアップライトな着座だと、足は引いて座るんだよ。構造物が邪魔してかかとに当たるクルマ含め、何とかして下さい。このカローラフィールダーや歴代フィットはおっけい

とっても気になる部分。お尻の滑り止めが雑。走行中イヤな負担が掛かって痛いほど。最近リアシート座面に、前方への滑り防止の工夫がされていたりする。お尻がどんどん前に出て行き、セクシーなポーズになっていくという。ある意味ウレシイ仕様が止められてきてるわけですが。
で、この滑り止めの方法がいろいろ。細かい横の縫い目だったり、異なる固さのクッションで調整していたり。カローラフィールダーは大きく食い込んだ1本のミゾが作られてる。そしてこれが太もも裏に負担を掛ける。

走行中気になるのはこの座面の滑り止め。それから空調関連。試乗車ではリアにエアコン吹き出し口がない。冬だとすると、リアは寒い、暖房強くする。するとフロントシートは暑い。たしか、フタの出来ないエアコン吹き出し口もあったような。そういやアクセラはデュアルエアコンも標準装備だった。

リアシート、上記2点を除けば合格でしょう。走行中の揺すられ感はマイルドに感じられるし、静粛性はフロントシートに近いレベルが確保されてる。乗り心地はそもそも、フロントシートでも悪いからね。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

ラゲッジスペース3

筆者はラゲッジをフルに活用する習慣がないので、詳しいことはわかりません。

いいなと感じたのは、リアシートを畳むレバー。写真の黄色い丸印がそう。ワンタッチで軽く畳める。

競合車とラゲッジを比較してみる

フィールダーのラゲッジスペース

ラゲッジスペース(比較)ラゲッジアンダートレイ

左がラゲッジスペースの写真。右がラゲッジアンダートレイ。フロアボードの下のスペース。フィールダーのラゲッジ奥行きは「97cm」ということで、まずまず納得の奥行きがある。ワゴンの荷室スペースを考える場合、実際多くの場合で容量じゃなくて奥行きが使いやすさのポイントですね。

アンダートレイは、奥行きと幅は十分だけど、高さがない。スニーカーとか非常用工具あたりの入れ歯になるのかな。秘密のスペースとして利用すれば、手持ち花火とかHな本の収納場所とか、活用方法はいっぱい。500円玉で貯金したら満杯でいくら貯まるんだろう??

※一部写真は別の車体です。作りが変わった?

フィットシャトルのラゲッジスペース

シャトルのラゲッジスペースシャトルのラゲッジアンダートレイ

カローラフィールダーのライバルといえば、一番はフィットシャトルでしょう。フィットのストレッチワゴンです。こちらもBセグベースのCセグメントサイズということで、似たようなキャラクターの持ち主。

フィールダーとシャトル、ラゲッジを比較すると、シャトルの奥行きは100cmだから、ほとんど差はなし。差があるのはアンダートレイのスペース。シャトルの方は本当に荷物が入れられる大きなサイズが用意されている。
この寸法は「奥行き60cm、幅52cm、高さ23cm」。写真奥に見える仕切りの位置は移動可能。

マニュアルミッションについて

カローラのマニュアルシフト

カローラにはMTモデルもラインナップされています。クラッチペダルの付いた伝統的な3ペダルMT。

貴重な貴重なマニュアルミッション。趣味としてクルマを運転するなら、これほど優れたミッションはありません。ダイレクトだし、情報量多いし、積極的に好きなポジションを選べるし、シフトダウンでは濃汁が溢れる。誰のためのMTかは別として、今回もMTを用意してくれたカローラにはホント感謝。

操作感や印象

今回の試乗とは別にカローラフィールダーのMTモデルも試乗していますので、その時の印象を少し。

カローラのMTは、とにかく楽ちんなタイプ。クラッチ軽いし、シフト操作も軽い。半クラッチ領域も広く、無神経に扱ってOK。さらにエンジンの揺れも低速時のスナッチも気にならない。そしてカンだけで適当にシフトチェンジしても=ミート時に回転数が合っていなくても、ショックがこない。
ということで、渋滞中でも苦にならないのがカローラのMT。全然ラクラクです。

実用性を重視された特性だから、細かい事を気にせず好きなギヤを選べるという、MTの魅力を再確認できる。各種ATと比較すれば機械的寿命の長さも期待できる。

また積極的にスポーツドライビングする場合、今回走行中に1速までギヤを落としてみました。
「クラッチ切ってシフトを1速ゲートに軽く押しつけた状態でアクセルを煽る」。回転数が合うとスコンとギヤが入るのでクラッチを繋ぐ。

今回はこのとき1速5000回転でクラッチをミートしたんですが、問題なし。良くあるMTでは、力ずくで入れないと1速に入らない。とか、回転数が合ったのがわからない。とか、そもそも走行中は1速に入らない。なんて事がよくあります。
カローラのミッションなら細かいこと考えなくても全然問題なし。悩むこともないので楽しいトコだけ味わえる飽きるのも早いかもしれませんが、初めてのMTとして十分楽しめる。「ギヤチェンジがヘタだけどマニュアル乗りたい」なんていう方にも、とってもオススメ。

カローラフィールダー・メーター1カローラフィールダー・メーター2

燃費に関すること

交通の流れに沿って走行し、車載の燃費計に表示された数値はこんな感じ。

  • 信号少なめな市街地(大人2名乗車) ・・・ 12km/L台
  • 都市部〜信号少ない田舎道までの道中(1名乗車) ・・・ 15km/L後半

同クラスのライバルと比較すればなかなか優れた数字が表示された。1300ccのコンパクトカーと変わらない燃費だと思う。田舎道ではエコランすればもっと伸びる可能性が高い。

燃費に関する事として、巡航中のエンジン回転数は、60km/hで1000回転、80km/hで1500回転、ともにメーター読み。

カローラフィールダーのCVTでへぇと感じたのは、60km/hで1000回転で走行中アクセルを戻すと、エンジン回転数は1200回転あたりに上昇する。これは多分、燃料カットによる燃費向上のための制御と考えられる。ドライバビリティという面では好ましくないけど、回転数を確認しながら走る領域じゃないし、体感的な変化は小さいから問題はない。

カローラフィールダー

トヨタ

E160系corolla (カローラ)

  • 試乗グレード:“1.5X”
  • 型式:NZE161
  • 年式:2014年式
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:160万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



かかとの部分がくぼんでる。座りやすいし、乗り降りもしやすい。


助手席シートはけっこう前までスライド。



リアシートを倒すレバー。便利。



アンダートレイの使い道は本文参照。


助手席下にはジャッキを格納するケースがある。これはヴィッツの名残り。もしかしてこのせいでエアコン吹き出し口がない?

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。