カローラフィールダー「2-1」1.5X/CVT

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(トヨタ) > カローラフィールダー(記事2)P1
 

(2015年記事 トヨタ プリウス
著:ヒラリー男爵)

カローラフィールダー・試乗インプレ「2-1」(更新)

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは、地味でも知名度抜群な、トヨタ・カローラフィールダー(E160系)2014年式。グレードは「1.5X」CVTモデルです。
以前にMT仕様を簡単に試乗した感想をアップしましたが、今回はオーソドックスなCVTモデル。違った観点からお届けさせて頂きます。


  1. このpage - フィールダー「2-1」・概要とエンジン、CVT
  2. 分割page - フィールダー「2-2」・内装
  3. 分割page - フィールダー「2-3」・快適性(乗り心地と静粛性)
  4. 分割page - フィールダー「2-4」・走行感覚とユーザビリティ
カローラフィールダー内装1カローラフィールダー内装2
トヨタ
  • グレード:“1.5X”
  • 型式:NZE161
  • 車両価格:160万円
  • デビュー年:2012年〜

試乗車概要

ボディ・リアクオーター

ミニセルシオなんて言われたこともあるほど、小さな高級車というブランド感が魅力なカローラ。毎回少しずつ豪華に快適に。代々乗り継ぐ事で同じ生活をキープ出来るというある種の、”白物家電”的な役割も担ってると思います。クルマを消耗品と考えれば、同じような価格で同じようなクルマが欲しいという需要は必ずあるはず。

本当は同じ品質でどんどん値下げされれば一番なんだろうけど、価格キープで内容を充実というスタンス。少しずつ価格も上がったけど、他車と比較すればカローラのお得感は変わらず高い

そんなカローラ、今回はヴィッツ系プラットフォームとなり、エンジンは1300ccと1500ccに。従来の1800ccの設定は廃止。ミッションはCVTに加え従来ながらの5MTもラインナップ。価格はセダンで約140万円〜。ワゴンで約150万円〜。ヴィッツの価格を考えると、お得感を感じる価格設定

今回の試乗車

カローラの中でもサブネームに「アクシオ」と付くのがセダン。「フィールダー」と付くのがワゴン。

今回の試乗車は、2014年式カローラフィールダーで、1500ccのCVTモデル。グレードは「1.5X」。型式は「NZE161G」、車重は1140kg。
現在の総走行距離は約4000kmで、一番オイシイ時期だと思います。サスペンション馴染んできて、かつショックアブソーバーのブワブワが気にならないのがこの位の時期。各部ゴムの状態だってきっと良い!

カローラらしい魅力は健在

助手席からの内装

カローラといえば、兄貴分プレミオ/アリオンに近い内容を持ち、「安くても高級感」的なブランドを築いてきたと思います。言い換えると、高いお得感を持つクルマ。
内容的には兄貴分とそう変わらないクルマが安く買えるというポジションだったわけですが、今回変わりました。

ワンサイズコンパクトになった今回の160系カローラ。なんとヴィッツ系プラットフォームに変更されたという。つまり旧ベルタやプラッツの後継車的ポジションに。実質的な車格ダウン??
これにより、ボディ前部分で50mm短縮で全長4360mm。一応ホイールベースは先代同様(2600mm)というディメンション。

ヴィッツベースとなれば車格ダウンは必須。これ、試乗してみれば半分正解の半分間違い。安っぽさを感じる部分も多々あるが、下のクラスのクルマと基本を共用した分は徹底した静粛性向上など、クルマの快適性向上に割り当てられてる。

装備的にも、余計なモノは付けずお得な価格からというスタンスは変わらず。だからベースグレードのお得感は高く、だからカローラらしさが健在
あんまり使わない装備をいっぱい付けて、価格を上げてるクルマってけっこうあるよね。

試乗:エンジンやCVT

エンジンを掛けて走り出せば、アクセルワークに対してかなり滑らかに発進できるのがわかる。CVTといえばかなり発進に神経使うクルマが多い中で、カローラのCVTは進歩しているのがわかる。通常のATと比較しても遜色ない。

アクセル操作に対しては滑らかに発進できる。(6ATとなったライバルのアクセラほどじゃないけどね)。
しかし大幅減点なのはここで大きな振動がでること。同乗者さえ感じるブルブルとした振動は、ヴィッツクラスのそれ。ラクに発進できるけどメチャクチャ安っぽい。惜しすぎる!

メーター滑らかな発進こそ上級車種の持ち味だとすれば、カローラフィールダーは半分合格、半分不合格。一生懸命に煮詰めて調整しているのはスロットル特性やCVTのプログラムから感じる。でも、コンポーネンツ的にどうしようもない部分もあるのね。

とっても気になる部分だから、イヤだったらプレミオ/アリオンを選択するしかありません。それかトヨタのラッシュ。意外ですが。

エンジンの印象

エンジン

エンジン型式はお馴染み「1NZ-FE」。改良されながら長く使用されている1500ccエンジン。いままで改良とはいっても、ドライバーが実感出来るほどに改良されたと思った事はなく、いつも「相変わらずガサツなエンジンなのね」って印象。しかし今回は、室内で聞こえる音質が変わった、と思う。

もちろん、振動はスゴイし低回転トルクはないし、エンジン音も特別いいものじゃない。ただ、ものすごく不快だったエンジン音が、なんとか耐えられるレベルにまで向上した。車内の防音材などによる効果もあるんだろう。

また、マフラーからの排気音が、ちょっとボフボフした低音域を感じるタイプに。聞こえ方としては遮音性がかなり高いから、どこか遠くで別のクルマの排気音が聞こえるよう。同じような感じでもVWとか輸入車ほどじゃないから適度な演出と高い遮音性。これは素晴らしい。

とってもマイルドな特性

カローラらしい部分、それは極度にマイルドなスロットル特性。アクセルペダル操作に応じた加速減速の反応が、とにかく穏やかでマイルドなのだ。急な動作にはもちろん反応してくれないし、素早くOn-Offを繰り返してクルマは全く反応してくれない。間違っても暴走行為いやアクセルミュージックなんて不可能。

しかしここはカローラの長所。アクセルの反応が悪いというよりも、時間を掛けて滑らかに変動。唐突な部分を限りなく消している。今回CVTの制御も扱いやすいタイプだから、ドライバーはなーんも考えないで加速減速ができる。同乗者だって、不快で不快な唐突な挙動に不安を感じることもない。イコール、ドライバーもパッセンジャーもラクで安心

早開きかつレスポンス重視した実用車、ギクシャクするし疲れるでしょ。交差点での再加速時、イヤと感じたことありません??微調整がワンテンポ遅れるハイレスポンスのクルマとか最悪だしね。

中回転でのパワー感と半端ない振動

エンジンの特性としては、低回転で弱く、中回転でのパワー感が力強く、高回転で苦しそう。1NZのイメージそのまんま。エンジンノイズは前述の通りだけど、アクセルペダル踏み込み量が大きいとガラガラいいます。そしてエンジンの振動は全域で大きい。振動スゴイっていうレベルじゃない。乗員にこれでもかって言うほど伝わってくる。試乗中、エンジンの揺れが気になったりしなかったから、エンジンマウントもそこまで柔らかくないのかな。

振動に関してはボディ構造とかエンジンマウントとか、ヴィッツベースになった影響を気にしちゃうね。

カローラフィールダー・メーター1カローラフィールダー・メーター2

CVTの印象

シフトセレクター

最近ではエンジン以上に影響がデカイのがミッション。ドライバビリティとかパワー感とか燃費、絶対的な加速力、さらにはクルマ全体から感じる質感など、多くの部分に影響する。筆者ヒラリー、最も重要な部分じゃないかと思っています。

ライバル車と比較しても良い面多数

CVTといえば自動車好きからの攻撃対象なわけですが、カローラのCVTはかなり走りやすく進化してる。もともとトヨタのCVTは、同世代他メーカーより良くできている歴史があり、今回もまたそんな印象。CVT比較に注力して試乗されても面白いんじゃないかと。

で質感は、やはりマイルドでイージー。変速時の衝撃が少ないから、元が良くできているのだろう。加えて、変速プログラムがまたいい。唐突な加減速がおきない設定だし、ギクシャク感の少なさも、かなりステップATに近づいた。
ドライバビリティという部分では、一定回転数をホールドするタイプではなくなり、ある程度速度に合わせてエンジン回転数が変化するタイプに。回転数もギヤ比も変速しながら加減速みたいな。アクセル全開時は時速100km弱まで速度に合わせて上昇。ステップATでいう2速みたいに。その先は、カローラの守備範囲じゃありません!?

CVTで感じる欠点は2つ

  • 巡航中からの中間加速時、トルク感の薄い3000回転弱を多用。イメージより踏み込んでやらないといけないというより、全開にしてももっさり。状況に合わせてもう少しトルクのある回転域を使ってくれても良いのよ?
  • レスポンスが穏やかなのはカローラにピッタリ。しかし、アクセルOFF時に空走感を感じることがある。このときのレスポンスはもう少し素早くても良いんじゃない?

カローラフィールダー

トヨタ

E160系corolla (カローラ)

  • 試乗グレード:“1.5X”
  • 型式:NZE161
  • 年式:2014年式
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:160万円

概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式:1NZ-FE

その他概要

  • ボディサイズ:4360×1695×1475mm
  • 車重:1140kg
  • ホイールベース:2600mm
  • 発売開始時期:2012年〜
  • 新車時価格帯:157万円〜240万円

車両型式

  • NZE161G - 1500cc
  • NZE164G - 1500cc4WD
  • ZRE162G - 1800cc
  • ZRE165G - 1500ccハイブリッド
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

カローラのバッテリー適合詳細


カローラフィールダー

E160 - 1NZ 1500cc CVT 2012年〜
55D23L

MTモデル 46B24L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

良くはなった。でも振動スゴイ。

駆動系質感 5段階評価

普通に乗る分には十分滑らか。

足回り質感 5段階評価

最もたる欠点といえばここ。

内装質感 5段階評価

使い勝手は良し。

外装質感 5段階評価

気にしちゃいけません。

静粛性 5段階評価

さすがトヨタ。群を抜いてる。

お買い得度 5段階評価

小さな高級車の面目をキープ。



このエアコン操作部は誰が使っても心配ないレベル。


薄い照明が差し込むと魅力的に変化するインパネ周辺。



シフトセレクターが手前、ドリンクホルダーが奧。


静かなカローラ。しかしボンネット裏に吸音材のたぐいはなし。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。