カローラフィールダー(ワゴン)自動車比較・評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 トヨタ カローラフィールダー
著:ヒラリー男爵)

トヨタ
  • グレード:“1.5エアロツアラー”
  • 型式:NZE161
  • 車両価格:176万円
  • デビュー年:2012年〜

カローラフィールダー・試乗インプレッション「1」

簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです。考え込まず第一印象重視でフレッシュな、より一般的な印象を言葉に出来るよう心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

当ページで取り上げているのはは、160系カローラフィールダー(NZE161)のMTモデル、1500cc。希少なマニュアルです。グレードはエアロツアラーという外観が変更されたタイプ。
試乗は限定的ながら、クラッチキックやトラクションコントロールが効くほどのスタートダッシュも試しました(これは安全性に重要なテスト)。暇つぶしにちょうどいい程度の内容です。


  1. このpage - カローラフィールダー試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - カローラフィールダー試乗「1-2」・MTについてとライバル比較

CVTモデルの”まじめな”試乗レポートを用意しています。カローラフィールダー(CVT)試乗レポート

カローラフィールダー内装1カローラフィールダー内装2

変わらぬカローラのポジション

まだ自動車が一般的でなかった時代からベーシックカーとして存在し続けているカローラ。ネーミングも現在ではサブネームこそ付けどカローラという名前は普遍。そしてミニセルシオと言われるほど豪華装備を身にまとう時代もありましたが、トヨタの中でのポジションと役割はほとんど変わらず。

ライバルの多くのセダンたちが、車格を上げたり下げたり、名前を変えたりする中で、このカローラというブランドを守り続けていることには敬意を払わずにはいられません。数あるトヨタラインナップの中で最もトヨタらしいクルマという面からも、このキャラクターを守り続けています。

また日本だけでなく世界でカローラという名前のクルマが販売されています。中身は日本仕様とは別物らしいですが、VWゴルフを足下にも寄せ付けないほどの累計販売台数を誇っているとのこと。

1サイズ小さくなった

このE160系カローラフィールダーは先代モデルより全長を60mmも縮小。そしてベースはBプラットフォームといわれるヴィッツ系になりました。(ホイールベースは違うので拡張版Bプラットフォームか?)
先代までのカローラは日本向けMCプラットフォームと呼ばれるプレミオ/アリオンなど同じモノだったので、ベースシャシーからサイズダウンということになります。

ボディサイズ全長/全幅/全高は、4360/1695/1475mm。

なるほどこれなら、このカローラにハイブリッド版が登場すれば、それはアクアセダンという内容になりそう。

このサイズダウン&車格感ダウンにより、E160系カローラは、ヴィッツセダンだったプラッタやベルタ、ヴィッツワゴンであったプロボックスなどの後継車ともなります。

サイズダウンによって車両価格もダウン。セダン「アクシオ」もワゴン「フィールダー」も1500ccベースグレードの価格はお値打ち価格。Bセグメント・コンパクトの上位グレードよりお買い得感はとっても上。

フィールダーについて

販売台数のうち、非常に多くが法人登録やレンタカー登録されるカローラアクシオ。白や銀のボディカラーだと見るからに業務用かと思われてしまうプライベート感のなさ。そして高い代換え需要。平均販売年齢は70歳に届くのか届かないのか、大いに見物です。しかしこれでは積極的にカローラを買いたいという気持ちはなくなります。

そこで出番となるのが、ワゴンのフィールダー。「じゃあこれならどうですかと」営業マンが勧めてきそうです。

セダンの荷室をちょいと変えたワゴンというジャンルは、ヨーロッパの一部地域を除き世界中で絶滅傾向。ただしドイツ車ではセダンより上級というイメージもある。昔はバンは営業用というイメージでしたが、現在はセダンより優雅な生活を連想させてくれます。

しかしワゴンとなると、トールボーイ系の強力な競合車が多くなります。選ぶ楽しみは増える反面、積極的にカローラを選ぶ理由もなくなる。といった感じですか。

試乗:内装について

内装1先代、先々代までのカローラはセダン・ワゴン問わず、如何にもトヨタセダンというインパネデザインに、一目見ればトヨタセダンとわかる内装カラー。無理にでもセダンらしく見せようというプチ豪華さを強調した内装でした。

今回の160系では、全体的なデザインは少し違った方向に。どちらかと言えば日産風のデザインになりました。そして質感という点でも、豪華さは全く意識させないものになっています。
ただし、最上級グレードではこれでもかと言うほど、光沢パネルが付きます。

内装2この傾向はドアトリムの質感や形状もそう。見ても触ってもコンパクトカーの”それ”。シートも座り心地というよりも触った感覚が特に安っぽい。パンパンと叩いて押してみましたが、まるで座布団の感覚。もちろん、カローラというクルマの意味を考えれば、全く文句はありません。

インパネについて「アクシオ」と「フィールダー」の差は以下の通り
  • アクシオはパネル全面にファブリック、つまり布が張られます。色合いはカラフル。
  • フィールダーはカーボン調の模様がつきます。フィールダーの内装色合いはすべてブラック/グレー系。

カローラの内装で良い点。ナビ・オーディオパネルが上を向いています。この傾斜がやや強めなんです。「液晶部の視野角がドライバーに合う」というメリット以上に、「上級車種に乗っている感覚が得られる」。そんなメリットを感じます。ただの絶壁じゃますます商用車ライク。ダウンサイジングでカローラを選ぶ場合に、さりげなく良い点です。

リアシートについて

リアシート1リアシート足下

一見見ると足下が狭いリアシート。ただし実際に座ってみると少し印象が変わる。アップライトな姿勢ということと、フロントシートのシートバックが薄いために、一昔前のコンパクトセダンのような座りにくさはない。カローラのリアシートについて良い部分と悪い部分。

  • 良い部分 : 足の置き場がしっかり考えられてる。シート下のかかとの部分が大きくえぐられているから、自然な場所に足を置ける。
  • 悪い部分 : シートの作り。カローラのキャラクターを考えれば絶対的に固いし、お尻の下の切り返しが大きな段差となってお尻〜太ももを痛める。

リアシート3

積極的に優れているのは、乗り降りのしやすさ。お歳を召された方、背の小さい方、乗り降りがとてもラクだと思います。ハイトワゴンやミニバン系のスライドドアより好印象!

例えばこの部分の足の抜きやすさだって、他のコンパクト〜Cセグクラスより全然いい。お父さんお母さんがジジババになった。それなら重要な比較ポイントは広さより乗り降りのしやすさだね!

試乗:走行感覚

ステアリング

試乗車はカローラフィールダー1500ccエアロツアラーのMTモデル。走行するとどんな感じ?一言でいえばヴィッツセダンである「ベルタ」のような感じ
もう少し細かく言うと、ベルタよりはゆったりしていてピョコピョコ具合は減っています。カローラは運転しやすいこともあり、ベルタのイヤな感じもあまり伝わってきません。

ただ車重が軽いこともあり、路面がボコボコしていると軽〜い感じ。先代までの重厚感が重視されたカローラとはちょっと違いますが、どっちが良くてどっちが悪いというわけではなく、特別良いわけでもなく、いたって普通。昔ながらのコンパクトセダンというべきか。よくよく考えなければ結局いつものカローラです。

操作系はまさにこれぞカローラ。軽いステアリングにアクセル、ブレーキ。とにかくどこもかしこも軽い。試乗を始めた瞬間にこれはもう、ラクラクだらだらそんな印象を受ける。(エアコンのスイッチのみ軽くはなかった)。

走行中、フィールダーがワゴンらしいと感じる部分は一つだけ。それは路面の継ぎ目で、リアの方からする音。これがハッチバックらしい音という点。それ以外では、例えばリアからのロードノイズが大きいなどといった点はわからなかった。リアシートに座ってみるとまた印象は変わるかもしれません。

カローラのエンジン

エンジンはトヨタお得意の1500cc、「1NZ」型。多くの車種に搭載される、実用型パワーユニット。質感なんてまるっきり考えられていない反面、加速力は立派。同排気量の他車エンジンと比較しても、加速力は一歩リード。ただし現在の小排気量車では、トップエンドのパワーを除き、CVTの制御によってパワー感の違いが出やすいため、厳密にエンジンがパワーがあるかどうかというのは判断が難しくなってきています。

MTの場合は、ギヤをホールドしてアクセルを全開にすれば、エンジンの特性がよくわかります。
試してみれば、中回転で元気があるように感じる。低回転ではちょっとパワー不足。中回転で加速力が盛り上がって元気に加速し出す。そこから高回転に向けての盛り上がりはなく、ただ回っているような感じ。
MTの場合にはギヤチェンジをサボりたくなる場合も考えると、2000回転以下のパワーも欲しい。高回転ではスポーツエンジンではないのでこれで不満無し。

質感については予想通り、相変わらずの「1NZ」エンジンのそれ。このクラスのエンジンではコストダウンが至上課題だろうから、カローラに関しては贅沢をいわず、要望もなし。ずっとこのエンジンでいから、とにかく安くという姿勢を継続して欲しい。現在ならまだ、お金を出せばいいエンジンを味わえるわけだから。

カタログスペックは最高出力109馬力(6000回転)、最大トルク13.9kg-m(4800回転)。エンジンのカタログスペックは燃費数値と一緒で、ほとんど当てにならないのでご参考までに。参考ついでに言うと、JC08モード燃費は17.6。


カローラフィールダー・メーター1カローラフィールダー・メーター2

試乗:安全性

カローラのマニュアルシフト試乗中ホイルスピンをするようなスタートとクラッチキックを試しました。MTの場合、これら安全性のチェックに大事だと思います。

申し訳ありません。完全にジョークネタです。

ホイルスピンスタート

停止状態からエンジン回転を上げておいて、一気にクラッチ繋いで全開。これにより、ぬかるんだ路面や滑りやすい路面での発進しやすさがチェックできます(ホントかウソかわかりません)。

結果は、横滑り防止装置のトラクションコントロールが効いて、「ゴ、ゴ、ゴ、ゴ」とタイヤから音がした。少し滑って少しブレーキが掛かるの繰り返し。キュルキュルというホイールスピンの音はしないが制御は荒い。スロットルが絞られる感じでもない。ぬかるんだ路面からの発進では、一気に出たい場合は横滑り防止装置はカットしての発進がよさそう。

クラッチキック

走行中アクセルを多めに開いてクラッチを蹴っ飛ばす(一瞬切る)。これによりエンジンとタイヤに回転数の差が生じるので、雨の日にシフトダウン失敗の場合の挙動がチェックできる(ホントかウソかわかりません)。

カローラでクラッチキックなどおふざけ以外の何者でもないが、今回は少しハンドル切って2足全開、そしてクラッチをキック。結果、車体にはほとんど衝撃は伝わってこない。こちらもタイヤが「ゴ、ゴ、ゴ、ゴ」と音を出しただけ。ギヤチェンジ失敗して事故ったなんてことはなさそうだ。ただし、エンジンのレスポンスが悪く、思ったほど回転差が付かなかった可能性はある。

トヨタ・カローラフィールダー

トヨタ

E160系corolla (カローラ)

  • テストグレード:“1.5エアロツアラー”
  • 型式:NZE161
  • ミッション:5MT
  • 新車時価格:176万円

概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式:1NZ-FE

その他概要

  • ボディサイズ:4360/1695/1475mm
  • 車重:1120kg
  • 発売開始時期:2012年〜
  • 新車時価格帯:153万円〜216万円

車両型式

  • NZE161G - 1500cc
  • NZE164G - 1500cc4WD
  • ZRE162G - 1800cc
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

カローラのバッテリー適合詳細


カローラフィールダー

E160 - 1NZ 1500cc MT 2012年〜
46B24L

CVTと寒冷地仕様 55D23L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回り質感 5段階評価
内装質感 5段階評価
外装質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価




上段:フィールダーエアロツアラーのメーター。下段:セダンベーシックグレード。


ドアトリムはずいぶんと質素になりました。


カローラらしからぬデザインに進化した内装。



リアシートの足下は広くない。しかしセダン/ワゴンとしてはアップライトな姿勢で座るため、そこまで狭さは感じない。


辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。