カムリP2/乗り心地と静粛性など快適性

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2018年記事 トヨタ カムリ
著:ヒラリー男爵)

トヨタ カムリ 試乗レポ「2」

自動車評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはハイブリッド自動車「カムリ」、グレード「G」。車両形式「AXVH70」。トヨタの最も大事な一台かも?アメリカで大ヒットといわれるクルマの2017デビューモデル。

当ページは2ページ目です。「静粛性と乗り心地など快適性能」などを掲載しています。

カムリ内装1カムリ内装2
トヨタ
  • グレード:“G”
  • 型式:AXVH70
  • 車両価格:約350万円
  • デビュー年:2017年7月

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - カムリ試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. このpage - カムリ試乗「1-2」・静粛性と乗り心地など快適性能
  3. 分割page - カムリ試乗「1-3」・ドライビング感覚
  4. 分割page - カムリ試乗「1-4」・内装(フロントシート)
  5. 分割page - カムリ試乗「1-5」・内装(リアシート)
  6. 分割page - カムリ試乗「1-6」・細部の質感と使い勝手
  7. 分割page - カムリ試乗「1-7」・他車比較と装備、評価総合

試乗:フロントシートの乗り心地

カムリ走行中のインパネ(夜間)

最近少しずつ、動くサスペンションになってきたトヨタ車。カムリも動きやすい部分があり、フロントサスは固いながらも状況によってはキレイに段差を越えていく。

フロントシートでの乗り心地

カムリのサスペンションは想像より引き締まっていて、優しい乗り心地より走行安定性が重視されている様子。特にフロントサスペンションには大型のセダンから想像できるゆったり感はなく、市街地ではガッツンと衝撃を伝えてくる。

装着されていたタイヤはミシュランブランドで、記載銘柄はプライマシー3。ミシュランという割には、路面のザラつきなどで思ったより固さを感じる場面が目立つ。
タイヤに関しては「ミシュランまたはヨコハマのどちらか」のOEMタイヤが装着されての納車になるとトヨタ営業マンに聞いてきた。選べないのだから両者に差があったら大問題。

するとミシュランも市販と異なる価格優先OEMタイヤを作っているのか、ちょっとした疑問だ。欧州車でもOEM装着されるであろうタイヤだからね。

フロントシート乗り心地とサスペンションの高級感はいつからか、固めでフラットライドが高級と評されるようになった。固い=立派は男らしいってわけです。確かに滑らかなショックアブソーバーが組み合わせれば、高級なアフターパーツみたいに立派な乗り心地を感じる。しかしせっかく滑らかなら、柔らかめにセットされていれば、もっと立派な乗り心地。
好みはあるにせよ動きやすさは欲しいし、それでいてブワブワしない減衰力だって併せ持って欲しい。

市街地でのディーラー試乗では損をしている可能性

カムリのショックアブソーバーは動き出しで抜けている部分があり、これが動きとか柔らかさを演出するはずなんだけど、領域がちょっと狭いのか、市街地での乗り心地としては良い印象を受ける場面が少ない。
市街地を走行していて、滑らかに段差を越えたと思えるのは全体の2割ほどだろうか。条件が良い段差(不思議な表現w)、そうした段差では何もなかったような心地よさで走り抜けてくれる。

カムリ・タイヤフロントサスと比べるとリアサスはかなり柔らかめで、もしかしたらフロントシート乗員がアンバランスな違和感を感じるかもしれない。

リアサスは単純にブワンブワンしているような、そんな印象を受ける時もある。それでもリアシートに優しい乗り心地を提供してくれるのはやっぱり大型セダンの魅力。リアシートがゴツゴツで座りたくないミニバンなんていくらでもあるし、この柔らかさがワインディングの凹凸で安定感に貢献していると思う場面もある。

率直に言って市街地を運転している間はあまり良い印象を受けなかった。思い通りに走りやすいという長所などが生きてくるのは郊外から田舎道など。なので一般的なディーラー試乗では良さがわかりにくいクルマかも。

助手席のスライド量が大きい

包まれ感の強さから高級感を演出しているカムリのフロントシート。ただちょっと助手席に座ると、トンネルに足を突っ込んでるような、圧迫感を感じる時もある。

リアシート足元2しかしフロントシートは大きく後ろにスライドする。左の写真のように、リアシート足元のスペースを犠牲にしてまで、スライド量を確保しているように見受けられる。カムリは大きなクルマだけどリアシートでは足の置き場に困ることもあるくらい。

一番後ろまで下げれば足元は十分すぎるほどのスペースができるし、ラグジュアリーな雰囲気も十分。

一番後ろに下げたら前後タイヤの中心あたりに座っているのか、不思議とリアサスの感触が強まり、フロントとリアの違いが気になった。スライドレールの固定箇所は一緒なのにね。ナンノコッチャと思ったら試してみて下さい。

車内の静粛性

助手席前の内装トヨタのセダンらしい静粛性を期待すると、カムリは期待に応えてくれないかもしれない。いやサイドガラスは厚そうだし、他メーカーのクルマと比較すれば悪くないんだけど、嬉しくなるほどの静粛性は感じられない。

主に気になるのはエンジンノイズの大きさと音質。排気音だってフロントシートに座っていても低い音で聞こえてくる。ここは走りやすさまで考えられた演出なのだろうが、静粛性という軸で評価すれば評価点は低い。シーンとする静けさを望むユーザーも多いからね。

エンジンノイズに関して言えば、アイドリング中に高い回転数で回る時があり、周囲が静かな時はやはりうるさい。暖房を使っていた関係もあるし、このカムリに限らず現在のトヨタ・ハイブリッド車では、アイドリング回転数が高いのはよくあること。気になる点であるけど仕方がない。

走行中の静粛性でエンジン以外では、良いと感じた部分と悪いと感じた部分が1つずつ。

良いのは足回りからのノイズがマイルドな点。シチュエーションは成人男性2人乗車。リアサスが動く場面ではノイズが聞こえてくるんだけど、マイルドで高級車に近い音質で「コクン」という感じ。段差の度にガチャン!というクルマとは全然違う。

Aピラー右逆に予想外に悪かったのは、内装から異音を発していたこと。Aピラーからギシギシ、センタークラスターあたりはガサガサ。350万円のセダンてこんなだったっけ?と車内で話題になった。
試乗したカムリがたまたま悪かったという個体差の問題もあり得る。ただこのカムリでは、ボンネットやドア、フューエルリッドなど開閉部に渋さを感じる品質の低さから、コレが仕様です!と納得しやすい。

電子ノイズは気にならず

ちょっとの音量でも不快な電子ノイズ、カムリでは静かなところを走っても気にならなかったのでご安心下さい。

もうほんと、出だしの疑似エンジン音の方が気になるし、もっといえば自宅のエアコンの方がピーピーギャーギャー鳴ってます。

メインメーターメインメーター(夜間)

日本車らしい高級感を求めればアコード

ラグジュアリーとかサルーンという響きの乗り心地なら、ホンダのアコードハイブリッドになる。アコードハイブリッドはカムリのライバル。価格はちょっと上だが比較競合するユーザーも多いだろう。
カムリ、アコードハイブリッド、SAI、アテンザで乗り心地に順位を付けてみる。

アコードハイブリッド >>> カムリ > SAI > アテンザ

アコードハイブリッドは柔らかくて質も高いサスペンション。ちょっと前の日本車やアメリカ車的な柔らかさで車体はゆっくり動き、その乗り心地には誰もがイメージしやすい高級感がある。というか単純に乗り心地が良い。

こうした乗り心地はホンダ車の中でも少数派。今後は変わってしまう可能性もある。欧州車的な乗り心地だけが高級じゃないよとアピールするクルマは年々少なくなる傾向。もしくは車両価格上昇で手が届かなくなる。そうしたクルマが好きならばコレ買って長く乗る価値は十分あり。

試乗レポートも良いこと多くなってます。アコードハイブリッド試乗レポ

トヨタ カムリ

トヨタ

CAMRY (カムリ)

  • 試乗グレード:“G”
  • 型式:AXVH70
  • 年式:2017年式
  • 車両価格:約350万円

概要

  • 排気量:2500cc+モーターハイブリッド
  • エンジン型式:A25A-FXS
  • 車重:1570kg
  • ボディサイズ:4885×1840×1445mm
  • 発売開始:2017年7月
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

Aピラー右

リアシート足元2

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。