ブレイド試乗記と評価P1・自動車比較

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 トヨタ ブレイド
著:ヒラリー男爵)

トヨタ ブレイド 試乗インプレッション「1」

簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです。考え込まず第一印象重視でフレッシュな、より一般的な印象を言葉に出来るよう心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

間違いいっぱいの自動車選び、辛口比較・評価評論。当ページで取り上げているのは、トヨタ・ブレイド。2400ccモデル。国産Cセグメントのコンパクトカーでありながらもベースグレードが230万円。排気量も大きめ2400cc&3500cc。国産としては超高級なコンパクトカーです。


  1. このpage - ブレイド簡単試乗「1-1」・動力性能や乗り心地、走行感覚
  2. 分割page - ブレイド簡単試乗「1-2」・静粛性とブレイドマスター

参考:2代目オーリスの試乗記はこちらです。(ブレイドの後継も兼ねています)

トヨタ
  • グレード:“標準”
  • 型式:AZE154
  • 車両価格:230万円
  • デビュー年:2006年12月〜

ブレイドのポジション

豊田自動車

ブレイドは上級コンパクトカーであるオーリスをさらに高級に仕立てたクルマ。オーリスとは1800ccで200万円、見えないところにお金掛かったクルマで、いわゆる欧州版カローラ。その兄貴分がこのブレイドという訳です。
セダンで言えば、カローラとプレミオの関係とそっくりなのがオーリスとブレイドの関係です。解りづらい??

ブレイドは車格を無視した価格とボディサイズの為、トヨタの中でのポジションはよくわかりません。逆に言えば車格を気にせずに乗れる”貴重な”コンパクトカー。とも言えます。もしくは、スポーティクーペが無い現状、その変わりのラインナップの可能性もあります。

全く知名度のないクルマですが、トヨタ車の中では通好みのコンパクトカーとして(細々と〜)ラインナップされます。

ブレイドのターゲットは?

コンパクトカーといえどもこのクルマは見切りが悪いため、小さいクルマの便利さを期待して買うクルマではありません。以下、ブレイドにピッタリのライフスタイルについて。

  • 駐車場が狭く(特に全長方向)、サイズ的にコレしかない。
  • ヨーロッパのコンパクトカーが欲しいけど、近くにディーラーが無い。
  • 見栄も大事。普通のコンパクトカーだとちょっと不満。

いろいろ考えたが、要するにお金持ちの為のコンパクトカーなんですね。だって、一般庶民ならもうちょっと違うクルマ選びになりますよ。同じエンジンで立派なクルマも、もっと大きく豪華なクルマも同価格帯で選べますから。余裕のある方でないとこういうクルマは選べません。
というわけで、ライバルは外車。トヨタだってこんなクルマも作れるんだよ、という実験的なクルマに思えてきました。

車内に乗り込んでみて

内装の評価はほぼオーリスと同一。上級グレードのアルカンターラ生地のシートはいいですがそれ以外は一緒で、すべてオーリスにも言える事ながら、大きめシートに余裕あるインパネ奥行き感、そしてシートポジション、着座位置の調整は調整幅が広い
これらによって、上級車のようなポジションも作り出せます。すっぽり埋まれば包まれ感も高い。その分、見切りの悪さは悪化します。

欠点もオーリスと一緒。エアコン周辺のスイッチの押し心地ときたら、軽自動車レベル。手触りでは反応しているかも解りません。離すときに引っかかる事も。毎日使うと、非常にストレスがたまります。

それからシート生地は平織りタイプで、さっぱりな触り心地。その分、ファブリック生地より滑ります。これは好み次第でどっちに評価できる部分でしょう。

質感低いスイッチ

センタークラスターに並ぶ各種スイッチ。これらの押し心地がとても悪い。引っかかる。エアコンスイッチなんてスイッチ中央を丁寧に押してもひっかかりがあります。

百歩譲って、押し心地が悪いだけならまだいい。でも、押したつもりが押せてなかったり、そんな感覚が残る。だから目視して確認しなければならない。

コストダウンが激しいこの時代のトヨタのクルマ。押し心地が悪いのはブレイドに限ったことではない。クラウンのステアリングスイッチだって動きが渋いし、トヨタ多くの車種でこんな感じ。ただその中で、このブレイドや兄弟車オーリスのスイッチはとても残念レベル。購入する前に気付けばまだ納得できるが、買ってから気になったらクレームを付けたいレベルの質感
小変更かマイナーチェンジで変更されている可能性はあります。新車・中古車問わず現車をチェックする際にはぜひ押してみて下さい。

 

前席シート間は結構狭い

ワイドな横幅を持つボディサイズのため、疲れ知らずのゆったりした感覚、これはブレイドの特徴ですが、シート間の間隔は5ナンバー小型車と同様程度に狭い。そりゃ軽自動車と比較すれば広いですが、男2人がフロントに座るとアツぐるしく感じます。

何で?といえばシートはかなり内側に配置されて固定されています。わざとこういう設計にしたか、トヨタの効率主義で仕方なかったのか、詳細は不明です。
余談ですが、レクサスLSやセルシオのように、シート間の距離があると2人乗車でも断然快適。長距離も苦になりません。

ブレイドに試乗すると-エンジン-

ブレイドの特徴はやっぱりエンジン。2400ccと3500ccが用意されます。試乗したのは2400cc。これでもトルクに余裕あり、エンジンが苦しそうにすることはありません。

運転した感じは、ゆったり、でも低回転から余裕がある感じ。イメージしていたやんちゃでイケイケなイメージとは全然違います。上はあんまり回らず、安っぽい振動も感じます。
2AZ-FEという2400ccエンジンはトヨタの人気車種の多くに積まれるエンジン。その中ではブレイドは最軽量クラス。といっても、ブレイドの車重は1400キロ。(後で調べたらアベンシスと一緒)。ということで、決して軽くない。だからレスポンスも標準的。

おばちゃんやおばあちゃんが運転して大丈夫というのがトヨタ車。意図せぬ急発進してビックリして急ブレーキなんて、まるでコントみたいな感じにはなりませんのでご安心を。
誰が乗っても大丈夫。でも刺激も面白みもないのはガマンしてね。気持ちいいエンジンが欲しければセルシオ(V8)を買ってね!トヨタのポリシーはこんななのかと疑ってしまいます。

トルクの出方はいかにも4気筒。また音も、4気筒ならではの図太い感じ。他の2400ccクラスのクルマと比較すれば静粛性で負けるため、エンジン音はずいぶんと室内に入ってきます。
この4気筒の音をスポーティと感じるか、安っぽいと感じるか、ここはまさに人それぞれ。

トヨタにおける4気筒とは実用エンジン以外の何者でもない。せっかくの高級コンパクトだってそれがひしひしと伝わってくる。これじゃあトヨタの多気筒エンジンを知らない人は、クルマを嫌いになっていっても当然です。

アクセルとブレーキ、駆動系は問題なし

ブレイドのCVTはいたって普通。普通というのも変な表現ですが、個人的にまあ乗りにくいことはない。試乗したモデルではアクセルを踏んでもガバガバとスロットルが開くようなタイプでも無し。つまり扱いやすい。これ、オーリスと比較すれば断然好印象。(年次改良による違いはあるかもしれないので参考程度に。ブレイドもクリープが弱く狭いところでの取り回しは良くない)。

オーリスのアクセル、ブレーキの扱いにくさは天下一品。CVTのセッティングもとても好ましいものではありません。運転が好きな方にはとても耐えられないのがオーリスのアクセルブレーキと駆動系。クルマ自体は悪くないので非常に惜しかった。
この部分に関してだけで、オーリスとブレイドの価格差を埋めるだけの差があるかもしれません。


ブレイドに試乗すると-足回り-

足回りに関してはオーリスと大きな違いが。なんとリアはダブルウィッシュボーン。これにより、アライメント最適化やレバー比拡大、質感アップなどが期待できます。

実際にオーリスと比較すれば、全体的にソフトでしっとり。柔らかい足ではないが、オーリスよりはソフト。そして余計なノイズも低減されているので、このあたりからも品がいいと感じさせる。このセッティングとフィーリング、トヨタFF車の中ではいい方ではないでしょうか。

ただし、同じような価格で上質な6気筒セダンが買えてしまうのがブレイドの微妙なポジション。それと比較すれば厳しいですが、いやとっても厳しい。ただしこのブレイド、個性的なクルマが欲しいという理由なら、足回りの作り、セッティングの煮詰めなど、最低限のレベルは超えている。そのくらいの評価は出来ます。

今回の試乗では、山道は走ってないので、積極的なドライブに関するドライビングフィールはなし。すいません。フル加速、フルブレーキングを数回と、荒れた舗装面のチェックが試乗のメインでした。

トヨタ ブレイド

トヨタ

BLADE (ブレイド)

  • 試乗グレード:“標準”
  • ミッション:CVT
  • 型式:AZE154
  • 新車時価格:230万円

エンジン概要

  • 排気量:2400cc
  • エンジン型式:2AZ-FE

その他概要

  • ボディサイズ:
  • 車重:1390kg
  • 新車時価格帯:224〜342万円
  • 発売時期:2006年12月〜2012年4月
当記事は「ヒラリー」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ブレイド 4WD

AZE154H - 2AZ 2400cc 2006年〜
55D23L

ブレイド

AZE156H - 2AZ 2400cc 2006年〜
55D23L

ブレイド マスター

GRE156H - 2GR 3500cc 2008年〜
55D23L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


センターコンソールは盛り上がった独特の形状。シフトセレクターパネルの剛性はまったくなし。シフト操作するとグニャグニャする。
シフトノブを動かしたときにギシギシ音が出てきたら、根本にグリスを挿すと良い。他のトヨタ車で実験済み。


大型の天井イルミネーション、ハンドタイプのサイドブレーキ。


後期になるとメーター回りの質感が向上する。ブレイドGのメーターパネル。
前期はまるでDIYのようにアルカンターラが貼ってあってまさに意味不明。いやDIYでインパネ加工される方ならもっと統一コンセプトに基づいてしっかりやります。
ブレイドのあれは完全に「なんかしとけば良いだろ」程度で完全にユーザーを舐めてました。


ブレイドマスターのメーターパネル。マスターはモデル途中より登場。


ブレイド・リアのイメージ。テールライトレンズの手数が増やしてオーリスと差別化を図っている。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。