オーリス(2代目)試乗P3・競合他車との比較や総合評価

メーカー別の特徴・トヨタ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012&2015年記事 トヨタ オーリス
著:ヒラリー男爵)

トヨタ
  • グレード:“150X”&"120T"
  • 型式:NZE181&185
  • 車両価格:170〜260万円
  • デビュー年:2012年

オーリス(NZE181)試乗インプレ「3」

今回の辛口比較・評価評論のターゲット車は、2代目となった新型トヨタ・オーリス(NZE181)、グレード「150X」。前ページからの続きになります。

当ページは3ページ目です。 「ライバル車との比較やグレード、総合評価」などを掲載中。


  1. 分割page - オーリス試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - オーリス試乗「1-2」・サスペンションやハンドリング 、快適性評価
  3. このpage - オーリス試乗「1-3」・競合他車との比較と総合評価
  4. 分割page - オーリス試乗「1-4」・グレード120Tの試乗感
オーリスのコクピット5オーリスのコクピット6

競合他車との比較

オーリスに近い価格帯のハッチバック車、筆者が試乗した中で特徴の強く積極的に選べるクルマと比較してみます。

スバル・インプレッサ(スポーツ)

前モデルから一気に質感が上がったインプレッサ。中身も価格もグッと立派に。2012年初期型のキャラクターとしてはコンフォート系でオーリスの強力なライバル。

乗り心地やエンジン質感でインプレッサに軍配。静粛性とCVTの制御、運転しやすさでオーリス優勢。内装の質感は甲乙付けがたいところ。内外装の好みで選んでも楽しい。車両価格はオススメグレードで161万円。

2015年モデルに試乗すれば、長所短所がハッキリした性格に、CVTのプログラムさえ大幅に変更されていた。サスペンションはゴムブッシュが受け持つ領域で、ザラザラを問答無用に拾う。柔らかめかつ、微低速域でしっかりと減衰力を出すショックアブソーバーは試乗の価値あり!
参考:インプレッサ試乗レポート

トヨタ・ヴィッツG's

最近ラインナップを増やしているG'sのヴィッツバージョン。エクステリアの個性も強いモノになり、サスペンションも印象強いモノに変わっています。オーリスがあまりにコンフォートすぎと感じる場合の選択肢に如何でしょう。

クルマとしての内容をオーリスと比較すればどこもかしこもランクダウンしちゃいますが、所有する喜びは決して負けないだけの個性あり。車両価格は約190万円。
参考:ヴィッツRS-G's試乗レポート

スズキ・スイフトスポーツ

日本が誇るBセグメントの質感を越えたコンパクトカー、スイフト。オーリスがあまりにコンフォートすぎと感じる場合の選択肢に如何でしょう。

スポーツと言っても全然普通に上級指向。初期モデルはアシが固いクルマもあった。しかし後日試乗したクルマでは、Bセグメントとしては異例なほどに上質な乗り味。おもちゃにしては立派過ぎw スポーツというよりちょっと高級な乗り味を持つコンパクトカーとして選択しても良いんじゃないかと。
エンジンは5000回転〜の領域に伸びがあって色気もある。欠点と言えばリアシートの実用性がほぼゼロ。お値段はCVTモデルで175万円。減税無しの値引き極小コースがちとイタイ。
参考:スイフト試乗レポート(メインはベーシックモデル)

定番はやはり!7型ゴルフ(ハイライン)

2013年にデビューした7代目7型ゴルフ。これこそオーリスのライバルだろうけど、比較しちゃって良いのかなって気もする。オーリスの質感だって悪くない。でも試乗してみればゴルフの方がやっぱり上級指向。7型になって圧倒的に勝ってる部分が多い。
小さくてもセダン系に負けないだけの内容で考えれば、そんな場合の最有力候補はゴルフでしょう。ゴルフ7はセダンに望まれる快適性やドライバビリティをいろいろ持ってる。オーリスは2番目&ご予算次第。

ゴルフ、地味すぎのイメージに輸入車としての魅力は薄い。若くしてVWに乗る??なんて話題になることもしばしば。また個人的にはオーリスのエンジン&ミッション、乗りやすさではゴルフに勝っていると感じる。1400ccエンジン搭載グレードで300万円。廉価なトレンドライン比較なら積極的にオーリス120Tを選択しても不思議じゃない。
参考:7型ゴルフ試乗レポート(1400ccハイライン)

オーリスより少し安い、元祖カローラ(フィールダー)

オーリス1500ccと同じエンジンを積んで20万円程度安い160系カローラフィールダー。高い静粛性やラクに利用できるような工夫が魅力。

フィールダーはワゴンだから、サスペンションはけっこう固い。質感も悪いから乗り心地も悪い。ついでにハンドルも重い。オーリスを上級車ライクな部分があるとすれば、フィールダーはスポーティハッチっぽい部分がある。これってあれ??見た目じゃクルマのキャラクターはわかんないということです。

ひとつのポイントは、オーリスはもっと高額な車種とプラットフォームが近い。逆にフィールダーはヴィッツなどにプラットフォームが近い。ということは最もベーシックな上級FFクラスを選択するか、磨き上げたヴィッツクラスを選択するか、そんな一面もある。お得感はいわずもかな。

カローラの長所を一言で表せば、クラス最高と思える静粛性の高さ。リアシートまで静粛性が考えられているのは素晴らしい。
参考:160系カローラフィールダー(CVT・1500cc)

グレードと装備、ベストバイ(初期モデル)

2012年デビュー時、NZE18系オーリスのグレードは3種類。そしてそれぞれでSパッケージが選択可能なので、都合6種類になります。
(正確にはもう一つ最廉価グレードがあるが現実的ではないので割愛)。

このSパッケージというのはスポーティという感じではなく、単純に便利装備とインテリア加飾が充実するパッケージです。Sパッケージの価格はプラス20万円、追加される装備内容は大きい箇所で以下のよう。

  1. AFS付きディスチャージヘッドライト & フォグランプ
  2. アルミホイール
  3. 液晶部がリッチになる専用メーターパネル & 本革巻きステアリング

エンジン2タイプ、6バリエーション

デビュー時のオーリスのグレードは、エンジン2タイプで6バリエーション。このようなグレード構成。グレード名と概要は下記の通り。

  1. 「150X」・・・1500cc CVT
  2. 「180G」・・・1800cc CVT
  3. 「RS」・・・1800cc MT

「150X」「180G」「RS」となります。ここで価格表をよく見てみれば180XとRSの価格はほとんど一緒。つまり1800ccのCVTが180X、6MTがRSと考えてよさそうです。
するとCVT限定ならば、1500ccで2パターン、1800ccで1パターンに絞れます。

コストパフォーマンスを加味するとどれがいいか?マニュアルミッションが希望なら「RS標準」がオススメ。車両価格202万円だからフィットハイブリッドRSとほぼ同じ価格で満足感は高い。ただしスマートエントリーがなくエアコンはオートじゃなくなる

それ以外より一般的なCVTミッションで比較すれば、ベーシックな「150X」が180万円。「150X・Sパッケージ」と「180G」が約200万円といったところで近い価格ですが、満足度が高いのは「150X・Sパッケージ」だろうということで、180Gはなし。

ということでベストバイまとめ。MTならRS標準。CVTなら150X標準か150X・Sパッケージ

オーリスのメーター1オーリスのメーター2

オーリス総合評価

オーリスNZE18系という新型オーリス1500cc、一言で例えるなら「スポーティハッチバックのカタチをした日本風セダン」こんな印象を持ちます。つまり良い内容をもつけど無味無臭。ハンドルを握って楽しいとはちょっと違うかな。

価格的にはオーリスの展開グレード全般でみて、車両価格は概ね200万円。これで全車オーディオレス仕様なので、ナビ取り付けの際のレスオプションもありません。1800ccだと取得税減税もないから総額では結構な金額となります。
VWゴルフほど高くないにしても他の日本車と比較すればやっぱり割高。ただ、良いモノは安くないと考えれば許容範囲といえなくもない微妙なところ。

この車格を無視する値段というのは判断が難しいところですが、冷静に考えてみれば、例えば不当に高かったと思えるのが今は無きトヨタ・ブレイド。それを考えればオーリスの価格も内容を考えれば個人的には納得できる。ただ6気筒エンジンに魅力を感じるなら238万円のマークXを買った方が断然満足度は高いと思いのは間違いありません。少しでも燃費のいい4気筒に魅力を感じればこそのオーリス。でなければ割安なマークXのお得さが光ります。

筆者ヒラリーがオーリスを勧めるとすれば、こんな人に

  1. クルマの内容でみると、プレミオやアリオン、ブルーバードシルフィといった日本風の4気筒セダンからのダウンサイジング。昔ながらのミドルコンパクトセダンから、今風のようなコンパクトハッチに変わり、それでいて快適性で失われるのはトランクの利便性くらい。
  2. クルマの価格でみれば、ヴィッツやフィットの1500cc、ラクティスやカローラフィールダー、ノートの上級モデルを買うのならオーリスの低価格モデルをオススメしたい。安いクルマの上級グレードを選ぶなら、ワンランク上のクルマなんて如何でしょ。てな感じ。
  3. ミニバンブームでヴォクシーやウィッシュを買ったけど実は一人で乗ることが多い方や、乗り味に不満がある方。ほぼ同じ価格で小さいクルマに変えるのは不便も不満も多いでしょうが、クルマ本来の魅力は一気にレベルアップ。

トヨタ オーリス (2代目)

トヨタ

Aurisテストグレード・1

  • グレード:“150X” CVT
  • 年式:2012y
  • 車両型式:NZE181
  • エンジン排気量:1500cc
  • エンジン型式:1NZ

Aurisテストグレード・2

  • テストグレード:“120T” CVT
  • 年式:2015y
  • 車両型式:NRE185H
  • エンジン排気量:1200cc+ターボ
  • エンジン型式:8NR-FTS

当記事は「ヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



トヨタ車らしいフロントマスク。


リア側のエクステリア。リアウインドの小ささは塊感と高級感を感じさせてくれる。バックミラーを見ても小さいのを感じるほど小さい。
全体的には、旧オーリスの面影もけっこう残っている。



お馴染みのプッシュスタートシステム。ブレーキを踏みながらポンッと押してあげればエンジンが掛かる。押し続ける必要はなし。




カップホルダーにフタは無し。またカップルディスタンス(左右座席間距離はご覧の通り狭い。


リアシートまで続くガラスルーフ。


一部グレードでは2段階のリアラゲッジトレイが利用できる。一番下はパンク修理材が配置されている。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。