オーリス(2代目)試乗P2・サスやハンドリング、快適性

メーカー別の特徴・トヨタ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012&2015年記事 トヨタ オーリス
著:ヒラリー男爵)

トヨタ
  • グレード:“150X”&"120T"
  • 型式:NZE181&185
  • 車両価格:170〜260万円
  • デビュー年:2012年

オーリス(NZE181)試乗インプレ「2」

今回の辛口比較・評価評論のターゲット車は、2代目となった新型トヨタ・オーリス(NZE181)、グレード「150X」。前ページからの続きになります。

当ページは2ページ目です。 「サスペンションやハンドリング、快適性の評価 」などを掲載中。


  1. 分割page - オーリス試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. このpage - オーリス試乗「1-2」・サスペンションやハンドリング 、快適性評価
  3. 分割page - オーリス試乗「1-3」・競合他車との比較と総合評価
  4. 分割page - オーリス試乗「1-4」・グレード120Tの試乗感
オーリスのコクピット5オーリスのコクピット6

試乗レポ:サスペンションとハンドリング

今回のオーリス、サスペンションは柔らかめ、というか非常に柔らかい。段差ではコツコツと体に衝撃が伝わってくるが、これは新車ということもありショックアブソーバーの渋さのためと思われ、ピッチングとローリング(前後左右の傾き)は大きい。ブレーキング時のノーズダイブは大きいし、コーナーリング時のロール量も凄い。

ショックアブソーバーが渋いと書いたが、これは新車時に限定されるモノで2000キロも走れば良くなる可能性がある。実際にはトヨタの中ではなかなかスムーズかもしれない。コツコツ感が軽減されればという限定付きだが。どのあたりがスムーズかもと感じるのかといえば、コーナーではスッと比較的スムーズに沈み込むし、柔らかいながらも揺り戻しはピシッと止まる
少し走行距離が増えたクルマでもう一度評価してみたいが、コツコツを感じる割にロール量が大きいという、いつものトヨタ車で無いことを祈ります。

ハンドリングなど

ステアリングステアリングを回した感じはとにかく軽い。オーリスのイメージとはまったく違って一瞬戸惑うほどで、一昔前のクルマのように軽い。柔らかいサスペンションにピッタリといえばピッタリともいえる。

このステアリングの軽さは止まっている時でも変わらず、停止状態でも小指一本でくるくる回る。というのは言い過ぎかもしれないが、ほぼ据え切り状態でも重さ変わらず、さらに人口的な感覚。つまり路面インフォメーションが伝わってこないタイプなのは想像出来る。

平坦+ちょっと登りのワインディングを2往復ほど試乗してみると、やはり足の柔らかさが際立ち、ロールが非常に大きい。ロール量が増えると思い描いた感じにコーナーを抜けられなかったりもする。
ハンドリングを評価すると、通常、足が柔らかければハンドリングは鈍くなり、硬くすればクイックになる傾向がある。また背の高いクルマだと足が硬くてもワンテンポ遅れる傾向。そんな中でオーリスは、決してクイックなハンドリングではないが、ミニバンと比較すればよほどリニアで、柔らかいけど神経を使うタイプではない

これがスポーティなクルマと比較すると、ちょっと評価が変わる。レスポンスが悪いだけでなく、もうちょっと何とかして〜と思うポイントがある。思い通りのラインを走ったり、修正舵をあてたり、旋回ブレーキを行ったり。これらが自由に出来るかといえば、そうではない。
決して「硬めの足=スポーティ」とは直結しないと思っているが、もう少し何とかしてくれないと、「オーリスらしくないよ!」そう感じます。

試乗時にはこんな感じでした

ステアリングフィールが軽いから接地感が低く感じ、今回はタイヤがよく鳴いた。
試乗時、クネクネ道に入り、少しずつ速度を上げていこうかと思ったら、一つ目のコーナーでフロントタイヤがキキキキーと。あれっと思って次は少しブレーキを残してハンドルを切り始めれば、やはりフロントがキキーと無く。もちろん加重オーバーになるほどノーズダイブしていないし、意地悪にハンドルを切っているわけでもない。ごくごく丁寧にハンドルを切ってこんな感じ

こんなにキーキー鳴くタイヤを履いているのって、他には軽自動車くらいしか無いんじゃないか?そんなことも頭をよぎる。もしかしたら空気圧がおかしい?なんてことも考えたがディーラーの試乗車だからそれは無いと思いたい。とこんな感じでした。

試乗レポ:快適性

リアシートリアシート(120T)

ここまでにくどいほど書いてきた柔らかいサスペンションによって、乗り心地はまずまず良い。段差で伝わってくるコツコツ感もあるが、もっと価格が高いクルマで同じように足が柔らかいクルマでも、こういった衝撃があるクルマはいくらでもある。
またちょっとサスが動くとブッシュか何かのコトコト音が結構な音量で音が出る。これは筆者が知る限り、同じようなプラットフォームを使うSAIマークXジオでも音が出ていた。他にも明らかに容量不足でしょ?的なブッシュを持つミラやアルトでも新車時からコトコト音がしていた。

それから”エンジンノイズを除く”静粛性は高い。つまり風切り音は速度感を感じさせないくらいにシャットアウトされ、フロントシートにいる限りはタイヤのロードノイズも気にならない。例えばセルシオやレクサスのようなドアを閉めた瞬間に「シーン」するような静粛性はないが、特にタイヤからのノイズは効果的にカットされている

同価格帯〜やや上級のトヨタ車と比較すれば、ウィッシュアイシス、ノアやヴォクシーといったコンパクトミニバン系よりオーリスの方が静粛性が高い。ちなみにそれなりの料金と全てのシートを外すだけの手間を掛けて防音&吸音性能を強化したウィッシュ、そんなウィッシュと比較してもオーリスは同じくらいの静粛性が確保されている。

フロントシート長所ともいえ短所ともいえるのがカップルディスタンスの狭さ(左右シート間距離)。全幅は1760ミリとそれなりにあるのに、助手席が近い。やはりシートが中央寄りに付いているのだろう。
男2人で乗る場合などを考えれば、クラウンくらいの広さがあった方がラクなのは間違いない。

総合的に200万円のクルマとして、オーリスのフロントシート快適性は高い。リアシートの快適性については今回試乗できなかったのでわからず。ちょっと座ってみた感じでは6型ゴルフのシート座面より柔らかいのは間違いない。
しかしそんなゴルフも7型ゴルフではかなり日本車的な感覚で座れるようになってきました。

アームレスト1アームレスト2

国産車では珍しい、スライドするアームレスト。これなら飾りじゃなくて実用的。

オーリスのメーター1オーリスのメーター2

ステアフィールに関してのFF車感覚は少なめ

ローパワーなエンジンととにかく軽いステアフィールによって、FF車感覚がかなり軽減されているように感じる。FF車の場合は加速中、極端に直進性が上がり、ステアリングレスポンスが悪くなり、フィーリングも悪くなるモノ。このオーリスの場合はそういった感覚が少なめ。

またステアリングの戻し方向に関しても、FF車は戻りの反力が強かったりするが、オーリスではそれなりに弱め。最近のファントゥドライブ重視系FF車では、トレンドとも言える味付けだから、アライメントをそういうセッティングにしているのだと思う。

戻し方向に切っていく、そう感じることも出来るこの辺り、少しずつでもFR車の持つ良さに近づけているのかもしれない。

ちなみに同様の部分でスポーティなFR車の場合は、アクセルとハンドルを使って、自然に行きたい場所にクルマを持っていける事が多い。つまり、余計な違和感を感じることなくスゥ〜とハンドルが切れ、スゥ〜とハンドルを戻せる。

トヨタ オーリス (2代目)

トヨタ

Aurisテストグレード・1

  • グレード:“150X” CVT
  • 年式:2012y
  • 車両型式:NZE181
  • エンジン排気量:1500cc
  • エンジン型式:1NZ

Aurisテストグレード・2

  • テストグレード:“120T” CVT
  • 年式:2015y
  • 車両型式:NRE185H
  • エンジン排気量:1200cc+ターボ
  • エンジン型式:8NR-FTS

当記事はヒラリー男爵」が
お届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



ターボエンジン搭載グレードと、1800ccモデルのエンジン。



大きめの調整幅を持ち、望ましいステアリング角度、しっくりくるドライビングポジション。



前後にスライドするアームレスト



「RS」グレードの6MT。一部グレードに装備される、スライドするアームレスト。



辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。