アクア(マイナー後)評価P4/比較や総評

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2017年記事 トヨタ アクア
著:桃花&ヒラリー男爵)

アクア(2017マイナー後)・試乗「4」

間違いいっぱいの自動車選びの試乗レポート、当ページはトヨタ・アクア(NHP10)。2017年マイナーチェンジ後のモデルでグレードは中間の「S」。最近のトヨタ流ビッグマイナーの例にもれず、大幅レベルアップ。しかもアクアでは値上げ幅も最小限というのが大きな魅力。

当ページはページ目。このページでは「取り回し性と簡単比較、評価総合」などを掲載中です。

アクア2017の内装1アクア2017の内装2
トヨタ
  • グレード:2017年式 “S” 
  • 型式:NHP10
  • 車両価格:187万円
  • デビュー年:2011年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - アクア(マイナー後)試乗「1-1」・ハイブリッドシステムと内装、スイッチ
  2. 分割page - アクア(マイナー後)試乗「1-2」・乗り心地と静粛性
  3. 分割page - アクア(マイナー後)試乗「1-3」・運転感覚と車内使い勝手
  4. このpage - アクア(マイナー後)試乗「1-4」・取り回し性と簡単比較、評価総合

ドラポジと取り回し、視界

アクア概要2017・試乗レポート

アクアは滑らかなクーペ風ボディデザインが魅力の一つ。そして見た目だけでなく、フロントシートでの着座感覚もほどほどだけどやっぱりクーペ感覚。

Aピラー左Aピラー右

フロントウインドが大きく傾斜するのが当たり前となったコンパクトカーの中でもアクアは特にその傾向が強い。通常フロントガラスが寝ていればいるほど運転しづらいと感じることが多い。見た目を優先すれば仕方なし、というところなのかな。そんな中でアクアは、そこまで運転しづらいわけではなかった

アクアをクーペ的と表現するのは、ただフロントウインドが寝ているからという事ではなく、Aピラーの付け根の位置とルーフ先端と繋がる位置がクーペ的に感じる。
Aピラー付け根の位置はヴィッツと共通と仮定すると、フロントウインドを寝かせれば上端はドライバーの頭に近づく。これが良いのかもしれない。試乗中、Aピラーが邪魔になるシチュエーションはそんなに多くなかった。意味がないと感じることが多いドアミラー脇の三角窓だって役立ったのも印象的。

端的に言ってガラスと頭が近いのが良かったんだけど、そこには嬉しくない特性もある。バックミラーは近いしサンバイザーに頭が当たることもあるしと、圧迫感が強い

メインメーター車両左側の見切り、車両感覚の取りやすさはまずまず。筆者的にはこのダッシュボード中央がフラットというのが効いていると思う。

もっとも、狭い道でのすれ違いではいつもより速度を落としていたから、これでも褒められるレベルじゃない。見切りが悪いことが当たり前となりつつあるコンパクトクラスの中では良い方という評価

シートリフター斜め後方の視界

着座位置は低めで、比較的足を前に伸ばすカタチのドラポジになる。乗り降りは多少面倒だけど、一旦乗り込んでしまえばリラックスしやすいタイプ。これは助手席に乗車してもそう。
シートリフターは上下幅が大きく、身長差に広く対応しそうだ。身長172cmの筆者が低すぎと思うほど下がると思えば、身長160cmの女性でも十分という高さに上がる。タイプはシート座面後端のお尻だけが上下するタイプ。もちろん車格と価格を考えれば文句はいえません。一応、下げれば下げるほどポジションが取りにくかったというご報告のみ。

斜め後方の視界はやや悪い。困るというよりは多少神経使うという感じかな。ドラミラーをしっかり合わせてどうぞ。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1

アクアのラゲッジスペースは奥行きに広さがある。同世代のヴィッツと比較しても奥行きがある。アクアはリアシートよりラゲッジを優先しているのだろう。乗降性の悪いリアシートにスペースを割り振るより使い勝手は高まっていると思う。

ラゲッジ奥行きは中央部の実測でおよそ70cm。カタログ値では72cmということだから、リアシート後端限界までメジャーを食い込ませて測れば72cmということだろう。

ラゲッジスペース2ラゲッジスペース3

その他、今回未確認なのはトランクを使いやすくするトランクボードの存在。トランクフロアは1段高くし、リアシートを倒した時の段差をなくすボード。オプションで用意されていると思う。
ヴィッツでは試しているので、使用感など気になったらそちらでご確認下さい。ヴィッツ・トランクボードについて

ラゲッジスペース4

テールゲートとかハッチゲートなどと呼ばれる、後ろのハッチについて。

アクアのテールゲートを開閉した時の感触は、従来ながらというか、渋くスムーズさを欠くものだった。まだクルマが新しかったからというのもあるが、残念ながら別の車体でも同じようなものだ。

それでもアクアのテールゲートはハッチ自体のサイズが小さく軽い。だからどちらかといえば軽く閉めることができる。それからハッチが上がる高さも低い。これで重く感じるようならチカラの入れ方を工夫し、腕だけではなく体重を使えばラク。ハッチに若干のヤワさを感じるけど、少しだけぶら下がるようにチカラを加えてみるのもいいかも。

細かい部分の長所短所

乗って気づいた細かな長所短所。

カップホルダーに長所と短所

フロントカップホルダー1フロントカップホルダー2

フロントセンターのカップホルダーは斜めにレイアウトし、左右ドリンク間にスペースが確保される。これは手探りで取るにしても置くにしても使いやすい。一方で、背の高いペットボトルを置こうとすると、センタークラスターの出っ張りが邪魔をする。ちょうど運転性側だけ下に伸びたデザインだからね。

そもそもこの出っ張りがあるからカップホルダーがオフセットしてる?使い勝手を重視しているならもう少し!なんて思わなくもないけど、ペットボトル1本ならドアに置けるからね、そちらにどうぞということみたいです。

ウインカーの音に長所と短所

ウインカーレバー

ウインカーの音に長所と短所。まず短所としては、音がチープ。今や軽自動車でも聞かれないような音質で、まるでリレーのカチカチ音そのまんま、みたいな音質。ついでに音圧が高く、妙に頭に響く。

長所は、運転席でやかましいウインカー音が、助手席ではレベル的に小さく聞こえる。標準的な車種では運転席でも助手席でも同じように聞こえるとすると、アクアは運転席でうるさく、助手席でさりげなくと、明確に差がある。

敢えて差を付けているとすれば、とっても嬉しい気配り。年齢による耳の感度みたいな問題もあれば、助手席に必要以上の情報はいならいという問題。両方で好ましい。

パールホワイトの色合い

パールホワイトの色調アクアのパールホワイトは、トヨタを始めとする国産車によくあるパールホワイトと色調が異なった。

例えばトヨタで人気のパールホワイトといえば、黄色や赤が強いホワイト。ゴージャスな色合いは筆者も好きで何度か選択している。加えてボディとバンバー部の色差が目立たないなんて特徴も気づいた。

アクアでは青緑っぽい粒子が光るパールホワイト。青っぽさを感じる欧州車のパールホワイトに少し近い。この色はバンパーが黄色く見え、ボディとバンパーの色差が気になった。ただそこを気にするのはマニアック。大事なのは同じ「白」といっても違いがある場合があるので、ボディカラーはできれば実車で確認が安全です。

前ドアと後ドアの境目

Bピラーとドアサッシュの隙間画像は前ドアと後ドアの境目、Bピラーにドアサッシュがかぶさっている部分。

アクアはここのBピラー側に、黒いシールが貼られている。質感は塩ビシートみたいな感じで、ドアを開けた時は目立つ。今回みたいに白いボディだと、「D.I.Yで貼ったでしょ?」みたいな目立ち方っていうのかな。あまり褒められたものじゃない。

ドアを閉めてこの隙間に着目すると、この黒いシールに意味があるのを実感できる。ブラックアウトされる部分に一体感があり、これがなかったら白く目立っちゃうのだろうと。

ドアノブにちょっとした引っ掛かり

ドアノブ

室内側のドアノブに、ちょっと大きな引っかかりというか抵抗がある。運転席側も助手席側も同じだったので、こういうものなのだろう。

最近こうした不快感を感じるクルマって減ったから、アクアでもこの車体の個体的なものだと思いたい。

ライバル車と簡単比較

高燃費をウリにしたコンパクトカーと簡単比較。

日産・ノート(e-power)

特徴的なハイブリッドシステムを搭載したノートが「e-power」というグレード。このシステムはエンジンを発電専用に利用し、モーター駆動で走行するシステム。電気自動車のような加速感と経済性の高さ、それにユーザー自身による充電を行わなくてよいというメリットを両立している。

このe-powerを試乗してみると、コンパクトクラスとは思えないほどパワフル。プラスしてドライバビリティも高く、扱いやすさもダイレクト感もアクアより洗練されている。
しかし電気自動車的な加速感とちょっと異なる面もあり、高めの回転数で回り続ける(時間が長い)エンジンからはエンジンノイズが大きくガラガラと。アクセレーションは電気自動車なんだけど音はガソリン車みたいな感覚。

乗り心地はアクアでも2017マイナー後に限って比較すれば、アクアの方が上質。本来ノートは乗り心地に優れるモデルだったけど、このe-powerになってアラさが目立つようになった。重量が増えたからサスペンション固めて、ネガティブな部分が目立つようになったという感じ。
その他、車体全体からの静粛性やハンドリングに関する走りやさはノートに分がある。

参考:ノート・e-power試乗レポート

マツダ・デミオ(ディーゼル)

田舎道だったらアクアより経済性高いかもしれないのがデミオのディーゼル。アクアはバッテリーを搭載し、走行シーンによる得手不得手を少なく。デミオは限られた交通状況で素晴らしい燃費を出し、トータルでの高燃費につなげる。燃料が経由ということもあり、燃料代も安い。

ディーゼルエンジンを搭載したデミオは、デビュー時のモデルに試乗。今回のアクアと比較しての感想はといえば、クルマとしての立派感でデミオの勝ち。やはり登場年月が新しいことだけはある。

ただこの立派感というのが、決して乗り心地や静粛性など快適性が高いという意味ではなく、内外装の見た目やドラポジなど感覚的な部分が大きい。もちろんステップ式6ATによる部分もあるんだけどね。

ディーゼルエンジンを搭載したデミオ、乗り心地はお世辞にも良いとはいえず。静粛性だって不快な低周波音域のノイズが響く。ハンドリングだって多くの場面で運転しにくさを感じたりと、立派そうなんだけど立派さを欠く部分が多いというのか。単純にアクアの方がフレンドリーで、毎日のお供として不快感は少ない。

本当はガソリンエンジンを搭載するデミオならもっと素直に走りやすいんだけど、ディーゼルによる新しいユニットだったり低いランニングコストだったりと判断に悩む。それならアクアでいいかという結論になっても不思議じゃない。
この型のデミオは雑誌等で評価も高く絶賛されるモデル。良いクルマという評価が当たり前になっている。けどちょっとまって、たしかにデビュー直後のアクアならボロ負けだけど、2017マイナー後のアクアなら寧ろ勝ち。ぜひご自身で試乗し、ご判断下さいませ。

参考:4代目デミオXD・(ディーゼル)試乗レポート

アクア2017のメーターアクア2017のメーター(夜間)

アクア(2017マイチェン後)評価総合

乗り心地の良さで勝負できるのが今度のアクア。乗り心地に得意なシチュエーションが多いから、広く支持される乗り心地の良さだろう。ハイブリッドなど特殊なシステムを持たないクルマの燃費も向上し、それよりも高額なアクアの魅力は低下したと思いきや、燃費以外の快適性に魅力を持たせてきた。

デビュー時のアクアからみると、総合的な快適性はビックリするほど向上した。乗り換え需要にもピッタリと思う。一方で、アクアならではのシャキッとした走行感覚を失ったのも事実。すると、アクアの走行的質感が上がろうとも、兄貴分のプリウスには届かない。このあたりヒエラルキーが強くなったともいえる。
あとは価格。車両価格200万円以下ということで満足できる乗り心地は、少ないオプション構成で購入してこそ大きな旨味を味わえる。LEDヘッドライトなど高額オプションだから、こうした装備が標準のマークXなどからすればやはり割高。

それから話題のノートe-power(以下ノート)と比較すれば、「気軽」「フレンドリー」「乗り心地」という部分でアクアが大きくリード。逆に「広さ」「パワー」「操縦性」「静粛性」「新鮮」などの部分でノートe-powerがリード。言葉を変えると、ゆったり運転ではアクアの良い面が目立ち、ハイペース走行ではノートの良さが目立つ。同じ通勤スペシャルとして使用するにしても、クネクネ道や高速道路を使った通勤ならノートだし、そうでなければアクア。
見た目だけじゃないクルマ選びとしてどちらも、似て異なる商品性を持っているのが楽しいと思います。

トヨタ アクア

トヨタ

aqua (アクア)

  • 試乗グレード:“S”
  • ミッション:電気式無段階
  • 年式:2017y
  • 型式:NHP10
  • 新車時価格:187万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc+モーター
  • エンジン型式:1NZ-FXE

その他概要

  • ボディサイズ:4050×1695×1455mm
  • 車重:1090kg
  • 発売時期:2011年12月〜
  • 新車時価格帯:169万円〜
当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします
桃花ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー










スペアタイヤはオプション設定で標準はパンク修理キット。






乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。