アルテッツァ「P3」自動車比較・サーキットやパーツインプレ

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2003年記事・2012年大幅改修 
トヨタ アルテッツァ 著:ヒラリー)

トヨタ・アルテッツァ・試乗インプレ「3」

アルテッツァ試乗レポート、前期RS200Zエディション&後期RS200リミテッド2
前期型と後期型の試乗感想がミックス&多数の追記。 まとまりが無くなっている点、申し訳ございません。

当ページは3ページ目です。このページには「サーキット走行やアフターパーツのインプレ」などを記載してます。
前ページからの続きになります。


  1. 分割page - アルテッツァ試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - アルテッツァ試乗「1-2」・スポーティドライブでの印象や参考データ
  3. このpage - アルテッツァ試乗レポート「1-3」・サーキット走行やアフターパーツのインプレ
アルテッツァ内装アルテッツァセンターコンソール
トヨタ
  • グレード:“RS200 Z-ED”
  • 型式:SXE10
  • 車両価格:約250万円
  • デビュー年:平成11年〜

いくつかのパーツを交換してみた

TRDクロスミッションや軽量フライホイール

トランクTRDクロスミッションとS15シルビアの6速を付けました。フライホイールを軽量タイプに交換し、クラッチもTRD強化クラッチに交換。

ミッション、フィーリングが良くなりました(これは多分新品効果)。シフトチェンジは忙しいですが。6速は巡航用として回転数が下がりました。5速から回転数の落ち(ドロップ)が大きいので一呼吸開けてクラッチをつなぐ感じです。軽量フライホイールは空ぶかしが鋭くなりました。ただしデメリットは大きく、低回転が扱いにくくなりました。
強化クラッチは発進時にホイールスピンをさせようとした時に、繋がりが鋭くなったのが実感出来ます。踏み力は特別重くならないが、ミートポイントがやや手前に、半クラッチゾーンは小さくなりました。

強化クラッチに軽量フライホイール、少しロングになった1速、これらによって、坂道発進はまるでチューニングカーのように発進しにくい・・・。いや晴天の日はそこまでじゃないですが、雪の日の上り坂なんて、想像するのもイヤですね。練習しなきゃ。

そのほか、「低回転で負荷をかけた場合」や「全開加速の場合」にけっこう大きめのジャダーが出ます。高回転からのアクセルオフの時なんかも、ガラガラ音が出たりします。出来れば、もう少し重めのフライホイールを試してみたいと思っています。


TRDトランスミッション・ギヤセット1TRDトランスミッション・ギヤセット2

TRDトランスミッション・ギヤセットの中身はこんな感じ。
本体はオークションにて約22万円にて購入。一緒に作業したい他のパーツは下記のよう。

  • TRDクラッチディスク 19,950円
  • TRD製クラッチ専用クラッチカバー 34,650円
  • TRDフライホイール 60,900円
  • インプットシャフトベアリング 882円
  • ミッションバンパーカバー&フライホイールセットボルト 6個 816円
  • クラッチレリーズベアリングASSY 4,294円
  • 日産S15 6速ギア 10,000円

取付作業はTRDファクトリーやスポーツコーナーのある大型ネッツ店で作業して貰えます。ただし基本的に持込作業は受け付けていないため、事前に確認されることを推奨します。なんといっても、このクロスミッションは現在、生産終了品です。場合によってはライトなパーツ取付も受け付けているチューニングショップですね。信用出来るお店と知り合いになれば、長くに渡って安心できます。

純正のフライホイールはこんな感じ

交換用マフラー交換用マフラー

上の写真が取り外した純正フライホイール。ダブルマスフライホイールというタイプで凝った構造をしていて、重量も10kg以上と重い。

フライホイールはきちんとした理由があって重量が設定されているわけで、レスポンス向上などの謳い文句にはご注意を。”安直”に交換してしまうのは危険です。筆者はフライホイールを交換してよかった経験はありません。メリットとしては高回転で空ぶかしからのシフトチェンジではレスポンス向上が期待できるものの、メリットはあまりにも限定的
その代償として純正では気にならなかった振動やノイズ、低回転での扱いにくさと格闘することになります。

”細かいこと気にしないよ!”という若さあるれる方にはぜひ、お試しいただきたいという交換パーツといえます。

うるさくない交換用マフラー?

交換用マフラーこのクルマのオーナー「元自動車整備士」がマフラーを交換した。うるさいと深夜とか気を遣うじゃないですか。それでネットを見て静かと評判のマフラーを買ってきたんだけど、付けてみたら全然静かじゃない(笑)

昔は確かに、アペックスの「メガホンRS」など、純正より静かかもしれない交換用マフラーもあったけど、基本的に純正より静かなマフラーってないって思った方がよさそう。

交換した効果は?気分は盛り上がります。それ以外ではターボ車のように日常で体感出来るパワーアップはなし。どちらかといえば、極低回転のレスポンスが悪くなった。見た目はお好みでどうぞ。

その他交換パーツ

  • レカロシートをエルゴ系からSR系に交換しました。サイズの小さいシートの方がサポート性能の面で有利。
  • スピンターンノブ。サイドブレーキレバーにつけるお馴染みのアレ。車検時は元に戻さなきゃ。
  • Zエディションの純正アルミホイール。今でもオークションで取引されてます。
    防犯装置。走行にはまったく関係ありません。でも一番高かった・・・。

サーキット走行では?

サーキットといってもいわゆるミニサーキット。全長2キロ未満のコースをミニサーキットなんていうらしく、比較的気軽に走ることができる。場所によってはヘルメットがいらない場所もあったり。
サーキット走行に関しては専門的な方やプロのお話しの方が全然役立つので、素人的感想をひとつ。

ボディデザイン・リアクオーター

やっぱりFF車と比較すればすぅっとノーズがインを向いてくれる。個人的には背の高いコンパクトFFスポーツよりよほど楽しい。確かにホンダのタイプR系ならもっとグイグイと曲がっていってくれるけど、リアがナーバスになる場面もあって、昔はスピンしたこともある。
アルテッツァはバランスが良いのかそういった不安感はなし。2速のコーナーなら意図的にアクセル踏み込んで、リアをホイルスピンさせても安定している。ハンドル中立くらいに戻してキュルキュルいいながら前にも進んでいく感じかな。キミは4WDですか?みたいな。
スポーティ系タイヤでアンダー出してからとか旋回Gが弱い領域からのパワースライドはなかなか厳しい。ちょうど良い速度で進入できれば半クラッチ当てたりしなくても(少しだけ)オーバーステアが楽しめます。

エンジン、2速中回転をキープするようなコーナーではターボ車より扱いやすいけどやっぱり遅い。パワーバンドが限られているエンジンというのはこういうものなんだろう。当然、ホンダご自慢のVTECのような快感は当然無し。あちらは2速3速、ストレートではカッキーン!という快音と、アクセルOnOffに対する素晴らしいレスポンスを提供してくれる。

近年多くラインナップされる、ほとんど実用コンパクトそのままのスポーティグレード。なんとかRSとかアレ系。速さだけならハイグリップタイヤと底付きしないサスさえあれば問題ないけど、限られた状態の中でストイックにベストに向かうって感じ。個人的にはアルテッツァの方が誰でも単純に楽しいと強く思う。乗りもしないでトヨタ車を悪評価するのは良くないと思います!
同じように、本格的なスポーツカーから見ればアルテッツァはケイハク。この場合はアルテッツァが志が低いクルマに。結局いいクルマが欲しくなっちゃうのね。同クラスでもシルビアなんかの方が・・・。でもまあ、アルテッツァもそこまで次元が低いワケじゃないと思います。走り込むことが一番重要ですね!

フットレストが壊れた

ミニサーキットでの走行中、フットレストが壊れた。これって、足で踏ん張って体を支えるモノじゃなかったっけ?根本が曲がってグラグラになっちゃいました。

しょうがないんで、ネットで探して汎用品とか他車用を購入。結局3つも買ってやっとうまく付くのがあった。金額は合計で1万円以上!お恥ずかしい・・・。してこれはアルテッツァ用として販売されているモノ。
その後、現在まで壊れていません。

フットレスト1フットレスト2

フットレスト3

 

 

 

 

 

 

 

 

アルテッツァシート表皮張り替え済みなレカロSR-3。車内で存在感あり、座っても良し。最近のモデルよりホールド性が重視されている。

総合評価

ボディデザイン・フロントクオーター3ペダル6MTで乗れる貴重なFRミドルセダン、でもちょっとエンジンが終わってるから残念なことこの上なし。それがアルテッツァ。

ハンドリングという点で見れば、後期モデルなら、世間で言われているほど悪くない。いや寧ろ、筆者的にはFFスポーティカー達より断然好み。コンパクトカーのスポーティグレードなんて、如何に次元が低い割に値段だけ高いかっていうことを改めて教えてくれる。
もちろん内容や質感が重視された欧州ツアラー系から見れば、小さくてカッコ悪い、そして遅いという中途半端なクルマになる。アルテッツァは内外装のデザインが微妙だから、それも含め同世代の中でもマニアックな選択肢になると思う。通好みというヤツですね。自分の好みと他人から評価どちらを優先するかって考えても一緒。

実用的な面では、燃費はあまり良くない。気にしちゃいけません。燃費以外は概ね問題なし。快適性だって、これになれたら中級ミニバンとか、全く欲しくなくなっちゃいますよ。

FFでもいいっていうのなら、中古でお得な1台が。ホンダのアコード・トルネオのユーロR。こちらミッションがMTがのみで、最高の4気筒エンジンが味わえる。アルテッツァよりもっともっと地味!でも快適性だって問題なし。できればH22Aを積んだモデルがオススメ。

トヨタ アルテッツァ

トヨタ

試乗1・SXE10前期 altezza

  • 試乗グレード:“RS200 Z-ED”
  • 年式:前期
  • ミッション:6MT
  • 新車時価格:約250万円

試乗2・SXE10後期 altezza

  • 試乗グレード:“RS200 LTD2”
  • 年式:17年(2005y)後期
  • ミッション:6MT
  • 新車時価格:約230万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

アルテッツァ4気筒モデル

SXE10 - 3S 2000cc 2001年〜
42B19L
60B24L (純正ナビ付き)


アルテッツァ6気筒モデル

GXE10 - 1G 2000cc 2001年〜
42B19L
60B24L (純正ナビ付き)

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



フットレスト3
壊れにくいように改良したフットレスト。

交換用マフラー
交換用マフラー。静かと宣伝されているけど、それは抜けを重視したマフラーより静かっていうこと。純正よりはやっぱりうるさい。

トランク

トランク トランク
クロスミッション、箱の中身はこんな感じ



米国トヨタ販売がSEMAショーで公開したというアルテッツァ(レクサスIS)。
個人所有の自動車らしいが、IS1000と名前が付けられている。
エンジンは2JZターボで1000馬力とのこと。レスポンスという自動車関連ホームページで記事になっている。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。