「スイフト」辛口評価P2/能動的な高い安全性能

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 スズキ スイフト
著:ヒラリー男爵)

スズキ・スイフト(3代目)試乗レポート「2」

間違いいっぱいの自動車選び・徹底試乗記スイフト。あちこちで評価の高いスズキのコンパクトカー、3代目スイフト(ZC72S)グレードはベーシックながら装備充実の”XG”試乗感想文。

当ページは2ページ目です。「アクティブな安全性能の高さとステアフィール」を掲載中。

スイフト内装(夜間)スイフト内装(昼)
スズキ
  • グレード:“XG”
  • 型式:ZC72S
  • 車両価格:124万円
  • デビュー年:2010年9月

ページ内の一部画像はクリックで拡大します(ページ右の横長画像など)。

  1. 分割page - スイフト「1-1」・内装評価とエンジン
  2. このpage - スイフト「1-2」・アクティブな安全性能とステアフィール
  3. 分割page - スイフト「1-3」・同世代コンパクトカー比較
  4. 分割page - スイフト「1-4」・スイフトスポーツ感想

関連ページ - 2016〜17コンパクトカー比較 / 2015コンパクトカー比較

スイフト試乗・ステアリングフィール

室内のイメージハンドルを回した感じは一言で安っぽい。とても上質な内装のイメージと合ってない。思わず不思議な感覚を覚えてしまう。ライバルのフィットよりは断然マシだけど、絶対的に評価すれば50歩100歩といったところか。

スイフトももう少しタイヤが大きければまた違うんだろうけど、慣れるまではハンドルを回すたびに悲惨な気持ちになる。

しかし、ハンドルを回した感触はチープでも、クルマの動きはまた別。走りたいように走れるとはこの感覚か。日常での走行感覚はまるでラグジュアリーセダンのよう。200万円で400万円の世界が味わえる。といったら言い過ぎだけどスイフトがそうした方向性で、かなりレベル高いのは事実。

スイフトのハンドルには特徴的な部分があって、それは可変ギヤレシオ。ステアリングギヤ比がハンドル回した量に応じて変わり、ハンドル中立付近はゆるめ、ハンドルを大きく回すとクイックになる特性らしい。ハンドル回す量によってロックtoロックが変わるような印象だ。
そんなこともあり、中立付近は思いっきりマイルド。そこから切りこんだ先は普通の自動車といった感じかな。

可変ギヤレシオのせいかどうかはわからないが、今回筆者、数時間運転してもちょっとクルマに馴染めない部分があった。普通に交差点では全然普通に走れるので、クネクネ道だけだが、結局、思った通りに走らせにくかったので、ダッシュは止めときました。
なのでとりあえず感じたところのみピックアップ。

  • ステアリングはゆるめだけど、けっして大きな無反応地帯があるわけではない。スイフトは特別直進性が良いとは思わなかったが、滑らかに修正できる。だから助手席の人も安心感高い。
  • ガシッと切ってもジワッと切っても、不快感はない。誰でもどなたでも余計な気を遣わずハンドルを切れる。運転もなんだかうまくなったような錯覚に。まさにゲーム感覚。
  • コーナーではハンドル切るとフロント外側が沈みこんで、そして曲がり出す。サスペンションは初期の入力に対しては驚くほど柔らかいが、腰砕けを感じるほどグラッとロールするそぶりは全然ない。リアのロールは少なく揺すられる心配も感じない。
  • 総じて、まじめに開発されたサルーンのような味付けと感じた。とりあえずでデビューするコンパクトカーとはちょっと違う、スイフトはケーハクでないコンパクトに認定??

基本が良ければ安全性も高い

どんな時でも自分が必要と思うだけハンドルを切れるのが今回のスイフト。また足回りの良さからくる疲労の少なさも安全性に貢献。疲労は集中力や判断力に影響。さらにタイヤを含むブレーキの制動力も高め。
これらアクティブセーフティと呼ばれる部分、ここもライバル比較で大きくスイフトが優れている点。クルマの運動性能は何もスポーティ走行の為だけにあるわけでなく、加害者にも被害者にもなるリスクが減れば、よりリラックスして運転できる。緊張せずに運転出来れば運転が嫌いにならない。これ筆者の持論。

本来、自分より大きな力を持つクルマを動かしたいというのは人間の本能。今までもこれからも、多くの車種で基本性能がおざなりにされるのがコンパクトカー。現状で一番好ましいのはスイフト。以下、アクティブセーフティに関する部分。

必要と思うだけハンドルを切れる

ハンドルを切ると、舵角が小さいうち、非常に緩くクルマが動く。「反応がない」でなくて穏やかに「反応する」。また足回りの特性も合っているから、ハンドルを素早く揺すってみても、時速60キロ以下ならリアはほとんどロールもしないで、グラッとくることもなく進路が変わる。
なんというか、ゲーム感覚でガシッとハンドルを切っても恐怖感はなし。今までこんなコンパクトカーってあったっけ?と思えるレベル。日常域なら不安感なく思いっきりハンドルが切れます。

足回りの良さからくる疲労の少なさ

タイヤ

集中力の欠如、これって事故に繋がりやすいと思いませんか?正確なデータはわからないけど、多分そうなんじゃないかなと思う。
ちょっと不注意なケアレスミスも、取り返しが付かなくなるような大きなミスも、体調が良い時は余り問題にならないかもしれません。

ということでスイフト。スイフトは慣れてしまえば自然な運転感覚、乗り心地の良さからワンランク上のクルマに乗っている感じさえ受ける。普通に走っている限り直進性だって悪くない。だから疲れにくいと思う。その他理由は周辺記事に書いてあるとおり。

もちろん自動停止システムなどパッシブセーフティが付いていれば尚良いけれど、これだってまだ完璧じゃない。疲れにくいクルマはそれだけで価値があるし、スイフトだって全然完璧じゃないから、クルマが中に浮いて走れる日までどんどんと進化挿していってくれることを願います。

ブレーキ制動力も良いレベル

スイフトのペダル試乗車に装着されていたタイヤは新車時からスイフト純正のアスペックデシベルという銘柄。リプレイス用に販売されているアスペックデシベルとは別物だろうけど、違いが少ないと仮定すれば、静粛性重視ながら乗り心地のバランスよし。でもちょっとピーキーさもあった。筆者的にそんなイメージのタイヤ。
ブレーキの限界制動力はタイヤの縦方向グリップ限界ということで、ほとんどの場合、制動力限界はタイヤに依存する。

スイフトで急ブレーキを踏んでみると、日常的な速度からのブレーキなら不満ない制動力を発揮。ボディディメンションを考えれば苦手な分野であろうことは容易に想像できる。タイヤを活かしているサスペンションだって絶妙なセッティングなのだろう。

もちろん比較対象をコンパクトカー意外まで拡大すれば、それなりという域はでない。同乗者の胃が飛び出そうな、そんな減速は難しい。それでも実際は、上手くブレーキが踏めるどうかという問題もあるし、スイフトならブレーキがペダル剛性が弱めな反面、踏む力もそれほど必要ないので、力に自信のない方でもガシッと踏めると思う。
多くの軽自動車が非常に頼りない制動力しか発揮できない現実を考えると、スイフトの方がよほど安心して運転出来るのは間違いない。クルマが良ければあとはドライバー。新車中古車かかわらずクルマを購入したら、できれば定期的に目一杯ブレーキペダルを踏み込む練習をしておくことが望ましい。

視界からくる走りやすさの関連

内装4Aピラーと視界

写真はドライバーの顔の位置(やや右より)から、斜め右前を見たときの感覚を再現しようとしてみた。ちょっと下向き過ぎちゃってごめんなさい。

スイフトは外から見てもわかるとおり、Aピラーが立ち気味のデザインを採用している(ピラーとはルーフを支える部分で前から数えてAピラー、Bピラー、Cピラーなどと呼ぶ)。スイフトは現代のクルマとしては異常なほどAピラーが立っているにもかかわらず、決して古ぼかしくないのは立派。

何が言いたいのかと言えば、Aピラーが立っている方が、コーナーリング時などの死角になりにくい。視界と死角というだけで評価するとAピラーは立っていてドライバーに近い方が望ましい。
ほとんどのミニバンやコンパクトはAピラーが寝ていてコーナーで邪魔になるのはご存じの通り4代目ホンダ・オデッセイなど例外的にピラーが細い車種もあるが多くはない。エクステリアのデザイン性で見れば、前から後まで一体感のあるワンモーションフォルムが良いと思うが、運転してみるとスイフトのような良さも捨てがたい。

ストラットタワー

ボンネットを開けてみても他のクルマとの違いがわかる。最近のクルマはストラットタワーと同じくらいの場所にピラーの付け根がくるわけだが、スイフトはご覧の通り。


※見切りの良さ、走りやすさに関してはマツダ・デミオの方が上。コーナーがラク、狭いところがラク、そこを重視して比較するならデミオをオススメします。

スイフトメーター(夜間)スイフトメーター(昼)

緊急回避もレベル高い

緊急回避運動、軍艦が魚雷を避けるだけの言葉ではありません。急な障害物を回避する自動車でも大事な部分なんです。CIWSが装備されない自動車ではハンドルとブレーキで避けることが必須。けっして自動的に破壊してくれるわけではありません。(CIWSってアレです。デケデケデケデケデケ・・・)

自動車でいうところの緊急回避運動とは、急ハンドル・急ブレーキ・急速レーンチェンジ。スイフトは前述したとおり、無造作に素早くハンドルを切り込む動作も許容してくれる。そしてそんな時でも穏やかにフロントが動いてくれる。そしてリアは終始安定。ハンドルだけで、リアはロールさえ感じることなく目の前の障害物を交わせることも多いと思う。
通常は1.ブレーキ・2.ハンドルという優先順位でダメージを食らわないようによけ方を考えるわけだが、スイフトならハンドルで回避することを優先的に考えることも通用しそうだ。

今回ちょうど、急な障害物を回避

試乗中たまたま、前のトラックの影から急に障害物は見えた。時速※※キロ。筆者は助手席。そんな時でもドライバーは「うっほっほ〜」と雄叫びを上げつつ、ハンドルのみで回避を行う。それでもクルマはゆっくりとした動きで急な部分がない。だから助手席の筆者も笑いながら、楽しく障害物を回避
ついでにここで、ハザードスイッチを押して後続車にお知らせする余裕もあった(実際は後続車は障害物を豪快に踏んだ)。みなさんこの思いやりハザードの和を広げましょう。

スズキ スイフト (3代目)

スズキ自動車

swift (スイフト) 試乗モデル

  • グレード:“XG”
  • 型式:ZC72S (3代目)
  • 年式:2012y
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:124万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



内装各部。



現時点ではびっくりするほどの質感。コンパクトカー全般がこのレベルにならないと、みんな軽自動車にとって変わられちゃうよ。




ラゲッジスペースはミニマムだけどリアシートをたたんでおけばバンのように使える。


女性に嬉しい?オカモトゴムをひっそり隠しておける場所。


ペダル配置はちょっと微妙。欧州車ほどではないが気持ちだけ、ペダル全体が左に寄っている。
それに合わせてフットレストで踏ん張るのもちょっと苦手。サイズもスペースも最小限。女性のためのクルマと考えばこれも納得。


ドライバー目線から右を見たところ。スイフトのAピラーは邪魔になりにくい。

タイヤ

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。