スズキ「ソリオ」P4/コスパと評価総合

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年記事 スズキ ソリオ
著:ヒラリー男爵&桃花)

スズキ・ソリオ試乗インプレ「4」

間違いいっぱいの自動車選び・ソリオ(MA15S)。軽自動車以上コンパクト未満という独特のポジションが魅力の、スズキ・ソリオ(MA15S)。グレードはGリミテッド(特別仕様車)。前ページからの続きです。

当ページは4ページ目です。「運転しやすさ、コストパフォーマンスと評価総合」を掲載中。

ソリオ内装1ソリオ内装2
スズキ
  • グレード:“XG”
  • 型式:ZC72S
  • 車両価格:124万円
  • デビュー年:2010年9月

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ソリオ「1-1」・概要と内装、エンジン、ミッション
  2. 分割page - ソリオ「1-2」・乗り心地や静粛性、コーナーリング特性
  3. 分割page - ソリオ「1-3」・リアシート居住性と快適性
  4. このpage - ソリオ「1-4」・運転しやすさ、コストパフォーマンスと評価総合

ラゲッジスペース

ソリオのラゲッジスペースは横幅はボディサイズを上手く使っている印象。一瞬、ホイールハウスはどこだ?なんて思ったり。逆に奥行きはボディサイズから想像できるように、短い。加えてリアシートを倒せば大きな段差が出来る。だから一般的な段ボールなんかは積みにくい。
しかし、ラゲッジスペースの不足分は、リアシートに荷物が載るからそれで補える。リアシート足下に段ボールを詰めるなんて実はリッチなことです。

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

ラゲッジスペース(荷室)はご覧のような感じ。通常の状態で奥行きは40cm程度。狭いけど、同じスズキのスイフトと同じくらいは確保されている。

ラゲッジスペース3ラゲッジアンダートレイ

リアシートは簡単に倒せる。けど大きな段差が残る。グレードによっては助手席がダブルフォールディングでたためるとのことだから、ここもうまくすれば何とかなる可能性十分。

ラゲッジ05

メーカー公式HPによると、9.5inchのゴルフバッグが横積みできるらしい。ギュッと押し込むのか余裕で入るのか、そのあたりはぜひ試してみたい。

 

こんなところもソリオ

長所と気になる点。なんとなく感じてるよりテキストでまとめればスッキリ。

視界バッチリ

運転席からのAピラー1運転席からのAピラー2

フロントウインドが大きく、角度的に立ってるソリオは視界良好。特に、曲がる時にピラーが邪魔になりにくい。コンパクト〜ミドルクラスの多くでは、とにかくピラーが邪魔なモデルが多い。エクステリアのスタイルとか考えればガマンするしかないんだろうけど、ソリオのボディデザインを気に入れば、ピラーが邪魔になる心配はいらないよ。

メーターとミラーは視線移動大きい

フロントガラスが大きく、着座姿勢はアップライト。そしてルームミラーはかなり上方に寄せられて設置。ということで、メーターを確認したり、ルームミラーを確認する時には、視線移動が大きい。あんまり、メーターとかミラーとニラメッコしちゃうと危険です。
それからエアコン操作部を見る時も視線移動が大きいから、走行中の操作には慣れが必要かな。

外光が映り込み気になる「F窓ガラス」

夜間運転していると、街の照明がガラスに映り込む。障害物がないのにあるように見えるほど。普段余り走らない道を運転すると、けっこう気になった。

具体的には、運転席に座ると、運転席のドアガラスにメーターがクッキリ映り込んでるのが気になる。これは珍しい事じゃない。しかし、運転席側ドアガラスに視線を移すと、助手席の向こうにある照明とか白いポールなどが映り込んでる。そして、運転席の向こうに白いポールが立ってるように見えたりする。
同じ事は、助手席に座っても感じる。周囲の安全確認とか、ちょっと気になっちゃう。

ハッキリした理由はわかりません。ゴメンナサイ。ディーラー試乗は暗い時に出来るのは少なそうなので、気になったら聞いて確認してみて下さい。筆者が気にしすぎだとしたらその方がいいです。

慣れないと探してしまう、スタートボタン

スタートボタン

スモールONでは点灯しないプッシュスタートボタン。せめてエンジン切る時には光って欲しい!慣れないと夜間、ボタンはどこかって探しちゃうよ。

点灯するのは、ドアを開けた時。つまり、これから走り出す時は困らない。でものボタン、緊急停止ボタンも兼ねてるんでしょ!非常時のパニック時に押せないようじゃ困っちゃう。

カップホルダー、変則的なレイアウト

カップホルダーはインパネのセンター下部に1個。1個って珍しい。不足分はハンドル右側のところに1個付いてる。ドライバー専用の使いやすい場所。フロントではこれにプラスして両側のドアに1個ずつ。500ccペットボトルを置きやすい。
一般的にセンターコンソールがある部分には何もない。試乗中、センターのドリンクホルダーに置いたドリンクが、どっちの所有物がわからなくなった。間違えて飲んでも問題はないんだろうけど、意図的な間接キスは強姦罪の可能性www。これでムラムラされた方はソリオをぜひ!一気に親しくなれるかも!?

リアは、リアタイヤの上に各1個ずつ。ちょうどミニバンの3列目のような感じ。

コストパフォーマンスについて感じる事

ソリオの新車時車両価格は、ベースグレードでおよそ130万円台〜。装備が充実したグレードで150万円〜160万円。細かな価格はマイナーチェンジで変更されている。

この価格を安いと見るか高いと見るか。ソリオは少し特殊なポジションの自動車だから、多少の割高感はしょうがない。それを加味すると、ベースグレード限定で、まずまず納得できる価格だと思う。軽自動車のベースグレードと比較して30万円前後高価だとすると、この30万円で得られるものはメチャメチャ多い!
近い内容を持つスズキ・スペーシアでは120万円台〜。差額は15万程度!(減税や値引きの関係で支払総額はどうなるかわかりません)

それから、電動スライドドアが標準という点。これを10万円として計算してもいい。できればオプションにして10万円安く販売してくれる方が嬉しいけどね。「標準でお得」なのか「抱き合わせで仕方なく」なのか、多数決取ってみたいw
ダイハツでは、ミライースの価格を一気に5万円値下げした実績がある。こうした英断は忘れたくても忘れられない。ソリオも一気に10万円値下げ、ガンバって。

参考:ミライース試乗レポート

中級以上のグレードでは、ちょっと人を選ぶ価格に。例えば話題のデュアルジェットエンジンを搭載したグレードだと、最も安価な「X-DJE」で173万円。その上の「S-DJE」で185万円(2014年8月)。
さらにソリオバンディットなんて選べば、187万円。ソリオにこの金額を出せる方って、とってもリッチ。そしてアイドリングストップが付いてバッテリーの価格や交換頻度は、多分に上がる。

維持費を気にするなら、タイヤやバッテリーにも注目

タイヤバッテリー

維持費=ランニングコストといえば話題の中心は燃費。でも、タイヤ交換やバッテリー交換だって立派な維持費。忘れてはいけません。燃費が良いからって車両価格の高い自動車を選べば、毎月のローンがきつくなる。だから燃費以外の維持費も気にしなきゃね。

ソリオはベースグレード&アイドリングストップなしのグレードを選択すれば、タイヤもバッテリーも経済的サイズタイヤは「165/65R14」サイズ。小さく感じるかもしれないけれど、スズキが車重やディメンションを考慮し、余裕を持って安全を確保しているだろうから心配なし。
安直にタイヤ系を大きくして走行安定性を確保するっていうより、クルマに合ってて好ましい。

バッテリーは「46B24L」サイズ。ネットで検索すれば3000円台から購入出来る。アイドリングストップ付きだと、アイドリングストップ対応バッテリーというのがあり、けっこう高価。交換頻度だって上がる可能性が高い。記憶が正しければ、軽自動車用で6000円あたり。ディーラーで交換(ダイハツ)だと7000円弱だった。
快適な時もあれば不快な時もあるアイドリングストップ。カタログ燃費を稼ぐシステムという方もいらっしゃる。自動車の使用地域によって選択の自由が欲しい。ソリオなら大丈夫。

ソリオのメーター(夜間)ソリオのメーター(昼)

ソリオ総評

ソリオ

ボディサイズも内容も、軽自動車以上コンパクト未満なソリオ。
全長3710×全幅1620というサイズは、今風にいえばAセグメント。最も小さいジャンルに分類される。

それだけ小さいながら、室内は広く、ウォークスルーだって実用的に使える。ソリオはなかなか少数派のジャンルに属するクルマだけど、あえてライバルを挙げればフリードやシエンタ。同じスペース重視系だけどソリオより大きく、若干価格も高い。またbBやキューブだと、リアシート居住性という点でまったく刃が立たず。

だからソリオのディメンションがジャストサイズなら、他に選択肢はあまりない(三菱デリカD2がOEMで同車種)。

ドライビングフィール的なキャラクターは、ゆったり&市街地重視。特にフロントは柔らかい。ハンドルを回せばダルさと揺すられ感が強いけど、固くて過敏なモデルよりよほどマシ。ホンダとか小さくてカチカチなモデルが多いけど、コンセプトがしっかりしていて好感度高いのはソリオ。二兎を追うものはなんとか、ね。

ある意味、一番のライバルな軽自動車と比較すれば、走りの質感に驚くほどの違いがある。例えばスペーシアとの価格差を考えればビックリだ。カー用品店でおいる添加剤とか快適グッズとかブラシーボグッズ買えば、10万円くらいすぐいっちゃう。しっかり体感出来るのは、ソリオに投資した10万円。

自動車に期待する内容がソリオの特徴にピッタリなら、他にはない選択肢。ジャストサイズと感じたらコストパフォーマンスを気にせずお好きなグレードを選んで正解です。

スズキ ソリオ

スズキ自動車

SOLIO(ソリオ) 試乗モデル

  • グレード:“Gリミテッド”
  • 型式:MA15S 2012年式
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:140万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


タイヤサイズは「165/65R14」。ローランニングコスト。


カウルトップの部分、大きな窪み。


バッテリーサイズは「46B24L」。写真汚くてスミマセン。


プッシュスタートボタン。右下は電動スライドドアのスイッチ。






助手席の下はスズキお馴染みの収納ボックス。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。