スズキ「ソリオ」P2/快適性とコーナー、ハンドリング特性

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2014年記事 スズキ ソリオ
著:ヒラリー男爵&桃花)

スズキ・ソリオ試乗インプレ「2」

間違いいっぱいの自動車選び・ソリオ(MA15S)。軽自動車以上コンパクト未満という独特のポジションが魅力の、スズキ・ソリオ(MA15S)。グレードはGリミテッド(特別仕様車)。前ページからの続きです。

当ページは2ページ目です。「乗り心地や静粛性、コーナーリング特性」を掲載中。

ソリオ内装1ソリオ内装2
スズキ
  • グレード:“XG”
  • 型式:ZC72S
  • 車両価格:124万円
  • デビュー年:2010年9月

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ソリオ「1-1」・概要と内装、エンジン、ミッション
  2. このpage - ソリオ「1-2」・乗り心地や静粛性、コーナーリング特性
  3. 分割page - ソリオ「1-3」・リアシート居住性と快適性
  4. 分割page - ソリオ「1-4」・運転しやすさ、コストパフォーマンスと評価総合

試乗:乗り心地

シャシー・サスペンション

ソリオがもつ乗り心地のキャラクターは、前は柔らかくて後ろは固め。こんな感じ。

  • フロントサスペンション・・・柔らかい。質感普通。
  • リアサスペンション・・・固め。質感悪い。

ドライバーは4輪の感触を感じやすいが、一般的に助手席の乗り心地はフロントサスペンションの影響を大きく受け、リアシートの乗り心地はリアサスペンションの影響を受ける。

だから、ソリオの助手席に座っていれば、十分に軽自動車より良質な乗り心地を味わえる。軽自動車より圧倒的に優れた静粛性と合わせ、別世界を感じる事が出来ちゃう。

フロントシート質感「普通」という評価は、柔らかければ基本的にアラが出にくい。柔らかければとりあえずクッション柔らかく感じる。だから余り気にすることはないんだけど、柔らかい割に路面の細かなボコボコで車体が振動し、荒れた路面では微振動が多く伝わってくる。

理想をいえばこの辺りが厳しく、ダンパーの滑らかさや乗り心地に対するボディやサス剛性感が不足しているような印象を受ける。軽自動車からのレベルアップなら全く問題なしで、上級車からのダウンサイジングでは気になりそうなポイント。

リアシートでの乗り味などは後述。体型がフィットすれば座りやすく快適です。

速度感低い=ゆったり感上々

ドライバーもパッセンジャーも感じる快適性のひとつに、速度感がある。クルマによって、同じ車速でも体感する速度が違ったりしない?
ソリオは着座位置が高く、フロントウインドーが大きく、さらにワイドレンジなCVT、その他要因によって、体感速度が低く感じられる。例えば時速60kmで走行していても50kmで走行しているような。

だからゆったり感があって、不思議と乗り心地よく感じたりもする。ドライバーの精神的余裕だって変わってくるから、より丁寧な運転も可能に。
速く感じる自動車、遅く感じる自動車、中古車含めればどちらも選択肢いっぱい。とりあえず、気がついたら速度で過ぎてたって状況にはご注意をどうぞ。

試乗:コーナーリング感覚

交差点やコーナーでハンドルを切れば、ダルい感覚を受ける。一昔前のミニバンに良くあった、ステアしてからワンテンポ遅れるハンドリング。あの感覚だ。

ソリオのハンドリング、キャラクター

ステアリングでもこれ、決して悪い事じゃなくて、ダルさは柔らかなフロントサスペションに合ってる。ステアフィールは、クルマに合ったダルさがないと疲れちゃう。何も俊敏レスポンスだけが高評価という訳じゃない。

柔らかめのサスペンションにはダルめのハンドリング。ゆったり市街地走行とか幼稚園の送迎とか、これはとっても良いモノです。
気を付ける必要があるのは、相当に先読みしてハンドルを切り始める必要があるということ。少しでも切り始めるのが遅れれば、曲がりきるまで不快な感触が離れない。最後まで神経使った修正舵を強いられる。実際の所、ガシガシとハンドル切れるクルマの方がラクな場面も多々ある。

ハンドルが重い!これがバランスブレーカー

ステアリング2

こういったバランスについて、もう一つ、一緒に考えたい部分がある。それは、ハンドルを回す重さ
ソリオはここに、声を大にして苦言を付けたい。

ソリオのハンドルは重い。上で述べた部分のバランスは良いのに、この重さで損しちゃってる。普通ならここもバランス良く仕上げるモデルが多い。そんな中で、ソリオはハンドル重くセッティングすることで無理に高級感を出そうとしているなら、ケイハクなクルマと評価せざるを得なくなる。

実際以上にハンドル重く感じる要因の一つに、ステアリング表面が滑りやすいというのがある。重くて滑りやすければ、無意識に強く握ってしまう
するとまず、ハンドルに伝わる情報が感じられなくなって反応がワンテンポ遅れ、次に実際のハンドル操作もワンテンポ遅れてる。つまりツーテンポ遅れるわけだから、なめらかな運転は難しくなる

最近は滑りにくい革とか、ディンプル加工とか、引っかかりを付けたりするのが増えてきた。ソリオの上級グレードは未試乗だから、そっちは同価格帯ライバル車と引けを取らないハンドルに期待。もし同系統だったら。。。そしたら試乗の際はドライビンググローブ必須かw もしくは、彼女のつば付けて運転。あっ、これ良いね!楽しそうwww

軽自動車と比較すると?

軽自動車のハンドルを握ると、結構いつでも「無反応地帯」を感じる。感覚的にね。ごくごく普通に交差点を曲がっても、特にハンドルを戻す時、一定に戻しても反応が無くなる領域を感じる。
また直進していても、路面のうねりによるフラツキを修正した時、無反応な感覚を受ける。「修正中だよ〜」って情報を与えてくれず、寂しいことこの上ない。

ホンダのNシリーズではこうした部分は良くできているけど、足が硬い。軽自動車にツアラーってグレードを作っちゃうほどだから。

こんな部分、ソリオは全然良くできてる。ソリオを試乗中に普通の運転で無反応地帯を強く感じる事はなかった。お金が掛かっているのかもしれないし、軽自動車より横幅広いのも要因の一つかな。

次にハンドルを回す感触。高級感を感じやすい部分だけど、ここは軽自動車と大差ない。タイヤサイズが近いからというのが想像できる。

ちょっとハイペースだとどんな感じ?

ソリオはCMやイメージキャラクターに若い俳優を起用し、若者向けの自動車ということをアピール。ということは、ハイペースで走るシチュエーションも想像出来る。地方の通勤時間帯はけっこうなペースで流れていたりするしね。

ということで、ちょっと気持ち良く走ってみるとどうか。実用性最優先なのは百も承知。便利なクルマというのを大前提にしつつ、いつも通りに評価させて頂きます。

期待はほどほどに。でも良い面もあったり

ペダルレイアウト

最近の軽自動車全般でもそうだけど、丁寧に早めにハンドルを切り始めつつ、一定ペースで走るだけなら、ちょっとペースが良くてもなんてことない。普通に走ってくれる。

こうした走り方で他車と比較してみると、主流コンパクトの中でもスペース重視系では、日産ノートはソリオよりラクに走れ、ホンダフィットは走りにくさともいえるクセを感じる。筆者ヒラリー、自分の中ではソリオは中間。

参考:日産・ノート(2代目)試乗レポート
参考:ホンダ・フィット(2代目)試乗レポート

田舎道で運転を楽しみたいという場合はどうだろう。楽しく走る事は2の次3の次といった自動車だから、クネクネ道やアップダウンが続く道を試乗しても楽しいという感じは薄い。コーナーに向かって全開にして、強くブレーキ掛けてコーナー進入なんて走り方をしたい場合は他のモデルを選択した方が賢明。
何しろ、ちょっと強めにブレーキを掛ければ、急に大きくノーズダイブしてしまう。ディメンションの問題なのかショックアブソーバーが渋いのか?気分的に萎えちゃう。希望的な期待は清くバッサリどうぞ。

ハンドルを切ってからヨー(曲がろうとするチカラ)を感じるまでは2ステップ挟む。少しハンドル切って中立に戻せば、ブッシュあたりが変形するだけ。もう少しハンドル切って戻せば、サスが伸縮して戻るだけ。ここではクルマはほぼ直進。この先でクルマが曲がろうとし始める。ってことで先読み運転必須。

クルマの動きを無視して素早いステア裁きを試してみる。例えばS字の切り返し。フロントに対して固めの印象を持つリアサスは、思ったより追従してくれてゾクッと危険を感じるほどじゃない。ただただ、伸び上がるし強烈に揺すられるから、ドライバーも同乗者も不快
やっぱり、コーナーを読み間違えたり、緊急回避だったりという場面は極限まで減らしたい。アブナイというよりモーレツに不快だからね。先読み能力を強化しないと、同乗者は一発で酔っちゃう。

タイヤ最後にちょっと取り上げたい部分。ごく低速だけど、わざとアクセル踏んでアンダーステアを出してみると、同じ動作をしている間、フロントタイヤから同じようにスキール音が出てくれた。接地感が安定しているともとれるし、とりあえず不安感がない。

ソリオのメーター(夜間)ソリオのメーター(昼)

試乗:静粛性の評価

快適性に直結する静粛性の評価。いえ、静粛性は試乗するシチュエーションや人間の体調、乗車人数、タイヤのコンディションによって大きく変わるから、評価なんて偉そうなもんではありません。

静粛性についてはいろいろ走った後、できるだけ夜間の静かな市街地などで、感じたことを見つめ直します。

そうして出したソリオの静粛性評価。意外と静粛性高いんじゃない?

最初は信じられなかったりも。何しろスイフトより静かに感じる。スイフトといえば正当派の質感も考えられたコンパクトカー。調子に乗って他車とも比較してみれば、フィットとはノイズの伝わる音質こそ異なれど、ソリオの方が不快感が少ないんじゃない?3代目フィットは欧州車的な高級感を感じさせる音質だけど、低周波のコモリ音で不快度MAX。

またエンジンノイズもそれなりに抑えられていて、かつ、ヴィッツよりマイルドな音質だし、ノートほどボヘボヘと不快な音じゃない。

参考:スイフト(ZC72S)試乗レポート
参考:ヴィッツ(130系)試乗レポート

そんな感じのソリオの静粛性、こうして考えればやっぱりレベル高い!高速での風切り音は気になるレベルだけど、市街地でフロントシートに座っていれば、少なくともロードノイズでノイローゼにはならないと思います。静粛性低くてノイローゼになりそうなクルマ、けっこうあるよね。

スズキ ソリオ

スズキ自動車

SOLIO(ソリオ) 試乗モデル

  • グレード:“Gリミテッド”
  • 型式:MA15S 2012年式
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:140万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。