スズキ「ハスラー」P4/乗ってわかった細部と総評

自動車購入の比較・評論・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2016年記事 スズキ ハスラー
著:桃花&ヒラリー男爵)

suzuki・ハスラー試乗レポ「4」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車はスズキ・ハスラー。型式MR41S。2015年式。グレードは“ターボ無しのG、ツートン仕様”。個性的なエクステリアで注目度高し!カスタムベースとしても魅力。

当ページは4ページ目です。「ドラポジと視界など乗ってわかった長所短所と評価総合」などを掲載中。

ハスラー・インパネ1ハスラー・インパネ2
スズキ
  • グレード:“G (ツートン・CVT)”
  • 型式:MR41S
  • 車両価格:132万円
  • デビュー年:2014年

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ハスラー「1-1」・概要とエンジン・ミッション
  2. 分割page - ハスラー「1-2」・ドライビング感覚と乗り心地、静粛性
  3. 分割page - ハスラー「1-3」・内装とラゲッジスペース
  4. このpage - ハスラー「1-4」・乗ってわかった長所短所と評価総合

細かな長所短所

乗ってわかった細部の長所短所。

収納時のシートベルトがナイス!

長所短所1

使っていない助手席のシートベルト、カチャカチャと音を立てて不快。なんてクルマが多いこと多いこと。2000ccオーバーの車種でも普通にある。

このハスラーはクルマが揺れてもバックル部からのカチャカチャ音は気にならず。確認してみれば写真のように、ベルトのたわみが工夫され、暖糾材として機能していた。

大きな段差だと意味薄れるかもしれないけど、そんな時はクルマ全体からノイズを発するわけで、特に気にならず。こうした工夫は他車でも取り入れて欲しいし、ユーザーはディーラーでも簡単にチェックできるから、クルマを試乗した際にはチェックしてみると良いかも。

使いやすいエアコン操作部

長所短所2

軽自動車全般で操作性の高い「エアコン操作部」。オートエアコンのタイプね。ハスラーのそれはその中でも特に使いやすいと思う。

良い点は2つ。よく利用する「オート」と「オフ」が大きくわかりやすい位置にレイアウト。これだけあれば良いって方も多いんじゃない?
また温度の調整はダイヤル式で、この回し心地が適度な抵抗感で重めの回し心地。運転中の揺れる車内で、手元を見ずに操作するにはこれくらい抵抗があった方がいいと思う。

ボタンの押し心地はホンダのNシリーズに負けちゃうけど、あちらはレイアウトもコンパクトに高級車然として並んでる。使いやすさで評価すればハスラーの方が上じゃないかな。

気になる位置が青く光るメインメーター

長所短所3

ヘッドライトをハイビームにすると、メーター上部が青く光る車種って想像できます?? ハスラーはエコノミー運転を評価する青いライトが、メーター上部に光る。

これが夜間運転中、ハイビームかなって間違えちゃう。筆者含むスタッフは皆揃って、思わずレバー位置を確認してしまった。

もちろん慣れれば問題ないだろうけど、すると他車を運転した時に問題起きないかな?できればこんな部分まで気遣かわれて開発された車種こそ、素晴らしいクルマの可能性が高いと思う。ちょっと残念な部分。

ワンタッチ3回点滅、解除方法は?

長所短所4

ハスラー(2015年)のウインカーは、軽くタッチすると3回点滅するタイプ。最近増えてきたタイプだよね。

このタイプはちょこっと動かすとレバーは中立に戻り、ウインカーは3回点滅する。そこで疑問。3回点滅を途中解除する方法はあるのか?今回のハスラーではちょっとわからなかった。

他メーカーの普通車では反対方向に軽く動かすと、キャンセルできた記憶がある。でもハスラーでは、反対方向に3回点滅してしまった。

間違えたり、そうじゃなくても急に解除したい場合は必ずある。この機能を使用するなら確認してみて下さい。

スズキのドアガラスは反射が強い?

長所短所5

もしかしたら間違いかも、と前置きした上で、スズキのドアガラス(フロント)は外光が反射しやすい気がする。比較したわけではなく完全に感覚なんだけど、このハスラーと、同スズキのソリオもそう感じた。

写真は助手席側のフロントドアガラス。運転席側から夕日があたっている。こんな場面と夜間、ネオンの強い市街地で気になる事がある。

ドラポジと視界

ピラー左ピラー右

運転席から見た斜め前。コーナーでフロントピラーが邪魔になる感覚を意識してみた。写真で見てわかるように、ここのピラーは相当に立っている。そして予想通り、コーナーで邪魔にならず。ボディとミラーの間も十分に活用出来きて、交差点でも周囲の安全確認に問題なし。ほんとはもう少し細ければ嬉しいんだけど、それは贅沢ってもんでしょうw

フロント見切り1

ちょっと背伸びして前を見下ろした感覚。ボンネットが先の方まで視認できる。これは狭い曲がり角などで役立つ。

補足としては、フロントから壁に寄せるのはちょっと厳しい。例えば前にパイロンがあるとする。するとパイロンが見えない。ボンネットに高さがあって、先端まで高いからね。

位置は良いけどちょっと遠いルームミラー

フロント見切り2N-BOXのフロントウインドー

左の画像がハスラー。右の画像はN-BOX。

ご覧頂いておわかりの通り、ハスラーは常識的な位置にルームミラーがある。運転中、無意識に後方確認ができるだろう。一方のN-BOX、もっと内側よりの天上からミラーが付いている。ワイドで開放的な雰囲気だけど、後方確認は意識してミラーを見るしかない。視点移動が大きく、だんだん面倒になってきて、後方確認の頻度は減ってしまう。

筆者的に好ましいのはハスラー。ただこれも弱点があって、ミラーの位置が遠い。だから調整時、ドライバーはシートバックから体を離して調整せざるをえない。思い通りの位置に調整するのは数回繰り返す事になりやすい。

 

こんなクルマも面白い

ハスラーは個性的でポジショニングが難しい。ボディデザインだけじゃなくて乗り味の特徴もそう。後出しと言われるダイハツ・キャストは現時点で未試乗ながら、異なるタイプであろうと予想。

ハスラーは指名買いされるクルマでしょう。しかし比較して買いたいユーザーもいるかもということで、数台ピックアップさせて頂きました。

上級グレード買うならFIAT500と比較

ハスラーの上級グレードを選ぶなら、実は輸入コンパクトカーも狙えちゃう!しかもとびっきり個性的なクルマが。
そんな1台はイタリアのFIAT、500という車名を持つクルマ。

お値段は概ね190万円辺りから。ハスラーとは諸費用の部分で差が出ちゃうけど、在庫車あれば条件面で頑張って貰える可能性あり。ちょっと頑張れば狙えちゃうよ。

エンジンは2気筒と4気筒、2種類のタイプがタイプがあるんだけど、腹の底から笑っちゃうほど愉快なのは2気筒エンジン搭載車。もうね、これにトキメイタら変わりなし!それでいて乗り心地も悪くないし、エクステリアもおしゃれって言って良いんじゃないかな。

そしてデザインが気に入ったからもっと洗練された500が欲しい!となればアバルト500というモデルもある。こちらは笑っちゃう楽しさではなく、コンパクトカーとして想像出来る以上の乗りやすさと上質さを持っている。

参考:FIAT500試乗レポート / アバルト500試乗レポート

可愛らしいボディデザインならミラココアと比較

「レトロチックな親しみやすさ」という点でハスラーと共通点があるのがダイハツ・ミラココア。2016年現在も新車販売されているが、新世代ムーブやタントと比較すればちょっとレトロな部分がある。

運転すれば機敏さが重視されたタイプ。そしてドア開けるとこからあちこちが、適当に気軽に使いやすい軽さがある。ちょっとそこまで、なんて如何にも軽自動車らしい使い方にはピッタリ。

ハスラーと比較しちゃうと、やっぱり中途半端な個性なんだよね。それからハスラーに興味あるユーザーからすれば、ミラという車名に抵抗感ない?そこが残念。

参考:ダイハツ・ミラココア試乗レポート

やや個性派エクステリアがお好みならN-ONEと比較

「レトロチックな親しみやすさ」という点でやはりハスラーと共通点があるホンダ・N-ONE。どちかといえば男性的な力強さも強調されているか。

ホンダのNシリーズは運転中に感じるいろいろな部分の質感が高く、上質感という評価なら1番でしょう。助手席に同乗しても一緒。

そんなNシリーズの中でN-ONEはコンパクトカーを目指しているような固いサスペンションが特徴。乗り心地より走行安定性重視で、乗り心地は単純に固い。質感良ければ許せるってレベルを超えてるw

そこでお馴染みN-BOXの登場。単純に室内広いだけじゃなく、フロントシートでは優しく質感高い乗り味を持ってる。筆者が好ましいと感じるのはこっちのN-BOX。
ただ、乗り味も見た目も、個性というよりは実用車っぽい。そこに面白みはないよね。

参考:N-ONE試乗レポート / N-BOX試乗レポート

車両価格は割安感あり

ボディフロント斜め

ハスラーの価格には割安感がある!絶対的に安いワケではなく、比較するとお得と思える価格設定。多くの軽自動車で割高感を感じる中でこれはウレシイ。

ハスラーデビュー当時の車両価格は約105万円〜。価格だけみれば決してミライースのように安いワケじゃない。

しかしハスラーはどちらかといえば変わったポジショニングのクルマ。だからお得感は高い。

ベースとなるモデルから派生したSUVタイプとか、ちょっと車高を上げたモデル。ほぼ間違いなくベース車より価格が上がるでしょう。「立派に仕上げました」とかいって数十万レベルで価格アップしちゃうよね。

中古車ならマツダのフレア・クロスオーバーも

フレア・クロスオーバー

写真はマツダのフレア・クロスオーバー。ハスラーのOEM車なんだけど、見た目の違いはエンブレムくらいじゃないかっていうほど、全く同じクルマ。多分、中身も同じものと予想。装備や価格は若干異なるかもしれない。

このクルマが存在することで嬉しいのは、中古車の選択肢が広がること。多くの例で、OEM車の売却・下取りは厳しくなりがちだから、中古車としての販売時はお得感が高くなる。

絶対的に価格の安い軽自動車では大きな違いはないといっても、人気車のハスラーは価格が下がりにくいと予想される。それなら少しでも安いフレア・クロスオーバーだって悪く無いでしょ。

もしフレア・クロスオーバーを新車で狙うなら、下取り時の不安も営業に伝えて、本家ハスラーよりお得な条件を引き出すのがポイント。でないと存しちゃう可能性があるからね。

ハスラー・メーター昼ハスラー・メーター夜間

ハスラー評価総合

ボディデザインリア斜め

個性的なエクステリアデザイン。やっぱりこれがハスラーの魅力!そしてそこからくるワクワク感は不思議と、走行感覚までワクワクなモノに変化させてくれる。

乗用車的に質感や走りやすさを評価すれば、あまり高い評価は上げられず。乗り心地はワゴンRの悪い部分を引き継ぎ、良い部分を忘れてしまったよう。CVTやハンドリングも気になる部分がある。
(ジムニーやパジェロミニよりは普通に乗れるのでご安心を)

でもそれはハスラーなら許される。それがボディデザインからくるワクワク感。わざわざガタガタ道を走りたくなるほど、揺れた時に笑顔なんだよね。上質さだけがクルマの評価ではないことをホント痛感。

質感で選ぶならホンダやダイハツがある。ハスラーは指名買いで行きたいクルマでしょう。欲しくなったら後は価格と条件だけ。お得感は高いよ。やや特殊なクルマなのに価格は他車と同価格帯。SUVというだけで価格の上がるクルマは多いから、そうした面からすると、思ったより安いと感じるんじゃないかな。

スズキ ハスラー

スズキ自動車

ハスラー

  • 試乗グレード:“G(ツートン)”
  • ミッション:CVT
  • 車両型式:MR41S
  • 新車時価格:132万円

当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします
桃花ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー







走行中回り込むコーナーでの視界は優れたレベル。



バックミラーは前屈みになって調整する。


給油口ふたを開けるレバーはここ。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。