スズキ「ハスラー」軽自動車比較・試乗評価

自動車購入の比較・評論・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2016年記事 スズキ ハスラー
著:桃花&ヒラリー男爵)

スズキ
  • グレード:“G (ツートン・CVT)”
  • 型式:MR41S
  • 車両価格:132万円
  • デビュー年:2014年

suzuki・ハスラー試乗レポート「1」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車はスズキ・ハスラー。型式MR41S。2015年式。グレードは“ターボ無しのG、ツートン仕様”。個性的なエクステリアで注目度高し!カスタムベースとしても魅力。


  1. このpage - ハスラー「1-1」・概要とエンジン・ミッション
  2. 分割page - ハスラー「1-2」・ドライビング感覚と乗り心地、静粛性
  3. 分割page - ハスラー「1-3」・内装とラゲッジスペース
  4. 分割page - ハスラー「1-4」・乗ってわかった長所短所と評価総合
ハスラー・インパネ1ハスラー・インパネ2

個性派で大ヒットのハスラー

ボディデザイン(フロント斜め)軽自動車は絶対的なサイズが決まっているから、没個性は当然。小さいのに室内を広く取ればボディは豆腐型に行き着くわけで、さらに運転しやすさを重視しなければならない関係上、ボディデザインに回せるスペースがないのはサルでもわかることw

で、ハイトワゴン一辺倒の中で登場したスズキのハスラー。そのエクステリアを一目見たら忘れられない個性の持ち主。エンブレム見なければ車名もわからない軽自動車の世界で、これは凄いこと。
今までも中途半端な個性はいろいろあった。でも無難な個性などケーハクなだけ。ハスラーは思いきってる感じがいいね!しかもゴッツイだけじゃないし、可愛いだけじゃない。

そんなこんなで運転前から心膨らむワクワク感。善し悪しという評価など関係なく、楽しく運転出来ればそれでいいとさえ思ってしまう。この手のクルマはいつもテンション高い方にこそよく似合う。地味なクルマ選びはオタクっぽい気持ち悪さを感じるなんて方に最適でしょう!

試乗車概要

今回の試乗車は、スズキ・ハスラー「G」。ターボ無しのツートンタイプ。基本3つのグレード構成の中で中間グレード。
ミッションはCVTで車重はカタログ値790kg。車両価格132万円。2015年式で現在までの走行距離は約20000kmと、ちょっと美味しい部分を過ぎちゃってるかな。軽自動車は3年2万kmくらいから古さを感じやすい。

クルマのキャラクターを考え、日常的な道に絞って試乗。時間が許す限り、様々な日常走行をシミュレートしながらドライブ。乗員は女性スタッフを含む最大3名。

相対的な比較対象には同社ワゴンRやホンダNシリーズなど軽自動車全般。ですが一部でライバルとも言われるダイハツ・キャストには未試乗。です。

クルマのキャラクターを端的に

ボディデザイン(サイド)ハスラーのキャラクター(乗り味)を一言で表せば、ワゴンRとジムニーの中間的な味。SUVというよりはクロカンテイストを感じさせる。長いサスストロークを生かした乗り心地、というわけじゃない。

試乗前、ワゴンRと共通点が多いと聞いたから、乗り味はもっと乗用車的かと思った。しかし試乗してみればジムニーよりというかトラックよりというかレトロチックというか。とにかく、乗用クロカンとレトロを掛け合わせたようなボディデザインによく合った乗り味だった。

日常的な乗り心地やハンドリングを乗用タイプの軽自動車と比較すれば、確かに質感は低い。でもそれを欠点と思うなら別のクルマを選べば良いだけ。現在のところハスラーだけのワクワク感があり、こうした乗り味まで含めてハスラーの魅力。上質感だけがクルマの魅力じゃないからね。

以下、乗り味の印象や長所短所を記すが、ハスラーにとって”質感を基準にした評価”に大きな意味は無いということを前提として頂きたく。読み物としてね、見て頂ければと思います。

試乗評価を気にする人のクルマじゃないw

筆者(ヒラリー)は周りに「これいいでしょ!」と言えるクルマじゃないと実際に購入することはない。それは見た目だったりブランドだったり、雰囲気だったりお得な価格だったり。そう、本質的な部分ではなく、普通の人が見て”わかりやすい良さ”が無ければ購入せず。
意外かもしれないけどインプレッサSTIやランエボみたいなクルマ買うなら、ハスラー買う。乗り味が良いとか内容だけじゃ買わないんだよね。

何が言いたいか。ハスラーは乗用車と比較した試乗評価を気にするクルマじゃないw ディーラーで一目惚れしたら後は条件だけだ。本能で好きなクルマ買えば、納車時の喜びだって最上級。さらに気に入らない部分はカスタムしちゃえばいいという気楽さだってある。

逆に迷ってるくらいならスルー推奨。ホンダのNシリーズをオススメします。

試乗:エンジンとミッション、加速感

エンジンルームエンジンの質感をみれば、ほどほどに軽快感あって、ほどほどに存在感あって、またほどほどに振動を伝える。何も特別な事はなく、スズキのエンジンはダイハツやホンダと比較して中間的存在。

ダイハツより滑らかなエンジンノイズなのは喜ばしい点で、逆にホンダには質感やパワー感などでちょっと負けている印象。ドライバーが感じる質感としてね。

エンジン回転数に合わさる振動、ハンドルに伝わる振動がやや気になるがこれは一般的。意外に思うかもしれないが4気筒1300ccクラスと比較して酷いわけではない。この価格帯のクルマとして標準的と言っていい。

CVT・ミッション

エンジンのパワー感やドライバーが感じる加速感はCVTの特性に大きく左右される。エンジンがパワフルとかそういうのはわかりにくいし意味をなさず。なのでミッション含めての印象。

ここもまた印象を他メーカーのものと言葉で表してみれば、元気の良いスズキ、軽快なダイハツ、落ち着いたホンダ。立派なのはホンダなんだけど、細かい事気にせず豪快にというキャラクターがスズキの持ち味。

素早い変速と、旧世代的な部分も

シフトセレクター言い換えると2015年のモデルとしてはちょっと古い特性。

変速プログラムはドライバビリティより効率や最大加速力などを重視したタイプで、まず変速優先。そして加速。最大加速時は一定回転数をキープしたまま、速度が上がる。きちんとメーター読めなかったけど6000か6500回転をキープしたまま加速する。

変速優先と思うのは交差点など減速からの再加速時や、素早くアクセル全開にした時。まずスパッと回転が上がる様子は有段ミッションの感覚さえ感じる。素早い変速、この辺のメリハリが元気いいという印象に。その時の加速力もやや唐突にクッとくる。やはりメリハリある。
それからゆっくりと、例えば1秒以上かけてアクセルペダルを踏み込む時には、ブォン、ブォンと回転が上がったり下がったり、変速に迷う部分がある。こうした部分には旧世代的な印象を感じる。

スロットル特性はそれなりにマイルド

ほとんどの軽自動車はスロットル早開きな特性。もうこれがデフォ。決して悪い事じゃないんだけど、度を超していると特に市街地で運転しづらい。ドライバビリティ悪いってやつ。
例えばダイハツの軽自動車は、ドライバー1名乗車だと飛び出し感強く、2名以上乗車でちょうどよい感じ。だから乗員を下ろした後は、急なフィーリングの変化を考えなくちゃいけない。おおっと!なんて出過ぎちゃう場合がある。

ハスラーでは発進加速時には、そうした特性は気にならなかった。乗員が不快に感じないマイルドな発進は基本なわけだけど、何も考えなくてOK。ブレーキ離してワンテンポ置いてちょっと踏んでワンテンポ置いて。。。ダイハツ車みたいな事を考えないで発進できた。

ハスラー・メーター昼ハスラー・メーター夜間

試乗時の燃費

参考燃費

車載の燃費計は、メインメーター内の液晶部に切替式で表示される。ここにはアイドリングストップに関する情報が自動切り替えで表示され、「止まってます」とか「あれこれの理由で停止できません」など、なかなか親切。
音でわかるだろって意見もごもっともだが、楽しいよ。

試乗時の参考燃費は、多少なりとも燃費を気にした走行で「19.5km/L」が表示された。車載燃費計による数値。

簡単な条件は以下の通り。

  • 計測に走行した距離はだいたい140km。
  • 夕方7時台からのやや混雑する国道と、60km/hペースで走れる信号の少ない幹線道路。
  • 上記を時間にして5:5の割合、距離にして5:2の割合程度で走行。

他社と比較した場合、普通に軽自動車として全然悪くない燃費だと思う。

スズキ ハスラー

スズキ自動車

ハスラー

  • テストグレード:“G(ツートン)”
  • ミッション:CVT
  • 車両型式:MR41S
  • 新車時価格:132万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:R06A

その他概要

  • 車重:790kg
  • 発売開始時期:2014年
  • 車両価格帯:105万円〜

車両型式

  • MR31S - モデル初期
  • MR41S - 改良型エネチャージ
当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします
桃花ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ハスラー

MR41S - R06A 660cc 2014年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

ほどほどに元気よくほどほどに滑らか。

駆動系質感 5段階評価

他の軽自動車と比較すれば質感にやや不満。

足回りの質感 5段階評価

質感重視ではないとみた!レトロなクロカンテイストも多少。

内装の質感 5段階評価

質感重視ではないとみた!あえてのレトロ感覚か?

外装の質感 5段階評価

質感はアレだけど魅力は高い。

快適性 5段階評価

評価にすると厳しいけど、コンパクトなクロカン的乗り心地を楽しもう。

個性と魅力 5段階評価

個性的かつ乗用車的。思わずカスタムしたくなるような元気さいっぱい。

お買い得度 5段階評価

特殊なボディデザインなのに割高感なし。これは安いと言える。




試乗時の参考燃費


辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。