スズキ「アルト」軽自動車比較・試乗評価

自動車購入の比較・評論・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2016年記事 スズキ ハスラー
著:桃花&ヒラリー男爵)

スズキ
  • グレード:“L (CVT)”
  • 型式:HA36S
  • 車両価格:89万円
  • デビュー年:2014年12月

suzuki・アルト試乗レポート「1」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車はスズキ・アルト。型式HA36S。2015年式でグレードは“L”、ミッションはCVT。多くの話題を持って登場した地味だけど地味じゃない1台。 インパクトある内外装デザイン、軽量な車両重量、AGSと豊富な特徴がすごい。


  1. このpage - アルト「1-1」・概要とエンジン・ミッション、試乗時燃費
  2. 分割page - アルト「1-2」・運転感覚と乗り心地
  3. 分割page - アルト「1-3」・内装をミライースと比較その他
アルト・インパネ1アルト・インパネ2

軽量ボディというニュース付き!8代目アルト

8代目アルト試乗

 

2014年12月にデビューした8代目アルト。今回は最軽量モデルで610kgというウリを持って登場している。一般的なCVT搭載グレードでも650kgという。
これって凄いよね、ケーハクといえるモデルチェンジも多い中でこれは気合の入ったモデルチェンジでしょう。普通では見向きもされないような”地味なクルマ”が”話題のクルマ”になっているし、これがあるからこそ、筆者も試乗してみたいと思っていた。

もう一つ、狙って安っぽくデザインされたような内外装もトピックス。ゴーサインを出された方はとてもすごいと思うw 特にこのボディデザインだからこそ、軽量ボディも話題になるんじゃないかな。

試乗車概要

助手席シート試乗車は2015年式アルト(型式HA36S)。グレードは「L」、ミッションはCVT。下から2つ目のグレードで車両価格は約89万円。現在までの走行距離は約1万km。

このグレードは85万円〜というラインナップの中で最もポピュラーなグレードだと思われ、カタログ及び車検証記載の重量は650kg。装備的な部分ではスマートキーなし、リモコンキーなし。試乗車にはCDプレーヤーと運転席シートヒーターが付いていた。

※車両型式がHA36Vになるバンモデルは、約70万円〜。

クルマのキャラクターを端的に

アルトで話題になる特徴は大きく3つ。どんな特徴かといえば、とにかく実用車らしく感じさせるような特徴が揃っている。だからメーカーの狙いやコンセプトは明確。机上的なキャラクターも明確。

  • インパクトある内外装デザイン。あえて安っぽく見せるという狙いじゃないかと思うほど。
  • 軽量な車両重量。一般的な軽自動車より1〜2割も軽い。
  • ムダの少ないAGS。5MTに自動クラッチがセットされたミッション。質感より効率重視がハッキリ。

ということで、経済性の高さを強調する特徴が揃う。あえてまとめるほどじゃないねw

ボディデザイン・リアクォーター感覚的には昔のクルマを目指してるようにも感じられる。昔のクルマといえば原点は移動の手段。速度は馬より速く、そして雨風しのげるというあたりが原点だろうか。そして軽自動車の原点といえば安さ。

して実際に試乗しての感想といえば、一言でとってもマジメ。「まじめ、まじめ、まじめ」というコルトのCMを思い出したw そう、不真面目なイメージを漂わせながらも、実はドライバーのことを考えてくれてる。走れば何でもいいって感じじゃないね。

見える部分は行き過ぎなほど安っぽい。そのわりに車両価格はそんなに安くない。ミライースと比較すれば割高感強い価格設定だったりする。ただハンドルを握ると、例えば軽量ボディのネガティブさは大きくないし、運転しやすさに関してはけっこう頑張ってるんじゃないかと思わせてくれる。以下、そういった部分をじっくり。

試乗:エンジンとミッション、加速感

エンジン型式はおなじみの「R06A」。アルトのモデルチェンジに合わせて改良されたようだけど、体感できる違いはわかなかった。印象としてはやっぱり、こもり音が強いながらもガラガラ音が少なく、不快感の少ないエンジン。それからCVTとの組み合わせでは、CVTのフィーリングでかなり損をしているんじゃないかという部分が相変わらず。

比較すればダイハツのエンジンほどガサツなノイズは出さず、日産/三菱のエンジンより力強さがあって、ホンダのエンジンより静かに感じられる。
好みで順位付けをすれば、ホンダの軽自動車用エンジンには質感・ドライバビリティ・パワー感で負け、アルトのR06Aが2番手かな。

エンジン質感に関して

エンジンルーム不快じゃないエンジンノイズという点で、やっぱり優秀だったアルトのエンジン。同じうるさい3気筒エンジンと言っても、メーカーによって全然違う。車内が狭いこともあるが、一部の普通車より乗員同士の会話がしやすいとまで思ったりもした。

上は試乗前の予想からの範囲内。今回アルトで”良いな”と思ったのが、ハンドルに伝わる振動の少なさ

アイドリング中とかエンジン回転数が上がっている時、フロアやペダルには振動が伝わってくるんだけどハンドルの微振動はかなり小さい。軽くハンドルを握るというか、触れる程度で運転していると、この微振動というのはメチャクチャ気になるもの。

足に伝わる振動は我慢できるにしても、手に伝わる振動はほんときっつい。 アルトでは普通レベルのステアフィールというか、ライバル車同等かそれ以上に走りやすいステアフィールを持ちながらも、伝わってくる振動が気にならないって部分がスバラシイ
この質感を何年キープしてくれるのか?耐久性は不安だけどね。

CVTに関して

シフトセレクターCVTはギクシャク感が強くてイマイチ。同じスズキのワゴンRやハスラーと似た特性ながら、今回試乗したアルトでは特にギクシャク感が目立った。
ライバル比較ではダイハツの方が乗用車的な質感が高く、加速減速時に違和感を感じない。

アルトのCVTを具体的にみれば、ダウン方向にはもっさり、アップ方向には早すぎなくらいに変速する。加速したい時、特に中間加速はものすごくレスポンス悪く、昔のCVTみたいに再加速する。踏みまししてから再加速まで1秒。エンジンのレスポンスなんて全く関係なしw

逆に一定速度に達してアクセルを緩めた時。ストンと回転数が落ちるんだけど、不快なショックが伝わってくる。音と衝撃がね、レベルは低いんだけど気持ちよくないショック。

発進時は1人乗車と2人乗車の時に印象が変わったし、それ以外の要素でも印象が変わったり。例えば発進時に「これはシングルクラッチか?」なんてギクシャクするときもあったし、普通に発信できる時もあった。ギクシャクする時はより丁寧にアクセル踏みこんでも一緒。

それからドライバビリティで気になる部分が一つ。ゆっくりアクセルを踏んでいく時、回転を上げようとしたり下げようとしたりで機械が迷っている。「迷っている」というのが正確な表現かは置いておいて、踏み込む速度を検知してくれないっぽい。
そういえばVWのDSGでもそんな時があった。運転の仕方が悪い可能性も少し。

60歳を過ぎた筆者の父親とギクシャクの話をすると、「ギクシャクなんて気にしなきゃいい」という。確かにその通りなんだけど、本人は3年おきにクルマを買い換えるw つまり軽自動車で気にしたら負けということだろうと解釈させて頂いた。昔の軽自動車って、評価どうこうのレベルじゃなかったんだろうね。それと比較すれば全く問題ありません。

車重の軽さを感じる部分

フロントフェンダー軽自動車のミッションが4ATメインからCVTメインに代わり、動力性能的にはかなりレベルアップしたと思う。ターボ無しの660ccでも、タイトな合流や上り坂以外では実用上十分な加速性能なんじゃないかと。

多くの軽自動車で実用上十分だとすると、車重が軽いから加速が良いなんて感じる部分はあんまりない。特にCVTの場合は、発進直後からガバッとアクセル全開とか、非常に限られたシチュエーションで違いがあるくらいだろう。どちらかといえば、与えられたスロットル特性とCVT特性の方が、影響が大きいんじゃないかと思う。

なのでこのアルトもCVTだと、”軽い”という予備知識が無ければ特別なことはなかった。予備知識を元に感覚を澄ませば、使っている回転数が低いんじゃないかって感じはするけどね。CVTが最も燃費の良い回転数を使ってくれているんでしょう。

逆にいえば、乗員が1人増えて重量が増しても、重くて不快なんて事もなかった。体重65kgで重量1割アップなんだろうけど、出だしや最大加速時も、加速力自体の差は気になるほどじゃない。

もしミッションが5MTだったら、違いが体感できると予想。発進時に使う半クラッチの時間とか、シフトチェンジのタイミングとか、アクセル踏み込み量とか、さらにはアクセルOFF時、ノーズダイブ速度なんかにも違いが出るんじゃないかと思う。

アルト・メーター昼アルト・メーター夜間

試乗時の燃費

試乗時燃費アルトのメーターに表示される車載燃費計での燃費。メーター内には平均燃費と書かれているが、比較的短い区間で算出される燃費と思われる。

アルトをお借りして最初の3日間ほど、あんまり良くない数値が表示されていた。数値にして16km/L前後。市街地メインだけど大渋滞というわけでもなく、ドライバーを変えても表示される燃費は変わらない。これは満足できない数値。

しかしその後、ガソリンを給油してしばらく走ってからはグングン燃費アップ。徐々に20km/Lが確認できるようになり、夜間の幹線道路を走って、田舎道を走りに行くパターンを繰り返したら最終的には23km/L台が表示されるようになった。田舎道でエコランすればプリウスやアクアと同レベルの、25km/Lに到達しそうな勢いだ。

ガソリンに問題があったと仮定すれば、正常な状態に戻ったか近づいたんだろう。以前ミライースを試乗したときと同じような燃費で安心した。

スズキ アルト

スズキ自動車

アルト

  • テストグレード:“L”
  • ミッション:CVT
  • 車両型式:HA36S
  • 新車時価格:89万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:R06A

その他概要

  • ボディサイズ:3395×1475×1475mm
  • 車重:650kg
  • 発売開始時期:2014年12月
  • 車両価格帯:85万円〜

車両型式

  • HA36S - 通常モデル
  • HA36V - バンモデル
当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします
桃花ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

アルト

HA36S - R06A 660cc 2014年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

ダイハツと比較すればマイルドな音質。

駆動系質感 5段階評価

CVTだけどギクシャク感あり。

足回りの質感 5段階評価

リアシートは思ったより乗り心地よし。

内装の質感 5段階評価

昔の軽自動車みたいだ。

外装の質感 5段階評価

これって狙ったチープさだよね。

快適性 5段階評価

1人乗車だと思ったより快適。

感じる気合 5段階評価

軽量ボディのネガティブさは小さい。気合を感じさせてるね。

お買い得度 5段階評価

安さをウリにしてるけど、安っぽい割にそんなに安くない。イースと比較しちゃうとね。



夜間、メーター内の白い照明はかなり眩しい。燃費は試乗時、23km/L台も表示された。


助手席下にエネチャージ用バッテリーが搭載。



辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。