プレオ自動車比較・インプレ、試乗レポート

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別特徴スバル
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2006年記事 スバル プレオ
著:桃花)

スバル・プレオ・試乗インプレッション

今回の言いたい放題な試乗記、ターゲットはスバルの初代プレオ、スーパーチャージャー付いた「RS」
スバルの「いかにも金掛かってますね!」と思わせる、なんだかんだいっても非常に良くできた軽自動車、プレオです。ボディタイプは1タイプながらも、商用に最適「バンタイプ」とクラシックな「ニコット」があり、エンジンも3種類がラインナップ。エンジンはベーシックなNA660ccを基本に、SOHCスーパーチャージャー、DOHCスーパーチャージャーが用意され、すべて4気筒エンジンです。

このスバルのプレオ、特徴を一言で表すと、コンパクトカー並みの走行性能と運転する楽しさを備えた軽自動車。上級グレードなら価格もコンパクトカー並みですが、維持費は安く済みます。エンジンも乗り心地も、そして維持費も不満無くルンルン気分で運転できます。

スバル
  • グレード:“RS”
  • 型式:RA1
  • 車両価格:125万円
  • デビュー年:-

まずは内装・外装

スバル

プレオの内外装ですが、外観のデザインは、かっこわるいですねー。清く道具として割り切ったEKワゴンの方がまだいい位です。わけのわからないキャラクターラインや、中途半端なディテールの装飾がいかにも恥ずかしい。デザインが悪い分、室内の天井は高く、楽な面もあります。またリアシートにはリクライニング機構もありますが、実際に使えるのは1段のみと、無駄なコストが掛かっただけで、残念です。

いつも見続ける インパネは実に凝っており、コスト掛かってそうですが、デザインのセンスはなんとも残念、無様です。 これほどまでに「カッコ悪い」内装はまずないと言えるレベルが非常に残念。

プレオのエンジンバリエーション

プレオのエンジンは、マイルドチャージと呼ばれる、低過給圧のSOHCスーパーチャージャーが用意されています。実用的なエンジンでこれをラインナップする意味があるのか疑問ですが、選択肢が増えるのはいいこと。これでもじゅうぶんにファーストカーとして走ることができます。

しかしせっかくプレオを選ぶのなら、ぜひDOHCスーパーチャージャーのモデルに乗って頂きたい。低回転からレスポンスに差がない段付きのない加速がターボのアクセルワークの問題を解決します。さらに高速でもエンジンは低回転で静か。他の軽自動車とはひと味違うプレオだからこそ、7段に切って楽しめるCVTと組み合わせ、剛性感ある足回りと組み合わせて軽最良の走行感覚を味わってください。

4気筒エンジンはやはり洗練されており、荒さはなし、ボディの剛性感もいい感じが伝わってきます。中古車ならどのグレードでもそんなに価格は変わりません。

スバル・プレオの足回り

4輪独立懸架の足回りは、高速の継ぎ目を乗り越えてもあまりバタバタしません。本当に良くできています。固すぎず、柔らかすぎず、軽自動車で最もフリクションの少なさを感じるサスペンション。軽自動車で比較すれば、しなやかといった印象のサスペンションが好印象です。

自動車の乗り心地に関しては、クルマが中にでも浮かない限り100点はありません。だから、少しでも気持ち良く走れ、段差を越え、不快な音を出さないのが一番。
また質という意味では良いモノは決まってます。好みという意味ではある程度幅があります。そこを考えてもこのモデルのプレオでは、許容範囲大きく、多くの方が納得されるセッティングと質感かと。
プレオはちょっと古いクルマだし、室内外のデザインは最悪レベルなので興味を持ちにくい軽自動車ですが、ぜひ中古車点でお願いして試乗させて貰って下さい。

プレオに乗ってさすがに峠に行きたいとは思いませんが、ほかの軽自動車よりも高速道路もラクラク。50キロくらい高速道路を走りましたが、他の軽自動車よりは快適。さらにできそこないのコンパクトカーを比較対象に加えても、車室内の広さを抜けばそれ以外は上々。軽自動車という枠を越えて、長距離運転をこなせます

軽自動車に乗るなら

私、桃花はもし軽自動車に乗るなら、自転車に乗ります。いや冗談です。実はプレオにしようと思っています(現時点)。そりゃカッコ悪いですよ〜。内装だって微妙なデザイン。

でもね、乗るといいんですよ。軽自動車は広くて今風のデザインがいい。これが主流かもしれませんが、また軽自動車に質感を求めちゃダメっていわれるかもしれませんが、どうせ乗るならプレオ。エンジンも乗り心地も、不満無くルンルン気分で運転できます。

プレオを総合して

プレオは軽自動車の中では本当に上質で良くできていますね。軽自動車として文句は全くなし。主観的な欠点としては内外装のデザインが田舎の街並っぽいので、上質感をアピールできていないのが非常に残念です。
また、変に安定している分、不安定さからくるコンパクトらしさが希薄なのも、車好きにとっては物足りないかもしれません。 ついでに燃費も悪めでした。

よって、おすすめしたい方は、クルマにうるさい方のセカンドカー目的に。中身は良くできたプレオですが、デザインに問題有りなので、田舎で高級車に乗る方のセカンドカーにぜひ。これなら燃費の悪さも気にならないでしょうし、コンパクトカー並みの走行性能を軽自動車の維持費で乗ることができます。中古の軽自動車を狙うなら、相場も安めなことを考え、乗った質感を重視するならデザインを気にせずプレオで決まりですね。

追記:トヨタとスバルの提携で、ダイハツのOEMが決まったスバルの軽自動車ですが、プレオは買ってもみじめにならない、好きで趣味的に乗れる、積極的に選べる、数少ない軽自動車、プレオです。

スバル プレオ

スバル

pleo (プレオ)

  • 試乗グレード:“RS”
  • 型式:RA1
  • 排気量:660cc
  • 新車時価格:125万円
当記事は「桃花」が
お届けさせて頂きます。
桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価
辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。