レガシィ(ワゴン)試乗P3/特徴やイメージ、ライバル比較

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 スバル
レガシィツーリングワゴン 著:元自動車整備士)

レガシィ(ワゴン2500cc)・試乗インプレ「3」

5代目となるスバル・レガシィ(BR9)。グレードは「2.5i」前ページからの続きになります。
試乗内容は限定的です。暇つぶし程度にご覧下さいませ。前ページからの続きです。

当ページは3ページ目です。「特徴やイメージ、ライバル比較」などを掲載しています。

スバル
  • グレード:“2.5i”
  • 型式:BR9
  • 車両価格:約230万円
  • デビュー年:2009年〜
  1. 分割page - レガシィワゴン「1-1」・試乗感、基本page
  2. 分割page - レガシィワゴン「1-2」・スバルらしからぬお得な車両価格が魅力
  3. このpage - レガシィワゴン「1-3」・特徴やイメージ、ライバル比較
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

ライバルと比較して

価格はミドルクラス、ボディサイズはクラウンクラスと、トヨタ車と比較すれば微妙なポジションですが、マツダ・アテンザワゴンやホンダ・アコードツアラー、トヨタ・アベンシス、セダンでは日産ティアナ、など世界基準なミドルクラスと比較すれば逆に標準的。

エンジンでは海外ではVWパサードなど、このクラスに「小排気量コンパクトエンジン+ターボ加給」をパワーユニットに選ぶケースが増え、この2500ccメインというのはデビューしてすぐから時代遅れな感じも・・・。ただし実際に運転すれば、エンジンはやはり大きい方がいい。とすればレガシィのお得感が大いに評価できる。先進性で選べばマイナーチェンジで追加された「DIT」グレードになります。こちらは排気量2000cc。

日本国内ではFFセダンは全く見向きされない状況で、特に若い世代では、セダンと言えばプレミアムクラス。大きくて高級、中途半端はかっこ悪い。こんな現実だってあります。どうしても「お値段高い=内容が良い」というピラミッドがセダンの基本。ここから抜け出すならミニバンか軽自動車しかありません。いや最近じゃミニバンもアレですか。

トヨタ車でいえばこの辺りと競合

スバル

トヨタ車で良ければFR+6気筒のマークXもほとんど同価格帯(最廉価グレードで240万円程度)。エンジンは2500ccでミッションは6AT。

トヨタ車が嫌いだから選ぶスバルのクルマ。しかしクルマとしての基本、昔ながらの価値観で選べば最もお得なのはマークXでしょう。
参考:130系マークX試乗レポート

スバル

また、セダンはイヤだといえば、ワゴンのように使えるマークXジオ。こちらは「FF+4気筒2400cc+CVT」が基本。車両価格はおよそ250万円〜。

レガシィのライバルとしては何かが違う。とてもクルマ好きが選ぶ車種ではないイメージですが、優雅なエクステリアがまるで外車のよう。ミニバン風といっても全高は低め、ドラポジは高め。
参考:ANA10マークXジオ・試乗レポート

スバルと同じような魅力といえば、マツダ

スバル

4気筒2500ccで車両価格250万円弱なのが、マツダ・アテンザ。ワゴンもあります。

スバルと同様、走行性能を重視したドライバーズカーをウリにしているマツダの同クラスモデルがアテンザ。レガシィよりコンフォート性能は低めだけれど車格感はいい勝負。
参考:GH5FS・2代目アテンザ試乗レポート

お得なじゃだけじゃ買えない、それがレガシィ

結局のところ、5代目レガシィ、オトク感は高いがそれはミニバンと比較してのこと。4代目レガシィが持つ圧倒的な特徴がなくなった事が寧ろネガティブ要因かも。そこからすれば、パーソナリティ感、趣味色が強いこのレガシィというクルマを、クルマ好きが積極的に選ぶ意味は薄れています。

安いから選ぶ、オトクだから選ぶ、それは、日産ティアナならわかります。でもレガシィのキャラクターは違うと考える人が多いはず。ということで、特別仕様車で魅力を増したグレードを期待します。それまでは、試乗しただけで思わず欲しくなってしまう他のクルマを探して下さい。

スバルと言えば?というイメージが浸透で・・・

スバルと言えば、クルマオタクでマニアしか乗らない感じになってしまい、とにかく情熱過ぎるオーナーが目立つクルマだったりします(インプレッサも同じ?)。クルマとしての内容は一級品。でも内外装のデザインやかゆいところに手が届かない装備など、一般的に売れる車ではなくなってしまっています。
つまり小さい、地味、人気ない、意外と高い、下取り安い、とにかくネガティブなイメージが付きまとうのがレガシィやインプレッサの宿命。しかし運転すると意外といい。そんな自己満足度は絶好調なクルマ。先代までのレガシィはそんなイメージ。

しかし今度の5代目となるレガシィは違います。一言でいえば普通になった。クラスにふさわしい大きさになったり多少なりとも立派になった。デザイン的にも先代からの印象を残しつつ、スバルらしからぬ大変身をとげ、時代に合わせたコストダウンも感じる。本気で売ろうとしている意気込みみたいなものが感じられます。

従来までのレガシィのイメージからの脱却と、お手頃価格、そしてアメリカでも売ってやろうというボディサイズ。また精悍さより優雅さをイメージしたデザイン。どれもが今までのレガシィとは違っています。同じなのは車名だけ?


かっこいいのか悪いのか? 色数が多く使われる夜間の車内。(最近はレガシィに限らずカラフルなメーター多し)

レガシィツーリングワゴン・総評

このBR9型レガシィの特徴といえば、一番は安価に設定されたプライスだと思う。軽自動車やコンパクトクラスでは年々値上げされ、マイナーチェンジで10万円アップされることもあるほど。そんなこんなでずいぶんと価格が上がってしまった。レガシィ、Bセグ/Cセグのクルマとだって比較できるこの価格。趣味性の低い一般車では安いは正義。価格から感じる満足感は購入後も続くことでしょう。

過剰な燃費や安全装備で価格をつり上げるより、枯れた技術を安く提供して欲しい。と考えればレガシィの魅力は大。一部アルミだった外板を鉄にするなど見えない部分のローコスト化には感動さえ覚える。特別なモデルじゃなくて実用車だからね。実際にフェンダーの重さが数kg変わってって、そんなの荷物積めば完全に誤差の範囲内。

インプレッサの2000ccが200万円と仮定すれば、レガシィのセダン220万円、ワゴン236万円の価格はまさに絶妙。レガシィとインプレッサって、クルマ好きからすれば同じクルマだけど、世間一般では完全に別クルマ。エンジン排気量の差だけじゃなく、メーカーだってしっかり上級下級の差別をしているはず。

他車と比較すれば、ミニバンならミドルクラスだからレガシィの方がよほどお得感ある。もう4WDなんておまけのおまけ。安っぽいエクステリアのデザインだってガマンできるってものです。

スバル レガシィ (ワゴン)

スバル

legacy (レガシィ)

  • 試乗グレード:“2.5i”
  • 年式:2012y
  • 型式:BR9(5代目)
  • 新車時価格:約230万円

当記事は「元自動車整備士)」が
お届けさせて頂きます。
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


ウインカーミラーは室内から点灯が確認出来る。


ドリンクホルダーに蓋が付くのは良い。レクサスCT200には蓋がないので上級装備かもしれない。

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。