レガシィ自動車比較評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・レガシィ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2009年記事 スバル レガシィ
著:元自動車整備士)

スバル・レガシィB4・試乗インプレッション

一時期はワゴンブームを作り出すほどかなりの人気があったレガシィ。流行過ぎても走行性能を重視したミドルセダン/ワゴンというポジションは変わらず。当ページは4代目となるレガシィについて記載。スバル・レガシィB4(セダン)の試乗インプレ、言いたい放題試乗記です。

ミニバンやコンパクトカーが主流になっている今、その人気は、明らかに落ちて販売台数も少なくなってきています。しかし中古車ではビックリ2009年も意外と人気なんです。
意外と人気、そして割安感を感じさせる中古車価格でお得なレガシィです。

4代目レガシィの内装
スバル
  • グレード:“2.0GT他”
  • 型式:BL5
  • 車両価格:207万円〜330万円
  • デビュー年:-

先代レガシィから大幅レベルアップ

スバル

この4代目レガシィ、3代目までのチープな乗り心地からは完全にレベルアップ。価格帯は同様ながらも、横幅が広がった等の好条件も重なり、乗り心地よく、ハンドリング良く、さらに上質感もある足回りに一気にレベルアップ。エンジンの排気音だって通常走行時のそれは一気にスムーズに。

もちろん内装は相変わらずチープ。上級グレードでは300万コースというレガシィの価格ほどの質感はなし。そして4WDがいらない方には割高さを感じるあたりは、従来までのレガシィと同様です。
ネガティブな面だけでなくポジティブな面でも、ハンドルを握ったときのスバルらしい感触も一緒。スバルらしい特徴を最も色濃く感じるのはやっぱりレガシィなんですね。

走行性能を重視されたステーションワゴン

レガシィと言えば国内で唯一のグランドツーリングといった性能目標を今でも貫き通しています。4代目レガシィにも先代と同じNAエンジン搭載のグレードとターボ過給器付きのグレードがあり、どちらもお値段的には若干割高。ですが、全車AWDという4輪駆動のおまけが付いてくるので好きな人から見れば、むしろ割安に感じるくらい。

この4WDに価値を見いだせば、FFのミドルセダンを買うより俄然魅力的なクルマだったりします。

しかし積極的にドライブを楽しみたい方にとって、またグランドツーリングとして長距離移動を考えた場合、NAエンジンは論外といえるくらいのパワー感しかなく、ストレスがたまるでしょう。価格面で妥協してNAエンジン搭載車を購入することは、かなり避けるべき、買ってから後悔するなら最初から買わない方がいいです。
当然ですが、売却して車を買い直すと大変な損金が出ます。

クルマ好きならターボ?

車の運転が好きな方で、頑張れば予算が届く方なら、やはりターボしかありません。レガシィの魅力を余すことなく味わうなら、やっぱりターボ付き。
中回転から下と中回転から上でレスポンスに差がでるオタンコターボエンジンではありますが、やっぱり速いほうが楽しいと感じる方が多いでしょう。筆者の知人でもターボ付きエンジンは好きじゃないけど、レガシィかうならターボという方が複数います。

レガシィターボ付き、エンジンのカタログ出力値は、5速マニュアルは280馬力。ATは260馬力。トルクコンバーターやAT全体の耐久性の関係上ATは260馬力に抑えられているとのこと。

NAエンジンが好みなら、「2,0R」というグレードのNAエンジンが意外と良かったです。絶対的に早くはないため、すぐに飽きてしまうくらいの微妙な良さですが、例えばトヨタの4気筒2000cc(実用エンジン・スポーツエンジン含み)と比べれば、レガシィに搭載されているこちらのエンジンの方がいいです。
この NAエンジンは旧型から大きくレベルアップしており、高回転もしっかり回ってくれます。それで4WDが付いて価格は200万円をちょっと越える程度。価格を考えてもお得感あります。

水平対向エンジンと言えば、ばらつき感ある排気音

スバルと言えば水平対向BOXERエンジン、地鳴り音というか、この音が好きな方にはいいのですが普通に乗りたい方にとってはただうるさいだけ、この4代目レガシィは以前のレガシィと比べれば、その地鳴り音が和らいでいる感じです。ボロボロボロといった足下に響いてくるエンジン音は減少しました。
ただし、やはり助手席足下ではボロボロといってるので、完全ではありません。

今回、エキゾーストマニーホールドを等長、等爆のいわゆるタコ足エキマニのようなものを新開発。従来と比較すれば排気系の取り回しがかなり、いいようです。
念のため、良くなったとは言っても他のセダン、サルーンと比べればやかましいのでご注意を。スバルのクルマが好きだったら長所、特別な感情がなければ短所です。アイドリング中は特に、助手席の足下あたりからポッポッポッポッという音と振動がありました。

水平対向エンジンのメンテナンス性は最悪です。自分であとからエキマニを換えるのにはかなり手間が掛かります。余談ですがプラグ交換も大変。

ボディにも補強とビルシュタインは純正最強

この4代目は2.0GT、2.0GT spec.Bに、ビルシュタイン製ダンパーが標準装備され、2.0GTすべてに新開発のリニアモーションマウント(エンジンと左右のサイドフレームを結合することでコーナリング時の車体とエンジンの動きのずれを抑え、フロントロアアームもアルミ鋳造製アームを採用、さらなる一体感のある走りを実現しました。

これらコストが掛かった装備にプラス、高品質なショックアブソーバーで上質な乗り心地を実現しています。レガシィ純正のビルシュタイン製のダンパー付きは大物自動車評論家さえ太鼓判を押す、譲れないアイテムです。乗り心地、ドライビングがとても楽しくなる一品。

レガシィのビルシュタインは、後付のビルシュタインやその他の単筒式ショックアブソーバーに負けない上質さを持ちます!

これ、乗れば段差を一つ二つ超えただけで、良さがわかります。トヨタのような、なんちゃってビルシュタインとはちょっと違いそうです。

これだけ、といっては失礼ですが、レガシィの長所です。マニアックな部分にお金が掛かって、これこそスバルという自動車作り。たまりません。
見えない部分にはお金を掛けないメーカー、見えない部分にもお金をかけるメーカー。または軽薄なクルマと一生懸命開発されたクルマと言い換えてもいい。同じ実用車を作っても何か違うと思えるだけの相違点があります。

もし購入される際には、グレードでいうところの、「2.0GT」、「2.0GT spec.B」を選択して下さい。単筒式+ガス圧方式で初期からしっかりと減衰力を発揮する、上質ビルシュタインダンパーが付いています。

レガシィのボディデザイン

中古車で1番気になるのは、お値段と割安感。でもそれよりも1番と言えば、見た目、デザインかもしれません。
この4代目レガシィの外観デザインは、3代目レガシィの昔ながらのデザインではなく、シャープでハリがあり、ミドルクラスのちっこいボディサイズながら、よくもここまで端正に都会的にまとめたなと感じます。

個人的にはヘッドライトの部分が好きですね。この当時は、確かホンダのオデッセイが先陣切ってヘッドライトの部分が涙目(バンパー部分までヘッドライトの部分が丸くえぐれている)がかなりはやりみたいな感じでトヨタのヴィッツなどもデザイン的に似ていました。
目新しさはありませんが、古ぼかしさもない、多くの人が共感を持てるデザインといえるようなデザインだと思います。

そしてワゴンボディ。こちらはセダンほどスマートな印象はなく、ただのミドルサイズワゴンといった印象。しかし、ワゴンが不人気の時代にワゴンも用意してくれているだけでもありがたいこと。広いだけならミニバン。質感ならセダン。でも中間的なワゴンのいい点だってたくさんあるはず。

多少遊び心の感じるワゴン、レガシィの場合はサイズが小さいのでそれほど荷室が広いわけではありませんが、イメージは大きい。スーツで乗ってもプライベート感覚が強いイメージです。

特筆すべきリアサスペンション

最後にこのレガシィ、メカニズム的には、リヤのサスペンションは、フロントと同じアルミ鋳造製アームをリヤにも採用し、リアにはアルミ製リヤアッパーリンクも施され、軽量、高剛性の新構造のサブフレームを採用。
3代目レガシィのサスペンションに比べ、各取り付け部分の剛性を大幅に向上させています。マルチリンク式ワイドトレッド化し、コーナリング時のタイヤと路面の接地性とグリップの高い追従性を実現しています。

この特筆すべきクラスを越えたサスペンション。お金掛かっているのがわかります。そのおかげで、飛ばしたときの「リア周りの強さ」なんかはしっかりと実感できます。
これはいい装備のハズですが、コーナー入り口でタイヤがキーキー言い出した後はピーキーで残念。焦ります。限界近くで怖い挙動、これも変わらずスバルクオリティといった感じです。
グリップレベルが高い反面、ブレーキングポイントを見誤るとビックリ。失敗するとフロントタイヤがズルッとタイヤ1個分か2個分、素早く真横に滑ります。筆者は山道ではブレーキを残しすぎてコーナーに入ってしまわないように気をつけました。

なのでレガシィにはグリップのいいタイヤで走るのがあっていそう。比較してみると、そういえばホンダのスポーティモデルもピーキー。ズルズルって膨らむのではなくて、フロントもリアもやばくなったらツツー、ツツーと。
トヨタの場合、例えばセルシオなんかも足回りにお金掛かってますが、滑らせたあとの挙動はゆっくり。雨の日も低速時ならコーナーでハンドル切った後、グッと踏んでいけます。(トラクションコントロールも多少効く)
レガシィほどコーナリングパワーはないと思いますが、こちらは逆にFRを作っているメーカーのセッティング技術なのかもしれません。

追記:6気筒3000ccエンジン

レガシィの最上級となるグレードには3000ccの6気筒エンジンが搭載されます。グレードは、「3.0R spec.B」。6MTで味わえる6気筒、貴重なモデルです。

限られた試乗でしたので多くのことはわかりませんでしたが、とにかくスムーズで振動がない。音は少々やぼったいので、振動がありそうに感じたりもするのだが、冷静にチェックすれば「振動がありそうな気がするだけ」。実際にはとてもスムーズなエンジン
パワー感という面ではそんなに速さは感じない。ただし低回転からでもそれなりには加速してくれるので、回転数に関わらずアクセルレスポンスが良いのは嬉しい。日常でドライブが楽しくなるのは実はこういったエンジンではないのかとさえ思う。ワインディングなら5分や10分高回転を保っても問題ないが、日常の通勤などで燃費を気にしながら回転数を上げて走るのはちょっと気が引ける。
そんな感じでこの3000cc6気筒エンジン、ちょっとだけ元気に走りたい毎日のドライブに最適だと思う。もちろんガンガン走るときでも振動が少ないのでやはり6気筒はいいなぁと思えるはず。

6MT、マニュアルミッションについて

それからミッション、ガラスのミッションといわれた、以前のスバルのミッションの感覚は特になし。回転数を合わせてギヤを入れる丁寧な走り方をしなくても、変な感触が手に伝わってくるような事もない。2代目インプレッサSTIのマニュアルミッションみたいな感じというのが正しいかどうかわからないが、特別な不満はない。
また、1速で全開にした際、普通は「ウーーン」と大きなうなり音が出たりするが、試乗時にはそんなに気にならなかった。

中古車の場合、シフトフィールは個体差が大きく影響する。というか極上のシフトフィールを保ったままの中古車は少ないと考えられる。つまり運次第なのでミッションに関してのインプレッションはハナシ半分で聞いて頂ければと思います。

レガシィのターボモデルとの比較では、刺激が欲しいならターボラグの後に一気に加速し始めるターボの方がわかりやすい。助手席のゲストに速さを感じて貰いたいのならこっち

スバル レガシィ (4代目)

スバル

legacyB4 (レガシィ)

  • 試乗グレード:“2.0GT他”

概要

  • 型式:BL5 (4代目)
  • 排気量:2000cc
  • ボディサイズ:4635/1730/1435mm
  • 発売開始時期:2003年6月〜
  • 新車時価格帯:207万円〜330万円

レガシィセダンの型式

  • BL5・・・2000cc
  • BL5(改)・・・2.0CNG
  • BLE・・・3000cc

レガシィのモデル別の違いや比較
その他の概要はリンク先で掲載中。

当記事は「元自動車整備士」が
お届けさせて頂きます。
元自動車整備士

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

レガシィB4のバッテリー適合詳細

レガシィワゴンのバッテリー適合詳細


レガシィB4

BP5 - EJ20 2000cc 2003年〜
50D20L


レガシィツーリングワゴン

BR9 - EJ25 2500cc 2009年〜
80D23R

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
駆動系質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価


インパネ中央部は運転席側にオフセットしている。


SIドライブ。流行のアクセルレスポンスのモード切り替えスイッチ。


クルーズコントロールはステアリングスイッチになる


スリムでスタイリッシュなイメージに路線変更。


採用案?

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。